Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘予想’ Category

B--wR60WsAECHwe.jpg-large

[今回は出席できない:John Gruber

Apple Watch は不明なことが多すぎるから予想するのが楽しいと John Gruber はいう。

その彼が明日未明に迫った Spring forward イベントについて直前の予想をしている。(手術をしたので今回は出席できない。)

Apple Watch Prelude | Daring Fireball
One Last Spitball on Stainless Steel Apple Watch Pricing | Daring Fireball

     *     *     *

予想の中心は Apple Watch の価格設定だ。

これまでのステンレススチール製 Watch モデル — 千ドル、ハイエンドの Edition モデル — 1万ドルという予想を一部修正している。

     *     *     *

ステンレススチール製の Watch

ほとんどのひとが買いたいと思うのはステンレススチール製の Apple Watch だ。だから本体価格で 500 ドル前後、それにバンドのオプションで 100 〜 300 ドルプラスで買いたいと期待する。

But the steel Apple Watch, that’s something that most people still look at as for them. And so they expect the starting price to be around $500, and the various leather and metal band options to cost $100-300 more.

しかしステンレススチール製の Watch が 500 ドルならなぜ Sport は 350 ドルなのか。たった 150 ドルの価格差では単一モデルの価格の違いにしか見えず正当化できない。ステンレススチールは Sport より(いちばん安いゴム製スポーツバンドのときですら)かなり高く価格設定してこそ初めて意味がある。・・・Sport とステンレススチールでは見かけも手触りもすべて異なる。金属も(アルミニウムとステンレススチール)、仕上げも(つや消しと高度研磨)、ディスプレイも(ガラスとサファイア)、ケースの背面も(プラスチックとセラミックおよびサファイア)、すべてが異なるのだ。

But if the starting price for the steel Apple Watch is $500, I don’t see why Apple Watch Sport exists at $350. $150 difference does not justify the difference. If they were that close in price, there’d only be one of them. Sport and steel only make sense as separate collections if the steel collection is significantly higher in price, even at the entry level with the rubber Sport band. […] With Sport and steel Apple Watches, everything you can see or touch is different. Different metal (aluminum vs. steel), different finishes (matte vs. highly-polished), different displays (glass vs. sapphire), different case backs (plastic vs. ceramic and sapphire). […]

     *     *     *

広い価格帯にまたがる

Apple Watch の3つのコレクション — Sport・ステンレススチール・Edition — は単純に3つの価格で表わすことはできないと思う。そうではなく、3つのコレクションは 349 ドルから1万ドルまでの連続した価格帯に広がると思う。(もし自分の直感が正しければ、金のリンクブレスレットも登場するはずで、その場合は2万ドルにも達するだろう。)

The three collections of Apple Watch — Sport, steel, and Edition — will not, I think, be represented by three basic prices. Instead, the three collections will comprise a continuum of price points, ranging from $349 to $10,000 (or $20,000, if my hunch is correct that there are gold Link Bracelets waiting to be revealed).

     *     *     *

最終価格予想

かくて Gruber はステンレススチール製 Watch が 749 ドル、ハイエンドの Edition が 7499 ドルからスタートすると予想する。(なお、42 ミリケースは 38 ミリより 50 ドル — Edition では 500 ドル以上 — 高くなると考える。)[最終予想リストはこちら

     *     *     *

買いたいと思う欲求が高くする

みんながステンレススチール製 Watch を、それもゴム製(フルオロエラストマー製スポーツバンド)ではないものを欲しがるという事実 — 欲求 — こそが高くなる理由なのだ。アップルはみんなが支払いたいと思う価格ではなく、支払ってもいいという価格に設定するのだ。

The fact that so many people want the steel Apple Watch and non-Sport bands shows why they will cost more: desire. Apple sets prices not based on what people want to pay, but what people are willing to pay.

これは疑いもなくアップルにとって新しい領域だ。アップルは内部のコンピュータ部品が同じものを素材の贅沢さだけが異なる、そんな価格帯で売ったことはこれまでない。

This is without question new territory for Apple. They’ve never sold products with the same computing internals at different pricing tiers based solely on the luxuriousness of the materials.

     *     *     *

以前 Apple Watch のアップグレードの可能性に言及した Gruber は、今回その考えを改めている。[こちらも

アップグレードの可能性はない

The Modular S1 and Upgradeability

第1世代の iPhone ことを考えてみよう。それを今日の A8 SoC でアップグレードすることを想像するのだ。良くなることは確かだが、低解像度の Retina でないディスプレイはそのままだし、古い EDGE ネットワークのまま。ひどいカメラではビデオも撮れない、などなど。Apple Watch 内部の「コンピュータ」がすべてなのではない。コンピュータ部品を含めたすべてが重要なのだ。ヘルスセンサーも、ディスプレイも、バッテリーも、Taptic Engine も、デジタルクラウンも通信能力も — すべてが重要なのだ。

Take a first generation iPhone. Now imagine if you could upgrade it to today’s A8 SoC. It’d be better than it was before, that’s for sure. But it’d still have a low-resolution non-retina display. It’d still be stuck with EDGE cellular networking. It’d still have a crappy camera that couldn’t even shoot video. Etc. The “computer” inside Apple Watch just isn’t all that important. Everything is important. The health sensors, the display, the battery, the Taptic Engine, the digital crown, the networking capabilities, everything.

数年後には Apple Watch は Wi-Fi や携帯電話ネットワークですらサポートするかもしれない。1回の充電で数日保つようになるかもしれない。しかしこれらの進歩はどれも S2 チップを S3 チップに交換するだけでは得られないのだ。

A few years from now we might have Apple Watches that support Wi-Fi or even cellular networking. They might go several days on a single charge. None of those improvements would come from an upgrade to an S2 or S3 chip.

この点については自分が間違っていればとも思うけれど、それでは辻褄が合わない。もし自分が間違っているとすれば、それは時計内部のすべてが更新されるときだけだ。ディスプレイも、電子部品も、バッテリーも、センサーも、ケースとバンド以外のすべてがアップグレードされるときだけだ。そうなるとは思えないが、最低限可能性はなきにしもあらずだ。そうなれば Edition の寿命は世の高級腕時計並みになる。その場合でも S1 のモジュール化とは関係ない。

I’d love to be wrong on this one, but I don’t think it makes any sense. And if I am wrong, the upgrade would have to include the entire innards of the watch — new display, new electronics, new battery, new sensors. Everything but the case and the bands. That still seems unlikely to me, but it’s at least plausible. And it could put Apple Watch Edition on par with existing luxury watches in terms of lifespan. But even in that case, the modular nature of the S1 doesn’t really have much to do with it.

     *     *     *

Apple Watch ソフトウェア

アップル本社の小さな Town Hall ではなく Yerba Buena でイベントが開かれることから、発表すべき内容がたっぷりあるのものと思われる。Apple Watch のソフトウェアや使い勝手について知るべきことが沢山あるに違いない。昨年9月の発表時に Tim Cook はもっと見せたいのに時間が足りないといったではないか。先月クパティーノの本社に100人以上のサードパーティのデベロッパやデザイナーを集めたと聞いている。Apple Watch の実機でテストを行ない、WatchKit に磨きをかけるためだ。だからサードパーティの Watch アプリのデモがたっぷり拝めるにちがいない。

Holding the event at Yerba Buena instead of the smaller confines of their campus Town Hall makes me think Apple has a lot to show. There must be more to learn about Apple Watch’s software and experience — Tim Cook even said so back in September, explaining that they simply didn’t have enough time then to show more. I’ve heard that Apple has been hosting over 100 third-party developers and designers in Cupertino for the last month, to test and refine WatchKit apps on production Apple Watch hardware, so I expect a bunch of third-party Watch app demos too.

     *     *     *

Apple Watch 以外には

Photos の Mac パプリックベータバージョンから考えて、その完成版のデモと、全デバイスで使える iCloud Photos のデモもあるだろう。Mac のソフトウェアが取り上げられるのなら、ウワサの12インチ極薄 MacBook Air も発表されるかもしれない。自分の直感では新 MacBook Air は準備万端整っていると思う。(しかしウワサの大型 iPad の方は未だだろう。)

The new Mac version of Photos is in public beta, so I expect a full demo of that and the now-complete iCloud Photos cross-device experience. And if they’re going to talk about Mac software, maybe they’ll reveal the rumored 12-inch thinner-than-ever MacBook Air, too. My gut tells me the new MacBook Air could be ready, and it also tells me that the purported bigger iPad is not.

     *     *     *

さて、予想の結果はあと数時間で分かる・・・

広告

Read Full Post »

apple_mac_pro

[Mac Pro:image

Peter Cohen[The Loop]が興味深いことをいっている

iMore.com: “Mac Pro inventory drying up pre-WWDC? What does it mean?” by Peter Cohen: 31 May 2013

     *     *     *

Mac Pro が品薄に?

MacTrast の J. Glenn Künzler によれば、Mac Pro エントリーモデルの在庫がアメリカの主要な小売店でほぼ品薄状態になっているという。それってどういう意味だろうか? 意味があるかもしれないし、そうでないかもしれない。

Channel inventory of the Mac Pro entry-level model seems to be on the wane at major American retailers, according to a report from J. Glenn Künzler at MacTrast. What does it mean? Maybe something, maybe nothing.

     *     *     *

しかし一方では

エントリーレベルの Mac の在庫が減っているということは、WWDC が再来週あることを考えると、何か新しいものが出るということではないかと Künzler は推測する。しかし一方でアップルストアやアップルのオンラインストア、メジャーなオンライン小売り MacConnection ではいずれも在庫があり、いつでも発送できる状態にあることが注目される。

Künzler infers that the shortage of entry-level Mac supply might mean that something new is coming down the pike, since WWDC is the week after next. But it’s also worth noting that Apple retail stores, Apple’s online store and major online/mail-order retailer MacConnection all have the units in stock and ready to ship.

     *     *     *

インテルの Xeon が変わる?

The Loop のわが同僚 Jim Dalrymple と同じく、WWDC で Mac 製品ラインアップの一部が変更ないし刷新されることは間違いないと考える。しかしインテルが 2013 年第3四半期に Xeon 製品(Mac Pro が長年使用してきた CPU)を変更しようとしていることを考えると、Mac Pro が新しくなると考えるのは時期尚早だと思う。

I’m almost certain we’re going to see some refreshes and change to the Mac product line at WWDC, just like my colleague Jim Dalrymple at The Loop. But I’m not convinced the time is right to see a new Mac Pro model take the place of the old one, with Intel planning changes to its Xeon products (the CPUs the Mac Pro has long used) coming in the third calendar quarter of 2013.

     *     *     *

Xeon E3 チップファミリー

インテルはマイクロサーバーおよびクラウドサーバーを対象とする Xeon E3 チップファミリーを最近導入した。これは同社の Haswell アーキテクチャをベースとする比較的消費電力の低いチップで、従来 Mac Pro に見られた馬鹿力は欠けている。Mac Pro の候補としては Ivy Bridge EP をベースとする Xeon E5 ファミリーが適していると思われるが、それが登場するのは今年後半だ。

Intel recently introduced the Xeon E3 chip family, which is intended for micro servers and cloud server configurations. It’s based on the company’s Haswell architecture, but it’s a fairly low-power chip that lacks the brute force computational power we’re used to seeing in the Mac Pro. The Xeon E5 family, built around Ivy Bridge EP, seems like a more suitable Mac Pro candidate, and that one’s due later this year.

     *     *     *

昨年の場合は・・・

だからといって、昨年の WWDC の頃に Mac Pro が多少リフレッシュされたのと同じことが起きないといっているワケではない。それでも現時点では、Next Big Thing を期待する Mac Pro ファンの癒されぬ傷に塩をぬるだけかもしれないが・・・

That’s not to say that Apple won’t do the same thing as they did last year, and offer a slight refresh to the Mac Pro around WWDC. Though at this stage of the game, that might just be rubbing salt in the wounds of Mac Pro enthusiasts who are waiting for the next big thing.

他のことと同じで、実際のメリットはケース次第だ。

As in all things, your mileage may vary.

     *     *     *

どうやら Mac Pro は微妙らしい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Update:エントリー価格は 329 ドル?》

[iPad mini by Martin Hajek:image

バツグンの的中率を誇る John Gruber が小型 iPad の直前予想をしている。

ディスプレイ、価格、名称の3点に絞ったもので、いつもながらその考え方は説得力があるように思える。

Daring Fireball: “Thoughts on the Display, Price, and Name of the Impending Smaller iPad” by John Gruber: 18 October 2012

     *     *     *

Retina ディスプレイでない新 iPad なんて考えられるだろうか?

How Can the New iPad Not Have a Retina Display?

この疑問の背後にある考え方はこういうことだ — iPad (3) は Retina だし、iPhone や iPod Touch も2年近くそうだ。だとしたらアップルが Retina でない新製品を出すなんて考えられるだろうか。たしかに筋は通っている。しかし次の点も考慮すべきだ。どの iOS デバイスも最初に登場したときは Retina ディスプレイではなかった。Retina 化には2年から3年を要したという点を・・・

The thinking behind this question usually goes like this: the iPad (3) has a retina display and the iPhone and iPod Touch have had them for two years, so how can Apple introduce a new device without one? That’s perfectly logical. But consider this: each new iOS mobile device has debuted with a non-retina display, and then went retina two or three years later.

     *     *     *

トレードオフ

別の視点から見れば、アップルはトレードオフを考慮して決定しなければならないのだ。最新の iPad (3) の最大のウリはディスプレイだ。大きくて非常に明るいディスプレイはそれだけパワーを食うので、iPad 2 より厚く、重たく、それがトレードオフになっている。何かをデザインするときは、ひとつないしは2つのメインになる属性(primary attributes)を選び、それ以外については妥協するのだ。

Another way to look at it is that Apple has to choose its trade-offs. The flagship feature of the iPad (3) is its display. The cost, in terms of trade-offs, is that it is thicker and heavier than the iPad 2 because that big gorgeous bright display requires so much more power. When designing anything, you pick one or two primary attributes and you compromise on everything else.

     *     *     *

マジック

小型 iPad のメインになる属性は、薄さ・軽さ・安さだと私は考える。Retina ディスプレイにすれば厚く、重く、高くなるだろう。私の考えが間違いで、アップルのエンジニアがこの小型 iPad に 7.85 インチ 2048 × 1536 ディスプレイを搭載し、かつ格段に薄く(例えば 7.2 ミリ)、軽く、300 ドル以下に価格を抑えるというマジックをやってくれればうれしい限りだが、それこそ「マジック」だろう。

I expect the primary attributes of the smaller iPad to be thinness, weight, and price. A retina display would make it thicker, heavier, and more expensive. I would love to be proven wrong, for Apple engineering magic to put a 7.85-inch 2048 × 1536 display into this smaller iPad and yet keep it remarkably thin (say, 7.2 mm or so) and light and hit price points under (and perhaps well under) $300. But I think “magic” is the key word there.

     *     *     *

差別化

最後に、小型 iPad を Retina 化しないことで、より高価なレギュラー iPad (3) と差別化することができる。Retina ディスプレイはプレミアム機能なのだ。新しい小型 iPad は iPad ラインアップのプレミアムモデルではない。Retina ディスプレイでないから買いたくないのなら、レギュラー iPad (3) を買えばいいのだ。

Lastly, debuting with a non-retina display would help differentiate the new smaller iPad from the regular (and more expensive) iPad (3). Retina displays are premium features; the new smaller iPad is not the premium model in the lineup. You don’t want to buy one because it doesn’t have a retina display? OK, buy the regular iPad (3) that does.

     *     *     *

新 iPod Touch のエントリー価格が 299 ドルなら、小型 iPad の価格はそれ以上になるのではないか?

If the New iPod Touch Starts at $299, Doesn’t That Mean the Smaller iPad Will Cost More Than That?

この背後にある考え方は、大きいことはいいことで、小さいことは安いことだというもの。だから新しい iPod Touch が 299 ドルするのなら、小型 iPad は 349 ドルないしはそれ以上するハズだと。もし小型 iPad が新 iPod Touch より安ければ、iPod Touch を買おうとするひとはみな大きなディスプレイで値段が安い iPad を選ぶのではないだろうか。

The thinking behind this question seems to be something like this: bigger is better, smaller is cheaper, so if the new iPod Touch costs $299 then the smaller iPad has to cost $349 or more because otherwise, if this new smaller iPad cost less than the new Touches, everyone who’s thinking about buying an iPod Touch is going to buy one of theses iPads instead because it’s got a bigger display and costs less.

     *     *     *

細密ミニチュア

この考え方はいくつかの点で間違っていると思う。小さくなれば一般的には安くなるという点は正しいが、細密ミニチュア(miniature)になるとプレミアム価格になるのだ。13インチ MacBook Pro は15インチより小さいから安い。11インチ MacBook Airは13インチより小さいから安い。しかし iPod Touch は iPad より小さいだけではない — 細密ミニチュアモデルなのだ。ガジェットの価格は通常U字形になる。大きいものは高く、小さいものは安い。そして細密ミニチュアは高くなるのだ。iPad (3) と iPhone・iPod Touch はU字形曲線の両端で、小型 iPad はその真ん中に当たる。

I see several things wrong with that line of thinking. It’s true that smaller generally implies cheaper, but miniature carries a premium. The 13-inch MacBook Pro is smaller than the 15, and thus cheaper. The 11-inch MacBook Air is smaller than the 13, and thus cheaper. But the iPod Touch isn’t just smaller than the iPad — it’s miniature. Gadget prices tend to follow a U-shaped curve: big is expensive, small is cheap, miniature is expensive. The iPad (3) is near the beginning of the curve. The iPhone and iPod Touch are at the end. This new smaller iPad will be in the middle.

     *     *     *

カニバリゼーション

二つ目に考慮すべき点として、iPod の売れ行き(Touch を含めて)は他の iOS デバイスによって食われても(cannibalized:共食い)なんら問題ないということだ。アップルストアを訪れた顧客がたとえば 249 ドルの小型 iPad を見つけて、299 ドルの iPod Touch より安くて大きいからといって買う決心をしても、アップルにとって勝ちであることに変わりはない。顧客は iPad をひとつ買うわけだから・・・

Second is that Apple has no problem if iPod sales, including the Touch, continue to be cannibalized by other iOS devices. If a customer walks into the store and sees a (say) $249 smaller iPad and decides to buy that instead of a $299 iPod Touch simply because it’s cheaper and bigger at the same time, that’s still a win for Apple. The customer just bought an iPad.

もしアップルストアを訪れた顧客がズボンのポケットに入るもの、あるいはエクササイズのときに腕に付けられるものが欲しいとしたら、それは iPad にはならないだろう。代りに iPod Touch か iPhone を買うだろう。アップルのどの製品を買うかというだけの話だ。

On the other hand, if a customer walks into the Apple Store and wants to buy something that will fit in their pants pocket or strap onto their arm while exercising, the iPad isn’t even in the picture. They’re going to buy an iPod Touch or an iPhone; it’s simply a question of which one.

     *     *     *

比べるべきは

新しい小型 iPad の価格が iPod Touch と競合しても一向に構わない。そもそも異なるカテゴリーの製品なのだから。比べるべきはレギュラー iPad やライバルのタブレットの価格に対してであり、それこそが問題なのだ。

Don’t worry about comparing the price of the new smaller iPad to the iPod Touch. It’s a different category. Compare it to the price of competing tablets and to the regular iPad. That’s all that matters.

     *     *     *

名前はどうなる?

What Are They Going to Name It?

薄さ、軽さ、安さがメインとなる属性(primary attributes)の他のアップル製品をご存知だろうか。MacBook Air がそうだ。WWDC で発表された一連の Air ラインアップが Retina ディスプレイでないのは偶然ではない。アップルのすべてのラインアップが Retina 化するにはまだ数年はかかる。だから新製品の名前は次の順序でいずれかになると思う。

You know what other Apple product’s primary attributes are thinness, weight, and price? The MacBook Air. And, no coincidence, the latest revisions to the Air lineup debuted on stage at WWDC without retina displays. We’re a couple of years away from Apple going retina across the board. That’s why my guesses as to what the thing is going to be called go in this order:

     *     *     *

可能性として

1. iPad Air
2. iPad
3. iPad Mini

     *     *     *

断言はできないが・・・

とても薄くて軽いけれど、レギュラー iPad に比べればそれほど小さくないものを “Mini” と呼ぶのは相応しくないような気がする。しかしこの3つの名前のどれかだとまでは断言できない。

“Mini” just doesn’t feel like the right way to describe something that’s remarkably thinner and lighter but not that much smaller than the regular iPad. But I wouldn’t bet against any of those three names.

     *     *     *

U字形価格モデルの考え方がおもしろい。

従前の 199 ドルが 249 ドルに後退したのは少し残念・・・

あと残された疑問は Wi-Fi モデルだけかどうかという点だろう。

最近のウワサでは LTE モデルも十分にありそうな気がするが、この点については Gruber もまだ確たる情報を掴んでいないとみえる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》エントリー価格は 329 ドル?(10月21日)

[9to5Mac の予想価格表:chart

数々のスクープをものにした Mark Gurman が、改良版で価格据え置きのフルサイズ iPad の同時発表を予想するとともに、小型 iPad についても Gruber とは異なるエントリー価格を予想している。

9to5Mac: “Apple’s smaller iPad to likely start at a minimum of $329 in the U.S.” by Mark Gurman: 20 October 2012

     *     *     *

エントリー価格は 329 ドル

間もなく登場する小型 iPad のエントリー価格は、第5世代 iPod touch(299 ドル)と WiFi オンリーの 16GB iPad 2(399 ドル)の中間の価格になる。我々のソース(複数)によれば、小型 iPad の米国価格設定は最低でも 329 ドルになりそうだ。

Apple’s entry price for its upcoming smaller iPad is between the base model of the new, fifth-generation iPod touch ($299) and the currently shipping WiFi-only 16GB iPad 2 ($399). According to our sources, the base model of the smaller iPad will likely be priced at a minimum of $329 in the United States.

     *     *     *

WiFi オンリーモデル

より容量の大きい2つの小型 iPad は WiFi オンリーの構成になる。価格は最低でもそれぞれエントリー価格より 100 ドル高い 429 ドルおよび 529 ドルになりそうだ。

Two higher capacities of the smaller iPad will be available in the WiFi-only configuration. These will likely be priced at $100 premiums over each other at a minimum of $429 and $529.

小型 iPad のエントリー価格はもっと高いかもしれないが、我々の予想は 329 ドルだ。

It is possible that this base price for the smaller iPad could be higher, but our best guess is $329.

     *     *     *

携帯ネットワーク対応版

小型 iPad には携帯ネットワーク対応版も出る。第3世代 iPad と同様に、 WiFi + 携帯ネットワーク対応版は WiFi オンリーモデルに 130 ドルを加えた 459 ドル、559 ドル、659 ドルがそれぞれ最低価格になりそうだ。

Apple’s smaller iPad will also come in a version that connects to cellular networks. Like the third-generation iPad, these models will come at a $130 premium over their corresponding storage capacity in the WiFi-only line. This comes out to likely minimum price points of $459, $559, and $659 for the WiFi + Cellular line…

小型 iPad の予想価格表を上に掲げておいた。

We created the likely pricing matrix for the smaller iPad shown above.

     *     *     *

これに対する Gruber の感想は次のとおり。

Daring Fireball: “9to5Mac: Smaller iPad to Start at $329” by John Gruber: 20 October 2012

奇妙な数字だ

これは自分の予想より少し高い。自分としては Wi-Fi モデルは最低 299 ドルになると考えた。「しかも」Wi-Fi モデルも携帯ネットワーク対応モデルも、いずれも「X99」・「X49」といった数字でないことも奇妙だ。30 ドル少ない価格ならスッキリするのに・・・

That’s a little more expensive than I expected — I thought they’d at least hit the $299 mark with the entry-level Wi-Fi model. Curious too that none of the prices, for Wi-Fi-only or cellular models, land on “even” $X99 or $X49 numbers — these prices would look a lot nicer if they were each $30 less.

     *     *     *

Gurman の予想は先きに入手した価格リストに基づいて「算定された」もののように思われる。

先きの価格リストはオーストラリアのものだったが、新しい算定表ではアメリカのものになっていて、P101 および P103 が欠けていることも気にかかる。[P101 および P103 はフルサイズの iPad だった。]

まあ、販売価格はアップルの専権事項で、発表するまでは分からないのが常だから、あと数日のお楽しみというところか・・・

なお、名称が「小型 iPad」であること、LTE モデルについては触れていないことも興味深い。

それにしても Gruber の予想は、「199 ドル → 249 ドル → 299 ドル」と書くたびに揺れている・・・

Read Full Post »


[Mac Pro や iMac はどうなる?]

Retina MacBook Pro もさりながら、WWDC で発表されなかったマシンが気に懸かる。

いつものように Marco Arment が大胆な予想をしている。「Mac のデスクトップマシンはどうなるのか。」

Marco.org: “Predicting the next Mac desktops” by Marco Arment: 22 June 2012

     *     *     *

手つかずの Mac Pro と iMac

新しい Mac の予想にはインテルのロードマップが重要なヒントになる。しかし WWDC でアップルのラップトップラインアップが完全に一新されたのに、Mac Pro と iMac は手つかずのままだ。インテルの一連の新しいプロセッサが使えるというのに・・・

Intel’s roadmap is generally a very strong predictor of when new corresponding Macs will be released. But after the complete update of Apple’s laptop lineup at WWDC, the Mac Pro and iMac were untouched, despite suitable new Intel CPU families being available for both.

     *     *     *

次なるデスクトップ

そして Tim Cook が「来年後半」に新しい Mac Pro が出ることを認め、アップル広報も今年後半には新 iMac が出ることを強くにおわせている。

Then an email from Tim Cook confirmed that new Mac Pros are coming “later next year”, and Apple PR strongly implied that new iMacs were coming later this year.

     *     *     *

なぜラップトップだけだったのか

どうしてアップルは MacBook Air、MacBook Pro、Retina MacBook Pro を発表しただけで、iMac や Mac Pro は発表しなかったのだろうか。また iMac は今年アップデートされるのに、Mac Pro は1年後ないし1年半後までアップデートされないのはなぜだろうか?

Why did Apple just release new MacBook Airs, MacBook Pros, and a Retina MacBook Pro, but no new iMacs or Mac Pros? And why are the iMacs probably being updated this year while the Mac Pro update won’t happen for 12–18 months?

     *     *     *

Retina しかない

いつものように想像をめぐらせてみよう。

As usual, I have some guesses.

私の基本的考え方はこうだ。アップルが未来は Retina ディスプレイしかないと信じていること、それぞれのマシンファミリーが Retina を搭載できるようになるまではアップグレードを行なわないだろうということ。

My core theory: Apple believes that Retina displays are the only way to go from this point forward, and they’re waiting to update each family until it can be Retina-equipped.

     *     *     *

Retina でないラップトップ

となるとすぐ湧く疑問。 MacBook Air と Pro はなぜ Retina ディスプレイを伴わないアップデートだったのか。私が思いつく理由はこうだ。

Now, an obvious question: why were the MacBook Airs and Pros just updated without Retina displays? My best guesses:

・今やアップルが売るコンピュータの大部分はラップトップで、夏は新学期を控えたもっとも儲かる時期なので、新鮮味のなくなったハードのままで座して待つワケにはいかなかった

– The vast majority of computers Apple sells today are laptops, and summer is a very lucrative, competitive back-to-school buying season that they couldn’t afford to sit out with stale hardware.

・Air および13インチ Pro はどちらも廉価なモデルなので値上げをしないと Retina 化できない。かかる主要モデルの値上げはアップルはやらない

– The Airs and 13” Pro are too inexpensive and can’t yet support Retina displays without raising prices, which Apple won’t do for such important products.

・ラップトップの売れ行きがよすぎて、ハイエンドの単一モデルでしか Mac サイズの Retina スクリーンは大量確保できない

– The laptops sell too well, and Mac-sized Retina screens simply aren’t available yet in high enough volume to be used in anything but a single, high-end model.

     *     *     *

iMac 発表は10月ないしは11月

一方 iMac はハイマージンだが売れる数量がずっと少ない。ライバルからのプレシャーがあまりないので積極的にアップデートしようとしない。などなどから Retina iMac の発売までなお数か月かかってもおかしくない。また iMac が家族共用マシンとして購入されることが多いので、クリスマスシーズン向けの商品として最適だ。

But the iMac has higher margins, sells in far lower quantities, and is under less competitive pressure to keep an aggressive update schedule. It’s plausible that Apple can start selling Retina iMacs in a few more months. And since the iMac is often bought for shared family use, it’s a great product to release right before the holiday shopping season.

だから、Ivy Bridge CPU および Retina ディスプレイ搭載の新 iMac は10月ないしは11月に登場すると予想する。

I’m guessing, therefore, that we’ll see new iMacs with Ivy Bridge CPUs, and probably with Retina displays, in October or early November.

     *     *     *

Mac Pro はまったく別のマシン

しかし Mac Pro はまったく別のマシンだ。ディスプレイは別売りだし、プロのユーザーはアップルが望む値段を払う。メインストリームユーザーを対象としないのでいつでもアップルが望むときにアップグレードできる。それならなぜ Xeon E5 のような最適の CPU がある今ではなく「来年後半」まで延期されるのか?

But the Mac Pro is very different. It’s sold separately from its display, its customers will pay whatever Apple wants to charge for it, and it can be updated whenever Apple feels like it because it’s not targeted at mainstream consumers. So why is it delayed until “later next year” despite perfectly good Xeon E5 CPUs being available today?

     *     *     *

どのプロセッサ

興味深いことに、多分これは将来 Xeon E5 を完全にスキップして Haswell Xeon を使うためではないのか。しかし発表が今年か来年かという単位ではなく何月になるかという状態だと敢えて予想したい追記:読者から次のような指摘があった。Xeon は通常一世代限りの CPU が主流で、E5 シリーズは Sandy Bridge ベースなので、来年の Xeon は Ivy Bridge ベースとなり、Haswell Xeon は 2013 年には登場しないと。

Interestingly, that’s probably far enough in the future to skip the Xeon E5 entirely and use Haswell Xeons. But I bet that just decides which month they get released in, not which year. UPDATE: Responders have pointed out that the Xeons usually trail the mainstream CPUs by one process generation, and since the E5 series is Sandy Bridge-based, next year’s Xeons are likely to be Ivy Bridge-based, with Haswell Xeons probably not appearing in 2013.

     *     *     *

Mac Pro のアップデート

私は次のように予想したい。Mac Pro は「来年後半」までアップデートがなく、それまでスタンドアローンの Retina ディスプレイ(多分27インチ)も出ない。その両方を同時に出すことでプロマーケットの話題と利益を攫うことをアップルは望むだろうと。

I bet the Mac Pro update is being held up until “later next year” because a standalone (27-inch?) Retina Display can’t be released until then, and Apple wants to release them simultaneously to capture a lot of buzz and profit in the pro market.

     *     *     *

スタンドアローンの Retina ディスプレイが遅れる理由

スタンドアローンの Retina ディスプレイはなぜそれまで出ないのか? 私の理屈は基本的な考え方の線に一致する。

Why a standalone Retina Display can’t be released until then is also worth asking. My guesses help solidify the theory:

・大型 Retina パネルは当分の間需要に追いつけず、また iMac の方をまず先にしたいとアップルは考えるだろう。同一サイズのパネルを使用する27インチ Cinema Display と27インチ iMac についても同様の遅れが生じるだろう

– Large Retina panels will be in short supply for a while, and Apple needs them for the iMac first. They had a similar delay, probably for the same reason, between the release of the 27” iMac and the 27” Cinema Display using the same panel.

・もしも27インチ Retina が現行パネル(5120×2880)の倍バージョンになるなら、60 Hz で動かすためには現在の Thunderbolt が提供するもの(最大 10 Gbps 2チャンネル)より大きな処理能力(24-bit カラーで 21 Gbps 以上)を必要とするだろう

– If a 27” Retina Display is a “2X” version of the current panel, that’s a 5120×2880 panel — running that at 60 Hz requires more bandwidth (over 21 Gbps for 24-bit color) than Thunderbolt offers today (up to two 10 Gbps channels).

     *     *     *

2013 年後半というタイミング

Thunderbolt のスピードのアプグレードは「2013 年後半」になると思われるが、これは他ともうまくタイミングが合う。

Thunderbolt is probably going to get its first speed upgrade “in late 2013”. That’s pretty convenient timing.

     *     *     *

したがって Mac Pro は

ということで、新 Mac Pro は 2013年後半に、Haswell Ivy Bridge Xeon プロセッサ、高速 Thunderbolt を搭載して、スタンドアローン Retina ディスプレイと同時に出るだろう。

So I’m guessing we’ll see a new Mac Pro in late 2013 with Haswell Ivy Bridge Xeons, faster Thunderbolt, and available standalone Retina Displays.

     *     *     *

iMac の新情報(追記)

追記2:複数のソースから、確かに今秋 iMac のアップデートが行なわれるけれど Retina ディスプレイではないという情報が入ってきた。おやおや、両方ともうまくいくというわけではなさそうだ。

UPDATE 2: I’ve now heard from multiple sources that while an iMac update is indeed coming this fall, it will not have Retina displays. Oops. Can’t win ‘em all.

     *     *     *

デベロッパの第一線に立つ身でありながら、臆せずこんな大胆な予想をする Marco Arment が好きだ・・・

[via parislemon

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[7.85 インチ iPad:image

久しぶりに John Gruber がポッドキャストで思いっきりしゃべっている。

ポッドキャストはこちら:

The Talk Show #86: Well-Intentioned Scumbags | 5by5

アップルラボには7インチの小型 iPad が存在するという話も飛び出した。

自分のポッドキャスト「The Talk Show」で、7.85 インチ iPad は発売されるのだろうかと相方の Dan Benjamin に尋ねられて、Gruber はつぎのように答える。[1時間 17 分ごろから]

     *     *     *

7.85 インチ iPad はすでに存在する

う〜ん、分からないよ。ボクが知っているのは、アップルラボにはテスト用のヤツがあるってこと・・・ 7.85 インチで 1024×768 の iPad ・・・ 9.7 インチの iPad をちょっと小さくしただけのヤツ。アプリがちゃんと動くために、コンパイルし直すこともデザインし直すことも必要ない。そのまま小型化しただけの iPad だ。

“Well, I don’t know. What I do know is that they have one in the lab…a 7.85 inch iPad that runs at 1024×768… it’s just like the 9.7″ iPad shrunk down a little bit. Apps wouldn’t need to be recompiled or redesigned to work optimally on it. It’s just the iPad smaller.

     *     *     *

ポッドキャストでちょっとしゃべっただけなのに、様々なサイトが一斉に取り上げるところは、バツグンの実績を誇る Gruber の影響力を思わせる。[The VergeThe TechBlockThe Next WebMacRumors

実際に発売されるかどうかは分からないとしながらも、想像を逞しくして(speculation)Gruber がしゃべっていることがとても興味深い。

その内容とニュアンスはぜひご自分の耳でお確かめください。[1時間 17 分ごろから 30 分弱]

◆サイズ

・現行 iPad の小型化したもの
・縦置きの幅を高さにして縮めたサイズ

◆新しいカテゴリー

・これまでのものとハッキリ区別できること
・現行 iPad では高すぎると考える層向け
・裕福でない学生層向け
・長時間読書をしない層向け

◆低価格帯という新しいカテゴリー

・199 ドル価格帯
・iPod の先例がある(爆発的に売れたのは 499 ドルから 199 ドルに下がったため)

◆Kindle Fire との位置付け

・Kindle Fire が出たから対抗するのではなく、Fire キラーとして

◆non-Retina で、安く、小さく、遅い

・フラッグシップモデルでない限り Retina ではない

◆発表されるとしたら

・出るという確たる話はないが、出るとしたら WWDC か
・iPhone の新モデルは1年以内はあり得ない → 次期モデルは秋の発表 → だとすると WWDC で出せるのは小型 iPad ぐらい

◆iPad junior

・Benjamin が iPad juniorと呼ぶのにに Gruber が吹き出す(IBM PCjr を思い出した)

     *     *     *

妄想とはいえ、様々な視点からたっぷり半時間近くしゃべるのでなかなか参考になる。

7.85 インチの iPad が実際にどのくらいの大きさになるか気になる方は、こちらからモックアップをプリントアウトしてお確かめください。

★ →[ポッドキャストを聴く:The Talk Show

✂ →[本記事の短縮 URL]http://wp.me/pfXBS-1PY

Read Full Post »


[これが iPad 3?:image

アップルと Foxconn を別にすれば、アップル製品の内部に精通しているのは iFixit ではないかと思われる。

iFixit の Kyle Wiens がこれまでのバラシの経験に基づいて iPad 3 を予想しているのがなかなか興味深い。

PCWorld: “IPad 3: Predictions and Challenges From iFixit” by Tom Kaneshige: 07 February 2012

     *     *     *

同じフォームファクタ、Retina ディスプレイ

CIO:iPad 3 が登場間近です。アナタの予想は?

The iPad 3 is on deck. What are your predictions?

Kyle Wiens:私の予想では iPad 3 は基本的には現在のものと同じフォームファクタで、スクリーン解像度は倍増すると思います。ピクセルが4倍になる Retina ディスプレイが目標でしょう。数字をはじいてみたワケではありませんが、すべては顔面からの距離で決まる相対的なものです。結果的には Retina ディスプレイに非常に近いものになると思います。高解像度のカメラも付くかもしれません。

Wiens: I anticipate the iPad 3 will have basically the same form factor but with double the screen resolution. A Retina display, or four times the pixels, would be the goal. Although I haven’t run the numbers, it all depends on how far you hold it from your face. It’ll be very close to the Retina display. There might also be a high-resolution camera.

このほかアップルはグラフィックプロセッサの機能を高める必要があるでしょう。現在はデュアルコア、ギガヘルツレベルのプロセッサですが、iPad のグラフィックスパフォーマンスは大幅な改善が期待されます。(iFixit が iPhone 4S を分解したところ、A5 デュアルコアプロセッサは 1 GB に足りない 512 MB RAM だった。)

To go with this, Apple will have to up the graphics processor. Right now it’s a dual-core, gigahertz-ish processor, but I think there are a lot of improvements down the pike for graphics performance on iPads. (In its iPhone 4S teardown, iFixit found that the A5 dual-core processor with 512 MB RAM fell short of 1 GB.)

iPhone のゲーム「Infinity Blade 2」を見たことがありますか? スバラしい、グラフィックスがとにかくスゴいです。ピクセルが見える欠点もありません。しかし iPad では解像度がずっと低いのです。スクリーンサイズの異なる iPad で iPhone と同じグラフィックプロセッサを使用しているからです。アップルは iPad の解像度を向上させなければなりません。

Have you seen Infinity Blade 2 on the iPhone? It’s gorgeous. The graphics are just awesome. You can’t really see pixels or flaws. But on the iPad, there’s notably lower resolution. That’s because the iPhone and iPad use the same graphics processor (while screen sizes are different). Apple needs to up their game on the iPad.

     *     *     *

インクリメンタルなパフォーマンス向上

CIO:パフォーマンスはどうでしょうか?

What about performance improvements?

Wiens:私の予想では、スゴく高くなるというよりインクリメンタルなものになると思います。アップルがクアッドコアの採用を決心しない限りです。次期 iPad はクアッドコア A6 になるでしょうか? 私には十分な情報がありません。2年以内にはクアッドコアになると思いますが、今年そうなるかどうかは分かりません。

Wiens: My guess is that improvements will be incremental, not insane-unless Apple decides to go to a quad-core. Will the next iPad have an A6 with a ? I haven’t seen enough data to know. I would expect Apple to go to a quad-core within two years, but I don’t know if it’ll happen this year.

     *     *     *

「iPad 2 HD」

CIO:次期 iPad はとてもインクリメンタルなアップグレードのようですね。

Sounds like the next iPad will be a very incremental upgrade.

Wiens:「iPad 3」ではなく「iPad 2 HD」と呼ばれても驚きません。アップルは機能面より価格面でアグレッシブになる、すなわち 500 ドル価格を維持すると思います。

strong>Wiens: I wouldn’t be surprised if Apple calls it the iPad 2 HD, instead of the iPad 3. I think Apple needs to be more aggressive on price than on features. This means maintaining the $500 price point.

     *     *     *

ガラスの教科書

CIO:iFixit は iPad 修理の最前線にいます。アップルは iPad をもっと長持ちさせるべきでしょうか?

iFixit is on the frontlines of iPad repair. Should Apple make the iPad more durable?

Wiens:今年の大きな流れは iBooks の登場によって何百万台もの iPad が K-12 教育[幼稚園から高校生まで]で売れるだろうということです。丈夫で長持ちする重量のある教科書に代わってガラスで出来た教科書に変わるのです。ガラスの教科書を生徒が扱うことになるのをとても心配しています。これは大きい問題ですが、学校側はまだ気づいていないと思います。

Wiens: The big trend this year is that we know iBooks has come out and Apple will sell millions to K-12 education. You’re replacing very durable, heavy textbooks with things made of glass. I’m very concerned about students with glass textbooks. This is going to be a problem, and I don’t know that schools are anticipating it.

一部の学校では Macbook に移行しています。これはとても丈夫で信頼性の高いコンピュータです。それでもラップトップですからしょっちゅう壊れます。学校は修理の経験を積んできました。かなり上手にやれるようになりました。しかしこれからは iPad の修理がちゃんとできるようにならなければなりません。そうでないとと多大の修理費を負担することになるからです。

Some schools have rolled out the Macbook, a really rugged, reliable computer. But it’s still a laptop, and students break them all the time. Schools have learned to fix them. They’ve become pretty good at it. Now schools will need to figure out a way to be good at fixing iPads. Or they’ll be shelling out a lot of money for service.

     *     *     *

学生向けの丈夫な iPad?

CIO:学生向けの丈夫な強化 iPad が出るでしょうか?

Do you think Apple will come out with a ruggedized iPad for students?

Wiens:初代 iPhone は修理がまったく不可能でした。iFixit が中を開ける方法をみつけたので、いまでもバッテリーの交換をするひとがいます。初代 iPhone はバッテリーを交換すれば今でも使えます。iPhone 3G になってより修理しやすいデザインに移行しました。

Wiens: The first iPhone was not repairable at all. We figured out a way inside. People are still replacing batteries in them. Original iPhones are still functional because you can replace the battery. When Apple went to the iPhone 3G, they went with a much more repairable design.

iPad 2 についても同じような問題があることをアップルが認識して、学校側が自分でやれるように、すくなくともガラスとバッテリーの交換だけは出来るようにして欲しいと思います。

I hope Apple sees the issues with the iPad 2 and finds a way to make it easier for schools to get in and work on it, at the very least to replace the glass and battery.

(iFixit が iPad 2 を分解してみたところ、前面ガラスパネルが接着されていることが分かった。初代 iPad では、ガラスパネルはタブで支えられたいただだった。「ガラスを割らずに iPad 2 を開けることはほとんど不可能です」と Miroslav Djuric[iFixit の技術通信担当部長]は語る。)

(iFixit’s teardown of the iPad 2 revealed that the front glass panel was glued in place, unlike the original iPad whose glass panel was held by tabs. “It’s nearly impossible to open the iPad 2 without shattering the glass,” says Miroslav Djuric, director of technical communication at iFixit.)

     *     *     *

Siri が iPhone 4 で出来ない本当の理由

CIO:iPad以外では、何をアップルは今年発表するでしょうか?

Aside from the iPad, what moves do you expect to see from Apple this year?

Wiens:アップルが iPhone 4 で Siri をリリースしても驚きません。iPhone 4 をハックして Siri を走らせたひとなら、何も問題がないことを誰でも知っているからです。

Wiens: I wouldn’t be surprised if Apple released Siri for the iPhone 4. As far as I know, everyone who has hacked the iPhone 4 and enabled Siri hasn’t had any issues with it.

私の直感では、アップルが iPhone 4 の Siri をリリースしない本当の理由は、データセンターが対応できないのではないかと恐れているからだと思います。Siri がダウンして利用できなくなることが結構あります。iPhone 4S が大量に売れることが分かっているので規模の問題があるのです。

My gut tells me the real reason Apple didn’t release Siri for the iPhone 4 is because they were afraid their data centers wouldn’t be able to keep up. Siri is down a lot. I think Apple knew they were going to sell a lot of iPhone 4S units and have scaling issues.

アップルのクラウドコンピューティングの実績はあまりよくありません。彼らは学習して、大きく進歩しています。ノースカロライナに巨大データセンターを建設し、さらにその隣接地にもデータセンターを建設中です。ウワサではオレゴンにも巨大センターを建設するといわれています。

Apple doesn’t have a good track record with cloud-based computing. They’re learning and getting a lot better at it. They built that big data center in North Carolina. They’re building another data center right next to it. And rumor has it they’re going to build a big data center in Oregon.

     *     *     *

拡張現実こそ次世代技術

CIO:iPad は iPhone の後を追いかけています。だからみな次期 iPad には Siri が搭載されると考えています。まず iPhone でイノベーションが始まるとすると、アップルのイノベーションは今後どこへ向かうでしょうか?

The iPad tends to follow the iPhone; just about everyone expects the next iPad to have Siri. If the iPhone is where innovation happens, how will Apple move the ball forward?

Wiens: 大きな目でみるとアップルには Jony Ive のようなビジョナリーがたくさんいます。アップルは拡張現実[Augmented Reality:オーグメンテッド・リアリティ]の技術に開発者を貼付けているといわれています。10年後もポケットに電話を入れて持ち運ぶとは考えられません。もっと他の、眼鏡に組み込まれたみたいなものになるかもしれません。

Wiens: In the bigger picture, Apple is full of visionaries, such as Jony Ive. I hear Apple is snapping up developers to work on augmented reality technologies. I can’t imagine in 10 years we’ll still be carrying around phones in our pocket. We’ll have something else, maybe something embedded in our glasses.

もっと早く拡張現実に移行して欲しいと思いますが、まだ3、4年はかかるでしょう。これは Jobs 時代後のアップルの技術になるでしょう。問題はどのメーカーが最初に拡張現実をものにするかだと思います。

I want augmented reality to happen faster, but I think we’re still three or four years out. I’m just saying that this technology is going to be the post-Jobs era at Apple, and the question is what company is going to be the first to nail augmented reality.

     *     *     *

ライバルに欠けているもの

CIO:ライバル企業はアップルに一矢報いることができるでしょうか?

Will a competitor beat Apple to the punch?

Wiens:けしからんと思うのは、もし自分が RIM やサムスンの株主だとしたら、それほどイノベーションがむずかしいのかと問いたいのです。これらの企業のいくつかがいかに無能であるかということにショックを受けます。

Wiens: What I think is outrageous is, if I were a shareholder of RIM or Samsung, I would ask is it really this hard to build innovation? I’m just shocked at how incompetent some of these companies are.

例えばサムスンです。CES で Android 2.3 を搭載した Galaxy パッドや新しい電話を出したばかりです。Galaxy S を買ったユーザーに対してサムスンはいずれ Android 4 にアップグレードできると言い続けてきました。なのに Galaxy S のユーザーは 2.3 に取り残されたままだと発表してしまいました。

Look at Samsung, which just released its Galaxy pad and some new phones at CES, and they’re running Android 2.3 on them. Samsung has been telling its customers who bought the Galaxy S that they’ll be able to upgrade to Android 4. And then they just announced that they’re going to leave Galaxy S customers stuck on 2.3.

アップグレードはしないとユーザーを騙したサムスンからどうして電話など買えるでしょうか。唯一買っていいのはグーグルの Nexus フォンだけです。Galaxy Nexus S はアップグレード可能であるとグーグルが約束しています。

Why would I buy a phone from Samsung when they completely screwed their customers by not allowing them to upgrade? Right now, the only way would be to buy the Google Nexus phones. Google is making sure that the Galaxy Nexus S is going to be upgradeable.

アップルのユーザーが忠実なのは、これまでのユーサーに対してアップルが常に改善された機能を提供し続けているからです — アップルのライバルはそのことを理解していないのだと私は思います。

I don’t think [Apple competitors] understand how loyal it makes people when Apple continually pushes out improved functionality to their existing customers.

     *     *     *

アップル製品の内部に精通しているものならではの発言のように思われる。

さっそく iPad 3 ケースのリーク[冒頭画像]と称するものが浮上している。

Kyle Wiens の考えを聞いた後では、いろいろなものが見えてくるような気がする・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »