Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘人材’ Category

Zane_Lowe_BBC

[Zane Lowe:BBC

アップルがまた人材を引き抜いた。

今度は BBC 看板ラジオ番組の DJ だ。

Zane Lowe to leave Radio 1 in March | BBC Newsbeat

     *     *     *

アップルへ

BBC の Radio 1 放送局で10年以上を過ごした Zane Lowe が同番組を去る。

Zane Lowe is leaving Radio 1 after more than a decade at the station.

41歳の DJ は 2003 年にラジオ局に加わったが、今後は米国へ移住してアップルで働くことになる。

The 41-year-old DJ, who joined the network in 2003, is moving to the US to work at Apple.

     *     *     *

新人発掘の才覚

Zane Lowe to leave Radio 1 for Apple | Telegraph

Zane Lowe は41歳のニュージーランド人。すばらしい新人発掘の才覚を持つ。アークティック・モンキーズ (Arctic Monkeys)、アデル (Adele)、 エド・シーラン(Ed Sheeran)などがそうだ。3月5日の BBC 番組を最後にアメリカへ移住、アップルの仕事に就く予定。

The 41-year-old New Zealander, who had a knack for promoting emergent talent on the airwaves (including the Arctic Monkeys, Adele and Ed Sheeran), will present his final show on the BBC on March 5. He will then move to America to take up his position at Apple.

     *     *     *

Zane Lowe についてはこちらでも詳しく取り上げている。

アップル、英BBCから看板ラジオDJ、Zane Loweを引き抜く | BLOGOS

     *     *     *

2つの点で興味深い。

アップルが何をしようとしているのかという点がひとつ。

アップルが Beats を買収したのは昨年春だった。

Jimmy Iovine や Dr. Dre をどう使おうとしているのか未だ全容は見えてこない。

そこへ今回の Zane Lowe だ。

キュレーションをベースとした音楽ビジネスだろうとは想像できるものの、いまひとつ詳細は分からない。

ほかのすべてと同じく、「何らかのアップル製品」として結実するには長い時間がかかるということだけはハッキリしている。

いまはまだ仕込みの時期ということだろうか・・・

     *     *     *

もうひとつは英国に目が向いていること。

デザインの Jony Ive や Marc Newson がそうだ。Jony Ive の高級英国車好きも有名だ。

音楽でもロックやビートルズを生んだ英国ということだろうか。

英国的カルチャーが色濃く反映されている点が興味深い。

     *     *     *

いずれにせよアップルで何かが動いている・・・

広告

Read Full Post »

150210_apple_mystery_van1

[アップルのミステリーカー:MacDailyNews

WSJ の若林大介記者のスクープ。

先発メーカーに対抗してアップルが電気自動車に狙いを定めたらしい・・・

Apple’s Titan Car Project to Challenge Tesla | WSJ
[WSJ は有料講読制なので、以下は The Loop から]

     *     *     *

「タイタン」プロジェクト

アップルではアップルブランドの電気自動車を製造すべく数百人の従業員が密かに作業中だ、と事情に詳しいソース(複数)は語る。コード名「タイタン」(Titan)というこのプロジェクトは、当初ミニバンに似たデザインをしていたとソースのひとりはいう。

The Cupertino, Calif., company has several hundred employees working secretly toward creating an Apple-branded electric vehicle, according to people familiar with the matter. The project, code-named “Titan,” initially is working on the design of a vehicle that resembles a minivan, one of the people said.

     *     *     *

1年前にゴーサイン

この自動車プロジェクトにクック氏がゴーサインを出したのは1年近く前のことだ。プロジェクトグループのトップにはプロダクトデザインのベテラン Steve Zadesky 副社長[こちらも]が任命された、と事情に詳しい複数のソースは語る。Zadesky 氏は Ford の元エンジニアで、これまでも iPod や iPhone を作ったアップルチームをリードしてきた。

Mr. Cook approved the car project almost a year ago and assigned veteran product design Vice President Steve Zadesky to lead the group, the people familiar with the matter said. Mr. Zadesky is a former Ford engineer who helped lead the Apple teams that created the iPod and iPhone.

     *     *     *

千人規模の研究チーム

Zadesky 氏は千人規模のチームを結成する許可を得ており、アップル社内の様々な部門から従業員を引き抜いたと、ソースのひとりは語る。アップル本社から数マイル離れた秘密の場所で働く作業チームは、ロボット工学や、自動車製造のための様々な金属や素材の研究にあたっている、とこのソースは語る。

Mr. Zadesky was given permission to create a 1,000-person team and poach employees from different parts of the company, one of the people familiar with the matter said. Working from a private location a few miles from Apple’s corporate headquarters in Cupertino, the team is researching different types of robotics, metals and materials consistent with automobile manufacturing, the people said.

     *     *     *

巨額の初期費用

自動車製造は極めてカネのかかるビジネスだ。工場ひとつ建てるだけでもゆうに10億ドルを超え、さらには1万以上の自動車部品を製造する巨大なサプライチェーンが必要だ。昨秋電気自動車 Model S セダンの増産に苦慮していた Tesla の CEO Elon Musk は、自動車製造は「ほんとに難しい」とこぼしたほどだ。

Manufacturing a car is enormously expensive. A single plant usually costs well over $1 billion and requires a massive supply chain to produce the more than 10,000 components in a car. Elon Musk , chief executive of electric-car maker Tesla, complained last fall that it is “really hard” to make a car amid the company’s struggle to ramp up production of its Model S sedan.

参入を狙うライバルにとって巨額の費用は大きなハードルだ。しかし昨年末の現金保有高 1780 億ドルのアップルにとってはさして問題にはなるまい。

The expense is a barrier to entry to many potential competitors, but would be less of a hurdle for Apple, which reported holding $178 billion in cash as of Dec. 27, 2014.

     *     *     *

折しも Tesla との人材引き抜き合戦が話題になったばかりだ。

新しく Mercedes-Benz Research & Development の CEO Johann Jungwirth がアップルに採用されたという話もある。

またアップルのものらしい自動車[冒頭写真]があちこちで散見されるようになったというウワサもある。

アップルの自動車への取り組みはどうやら本物らしい。

それにしても数百人規模、千人規模の研究チームとはスゴい!

果たしてアップルは自動車製造そのものに手を染めるつもりなのか、それとも自動車関連の新しい何かなのか?

オモシロいことになってきた・・・

Read Full Post »

Tesla-hired

Tesla が大量の人材をアップルから引き抜いていることが話題になっている。

Want Elon Musk to Hire You at Tesla? Work for Apple | Bloomberg Business

     *     *     *

150 人もアップル社員を採用

これまで Tesla は少なくとも 150 人のアップル社員を採用している。これは自動車会社を含めたどの会社からの採用数よりも多い。アップルの元スタッフたちは、6000 人の自動車メーカーのエンジニアリングや法務など多くの分野で仕事をしている。

The company has hired at least 150 former Apple employees, more than from any other company, even carmakers. The former Apple staffers work in many areas of the 6,000-employee automaker, including engineering and law. […]

自動車がコンピュータに近づいてくるにつれて従来の自動車メーカーはシリコンバレーから人材を獲得しようと躍起になっている。未来の車を開発するという点で、アップルの人材を惹き付ける Tesla の能力は突出している。

As cars become more like computers, and traditional U.S. automakers struggle to attract Silicon Valley talent, Tesla’s ability to lure people from Apple gives it an edge in developing cars of the future. […]

     *     *     *

なぜ Tesla に

元アップル社員たちが Tesla で働くことを決めた大きな理由は、未来の自動車と CEO だったという。スティーブ・ジョブズと同じく Elon Musk は激しい気性と細部へのこだわりで知られている。

Employees who have worked at Apple say their decision to join Tesla was based on its cars and its CEO. Musk has a reputation, like Steve Jobs did, for a mercurial temper and an obsessive attention to detail. […]

     *     *     *

25 万ドルのボーナスと 60% の給与アップ

アップルもまた契約時 25 万ドルのボーナスと 60% の給与アップを提示して Tesla の人材を引き抜こうとしていると Musk はいう。「アップルは Tesla に激しい引き抜きをかけたが、成功したのはほんの少しだ。」

Musk says Apple has been trying to poach Tesla employees, too, offering $250,000 signing bonuses and 60 percent salary increases. “Apple tries very hard to recruit from Tesla,” he says. “But so far they’ve actually recruited very few people.”

     *     *     *

アップルからごっそり人材を引き抜ける会社があるということにビックリさせられる。

いずれアップルにとって人材の流出防止が大問題になると Guy English が指摘したのは3年前のことだった・・・

Read Full Post »

Anand-Lal-Shimpi

アップルの人材ハントはついに技術系ジャーナリストにまで・・・

AnandTech Publisher Anand Shimpi Headed to Apple | Re/code

AnandTech | The Road Ahead

Founder Anand Shimpi latest Apple hire from hardware review site AnandTech | 9to5Mac

Earlier this year AnandTech’s Brian Klug also left the site for a role at Apple with a focus on building processors for the company’s iOS lineup. It’s possible that Shimpi will be taking up a similar role in quality assurance or marketing.

Read Full Post »

stock_options

[成功報酬としてのストックオプション:image

アップルが米国一の企業に躍り出て以来、アップルに厳しい視線が注がれている。

アップル株価の不調もあって、さまざまな問題点が指摘されるようになった。ついにはデザイン部門の暴走説までささやかれる始末。

もしアップルに問題があるとすれば、真の問題とはいったい何だろうか?

だいぶ前の記事だが、Guy English の指摘が示唆に富んでいる。

kickingbear: “Three Things That Should Trouble Apple” by Guy English: 24 May 2012

アップルがいずれ遭遇することになる問題は次の3つだというのだ。

1)Content Management(コンテンツ管理)
2)iTunes
3)People(人材)

3番目の人材の問題が興味深いので詳しく見てみよう。

     *     *     *

ストックオプション

オリジナル iPhone の開発メンバーが株をもらったのは 2005 〜 2006 年のことだった。iOS 2.0 を開発したメンバーが株をもらったのは 2007 〜 2008 年だ。その後の iOS デバイスの進化とそれを支えたひとびとのことを考えてみよう。その上で、個人的な時間を投資することで得られる報酬と、会社にとっての利益とを比べてみよう。iOS が発表されたのはずっと前の 2007 年だった。オリジナルメンバーがストックオプションを与えられてから5年経っている。現在われわれが目にしているような iOS になってから数えれば3年かもしれない。当時の株価と現在の株価はどう変わったか・・・

The team that worked on the original iPhone were granted stocks back in 2005-2006. The people who joined them to make iOS 2.0 what it was were granted stock back in 2007-2008. Look at the progression of iOS devices since then and consider the people behind it. Then consider the remuneration schemes based on how much of their personal time they invested versus the benefit to the company. iOS was launched back in 2007. It’s been five years since the original team were granted stock options. It’s been maybe three years since the team that has defined what we now know as iOS were granted options. Look at the share price then and look at the share price now.

     *     *     *

アキレス腱

結局のところ、人材を継続して確保できるかどうかがアップルのアキレス腱だろう。

Ultimately, the retention of talent will be Apple’s Achilles’ heel.

     *     *     *

iOS プロジェクト

優れた人材は優れた仕事をしたいと思うのが常だ。それが素晴らしいひとつのプロジェクトに実ることもある。この10年でいえば、iOS がそんなプロジェクトだ。

The smartest people will always want to be working on the smartest thing. Sometimes that comes together in one amazing project. iOS has been that project for this decade.

     *     *     *

次なる飛躍(Next Big Thing)

もしもアップルに問題があるとすれば、それはアップルがすでに未来を形作ってしまったことだ。もう終わっているのだ。聡明で優れたエンジニアやプロダクトマネージャーは次なる冒険に挑むかもしれない。それが成功する確率は大きくないかもしれないが、アップル株のどしゃ降り状態[?]を考えれば大した問題ではないのだ。どうなるか慎重に見守る必要がある。

If there’s a problem for Apple it’s that they’ve already invented the future. It’s a done deal. The best and brightest engineers and product managers may move on to other ventures. Less likely to succeed, of course, but that’s less of an issue for them given the rainfall of AAPL gains. We’ll have to see what happens.

     *     *     *

アップルの人材については Dan Frommer も興味深いツィートをしている。

This is not at all a scientific study, but … | Twitter

辞めて行く人材

決して科学的に調査したわでけはないが、自分が Twitter でフォローしているアップル社員のほとんどがこの9か月内に辞めている。どういうこと?

This is not at all a scientific study, but most of the Apple employees I follow on Twitter have quit within the last ~9 months. Huh.

     *     *     *

Guy English と Dan Frommer の指摘を踏まえて、John Gruber は人材の確保こそアップル最大の問題だという。

Daring Fireball: “Apple’s Biggest Problem: Retention of Talent” by John Gruber: 08 February 2013

     *     *     *

人材の問題が最重要

Guy English の挙げている3番目の問題が最重要だと思う。

Methinks Guy English’s #3 problem that Apple faces should have been #1:

ハッキリさせておきたいが、これはエクソダス(大量脱出)などではない。全然違う。アップルが保有している大量の優秀な人材をいかに継続して保持できるかといういつまでも続くチャレンジなのだ。

To be clear, this is not an exodus. Far from it. But it’s a continuous challenge for the company to retain the enormous number of talented people it employs.

     *     *     *

アップルの株価がどれだけ下落しようと、株主や一部投資家の問題でユーザーとは関係ないと思っていた。

しかしストックオプションというインセンティブを考えるとそうもいえないのかもしれない。

仕事のやり甲斐と報酬のバランスはなかなか難しい問題だ。しかし成功報酬としてストックオプションが使われているのは事実だ。

自分たちの努力で生み出した製品が成功して、株価が上がり、自分に与えられたオプションを行使する時点で大きな収入となることがその前提だ。

しかし空前の利益を上げて米国一の企業に躍り出た 2011 年、これ以上の結果は出せないとすら思えたクリスマス四半期のときですら株価が下落した。

刻苦精励して新製品を生み出しても、ストックオプションの前提となる株価が下がったりしたら目も当てられない。

次なる飛躍的製品(Next Big Thing)までの行程はかなり長いかもしれず、そうなればインセンティブは失われ、他企業へ転出、あるいはスタートアップに転身する人材が出てもおかしくはない。

常に優れた製品を生み出してきたアップルのような会社にとって優れた人材を維持できるかどうは死活問題だ。

最近になってアップルを辞めたトップレベルの幹部は少なくないが、マネージャークラスになるとその数はもっと多いかもしれない。

アップル株価が正当に評価されないことが人材流出とも微妙に関係してくるとなれば、ひいてはユーザーにとっても問題だ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »