Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘写真’ Category

White House Holiday Decorations

[iPhone 6 で撮影したホワイトハウスのクリスマスデコレーション:TIME

クリスマスになるとホワイトハウスもデコレーションで飾られる。

ホワイトハウスのプロカメラマンが iPhone 6 を使った感想を述べているのが興味深い。

Photographing the White House Christmas Decorations With an iPhone 6 | TIME

     *     *     *

実際に iPhone 6 を使ってみた

ホワイトハウス付き写真家 Brooks Kraft は、今年のクリスマス風景の撮影に iPhone 6 を使ってみた。

White House photographer Brooks Kraft used his iPhone to document this year’s Christmas decorations at the presidential residence

     *     *     *

カラーバランス、手早い撮影

その結果はなかなか良好だった。「各部屋の照明はいろいろで、自然光の部屋もあるが、iPhone 6 はそのままの設定でもカラーバランスが非常にいい。」また Kraft は iPhone 6 では仕事が手早く済むことも気に入った。「iPhone 6 は被写界深度が深いので撮影と移動が素早くできる。部屋から部屋へと次々に案内される今回のような場合は時間が限られているのでぴったりだ。なるべく人影の少ない瞬間を狙うのだが、そんな瞬間は非常に限られているからだ。」

The results, he feels, were good. “There are a lot of mixed lights in these rooms and there’s also [natural] light, and the new iPhones do a really good job of balancing colors right out of the camera. Kraft also likes to shoot with an iPhone because it allows him to work rapidly. “The iPhone has a lot of depth-of-field, which allows me to shoot the [picture] and move around quickly, which worked in this situation because we were sort of ushered through the rooms and didn’t have a lot of time. I wanted to photograph most of the spaces with few people in them, so the window of opportunity in which to shoot was brief.”

     *     *     *

シャッターチャンスを逃さない

さすがに iPhone 6 はデジタル一眼レフカメラ(DSLR)の代わりにはならないという。「iPhone 6 は別のタイプのカメラだと思う。プロの仕事の大部分は DSLR で撮影する。」しかしながら特定の場合には iPhone が役に立つという。「iPhone ではひとびとの反応が違うことに気がついた。気取らないありのままの写真を撮ろうとすると、モバイルデバイスに慣れているせいかみんなが反応する時間が遅い。だからいい写真を撮れるシャッターチャンスが多い。ホワイトハウスの場合は特にそうだ。」

Kraft says the iPhone won’t replace his professional DSLR. “I look at the iPhone as another piece of equipment. But the majority of my professional work is shot on a DSLR.” Nevertheless, the iPhone can help in certain situations. “I notice that people just don’t react the same way [when you’re using an iPhone]. If you are looking to capture something candid, people are so used to seeing mobile devices that their reaction time is slower. You have a better chance of getting the shot, and that was the case at the White House.”

     *     *     *

撮影する際のアドバイス

Brooks Kraft は iPhone 6 で撮影する際のアドバイスとして次のような事項を挙げている。その理由もさすがプロらしい・・・

Brooks Kraft’s five tips for shooting with an iPhone:

1)露出はベストに

1. Make sure you get the best exposure you can when you’re shooting, because it’s pretty hard to correct a bad exposure on the phone. It’s worth taking the extra minute to get it right.

2)フラッシュは使用しない

2. Don’t use the flash. With steady hands, the iPhone is frequently capable of capturing images in low light situations, and the results often look better then with the flash. But in some cases, you don’t have a choice.

3)ズームは使わない

3. Don’t use the zoom function because it’s not an optical zoom. It’s just blowing up the pixels you have.

4)解像度は最大に

4. Pay attention to the image settings of the app you’re using to photograph. Some will downsize your files. I use the native camera app because I’m sure to have a clean, maximum resolution file that I can go back to.

5)撮影後はきちんと整理を

5. Think about what you do with your images once you’ve shot them. There’s a tendency when you’re using a mobile device to let your images sit there instead of organizing them, archiving them or printing them. I really think that when people look back at their visual histories, they [might find big gaps in their archives].

     *     *     *

カメラが理由で iPhone 6/Plus を選んだひとは是非ともご一読あれ・・・

広告

Read Full Post »

Duncan_George

いまこの地球にある悦び・・・

50 Stunning Photos That Made You Appreciate Earth In 2014 | The Roosevelts

Read Full Post »

Dan Rubin take photo on smartphone

[Dan Rubin のアドバイス:video

iPhone の写真撮影もここまできた・・・

theguardian.com: “How to get the best out of photo apps on your smartphone – video” by Dan Rubin, Ian Anderson and Paul Boyd: 08 May 2014

     *     *     *

iPhone ですばらしい写真を撮るためのアドバイス

How to get the best out of photo apps on your smartphone – video

Photographic Journal の総合監修者で Instagram のアーリーアダプターでもある Dan Rubin が、スマートフォンの優れた写真アプリをロンドン市内で試す。人物や場所などさまざまな写真の撮影作業が特別に準備されたアプリによって劇的に良くなること、また撮影後に使えるクールなノウハウやコツについても教える。

Dan Rubin, editor-at-large of the Photographic Journal and an early Instagram adopter, takes a tour of London to test some of the best smartphone photography apps. By shooting a variety of people and places, Dan shows how using some specially selected apps throughout your photography workflow can dramatically improve the shots you capture – and offers some cool tips and tricks of what you can do with those shots afterwards

     *     *     *

iPhone で撮影したプロ級の映像を見る機会が増えてきた。

iPhone のカメラは大きく進歩しているのに、筆者の撮る写真はつまらないといつも家族に批判される。

Dan Rubin のビデオを見ると、思わずウームと唸ってしまう。

彼が取り上げるアプリのことをもっとよく知りたい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

[The Art of Night | YouTube

息をのむ美しさ!

こんな天の川を地上から見れるなんて・・・

撮影したのは天体写真家 Mark Gee(オーストラリア人)。

撮りためた2万枚の写真の中から3千枚を選んで冒頭の3分半のビデオにまとめた。

Mark Gee は 2013 年の天体写真家賞(2013 Astronomy Photographer of the Year)を受賞。

ニュージーランドのウェリントン(Wellington)周辺をベースにして撮影している。

この地を選んだのは地上光に汚染されていない(low light pollution)こと、星空が澄み切っている(the darkest skies)ためだという。

地上にまだこんな場所が残っていたんだ!

Mark Gee のサイトは息をのむすばらしい星空の写真でいっぱい。

星空を見たのはいつのことだったろう・・・

[via 日刊ニュージーランドライフ

★ →[ビデオを見る:YouTube

Read Full Post »

Balkan_Mountains

The autumn forests of Steneto reserve in Balkan Mountains:Evgeni Dinev]

スケールが違うなあ・・・

Evgeni Dinev の写真はこちらにも。

[via ParisLemon

★ →[写真を見る:Original Photo

Read Full Post »


Steve Jobs rests his head against his wife, Laurene Powell Jobs

心温まる Steve Jobs 夫妻の写真。

病気療養をおして WWDC に出席、キーノートで iCloud を発表した直後、Jobs 夫人 Laurene Powell に頭をもたせかける Steve Jobs。

サンフランシスコクロニクル紙の Lea Suzuki 撮影。

Apple’s Steve Jobs unveils iCloud at S.F. event | SF Chronicle

Photo of the Week | Daring Fireball

ほかにも写真多数。

★ →[写真を見る:SF Chronicle

Read Full Post »

Mroslav Tichy

一度見たら忘れられないものがある。

(CG)ミロスラフ・ティッシーの驚くべき世界」の Miroslav Tichý もそうだ。

彼の手製のカメラはもっとすごい。

Miroslav Tichý とはいったい何者か・・・

プラハ美術学校出身の芸術家が辿った運命には数奇なものがあるようだ。

m1m.info: “Miroslav Tichý

     *     *     *

プラハ美術学校

1940 年代半ば、Miroslav Tichý はプラハ美術学校に学んだ。専門はデッサンと油絵だった。初期の作品は印象派の影響が色濃い。

In the mid 1940s Miroslav Tichý attends the Academy of Arts in Prague, where he concentrates on drawing and painting. His early works are distinctively influenced by Expressionism.

     *     *     *

共産主義が人生を変えた

Miroslav Tichy2

1948 年の共産主義者による政権転覆により、若き芸術家の未来は崩壊し始めた。共産主義体制や社会主義リアリズムの専横を受け入れることができず、彼は間もなくアウトサイダーとなる。共産主義の抑圧には抗し難かったが、それでも抵抗をやめなかった。全体主義的イデオロギーで固められた社会に個人を完全に取り込んでしまおうとする試みに対し、彼は社会的価値を否定することで立ち向かった。理髪店の息子の Miroslav Tichý は、1960 年代には外見に構わなくなり、終にはボロ切れのような衣服を纏うまでになった。次第に彼は体制批判の落伍者として生まれ育った街で疎んじられるようになった。その時期に彼は写真を始めたのだ。

After the communist overthrow in 1948 the young and promising world of the artist begins to tremble. Not willing to subordinate himself to the political system and follow the dicdates of Socialist Realism, he soon becomes an outsider. Noticeably he fails to cope with the repression under the communist system his resistance however never ceases. In opposition to the total integration of the individual into the ideologically tightly structured society he reponds with the negation of their social values. In the 1960s Miroslav Tichý, who is the son of a gentlemen’s tailor, begins to neglect his appearance to such an extent, that his clothes fall from his body in rags. In his small home town he is increasingly being avoided as a derelict critic of the system. During this period he begins his photographic expeditions.

     *     *     *

疎外された現実

Miroslav Tichy3

身の回りの光景を倦むことなく撮りつづける様は、あたかもかつて彼が身を退き、今やそこから疎まれている現実そのものを掴みなおそうとする試みのように見える。プラトンの隠遁者の潜みにならって、周囲の世界は幻影に過ぎず、彼自身もその傍観者に過ぎないとする。

The artist’s tireless capturing of his immediate environment seems like an attempt to get a grip on a reality from which he has withdrawn and that is now rejecting him in return. In allusion to Plato’s cave allegory, he regards the world as mere reflection and himself as its only conscious observer.

     *     *     *

手製のカメラ

Miroslav Tichy Camera

ほとんど物に憑かれたように、彼は1日 100 枚の写真を手製のカメラで撮りつづける。カメラはガラクタの寄せ集めだ。金属片、ビンのキャップ、ゴム輪、段ボール、セロハンテープ、アクリル樹脂。ぶざまだけれど器用に作られたカメラは独創的発明の才を示している。

In a nearly obsessive manner he takes close to one hundred photographs a day, equipped with archaicly looking instruments that turn out to be self-made cameras. Build from scraps, such as metal plates, crown caps, rubber bands, cardboard, scotch tape, and plexi glass, his awkward yet masterful cameras display an ingenious inventiveness.

     *     *     *

刑務所や精神病院に入れられたこともあるようだ。1980 年代には芸術活動を断念するに至る。

数年前、キュレータのハロルド・ゼーマンに発掘されたことにより有名になった。

ウェブを検索すると、Miroslav Tichý に関してかなりの資料がみつかる。それぞれの探索をお勧めする。

原文を見る

     *     *     *

[参考記事]

・m1m.info: “Miroslav Tichý“ 本稿
・The Online Photographer: “Random Excellence: Miroslav Tichý
・MAKE: “Scavenging photography of Miroslav Tichý

Miroslav Tichý のサイト]

Foundation Tichý Ocean のウェブサイト・・・作品、展示会、生い立ちなど豊富

Pompidou の展示会]

・Pompidou: “Miroslav Tichý – EXHIBITIONS AT THE CENTER“: June 25 2008 – September 22 2008
・The Guardian: “Geoff Dyer on a retrospective of Miroslav Tichý’s photographs of women in the Pompido
・A VIEW FROM PARIS パリから観る: “ミロスラフ・ティッシーの言葉:Miroslav Tichý au Centre Pompidou

[日本での展示会]

・東京美術通信: “ミロスラフ・ティッシー:Miroslav Tichý” by Taka Ishii Gallery: 2007年10月6日~11月2日

YouTube ビデオ]

・YouTube – “Miroslav Tichý – starý mládenec
・YouTube – “Worldstar Trailer lg
・YouTube – “Tarzan in Pension

Technorati Tags: , ,

Read Full Post »