Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘裁判’ Category

6459

一般紙とブログの温度差・・・

携帯2年契約、途中解約金の「条項は有効」:最高裁判断 | 朝日新聞デジタル

最高裁「2年縛り契約」は合法、解約月が近くても解約金9,975円は必要 | iPhone Mania

Read Full Post »

steve-jobs-deposition-sketch-2

[ジョブズのビデオ証言:CNET

死せるジョブズが iPod をめぐる独禁法集団訴訟裁判で宣誓証言(deposition)をした。

といっていも、死の半年前に撮影されたビデオ証言のことだが、約半時間に及んだ模様。

ビデオの非公開を主張するアップルに対し、ニュース各社(AP、Bloomberg、CNN)が一斉にその公開を求めている。

News organizations fight to release Steve Jobs deposition video | CNET

死の床にあったジョブズが宣誓証言をしていたとは知らなかった。

証言内容自体はすでに公開されているが、ジョブズファンとしては複雑な思いがする・・・

Read Full Post »

ghostjump-master675

ジョブズのメールが裁判で不利な証拠として使われるケースが増えてきた

Star Witness in Apple Lawsuit Is Steve Jobs | NYTimes.com

He was a “genius in terms of his vision for the future,” said Michael A. Carrier, a professor at Rutgers School of Law. “But it went along with a really healthy ego and perhaps the lack of an antitrust filter — thinking about how these words would appear years later tossed up on the screen in front of a jury.”

AppleのiPodの反トラスト法関連訴訟で、スティーブ・ジョブズのメールと動画が重要な証拠に? | 小龍茶館

4 Apple Court Cases Hurt by Steve Jobs’s Own Words | Wall St. Cheat Sheet

1. iPod antitrust lawsuit
2. E-books antitrust lawsuit
3. No-hire agreement antitrust lawsuit
4. Apple v. Samsung patent infringement lawsuit (2014)

Read Full Post »

tim-cook-in-court

アップルのサプライヤーになるのがどんな感じか — Dan Frommer のまとめが興味深い。

The court document that shows how Tim Cook does business | Quartz

     *     *     *

アップルのサプライヤー契約

Tim Cook とビジネスをするのはどんな感じだろうか? アップルが実際に結ぶ契約条件が目に触れることはめったにない。しかしアップルのサファイア製造を請け負っていた GT Advanced Technologies[GTAT]が破産したおかげでそれがたっぷり見れることになった。

What’s it like doing business with Tim Cook? It’s rare the public gets to see terms of an actual contract with Apple. But thanks to the bankruptcy case for GT Advanced Technologies—which was working on a sapphire production business with Apple that didn’t work out—here’s a good look.

     *     *     *

一方的な契約条件

アップルにとって一方的に有利な契約条件のいくつかを Philip Elmer-DeWitt[Fortune]が列挙している。パートナーシップがどんな仕掛けになっているか、競争制限条項、何よりもアップルの同意獲得が優先することなど。(破産裁判所への提訴書類の PDF はこちら。)

Fortune’s Philip Elmer-DeWitt runs through some of the supposed one-sided terms of Apple’s deal with GTAT, including how the partnership was structured, a non-compete clause, and the various things that required getting consent from Apple first. (The filing is available here as a PDF.)

特に次の条項がアップルに選ばれたサプライヤーに課せられる厳しさをつぶさに物語っている。

But this section of testimony speaks to the level of detail—and weight—of what it’s like when Apple wants to rely on you.

     *     *     *

破産裁判所へ提出された GTAT の証言

Apple Sapphire court filing

GTAT はアップルが決めた日に行なった発注を受け入れ、かつ実行しなければならない。もし如何なるものであれ遅滞が生じた場合は、GTAT は(自らの負担で)緊急配送の措置を講じるか、あるいは(自らの負担で)代替品を購入しなければならない。もし GTAT の納入が遅れた場合は、約定損害賠償金としてサファイアの1ブール当たり 32 万ドル(サファイア材質の1ミリメーター当たり 77 ドル)を支払わなければならない。この数字は1ブールが2万ドル未満であることを前提に算出されたものである。また一方アップルは GTAT に補填することなく、いつの時点においても発注の全体ないしはその一部をキャンセルでき、また如何なる期日に納入すべきか予定を変更できる権利を有する。

GTAT must accept and fulfill any purchase order placed by Apple on the date selected by Apple. If there is any delay, GTAT must either use expedited shipping (at its own cost) or purchase substitute goods (at its own cost). If GTAT’s delivery is late, GTAT must pay $320,000 per boule of sapphire (and $77 per millimeter of sapphire material) as liquidated damages to Apple. To put this figure in perspective, a boule has a cost of less than $20,000. Apple, however, has the right, without compensating GTAT, to cancel a purchase order in whole or in part at any time and reschedule a delivery date at any time.

     *     *     *

50億円の罰金

ああ、それにもうひとつ。もし守秘義務契約で守られた内容を漏らすと、5千万ドル(約50億円)の罰金があることをお忘れなく!

Oh, and if any of these NDA-sealed details leak, there’s a $50 million confidentiality penalty!

     *     *     *

GT Advanced の破産裁判関係書類が公開されたことから、はしなくもアップルとサプライヤーの関係の一端が明るみに出た。

それにしても一方的ともいえるほど強力なアップルの立場には目を見張るものある。これが Tim Cook の築いたサプライチェーンの実態なのだろう。

自社の技術がアップルに採用されたと手放しでよろこんでばかりはいられない・・・

Read Full Post »

steve_jobs

[ジョブズの秘密のプラン:image

スティーブ・ジョブズの書いたEメールがたいへん興味深い。

存在すら秘匿されていたアップルの「トップ百人会合」(Top 100 Meeting)で検討すべき課題の草稿だ。

アップル対サムスンの裁判で明らかになったアップルの内部文書のひとつ。

以下、次年度戦略と iPhone に関する部分だけを取り上げる。

ジョブズがプレゼンテーション用の草稿を書いていると思って読んでいくと大変興味深い・・・

News Genius: “Steve Jobs – Itinerary for Apple’s 2011 Top 100 Meeting” by Nicholas Carlson: 07 April 2014

     *     *     *

2011 年のトップ百人会合における検討事項

Steve Jobs – Itinerary for Apple’s 2011 Top 100 Meeting

スティーブ・ジョブズより
2010 年10月24日付け
エリートチーム(ET)宛
件名:トップ百人会合

From: Steve Jobs
Date: October 24, 2010 6:12:41 PM PDT
To: ET
Subject: Top 100 – A

以下は現在の自分の考えだ。スティーブ

Here’s my current cut. Steve

     *     *     *

1)2011 年戦略(担当:SJ)

1. 2011 Strategy – SJ

・現在のわれわれはどうか?
・人数、平均年令・・・
・昨年の副社長の数、シニアポジションへの昇任
・百人会合に新たに加わったメンバーの比率

– who are we?
– headcount, average age, …
– VP count, senior promotions in last year
– percent new membership at this meeting

・アップルは何をしているか?
・台数別、収入別製品ラインアップの円グラフ
・同じグラフにタブレットと電話を加えたもの

– what do we do?
– pie chart of units/product line and revenues/product line
– same charts with tablets + phones merged together

・ポスト PC 時代
・最初にそこに到達するのはアップル
・いまや収入の 66% がポスト PC 製品
・ iPad の売上げは6か月以内に Mac をこえる

– Post PC era
– Apple is the first company to get here
– Post PC products now 66% of our revenues
– iPad outsold Mac within 6 months

・ポスト PC 時代=よりモバイル化(小さく、薄く、軽く)+通信+アプリ+クラウドサービス

– Post PC era = more mobile (smaller, thinner, lighter) + communications + apps + cloud services

・2011 年:グーグルとの聖戦
・すべての面で彼らと競う

– 2011: Holy War with Google
– all the ways we will compete with them

・百人会合の主たる理由:それぞれのプレゼンテーションでアップルが何をやっているか聞く機会

– primary reason for this Top 100 meeting – you will hear about what we’re doing in each presentation

・2011 年:クラウドの年
・デジタルハブというコンセプトを造り出したのはアップル
・すべてのデジタル資産のためのハブとしての PC — 名簿、カレンダー、ブックマーク、写真、音楽、ビデオ:我が宇宙の中心たるデジタルハブは PC からクラウドへ
・ PC は iPhone、iPad、iPod touch と同じく今や単なるクライアントのひとつ・・・

– 2011: Year of the Cloud
– we invented Digital Hub concept
– PC as hub for all your digital assets – contacts, calendars, bookmarks, photos, music, videos – digital hub (center of our universe) is moving from PC to cloud
– PC now just another client alongside iPhone, iPad, iPod touch, …

・アップルはあまりにも長い間古いパラダイムにしがみつきすぎた(イノベーションのジレンマ?)
・グーグルとマイクロソフトは技術的には進んでいるが、確たるものはまだ掴んでいない — われわれの製品をすべて結びつけることで顧客をさらにわれわれのエコシステムに囲い込もう

– Apple is in danger of hanging on to old paradigm too long (innovator’s dilemma)
– Google and Microsoft are further along on the technology, but haven’t quite figured it out yet – tie all of our products together, so we further lock customers into our ecosystem

・2015 年:新しいキャンパス

– 2015: new campus

     *     *     *

3)iPhone(担当:Joz と Bob)

3. iPhone – Joz & Bob

・2011 年戦略を中心に
・「それに加えて」アンテナ、プロセッサ、カメラ、ソフトウェアを改善した iPhone 4 — 2012 年中期までライバルを凌駕するものであること
・2012 年中期には LTE バージョンを導入

– 2011 Strategy:
– “plus” iPhone 4 with better antenna, processor, camera & software to stay ahead of competitors until mid 2012
– have LTE version in mid-2012

・低価格 iPhone を作ること — iPod touch をベースにして 3GS モデルをリプレースする

– create low cost iPhone model based on iPod touch to replace 3GS

・業務面及び競争面でのアップデート

– Business & competitive update

・Droid と RIM のコマーシャルを見せる

– show Droid and RIM ads

・Verizon iPhone
・スケジュールとマーケティング・・・

– Verizon iPhone
– schedule, marketing, …

・iPhone 5 ハードウェア
・H4 パフォーマンス
・新しいアンテナデザイン、などなど
・新しいカメラ

– iPhone 5 hardware
– H4 performance
– new antenna design, etc
– new camera

・スケジュール
・《厳秘》

– schedule
– CONFIDENTIAL

・コスト目標
・モデルを見せる(ないしはレンダリングでも)— 担当は Jony

– cost goal
– show model (and/or renderings) – Jony

     *     *     *

この調子でアップル内部のダイナミックスを理解するのにカギとなる事項がすべてカバーされる。

宇宙の中心にいるジョブズの直筆だけに、これ以上オモシロいものはない。

John Gruber がとりあえずの感想を次のように述べている。

Daring Fireball: “Steve Jobs’s October 2010 Draft Agenda for Apple’s Top 100 Meeting” by John Gruber: 07 April 2014

     *     *     *

ジョブズが 2010 年10月に書いたトップ百人会合のための検討事項ドラフト

Steve Jobs’s October 2010 Draft Agenda for Apple’s Top 100 Meeting

ジョブズから Phil Schiller に宛てたスバラしいEメール。アップル対サムスン特許裁判で新たに証拠として提出されたもの。果たしてこの裁判がアップルにとって得策かどうか改めて疑問に思う。これまで何年もの間不正にリークされたもののどれよりも、はるかに今回の裁判を通じる方がアップル内部のダイナミックスがよく分かる。

Fascinating email from Jobs to Phil Schiller, entered as evidence in the latest round of the Apple/Samsung patent trial. Makes me wonder, again, whether this legal fight is worth it for Apple. Far more of Apple’s internal dynamics have been revealed through this lawsuit than through unauthorized leaks in the past few years.

しかしながら、アップルの競争上の欠点をジョブズが鋭く認識していたことがよく分かる。これらの欠点は決して公けにされることはなかったが、そのことが一部のひとたちにアップルが実際そうであるよりはるかに傲慢ないしは現実離れしていると思わせた。

It does go to show, though, that Steve Jobs was keenly aware of Apple’s competitive shortcomings. They never show it in public, which leads some to perceive the company as more arrogant than it actually is, and perhaps even out of touch.

Recode は、この他にも法廷闘争で明らかになった興味深い書類やEメールに触れているが、これ(ジョブズのEメール)ほど興味深いものはない。

Recode has a few other interesting documents and emails that have come to light through this legal battle, but none are as interesting as this one.

     *     *     *

ジョブズが書いたEメールは読めば読むほどオモシロい。

サプライヤー筋からのリークなど影が薄くなるような生々しくかつ興味深い内容だ。

その後の歴史的展開やその他の具体的事実などと比較参照しながらじっくり読む価値があると思う。

これらの内部書類を踏まえて多くの記事が今後書かれることになるだろう・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Apple attorney Harold McElhinny delivers opening statement during Apple Inc vs Samsung Electronics Co Ltd case in U.S. District Court, Northern District of California in San Jose

[アップル対サムスンの裁判:image

またぞろ再開されたアップル対サムスンの裁判で、アップルの内部文書が表に出てきている。

Re/code: “Internal Apple Document Shows Worries iPhone Growth Could Stall” by Ina Fried: 04 April 2014

     *     *     *

iPhone の伸び悩みを懸念

アップルの内部文書によれば、少なくとも同社の販売チームは iPhone の伸び悩みを懸念している。大型スクリーンを備えた Android デバイスや低価格製品により iPhone マーケットの一部が減ってきていると・・・

Internal Apple documents show the concern, at least from the company’s sales force, that the portion of the market occupied by the iPhone was on the wane amid growing competition from Android devices that have either larger screens or lower prices than the iPhone.

     *     *     *

グーグルのエコシステムも

また同文書は、グーグルのエコシステムが大きくなったこともマーケットの変化をもたらしていると指摘している。

The shift in the market was accompanied by a rising Google ecosystem, the documents noted.

     *     *     *

アップル・サムスン裁判で開示

2014 年度オフサイト会合のために準備されたある書類のなかで、「ライバルたちはハードウェアも、またいくつかの場合にはエコシステムにおいても、劇的な発展をとげている」とアップルの販売チームの一員が書いている。これら書類の一部はアップル・サムスン裁判で金曜日に陪審員に対して開示された。

“Competitors have drastically improved their hardware and in some cases their ecosystems,” a member of Apple’s sales team wrote in a document that was prepared as part of a fiscal 2014 offsite meeting. Portions of the document were shown Friday to the jury in the Apple-Samsung case.

     *     *     *

大型スクリーンと廉価版

サムスンのアップルの上級副社長 Phil Schiller に対する反対尋問で提出された書類は、スマートフォンの成長はすべて 300 ドル以上の大型スクリーンデバイスによるものかあるいは 300 ドル以下の安価なデバイスによるものであり、その価格帯の iPhone が減少していることを示している。

The document, which was presented as part of Samsung’s cross-examination of Apple Senior VP Phil Schiller, noted that all the growth in smartphones was coming either from large-screen devices costing more than $300 or from devices that cost less than $300, with the segment that included the iPhone showing decline.

     *     *     *

「法外な」カネ

同書類では他の懸念も示されている。Android のライバルたちがモバイルキャリアの関心を引くため、広告やキャリアチャンネルに 「『法外な』カネを費やしている」と。また iPhone に払う高額な販売奨励金を抑えるため、モバイルキャリアは iPhone 販売を抑えることに関心を持っているとも。

Other concerns noted in the document included the idea that Android rivals were “spending ‘obscene’ amounts of money on advertising and/or carrier channel to gain traction” and that mobile carriers had an interest in limiting iPhone sales because of, among other things, the high subsidies they had to pay on the device.

     *     *     *

同意できない

Schiller はこの書類で触れられた多く点には同意できないと証言した。彼がいうにはこれはアップルのポリシーを代表するものではないからだ。

Schiller noted in his testimony that he didn’t agree with much of the document, which he said didn’t represent Apple policy.

     *     *     *

神経に障る

しかしながら以前 Schiller は 2013 年のEメールでサムスンの広告は神経に障ると述べている。

In a 2013 e-mail, though, Schiller expressed concern that Samsung’s ads were striking a nerve.

「今日公開されたサムスンのスーパーボウルコマーシャルを見た」と彼はあるメールで書いている。「なかなかよく出来ており、ヤツらは(決勝点にはいった運動選手が間違いなく勝ったと思うように)確信していると思わざるを得ない。一方われわれは iPhone をそう思わせるのに打つ手を欠いて苦慮している。」

“I watched the Samsung pre-superbowl ad that launched today,” he wrote in one missive. “It’s pretty good and I can’t help but thinking ‘these guys are feeling it (like an athlete that can’t miss because they are in a zone), while we struggle to nail a compelling brief on iPhone.”

     *     *     *

アップルの本音はなかなか窺い知れないが、裁判の証拠という形で出されてみると分かるような気もする。

ところで今年は iPhone モデルチェンジの年だが、果たして大型スクリーンのモデルは出るのかどうか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »