Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘レビュー’ Category

jonyive_book_01

どこに視点をおくか・・・

日経BP社刊「ジョナサン・アイブ」読了と危惧すること | Apple/Macテクノロジー研究所

なにしろCEOのティム・クックでさえジョニーに口だしできないというしオペレーション担当のある重役は「アップルを支配しているのはIDgだ」といっているそうだ…。

これではジョニーという存在はアップルを次のレベルに引き上げる起爆剤と同時に一歩間違えば誤爆する可能性も否めない。どのような組織でも社長やらCEOはともかく、1人に権限が集中することはトラブルの元とは幾多の歴史が証明していることではないか。これはジョニーがいかに謙虚で賢い人物だったとしてもだ…。

アップルのファンとしてはジョニーがアップルの地雷源にならないよう願うばかりだ。

Jony Ive: The Genius Behind Apple’s Greatest Products, by Leander Kahney | FT.com

Kahney is a journalist but also an Apple geek (he has written three other books on Apple as well as a blog) and the combination of that enthusiasm and a clammed-up corporation is not particularly successful. Ive remains, at the end of this book, as unknown a quantity as he is at the beginning: a popular, un­assuming person who likes to listen to techno music while he works.

Review: Jony Ive by Leander Kahney | Asymco

The book mostly follows Ive’s career with chapters covering most significant episodes chronologically, however there are deep dives into the “how” rather than just the “what” happened. There is a hint of causality rather than correlation between events and outcomes.

For example, there is a mesmerizing description of the actual Apple design studio even though it has never been depicted in any public photo or video or diagram. There is a great attention paid to manufacturing and materials, as indeed there should be if talking about Apple design (but not necessarily if talking solely about design in general.)

There is an amazing revelation of the existence of the “ANPP” or the Apple New Product Process. This process directs the “extreme detail [for] every stage of product development”. The presence of such a “giant checklist” implies a degree of process and rigor which is in contrast to the “heroic” effort that prevails in popular folklore about how Apple develops its products.

アップルは「怠けたデザイン」を許さない | 日経ビジネスオンライン

旧記事から:

Leander Kahney の書いたジョニー・アイブ本 | maclalala2

Read Full Post »

yosemite-feat

Mac OS X を最初から追いかけていたからこそ見えてくるもの・・・

OS X 10.10 Yosemite: The Ars Technica Review | Ars Technica

But for all its timidity and awkwardness, Mavericks marked a turning point for OS X—and in more than just naming scheme. It was the first OS X release from the newly unified, post-Forstall Apple. If iOS 7 was the explosive release of Jony Ive’s pent-up software design ethos, then Mavericks was the embodiment of Craig Federighi’s patient engineering discipline. Or maybe Mavericks was just a victim of time constraints and priorities. Either way, in last year’s OS X release, Apple tore down the old. This year, finally, Apple is ready with the new.

To signal the Mac’s newfound confidence, Apple has traded 10.9’s obscure surfing location for one of the best known and most beautiful national parks: Yosemite. The new OS’s headline feature is one that’s sure to make for a noteworthy chapter in the annals of OS X: an all-new user interface appearance. Of course, this change comes a year after iOS got its extreme makeover.

     *     *     *

The standard rules apply. Don’t upgrade until all the applications you care about are compatible. Make sure you have good backups. Point-zero releases are always a little more risky. Wait for version 10.10.1 if you’re nervous.

     *     *     *

Viewed in isolation, Yosemite provides a graphical refresh accompanied by a few interesting features and several new technologies whose benefits are mostly speculative, depending heavily on how eagerly they’re adopted by third-party developers. But Apple no longer views the Mac in isolation, and neither should you. OS X is finally a full-fledged peer to iOS; all aspects of sibling rivalry have been banished.

The Mac today is just one part of a conceptually, organizationally, and (increasingly) technologically unified platform that spans from wrist to workstation. The hardware-based platforms of the past remain relevant to developers, but Apple seems determined to make them much less important to its customers. With Yosemite, the Mac has taken its first step into a larger world.

John Siracusa’s OS X 10.10 Yosemite Review | Daring Fireball

What a gift it is that we, as a community, have a library of Siracusa’s reviews all the way back to the dawn of the platform. A remarkable body of work.

Read Full Post »

rogan-phone

iPhone6、触って使って「超絶ガッカリ」 | 東洋経済オンライン

「ガックリ。いよいよアップルの成功哲学が崩壊し始めたのではないか」

「iPhone6 Plusの画面を見ると、まるで“老眼フォン”。(これまでのiPhoneで)見づらい人のために字が大きくなっているだけではないかと」

「チップが速くなったとか、画面が大きくなったとかは、Androidでもできるんですから」

Read Full Post »

BxxNdWzIUAAUoHH

iPhone 6/Pay/Watch イベントの際に貸与された iPhone 6/6 Plus のレビューが一斉に解禁された。発売日の3日前だ。

当然のことながら、いずれも新しいモデルに好意的だ。

ただどちらを選ぶか逡巡するライターも少なからずいる。

John Gruber は iPhone 6 を予約したものの iPhone 5S のサイズは棄て難いという。

Walt Mossberg は貸与機をコンクリートに落としてスクリーンにヒビをいれてしまったらしい。)

これらのレビュー記事に対する MG Siegler の率直な感想がおもしろい。

The iPhone 6/6 Plus Reviews | ParisLemon

     *     *     *

本音が知りたい

The iPhone 6/6 Plus Reviews

この最初のレビューでは当然のことながら誰もが新しいデバイスを気に入ったようだ・・・

The initial reviews are in, and no surprise, everyone seems to love the device(s)…

2)どちらのモデルを選ぶべきか言い訳がましいライターが少なからずいるが他のモデルを選んだ連中からの反論を考えてのようだ。本音はちゃんというべきだ。レビューはそのために読むのだから・・・

2) A number of reviewers bake in these weird, pre-emptive apologies to fans of other devices because they say they love the new iPhones. I mean, I get it: no one likes to be trolled, especially by commenters. But you should never apologize for your honest opinion. That’s why we’re reading the review!

     *     *     *

ここはやっぱり自分の目で確かめてみるほかないか・・・

Read Full Post »

mini_to_retina_mini

[並べてみないと違いは分からない]

なんの前触れもなしに Retina iPad mini が発売になった

異例の展開だが、オンライン注文しか受け付けない日本語]ところをみると、それだけ供給が逼迫しているということだろう。

さっそく先頭を切って Jim Dalrymple が Mini のレビューを書いている。

いちばんの関心は Air と Mini のどちらを彼が選ぶかというところ・・・

The Loop: “First Look: iPad mini” by Jim Dalrymple: 12 November 2013

     *     *     *

もう迷う時期は終わった

もう迷う時期は終わった。欲しい iPad と Retina ディスプレイの iPad のどちらにすべきか迷う必要はない。新しい iPad mini は Air と同じくパワフルだ。両方とも Retina ディスプレイで、バッテリー時間も長く、iPad をベストセラーにしている多くの機能を備えている。

The time for compromises is over. No longer do you have to choose between the iPad you may want and the iPad with the Retina display. The new iPad mini is just as powerful as the iPad Air, both have a Retina display, long battery life, and many other features that make the iPad the best-selling tablet on the market.

     *     *     *

思わず Mini に手を伸ばした

昨夜ニューヨークに着いたとき、思わず Mini に手を伸ばしていた。バッグには iPad Air も入れていたのに。そのときはそちらの方を重宝したのだ。

[…] Even when I landed in New York last night, I reached for the mini, even though I had the iPad Air in my bag. It was just more convenient at that particular time.

     *     *     *

10月イベントの際に Mini を貸与された

10月のアップルイベントで iPad mini のハンズオンの機会があったが、その日アップルとの会合で Mini を貸与された。

I spent some time with the iPad mini when Apple announced the device in October and I picked up the mini on Tuesday in a meeting with Apple.

     *     *     *

違いは並べてみないと分からない

Retina ディスプレイになったことでほんの少しだけ厚くなった点が前世代モデルとの違いだ。その差はごく僅かだが、2つ並べてみると分かる。[冒頭画像]

[…] What is different is the thickness–the Retina display added a slight bit of thickness to the new iPad over the previous model. The change is minimal, but if you line them up, you can see it.

     *     *     *

非の打ち所がない

どれかひとつ選ぶとすれば iPad mini だろう。これまでもそれは可能だったが、これからは小さいサイズを選ぶことで何かを諦めたような気にならなくても済む。Touch ID を除けば iPad mini は非の打ち所がない。

The iPad mini can easily be your only iPad. The fact is, it always could, but you can do so now without feeling like you’re giving something up in return for the size. The iPad mini is small, it has a Retina display and it’s the most powerful iPad to date. With the small exception of Touch ID, there is just nothing bad to say about the iPad mini.

     *     *     *

Gruber と並んで Dalrymple も Mini 派になったワケだ。

レビュー機材の貸与を受けたのが10月イベントの当日だったとすると、他のライターたちも同じ条件のハズだが、いささか予想外[注]という Gruber の反応を見るとどうだったのか・・・

[注]「いささか奇妙な発売だが、ともかく出たぞ。」(Sort of a strange rollout, but here it is.)

iPad Air のレビューで一斉に顔を並べたライターたちが Air と Mini のどちらを選ぶかぜひ知りたいところだ。

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

for_the_colorful

[For the colorful.]

5C こそジョニー・アイブの iPhone」と書いた MG Siegler がまた興味深いことをいっている。

使っているうちにカラー(5C)が気に入ってきたというのだ。

TechCrunch: “Two iPhones Diverged…” by MG Siegler: 27 September 2013

     *     *     *

これまでのアップグレードとの違い

5S との違いは紙の上ではかなり大きい(CPU で2倍の差)。A7 チップないしは 64-bit アーキテクチャのメリットを享受するアプリがまだないせいかもしれないが、5S と 5C を並べて使ってみても大きなスピードの差があるようには感じなかった。アプリを開くのも、コンテンツを読み込むのも、5S の方が少しだけ速いように感じるが、これまでのアップグレードで感じたほどの差ではない。

I know that on paper, the gains are supposed to be fairly substantial (2x CPU). And perhaps it’s just a matter of apps not yet being tailored to take advantage of the new A7 chip and/or the 64-bit architecture. But using the 5s and the 5c side-by-side, there simply doesn’t seem to be a huge speed difference. Apps open slightly faster on the 5s and content loads a bit faster. But it’s not as noticeable of an upgrade as it once was.

それが iPhone 5C でハッピーな理由のひとつだ。これまでのアップグレードでは、いったんスピードの速い iPhone を使うと前のバージョンに戻った際にイライラした。この1週間 5C と 5S を定期的にスイッチしながら使ってみたが、普通の使い方をする限り大きな違いを感じなかった。

That’s one reason why I find myself happy with the iPhone 5c. With previous upgrades, once I started using the faster iPhone, it was beyond annoying to switch back to the slower, elder version. This past week I’ve been switching between the 5s and the 5c regularly without noticing much difference in normal usage.

     *     *     *

すばらしい iPhone 5C

いつの間にか自分が iPhone 5C を気に入ってしまったのには驚いた。決して「チープな」 iPhone ではなく、iOS 7 のお供としてまさにピッタリだ。「最高に素晴しい」カメラの代わりに「素晴しい」カメラでもよければ、自分のおススメは躊躇することなく 5C だ。そして、5C のスピードはすべてにとって十分だと思う。少なくとも当分の間 — これから1年の間は・・・

I was surprised by my affection for the iPhone 5c. Far from a “cheap” iPhone, it feels like the perfect compliment to iOS 7. And if you don’t mind having just a mere excellent camera as opposed to an extremely excellent camera, I wouldn’t hesitate recommending the 5c. Again, I view the speed of the 5c as more than adequate for basically anything you’re going to want to do with it — at least for now, and I imagine at least for the next year.

     *     *     *

ほんとに自分が欲しいのは

かくて自分は奇妙なジレンマに陥っている — 結局のところ自分が欲しいのは iPhone 5C の筐体に 5S の中味を入れたものだからだ。幸い、来年にはアップルがそんな製品を必ずや出すだろうという気が強くする。その一方で、残念ながらまたその時点では最先端の iPhone も出ることになるだろうと思う。ハイエンドの新しモノとなると自分は目がない。ゴールドとなると特にそうだ。

Now I’m left with a strange dilemma: the phone I want is basically the iPhone 5c body with the iPhone 5s internals. Luckily, something tells me that Apple will be selling such a device next year. Unfortunately, there will undoubtedly be a new state of the art iPhone by then as well. And I’m a sucker for the high end. Especially when it comes in gold.

     *     *     *

しこたま売れるだろう

ユーザーがこんな苦境に追い込まれることこそ、アップルがしこたま売れるだろうとみている所以なのだ。

And this predicament is the essence of why Apple sees lots and lots of green.

     *     *     *

今年は(実質 5 と同じ)iPhone 5C で十分だといっている点がオモシロい。

来年 iPhone 6 が出たときが正念場というワケだ。

実は同じようなことを Anand Lal Shimpi もいっている。

Shimpi といえば微に入り細を穿った徹底的ハードウェアレビューで右に出る者がなく、John Gruber はじめアップルギークたちですら一目置く存在だ。

そんな Shimpi が今年からレビュー機材を事前に貸与されるようになった。

今年のレビューでは、5S と 5C についてそれぞれ長文のレビューを認(したた)めている。[5S:約 16000 語、5C:約 2900 語]

AnandTech: “The iPhone 5c Review” by Anand Lal Shimpi: 17 September 2013

     *     *     *

新モデル・前世代モデル・二世代前のモデル

これまでアップルは自社製品の価格をうまく滝壺へ落とす(順次引き下げる)やり方をとってきた。iPhone の新モデルが出るたびに、前世代モデルの契約付き価格は 100 ドル引かれ、二世代前のモデルは無料になった。初期のころはこのやり方が、低マージンのフィーチャー・フォンと競争せずに iOS ユーザー層を広げるのに大いに役に立った。この戦略は実にうまくいったのだ。

For years now Apple has followed a rather intelligent waterfall of its products down the pricing stack. With the arrival of every new iPhone, the previous generation gets a $100 discount from its on-contract price, and the generation before that one is offered for free on-contract. In the early days of this strategy, it was a great way to continue to build up the iOS user base without having to compete in the lower margin feature phone space. The strategy worked quite well.

     *     *     *

iPhone 5S で様子が変わった

しかし iPhone 5S では、アップルは興味深い状況に立ち至った。前世代モデルは同じインダストリアルデザインを利用しているので決してチープなモデルではない。ディスプレイのサイズが増えることによって静電容量結合方式タッチパネルディスプレイのコストが増えるから、iPhone 5 のディスプレイはそれまでのモデルより高価になる。加えてインセル型タッチパネルや高価な製造工程を勘案すると、アップルが iPhone 5 を安売りしたくはないと考えるのは当然だ。

With the iPhone 5s however, Apple was caught in an interesting situation. The previous model leveraged the same industrial design, and it’s definitely not a cheap one at that. Capacitive touchscreen display costs increase with display size, making the iPhone 5’s display a more expensive option than its predecessor. Add in other flagship features like in-cell touch and premium construction and the iPhone 5 quickly became a device that Apple would rather not discount.

     *     *     *

ハイ・マージン製品に特化

アップルの電話ビジネスは Mac ビジネスと基本的に変わっていないことに注目すべきだ。それはマージンの高い製品に特化することだ。信じられないほどの生産量はあくまで業界最高の水準に伴う副産物であって、決して意識的にビジネスモデルを変えたからではない。アップルとしてはハイ・マージンという核となるモチベーションを変えないまま、3つのモデルを出すという戦略を継続する方策を考える必要があった。それが iPhone 5C なのだ。

Keep in mind that Apple built its phone business much like it built its Mac business, by focusing exclusively on higher margin products. The incredible volumes that followed were a side effect of the state of the industry, not a deliberate change in business model. With its core motivations unchanged, Apple needed a solution to continue to make the 3 phone strategy work. The solution is the iPhone 5c:

     *     *     *

どうやって iPhone 5 のコストを引き下げるか

iPhone 5C はハードウェアとしての iPhone 5 プラットフォーム全体をより高めるものだ。しかしながらガラス+アルミという工程からもっと安価なガラス+ポリカーボネートのデザインへと移行した。iPhone 5C は、インセル型タッチパネル、Lightning コネクタ、同じ iSight 背面カメラ、A6 SoC といった機能を iPhone 5 から引き継いでいる。前面 FaceTime HD カメラのような iPhone 5S の新しい機能の一部や、必ずしも新しいとはいえないいくつかの機能も iPhone 5S と共有している。例えば WiFi、電話、BT のハードウェアは iPhone 5 とは異なっているが、5C と 5S は共有している。アップルの2つの iPhone が部品の多くを共有しているため大量生産によるコスト削減のメリットを享受できるのも大きな利点だ。

The iPhone 5c leverages the entirety of the iPhone 5 hardware platform, but moves from a glass + aluminum construction down to a more cost effective glass + polycarbonate design. The iPhone 5c retains all other features of the iPhone 5 including in-cell touch, Lightning connector, the same rear facing iSight camera stack and A6 SoC. It even brings some new features to the table like sharing the same front facing FaceTime HD camera as the iPhone 5s. Other elements aren’t necessarily newer but are at least shared with the 5s platform. For example, the WiFi, cellular and BT hardware is different than the iPhone 5, but shared across the 5c and 5s. Having as many common components between Apple’s two iPhones at this point is another great way to capitalize on economies of scale.

     *     *     *

決して中国向け安価モデルではなかった

材質を節約することによって製造を中止した iPhone 5 の代わりに新しい 5C を売ることができる。2年契約付きだと 16GB 5C は 99 ドル、32GB は 199 ドルだ。これは 5S の導入に伴い iPhone 5 が下がったであろう価格とまったく同じだ。もし 5C が中国向けの大量安価商品で一種のフィーチャー・フォンだと考えたひとがいたら、きっと失望するだろう。また、アップルビジネスに精通したひとなら、低価格競争が決してアップルの戦略にはないことが分かるだろう。

The savings on materials however is enough to allow Apple to sell the iPhone 5c in place of the outgoing 5. With a 2-year contract Apple expects a 16GB 5c to sell for $99, and a 32GB for $199. These are exactly the same price points you’d expect the iPhone 5 to drop to after the introduction of the 5s. Anyone expecting the 5c to be Apple’s solution for volume in China or somehow compete in the feature phone space will be disappointed. At the same time, anyone who is familiar with Apple’s business will know that a low cost volume play was never in the cards.

     *     *     *

長期的に使い続けるなら

自分の個人的好みは、より新しいプラットフォームであるという単純な意味で iPhone 5S がおススメだ。パフォーマンスにあまりこだわらないひとにススメるとしてもそうだ。最新の(当分存続するであろう)ISA[Instruction Set Architecture:命令セットアーキテクチャ]および OpenGL ES 3.0 の双方をサポートすることは、今後長期にわたって使い続け、あるいはアップルの基本アプリ以外でも使うつもりならとても重要だ。

Personally I’d prefer the iPhone 5s simply because of its more modern platform, even if I were recommending a device for someone else not as concerned with performance. Supporting the latest ISA (which will probably stick around for a while) and OpenGL ES 3.0 are both important if you’re going to be keeping your phone for a very long time and plan on using it for more than just the basic first party apps.

     *     *     *

iPhone 5 の代わりを選ぶだけなら

しかしながら前述したように iPhone 5 の代わりを選ぶだけなら、5C は完全にその代わりになり得る。これ以上安いバージョンが登場することはないだろうと思う。しかし来年になって 5S が今の 5C に代わる地位にグレードダウンする事態がきたらどうなるか — そう考えると興奮を禁じ得ない。

As I said before though, if your plan all along was to buy an iPhone 5 – the iPhone 5c is a clear substitute good. I don’t expect that we’ll see an even cheaper version, but I am excited for what happens when the 5s hardware waterfalls into the 5c replacement next year.

     *     *     *

いずれ iPhone も

アップルが複数モデルの競争に身を投じたことはアップルにとって大きな変化だ。これまで自分はいずれスマートフォンの世界も PC と同じようになるだろうと信じてきた。アップルについていえば Mac のビジネスのように。現在アップルは複数の Mac ノートブックを出している。iPhone でも2つのモデルだけで終わるワケがない。

Apple throwing its hat into the multi-device race marks a very important change for the company. I’ve always believed that the smartphone space would end up looking a lot like the PC industry, or in Apple’s case, the Mac business. Apple presently offers a handful of Mac notebooks, and I see no reason why Apple will stop at two with the iPhone.

     *     *     *

アップルの「3モデル戦略」は変わらないという Anand Lal Shimpi の指摘は重要だろう。(筆者も 5C は中国向けの安価製品だと考えてしまったひとりだ。)

そして Shimpi もまた1年後が正念場だと考えている点はとても興味深い。

それまでは各人各様さまざまなチョイスがあってよさそうだ・・・

★ →[原文を見る:MG Siegler
★ →[原文を見る:Anand Lal Shimpi

Read Full Post »

[iPad mini(左)と iPad 4(右)の画面:image

iPad mini レビューとしては gdgt のものが最短(210 語)だとすれば、微に入り細を穿った最長記録は AnandTech のものだろう。(約 8900 語、120 ページ)

その結論が両者ともほぼ同じというのも興味深いが、AnandTech レビューにはいろいろ興味深い点がある。Retina iPad mini が来年出る可能性は低いというのもそのひとつだ。

AnandTech: “iPad mini Review – A Retina mini?” by Anand Lal Shimpi & Vivek Gowri: 20 November 2012

     *     *     *

Retina iPad mini

モノを読んだり、ウェブサーフィンをするには、自分の場合大きな iPad の方がいいが、実際に手に持つとなると iPad mini の方が優れている。一方の iPad は読むのに適しており、もう一方は携帯性に優れているというわけだ。これはなかなか難しい問題だ。明らかな解決策は iPad mini を Retina ディスプレイにすることだ。この点については我々のポッドキャストで Brian がすばらしい指摘をしている。Retina ディスプレイの iPad mini はそう簡単には登場しそうにないというのだ。

I prefer reading text and browsing the web on the bigger iPad, but in terms of actually holding the device the mini wins hands down. One iPad is better to look at and one is better to hold. It’s a real problem. The obvious solution would be to give the iPad mini a Retina Display. Once again, in our Podcast on this topic, Brian offered poignant insight: a Retina Display likely won’t come to the iPad mini.

     *     *     *

Retina 化への3つの道

iPad mini を Retina ディスプレイにする方法として3つのオプションが考えられる。

There are three routes Apple has to enable a Retina Display on the iPad mini:

1)解像度を縦横方向に倍増する — iPad 3/4 でやったようにピクセル数を4倍にする

1. Double horizontal and vertical resolution (4x the number of pixels, similar to what was done for the iPad 3/4)

2)縦横倍増する代わりに、アスペクト比を 4:3 にして中間的な解像度を採用する

2. Pick a new, in-between resolution that isn’t an outright doubling in each dimension but maintain the 4:3 aspect ratio

3)解像度を縦横倍増せず、アスペクト比も新しいものを採用する

3. Pick a new resolution that isn’t an outright doubling, also pick a new aspect ratio in the process

     *     *     *

第1のオプション:サイズとコスト増につながる

アップルとしては Retina ディスプレイにする方法として、これまで(縦横方向に解像度を倍増して)ピクセル数を4倍にする第1のオプションを好んできた。(ただし iPhone 5 は例外。)解像度 1024 x 768 の iPad mini ディスプレイにこのオプションを適用すると、解像度 2048 x 1536 の 7.85 インチパネルになる。これは iPad 3/4 と同じ解像度だが、ピクセル密度[Pixel Density]はずっと小さい 326 PPI になる。(iPad 3/4 の場合は 263 PPI。)アップルがそうすることは可能だが、そのためには iPad を Retina ディスプレイ化したときと同じことをやらなければならない。主な点はより大きなバッテリーと SoC[System-on-a-Chip]を導入することだ。大きなバッテリーはより強力なバックライトの駆動に必要であり、X シリーズ SoC は高解像度の UI やゲームのレンダリングに必要だ。どちらもサイズとコストの増加につながり、その結果 iPad mini は全然 mini らしくなくなってしまう。

With the exception of the iPhone 5, Apple has preferred outright quadrupling of pixel count (2x in each dimension, option #1) to create a Retina Display. With the mini’s display using a 1024 x 768 resolution, this option would give it a 7.85-inch 2048 x 1536 panel. That would be the same resolution as the iPad 3/4, but in a much smaller display giving it a pixel density of 326 PPI (vs ~263 for the iPad 3/4). Apple could do this, but it would then need to make all of the same changes it made in going to the iPad with Retina Display, primarily the introduction of a larger battery and much larger SoC. The bigger battery is needed to drive the more powerful backlight, and the X-series of SoCs is needed to actually render the UI and games at such a high resolution. Both of these things would increase the size and cost of the mini, which would make it distinctly un-mini.

     *     *     *

第2のオプション:画質の問題が生じる

第2のオプションは、たとえば 1600 x 1200 といった(現在の解像度の整数倍ではない)新しい解像度を採用するものだ。アスペクト比は今と同じまま保つが、ピクセル密度は大きくなる。このオプションをとると、iPad 用 iOS としては 1024 x 768 か 2048 x 1536 か、どちらかの解像度を取らざるを得なくなる。整数倍ではないこれらの解像度を採用すると、アップルとしては新しい解像度にするためにスケーリングやフィルタリングといった作業をせざるを得なくなり、その分画質が悪くなる可能性がある。これはアップルが Retina MacBook Pro を高解像度モードにするために取った方法だ。しかしイメージの画質を最高に保つため、アップルとしてはデスクトップのオフスクリーンを4倍の解像度でレンダリングし[?]、それからパネルに合致するようにスケールダウンする必要があった。この場合もパフォーマンスに懸念があることは明らかだ。

The second option would be to pick a new resolution that wasn’t an integer multiple of the current one, say 1600 x 1200. You could maintain the same aspect ratio, but you’d just get greater pixel density. The problem with this approach is iOS for the iPad projects points in screen space to one of two resolutions: 1024 x 768 or 2048 x 1536. Picking a non-integer multiple of those resolutions would force Apple to do some scaling and filtering to hit the new resolution, which could reduce quality. Apple does this on the MacBook Pro with Retina Display to enable higher resolution modes. To maximize image quality however, Apple renders the desktop offscreen at 4x the resolution and then scales down to fit the panel. There are obvious performance concerns here as well.

     *     *     *

第3のオプション:デベロッパへの負担

最後のオプションは iPhone 5 でやったやり方を踏襲するものだ。すなわち新しい解像度を採用してそれをサポートする。このオプションの唯一のデメリットはデベロッパに新しいタイプのディスプレイに対応する負担をかける点だ。iPhone 5 で見たように可能ではあるけれど、多くのアプリで必要なアップデートが行なわれるまでかなりの時間がかかることになる。

The final option would be for Apple to take the iPhone 5 route and just pick a new resolution and enable support for it. The only downside to this option is that developers would have to target yet another type of display. As we’ve seen with the iPhone 5, that can be done but it also means a number of applications may take a while to get updated, if they are at all.

     *     *     *

来年登場する可能性は低い

iPad mini のエントリー価格が低いこともあり、これらのオプションはいずれもアップルにとって魅力的ではない。来年になれば Retina iPad mini が出ると期待しているひとがいるなら、期待しない方がいいと私はいいたい。

None of these options is particularly enticing for Apple, especially given the low (for Apple), starting price for the iPad mini. If you’re expecting next year’s mini to have a Retina Display, I wouldn’t hold your breath.

     *     *     *

どうやら iPad mini の Retina 化はそうカンタンではないようだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

[gdgt の iPad mini レビュー:image

gdgt の簡にして要を得た iPad mini レビューがオモシロい。

Apple iPad mini review | gdgt

     *     *     *

結論=我々は気に入った

CONCLUSION: WE LIKE IT

iPad mini は iPad を小さくしただけだということも出来る。あるいは、現在入手可能なタブレットのうちで iPad を最良でベストセラー足らしめているあらゆる要素を凝縮させたものだということも出来る。しかしながら iPad mini は、部分の総和以上に遥かに優れた製品であるという稀なケースであることを認めざるを得ない。事実 iPad mini はチョー軽く、ちっぽけで、ものづくりとして高度の出来映え、アプリのエコシステムは業界トップ、バッテリーは10時間も持つ。その性能は gdgt の最もお気に入りの iPad だというのに値する。(gdgt の点数は10インチ iPad に比べて全体としてはやや劣るけれど。)

You could say the iPad mini is just a smaller iPad. You could also say it’s the distillation of everything that makes the iPad the top-selling — and best — tablet available today. However you regard the iPad mini, it is one of those rare products greater than the sum of its parts. In fact, the mini’s super light, diminutive body, high quality construction, industry-leading app ecosystem, ten hour battery life, and worthy performance actually make this our favorite iPad to date (even despite bearing a lower overall gdgt Score than its 10-inch sibling).

     *     *     *

完璧ではないが

しかしながら決して完璧ではない。いくつかのトレードオフを考慮する必要がある。紛れもなくその鮮やかで美しいディスプレイは、Retina ディスプレイを搭載した他のアップル製品はいうに及ばず、ライバル製品に比べても残念ながら解像度が低い。とにかく他のデバイスほどくっきり鮮やかではないのだ。(いずれ iPad mini がこの欠陥を克服しても驚かない。)329 ドルという値段も他の小型タブレットに比べれば決してお買い得ではない。考えられないほど安く、利益を生まないほど安いという栄誉は依然として 199 ドル Nexus 7 のものだ。しかし iPad mini は誰もが愛し、それだけの値打ちがあるものだということは疑いもなく明らかだ。

However, it is by no means perfect, and there are trade offs to consider. Most glaringly, its vivid, beautiful display is sadly far lower resolution than its competition — not to mention the myriad other Apple products featuring Retina displays. It simply doesn’t look as crisp as other devices. (Don’t be surprised if the iPad mini 2 eventually fixes this chief deficiency.) And while its $329 price tag means it isn’t the best bang for the buck among small tablets — that award still goes to the outrageously low-priced (and unprofitable) $199 Nexus 7 — make no mistake: the iPad mini is easy to love and very much worth every penny.

     *     *     *

短くて、簡潔なところが好きだ。

Gizmodo と Engadget の両方を軌道に乗せて今日の成功に導いた Peter Rojas と Ryan Block の渾身のガジェットサイトが gdgt だ。(Peter Rojas は「ネットで一日中ガジェットについて書いていたら億万長者になっていた青年」と評されたことがある。)

プロだけでなくユーザー意見も反映させる10点満点の点数制はユニークだ。

そんなギーク中のギークの iPad mini レビューが、もっとも簡にして要を得たものになっているのがとてもオモシロい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

[iPad mini:photo

発売を直前に控えて iPad mini のレビューが一斉に解禁になった

いつも欠かさず見ている John Gruber のレビューがいささか異色だ。

Daring Fireball: “The iPad Mini” by John Gruber: 30 October 2012

     *     *     *

「Kindle みたい」

「わあ! Kindle みたいな感じ。」

“Wow, it feels like a Kindle.”

「なにこれ! 画面がヒドい。」

“Ew Ew, the screen is terrible.”

渡された iPad Mini を初めて見たウチの奥さんの印象。彼女は iPad 3 を毎日のように使っている。彼女の第一印象は私のそれと全く同じ。使ってみた体験を完ぺきに言い得ている。iPad Mini を知るのに長い時間はかからない。1週間毎日のように使ってみた印象は最初と変わらず同じだ。

That was my wife’s initial reaction when I handed her the iPad Mini to see what she, an avid daily user of an iPad 3, thought. Her initial reaction matched mine exactly, and perfectly encapsulates the experience. The iPad Mini is not a device you need to spend a lot of time with to understand. My snap reaction from a week ago remains unchanged after a week of daily use.

     *     *     *

本当は Retina iPad Mini が理想形

iPad Mini はとても軽く、片手でも簡単に持てる。面取りをしたエッジ、先細りの具合もさほど急でない、プラスチックというよりメタルのボタン — ハードウェアデザインは私にとってフルサイズの iPad 3/4 より優れ、エレガントだ。けれども、過去7ヶ月の間 Retina iPad を使った後では Retina 化しないことには失望する。Retina ディスプレイに対する賞賛もメリットもすべては逆に働く。iPad Mini はサイズも形もすばらしいと思う。しかしフルサイズ iPad の Retina ディスプレイもすばらしい。私にとって理想の iPad は Retina ディスプレイを搭載した iPad Mini だ。

It’s really light and easy to hold one-handed. The hardware design — chamfered edges, less tapered back, metal rather than plastic buttons — strikes me as better, more elegant, than that of the full-size iPad 3/4. But it’s disappointing to go non-retina after using the retina iPad for the last seven months. All of the accolades and advantages of retina displays work in reverse. I adore the size and form factor of the iPad Mini, but I also adore the retina display on my full-size iPad. My ideal iPad would be a Mini with a retina display.

     *     *     *

Mini のディスプレイも悪くはない

iPad Mini のディスプレイはヒドいわけではない。それは期待どおりのもので、iPhone 3GS ディスプレイを iPad サイズにカットした感じだ。ガラス表面から見たピクセル深度はより深く思える。(3GS ディスプレイより明るさも鮮やかさも勝っているような気がするが、それは IPS パネルを使っているせいかもしれない。) 1週間メイン iPad として使ってみて、ひとつひとつのピクセルが見分けられても気にならなくなった。解像度が Retina ほどないことだけが唯一私が iPad Mini に対して抱く不満だ。とはいっても、それはこれまで最新だった iPad の所有者にのみ分かることだが。

The actual iPad Mini display is not terrible. It’s exactly what you think: it feels like an iPhone 3GS display cut to iPad size, including the fact that the pixels seem deeper from the surface of the glass. (It does seem brighter and more vibrant than a 3GS display, perhaps because it uses an IPS panel.) And after a week of using it as my main iPad, the individually discernible pixels are no longer jarring to my eyes. The non-retina resolution is the one and only significant complaint I have with the iPad Mini, and it’s an issue that is only apparent to those of us who already own a nearly-new iPad.

それ以外の古い iPad 1 や 2 を持っているひとや、初めて iPad を買おうとしているひとにとって、iPad Mini のディスプレイは何ら問題があるわけではない。ディスプレイの解像度という一点を除けば、Mini の方がフルサイズ iPad よりいいと思う。私をはじめ多くのひとがディスプレイの解像度が気になって仕方がないけれど、問題は大衆マーケットの話なのだ。

For anyone else — those who own an older iPad 1 or 2, and those who have yet to buy their first iPad — the iPad Mini’s display will garner no complaints. I prefer the Mini over the full-size iPad in every single regard other than display resolution, and though I (and many of you) obsess over display resolution, it’s not an issue in the mass market.

     *     *     *

399 ドル iPad 2 が残ったナゾ

先週のアップルイベントでの最大のサプライズは iPad 4 だった。Mini の発表だけでなく、iPad の全ラインアップが一新された。その大きな例外が iPad 2 が 399 ドルに据え置かれたことだった。これまでラインアップで最低価格の製品が、ぴしゃりど真ん中になった。

The biggest surprise at last week’s event was the iPad 4. It wasn’t just the introduction of the Mini, but that the entire iPad lineup was refreshed. With one glaring exception: the $399 iPad 2 remains. It used to be at the bottom of the lineup, and now it’s smack dab in the middle.

この点に最初私はとまどった。なぜ iPad 2 は残ったのか? そして私には答えが分かった。この7か月の間 iPad 2 の売れ行きがよかったのに違いない。それ以外は考えられない。もし売れ行きが悪ければ、アップルはラインアップから外したはずだ。売れ行きがいいからこそラインアップに残しているのだ。よく売れるのが何故なのかよく分からないまま・・・。もし売れた原因が低価格というだけなら、iPad Mini がとって代わるはずだ。多分みんなが買い求めたのは、一番安い iPad が欲しかったのではなく、一番安い「フルサイズの」iPad が欲しかったからではないか。

I was confused by this at first. Why keep the iPad 2 around? Then the answer hit me: the iPad 2 must have continued to sell well over the last seven months. There can be no other explanation. If it weren’t selling well, Apple would have dropped it from the lineup. But because it is selling well, they’re keeping it in the lineup, because they don’t know why it’s selling well. If it’s only because of the lower price, the iPad Mini might obviate it. But perhaps it’s not that people want the least expensive iPad, but instead that they want the least expensive full-size iPad.

しかし重要なことは、Retina iPad 3 と一緒に非 Retina iPad 2 が残ったことだ。多くのひとにとって Retina の解像度はあればすばらしいが、なくてはならぬものではないということだ。

But the key is that the iPad 2’s non-retina display has not kept it from selling well alongside the retina iPad 3. For many people, retina resolution is nice-to-have, not must-have.

     *     *     *

モノを読むのも OK

もっぱら私は iPad をモノを読むのに使っている。ドックにいれているアプリは Tweetbot、Safari、Mail、Instapaper、Kindle、iBooks の6つだ。Mail を iPad に入れてはいるが、書くというより読む方だ。メールは普通マックの方で書く。iPad Mini のアプリはどれもモノを読むのにはすばらしい。ウェブサイトによってはフォントが小さいこともあるが(Retina では読める極小の文字も Retina でないと不鮮明に見える)、大部分のサイトは問題ない。Mini はモノを読むのにも最適化していると思う。

I use my iPad primarily for reading. The six apps in my iPad dock: Tweetbot, Safari, Mail, Instapaper, Kindle, and iBooks. Even with Mail, on the iPad I read more than I write; I usually save email writing for when I’m at a Mac. For reading, all of these apps work great on the iPad Mini. Font sizes on some websites can be a little small (tiny type that is legible on retina displays is just on non-retina ones), but most sites look just fine. The Mini feels optimized for reading.

     *     *     *

結局は自分も乗り換える

もし Mini のディスプレイが Retina なら、よろこんで私は iPad 3 から乗り換えるだろう。でも今のままでも、いずれ乗り換えることになるだろう。私にとって Retina でなくなるのはつらいが、それでも Mini の小ささ、軽さはすごいことなので、結局乗り換えることになるだろう。

If the Mini had a retina display, I’d switch from the iPad 3 in a heartbeat. As it stands, I’m going to switch anyway. Going non-retina is a particularly bitter pill for me, but I like the iPad Mini’s size and weight so much that I’m going to swallow it.

2004 年のときの iPod と iPod Mini の関係と同じだと思う。あの時と同じようにフルサイズモデルは堅調に売れるだろう。しかし Mini はきっとベストセラーになるに違いない。

My guess is that this is going to play out much like the iPod and iPod Mini back in 2004: the full-size model will continue to sell strongly, but the Mini is going to become the bestselling model.

     *     *     *

出だしにはドキッとしたが、結局は Gruber も iPad 3 から乗り換えるだろうし、iPad mini はベストセラーになるだろうという結論だ。

ますます実物に直接触って自分の目で確かめてみたくなった・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[新 iPad Retina ディスプレイ(上)と iPad 2 のディスプレイ:photo

アップルの解禁を受けて、新しい iPad のレビューが一斉に登場している。

アップルからデモ機を貸与されて書くレビューといえば、以前なら大手紙に限られていたが、いまや個人的なブログも含め多くの技術ライターたちが書くようになった。

新 iPad の最大のウリである Retina ディスプレイ — 実際に目にしないと分からないといわれるそのすばらしさをいかに説明できるかがそれぞれの技術ライターの腕の見せ所だ。

     *     *     *

選り取りみどりのライターたち

・Walt Mossberg[WSJ]

新しい iPad は HDTV より 100 万ピクセルも多い
New iPad: A Million More Pixels Than HDTV | AllThingsD[1,321 語]

・David Pogue[NY タイムズ]

新しい iPad はほどんど同じ、ただしもっとずっといい
The New iPad Is Much the Same, Only Better | NYTimes.com[1,371 語]

・Ed Baig[USATODAY]

新しい iPad のすばらしいスクリーンは心地よい
Review: New Apple iPad, with amazing screen, is a delight | USATODAY.com[1,368 語]

・Jason Snell[Macworld]

Review: The third-generation iPad Review | Macworld[4,917 語]

アップルが iPad に加えた変更は、より薄く、より軽く、より速くすることではなかった。どの点をとっても、第3世代 iPad は前のモデルよりはるかに良くなった。
But the changes Apple has wrought with this iPad aren’t about making it thinner or lighter or faster, but about making it better. And on nearly every front, the third-generation iPad is markedly better than its predecessor.

・John Gruber[Daring Fireball]

iPad (3) | Daring Fireball[1,795 語]

ピクセル、ピクセル、ピクセル。バッテリー、バッテリー、バッテリー。スピード、スピード、スピード。
Pixels pixels pixels. Battery battery battery. Speed speed speed.

・MG Siegler[TechCrunch]

The New iPad Makes Apple’s Tablet Domination Clearer Than Ever | TechCrunch[2,691 語]

いったん新しい iPad を見てしまうと、もう元には戻れない。
Once you see and use the new iPad, there will be no going back.

・Joshua Topolsky[The Verge]

iPad review (2012) | The Verge[2,322 語]

息をのむようなディスプレイとハードウェアの大幅アップグレードでタブレットの王者は王冠を保持できるか?
With a breathtaking display and big hardware upgrades, does the tablet king retain its crown?

     *     *     *

筆者の大好きな Jim Dalrymple は、つぎのように書いている。

・Jim Dalrymple[The Loop]

Review: iPad third generation | The Loop[1,006 語]

デモ機の貸与

先週アップルの iPad イベントが終わったあと、私は会場を離れ、Phil Schiller と数分会話を交わし、アップル幹部のいる会議室に向かった。そこで新しい iPad と Apple TV を貸与されたのだ。

When Apple’s iPad event ended last week, I walked out of the venue, spoke to Phil Schiller for a couple of minutes and went into a meeting with Apple executives. That’s where I picked up my new iPad and Apple TV.

     *     *     *

ライフスタイルが私の視点

他のみんなはプロセッサやグラフィックチップのスピードテストをやるだろうから、私は異なる視点から — 実際に私が iPad どう使うかという点について書きたい。私のテストラボは私の生活そのものだ。新製品が私のライフスタイルに合うかどうかでそれを使うかどうか決めるのだ。

I know everyone will be speed testing the processors and graphics chips, but I’d like to take a different approach and give you some information on how I actually use the iPad. My testing lab is my life, and how a device fits into that determines if I continue to use it or not.

     *     *     *

実際に見なきゃ分からない

新しい iPad を使い始めて1週間になるが、とても感心している。最初にスイッチを入れて Retina ディスプレイを目にしたとき以来、そのすばらしさに畏敬の念すら覚えている。アップルの解説ビデオを見るだけじゃ、このディスプレイのすばらしさは決して分からない。自分の目で確かめて初めて分かるのだ。

I’ve been using the iPad for a week now and I’m so impressed. From the first time I turned it on and saw the Retina display, I was in awe of how good it was. Trust me, even if you watched the introduction video, you still have no idea how good this display is. You really do have to see it to believe it.

     *     *     *

アップルお気に入りのライターたちがデモマシンを貸与される様子まで触れられていて興味深い。

先日の Mountain Lion 以来、影響力のあるライターなら、大手紙かどうかを問わずレビューのチャンスが与えられるようになった。要はライター個人の影響力次第というわけだ。

定番のガジェットサイト Engadget や Gizmodo の姿はどこにも見えない。

     *     *     *

これだけたくさんのアップルお気に入りライターたちが一度に書くと、どれから読んでいいのか分からなくなる。書く側にしても、読者に読んでもらえるよう腕を競うのは大変だろう。

長文のレビューにいたっては、一読で全部を読んでくれるひとがどれだけいるか。[各レビューの語数参照]

技術ライターが腕を競わされている様子を見ると、Retina ディスプレイの供給をサムスンや LG、シャープに競わせたのが思い起こされる。

新しい Tim Cook 体制の元では、技術ライターといえどもかなかなか大変だ・・・

★ →[原文を見る:The Loop

✂ →[短縮 URL]http://wp.me/pfXBS-1LC
   〈短縮 URL についてはこちらを参照〉

Read Full Post »

Older Posts »