Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘ユーザー’ Category

cupertino_apple_hq

[アップル本社:image

アップルの決算発表をずいぶん追いかけたが、Dr. Drang があれこれ気にし過ぎだといっている。

All this: “Quarterly quiverings” by Dr. Drang: 24 April 2013

     *     *     *

決算発表の日

今日はアップルブロガーにとって四半期に一度の日 — いつもの関心事であるフォントや角の丸まった四角形、skeuomorphism などを考えるのをやめて、決算報告の電話会議の前に集まり、クパティーノの大公が発表する最新の財務報告に耳を傾けるそんな日だ。偉人たちが指数でも使わない限り分からないような数字について語り、ブロガーたちはそれがいかに善き知らせであるかみなに知らしめるべくキーボードに向かうのだ。

Today is that demisemiannual day in which Apple bloggers set aside their normal concern for fonts, rounded rectangles, and skeuomorphism and gather ’round the conference call to hear the latest financial pronouncement from the grandees of Cupertino. And as the great men speak in numbers that require exponential notation, the bloggers take to their keyboards to let us know that all is Good.

     *     *     *

なぜ一般読者まで

これらのおしゃべり(キーボードのカチャカチャいう音)を自分は避けているが、しかしツィッターや RSS を一日中締め出すことはできないし、完全に締め出すなんてとてもムリだ。ブロガーが — とくに満足させねばならない広告主を抱えたプロのブロガーたちが、なぜ決算発表について書くのかは理解している。しかし理解できないのは、なぜ一般読者まで気に掛けるのかということだ。もしあなたがアップル投資家なら、当然四半期毎の数字を見たいと思うだろう。それでも iOS の天気アプリしか話題にしないような連中のフィルターを通して知りたいと思うだろうか? もしアップル投資家でないのなら、それがどうしたというのだ? 確かにアップルが生き残り、あなたの好きな製品を作り続けてくれるほどちゃんとしているかどうかということは知りたいだろう。しかしそれってきょうびほとんど確実なことではないのか・・・

I avoid most of this chatter, but short of shutting out Twitter and RSS entirely for the day, it’s not possible to avoid it all. I understand why bloggers—especially professional bloggers who have advertisers to satisfy—write about the earnings call. What I don’t understand is why readers care. If you’re an Apple investor you’ll want to see the quarterly numbers, of course, but you don’t really want them filtered through someone who spends most of his time talking about iOS weather apps, do you? And if you’re not an Apple investor, what difference does it make to you? Sure, you want to know that Apple’s doing well enough to survive and keep making the products you like, but that seems like a pretty safe bet these days.

     *     *     *

怒りやフラストレーション

確かにここ数年の四半期の業績に対する反応がオモシロかったことは認める。何年にもわたってアップルの業績はアナリストの予想を上回ってきたから、いわゆる専門家たちが間違いを犯すのをアップル信奉者はバカにしてあざ笑ったものだ。しかし今や株価は下落し、アナリストはバカげた低い見積もりをしなくなった。それでもアップル信奉者は売上と利益が強い基調にあることから、いわゆる専門家たちが間違っていると未だいい続けているが、さすがにあざ笑うことはできなくなった。勝ち誇った気持ちは怒りやフラストレーション、守勢に取って代わった。

I will admit that the response to the last couple of quarterly reports has been interesting. For years, as Apple continually beat the analysts’ forecasts, Apple enthusiasts would point and laugh at how these so-called experts could get it so wrong. Now, as the stock price is falling and the analysts are no longer making foolish underestimates, the enthusiasts are still pointing to strong profits and revenue growth, still saying the so-called experts have got it wrong, but they’re not laughing anymore. The triumphalism has been replaced by anger, frustration, and defensiveness.

     *     *     *

嘆かわしい側面

このような変化がもたらした嘆かわしい側面は、アップルを — もっとハッキリいえばアップルの株価(AAPL)を前向きに扱うアナリストなら誰にでも飛びつきたくなる傾向だろう。例えば今日、数字をもてあそぶこんなナンセンスにリンクしているひとを見つけた。フィボナッチ・リトレースメント[Fibonacci retracement]の議論は前にも読んだことがあるが、これってどこぞの投資マネージャーが信じている戯言(たわごと)で、私たちからカネをむしり取り、裏庭に隠そうとする考え方なのだ。

One unfortunate side effect of this change has been a tendency to latch onto any analysis that shows Apple (or, more specifically, AAPL) in a positive light. Today, for example, I saw several links to this bit of numerological nonsense. I’ve seen discussions of Fibonacci retracement before, and the idea that there are investment managers out there who believe in this hooey always makes me want to pull my money out of stocks and bury it in the backyard.

     *     *     *

バランスシートのせいではない

自分が Mac や iPhone を使うのはアップルのバランスシートのせいではない。自分の役に立つから使うのだ。そうでないときには怒りやフラストレーションを感じる。iPhone のマーケットシェアより iCloud がうまくいかないときに遥かに影響を受けるし、アップルの株価より Lion から「・・・として保存」(Save As…)がなくなったことや、また Rob Enderle のごときヤカラがいうことより Preview が AppleScript をサポートしないことに遥かに影響を受けるのだ。

I don’t use a Mac or an iPhone because of Apple’s balance sheet. I use them because they (usually) work for me, and I save my anger and frustration for when they don’t. I’m far more affected by an iCloud screwup than by the iPhone’s market share, by Lion’s removal of Save As… than by Apple’s stock price, and by Preview’s lack of AppleScript support than by anything Rob Enderle says.

     *     *     *

たしかに株も持っていないのに、自分もいちいち決算発表のことを気にしすぎるなあ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

広告

Read Full Post »

Piper_Jaffray

[次のケータイは何を買いますか:image

Piper Jaffray の調査に対するある高校生の投稿が興味深い

The Axx: “On Teens and iPhones.” by Alex Guyot: 13 April 2013

     *     *     *

Piper Jaffray の調査

Piper Jaffray が最近ティーンエイジャーについて行なった調査:

The results of Piper Jaffray’s latest teen survey:

「サムスンなどライバル製品の追撃にもかかわらず、アップルはティーンエイジャー御用達のプラットフォームとして確固たる地位を固めたように見える」と Gene Munster[Piper Jaffray の上級アナリスト]は書いている。

“We believe that despite the push from competitive products, particularly from Samsung, it appears Apple has solidly remained the platform of choice for teens,” wrote Piper Jaffray senior analyst Gene Munster.

     *     *     *

独自の視点を

高校生活も余すところあと数か月となったが、私はこのテーマについていくつか独自の視点を提供できるのではないかと思う。

Being in High School (although only for another month, thankfully), I feel I may be able to offer some uncommon insight on this subject.

     *     *     *

調査の概要

・ティーンエイジャーの 48% がすでに iPhone を所有(昨年秋は 40%)
・ティーンエイジャーの 62% はつぎの携帯も iPhone にするつもり(昨秋と比べて変わらず)
・ Android フォンを買うつもりのティーンズは 23%(昨秋の 22% から減少)

– 48% of teens already own an iPhone, compared with 40% last fall
– 62% of teens plan on making an iPhone their next mobile device (flat vs. fall 2012)
– 23% expect to buy an Android phone, up from from 22% last fall

(続く2桁の数字は「何でもいい」グループのもの。Windows と Blackberry フォンはいずれも最下位 5% 以内)

(The only other two digit percentage comes from the “don’t care” category. Windows and Blackberry Phones are both in the bottom 5%)

     *     *     *

調査を疑問視する意見

アップルが投資銀行である Piper Jaffray の顧客であることからこの調査に疑問を抱くものもいるが、典型的な中産階級の公立高校生として私が見聞した経験はすべてこの調査と合致する。

Despite some doubt about this study due to it being unearthed that Apple has been an investment banking client of Piper Jaffray, everything I see at my own school, a typical middle class public high school, confirms it.

     *     *     *

クールなステータスシンボル

自分が通学しているアリゾナ州ツーソンの CDO 高校では、そこら中で iPhone が見られる。48% という調査の数字より大きい結果が出ても驚かないだろう。iPhone は最も「クールだ」と見なされており、校内のあらゆるグループの生徒が持っている。それだけではない。iPhone の伸びが減速する様子はまったく見られない。どの高校でも見られるように周囲からのプレシャーはアップル寄りだし、iPhone を持っていないユーザーに対しては学校中から iPhone を使うようにプレシャーを受ける。iPhone を持たないからバツ印とまではいかないが、iPhone は一種のステータスシンボルになっているようだ。iPhone を持っている生徒は始終身の回りに iPhone をおいておく理由をみつけているようだ。常に iPhone を机の上におくか、あるいは使っていないときですら手に持っている。iPhone の持ち主でなければこんな感じで見せびらかしたりはしていない。

Here at CDO High School in Tucson, Arizona, iPhones are everywhere. I wouldn’t be surprised if iPhones were represented at an even higher percentage than the 48% shown in the study. iPhones are most definitely considered the “cool” option, and I see kids with them from every group of people in the school. Moreover, there is no sign of iPhone growth slowing any time soon, as the social pressures inherent in any high school ecosystem have taken Apple’s side, and iPhones are being pushed on non-iPhone users by other kids all around the school. It hasn’t gotten to the point where not having an iPhone is a black mark upon you, but it certainly seems to be an indicator of status. Kids with iPhones seem to find every excuse to have them in sight at all times. iPhones are constantly laying in the open on desks or being held in hands, even while not in use, yet I notice non-iPhone owners are much less prone to flaunting their devices in a similar manner.

     *     *     *

なぜ iPhone を欲しがるか

みんなの会話を耳にしたり、自分も会話に加わってみると、ティーンエイジャーが何よりも iPhone を欲しがる理由がいくつも見えてくる。よく聞かれる理由のひとつは、iPhone が — アップル製品も一般的にそうだが — 大学生多数の御用達のガジェットであることだ。他のデバイスを使ったために袋小路に入りたくはないのだ。もうひとつよく聞く分かりきった理由は、学校中のみんなが iPhone を持っており、自分だけが除け者にはなりたくないというものだ。iOS 以外の OS を搭載した旧式モデルを持っている生徒の多くは、遅くて古いとしょっちゅう文句をいっており、一刻も早く契約が終了して iPhone グループに入れればいいのにといっている。もちろんアンチ iPhone ユーザーもいるが、学校全体としてみればマイノリティだ。

Discussions I’ve overheard or participated in with others on the subject provide a variety of reasons teens want to get their hands on iPhone more than any others. A common assertion is that iPhones, and Apple products in general, are the gadgets of choice in many universities, and students don’t want to be stuck using a different device. Another popular idea is the obvious one, that everyone else in the school has an iPhone and people don’t want to be left out. Many of those I know who own older model phones running operating systems other than iOS complain constantly about how slow and old they are, and discuss how eager they are for their contracts to expire so they too can join the leagues of iPhone owners. There are, of course, those who speak out against iPhones, but they are a minority overall in the school.

     *     *     *

大失敗をやらかさない限り

アップルがティーンエイジャーの心をぐっと掴んで揺るぎない地位を築いていることには驚くべきものがある。そうではないという数字をどんな調査が出しても、ティーンエイジャーが iPhone を欲しがる気持ちは決して弱まってはいないと断言できる。事実より多くのティーンズがこれまで以上に iPhone を欲しがっている。確かに Android フォンを持つ生徒もおり、iPhone 所有者ほど多くはないとはいえ、ライバルのひとつであることは間違いない。しかし Android OS を選択する忠誠度は大きくなるというより急速に縮小しつつあるように見える。自分のいる高校で Android が消滅する可能性はまったくないが、iPhone が圧倒的に優位にあることは明らかだ。ティーンズの iPhone 人気を損なうためにはアップルが大失敗をやらかす必要がある。それまでは Piper Jaffray の調査結果は真実であり続けるだろう。

Overall, Apple has simply done an amazing job at entrenching themselves in the minds and hearts of teenagers. Despite the results of any studies or articles saying otherwise, I can easily assert that the demand for iPhones from the teenage audience is in no way waning. In fact, more teens seem to want iPhones than ever before. Certainly there is still a presence of Android owners, which while clearly not as large as the number of students with iPhones, is still a competitive force, but the loyalty of this presence to it’s chosen operating system seems to be shrinking much faster than it’s growing. Android isn’t in any danger of extinction in this high school’s population, but the dominance of the iPhone is blatantly obvious. Apple would have to have a massive blunder to change the direction the iPhone’s popularity with teens is heading. In the mean time, Piper Jaffray’s study stands true.

     *     *     *

Piper Jaffray の調査をそのまま引き写したようなメディアが多い中で、一高校生によるこの投稿にはハッとさせられる。

Piper Jaffray の調査内容を簡潔に紹介しているだけでなく、その調査を疑問視する意見にも配慮しつつ、高校生という独自の視点から未来の iPhone ユーザーの風景を描き出したところは大したものだと思う。

いずれ iPhone ユーザーの主流となる高校生がおかれた場所から未来を描いて見せたところに、金太郎飴のような引き写しと違って、確かなライターの芽生えを見るような気がする・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »