Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘モバイル’ Category

Screen Shot 2014-02-12 at 11.34.09 AM

[アップルが Windows をこえた:chart

「これはじつに象徴的な瞬間だ」と Benedict Evans はいう・・・

Benedict Evans: “Apple passes Microsoft” by Benedict Evans: 12 February 2014

     *     *     *

マイクロソフトをこえたアップル

これはじつに象徴的な瞬間だ。2013 年第4半期にアップルが売った「コンピュータ」[注]の数が世界で売れた Windows PC の数をこえたのだ。[冒頭チャート参照。]Windows フォンをこれに加えればほぼ同じになる。

A symbolic moment, this: in Q4 2013 the number of computers* sold by Apple was larger than the number of Windows PC sold globally. If you add Windows Phone to the mix they’re more or less exactly equal.

[注] Mac + iPhone + iPod Touch + iPad

(*Macs, iPhones, iPod Touches and iPads)

これはまたモバイルの規模をよく示したものにもなっている。アップルはモバイルマーケットのハイエンドしか対象にしていないが、それでも PC 全体の売上げよりもっと多いのだ。

This is a pretty good illustration of the scale of mobile: Apple limits itself only to the high end of the mobile market but still sells more units than the whole PC industry.

     *     *     *

アップルの記録的第1四半期」には多くのひとが注目した。

アップルが「Windows と肩を並べた」ことを Horace Dediu が指摘したのも記憶に新しい。

この Benedict Evans の説明も直截で分かりやすい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Update:5つのアプリ開発元が占める》

Japan-Inflection-Report-Blog-Post-Banner

[いまや消費大国:image

日本はいまや世界に冠たるモバイルアプリ消費国になった・・・

Quartz: “Japan now spends more on mobile apps than any other country” by Leo Mirani: 11 December 2013

     *     *     *

ios_app_store_&_google_play

[アメリカを超えた日本のアプリ購入:chart

アメリカを超えた日本のアプリ購入

昨年アメリカ人が Google Play やアップルの App Store から購入したアプリは日本人の3割強だった。ところが今年の10月になると、人口1億2千7百万の日本人は人口3億1千万のアメリカ人より約1割も多くのアプリを消費したと、App Annie の調査は述べている。1人当たりでは、日本人はアメリカ人の 2.5 倍も多くアプリを購入している。

Last year, Americans spent about a third more on apps from Google Play and Apple’s App Store than the Japanese. By October this year, Japan’s 127 million people were outspending America’s population of 310 million by about 10%, according to a new report from App Annie, a research firm. Per capita, the Japanese were spending 2.5 times as much on apps as Americans.

     *     *     *

テレビコマーシャルで急増したゲーム

なぜそれほど伸びたのか? 1にゲーム、2にゲーム、3にゲームだ。日本人の昨年購入したゲームは 400% も増えた。30% しか伸びなかったその他アプリの 15 倍も増えた。日本以外の国では、ゲームの購入量はその他のアプリのせいぜい2倍だ。この大きな伸びの大部分は旧来ながらのテレビ広告によるものだ。今年大きくヒットしたゲームはいずれもテレビコマーシャルの放映直後に急増した。

What’s driving this growth? Games, games, and more games. In the past year, Japanese spending on games apps jumped 400% and outpaced spending on all other apps (which grew by 30%) by a factor of 15. By contrast, the rest of the world spends only twice as much on games as other apps. A lot of this growth is driven by good old-fashioned television advertising. The biggest hits of the year all saw spikes in downloads after television commercials began to air.

     *     *     *

mobile_digital_kontent_japan

[日本のデジタルコンテンツ市場:chart

スマートフォンへの移行

この他にも増加した背景には2つの要因が考えられる。ひとつは日本が遅まきながらスマートフォンへの移行を果たしたことだ。日本のキャリアは、簡単なフィーチャーフォンのデータサービス市場(1999 年に開始された iモードなどのような)を世界に先駆けて開発した。しかしスマートフォンを推進したのは遅かった。それもここ数年で大きく変化した。日本の消費者は長年フィーチャーフォンのダウンロードに対しカネを払ってきたが、スマートフォンに移行するにしたがってその消費慣行も持ち込んだ。

Apart from that, two core factors are behind the growth: the first is Japan’s belated shift to smartphones. Japanese carriers built a world-leading market for data services on simpler feature phones (such as i-mode, launched in 1999), but were slow to start pushing smartphones. That has changed over the past couple of years. Japanese customers have long paid for downloads on their feature phones, and as consumers have shifted over to the new devices, their consumption habits have carried over.

     *     *     *

ios_app_store_vs_google_play

[iOS App Store に追い付いた Google Play:chart

キャリア課金モデル

もうひとつの要因は、Android デバイスの Google Play オンラインストアでは大手キャリアがキャリア課金モデルを導入していることだ。消費者は Google Play に対してではなく、毎月支払う電話料金の一部としてアプリ料金の支払いができる。グーグルによれば、アプリ開発者の収入はキャリア課金が日本で導入されたあと 14 倍も増えたという。日本の Android ユーザーは、昨年までは他の国と同じく iPhone ユーザーの半分未満しか購入していなかった。今年10月には両者の比は同じになり、日本は Android ユーザーが iPhone ユーザーと同じだけ購入する世界でも唯一の国となった。

The other reason is that the Google Play app store for Android devices operates a carrier-billing model with the biggest operators. This means that consumers can pay for their app downloads as part of their monthly phone bill rather than in the app store itself. According to Google, revenue to app developers jumped almost 14-fold after carrier billing was introduced in Japan. Until last year, Android users in Japan, like their counterparts in the rest of the world, spent less than half as much as iPhone users. By October this year, the two groups were equal, making Japan the only country in the world where Android users spend as much as their iPhone-using brethren.

     *     *     *

課金モデルがアプリの命運を握る・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》5つのアプリ開発元が占める(12月13日)

アメリカを抜いてトップに躍り出た日本は成長の可能性が大きいのかと思いきやそう簡単ではなさそうだ。

AppBank: “アプリの売上高で日本がアメリカを抜く。要因はパズドラとLINEの課金か。” by asyunin: 12 December 2013

     *     *     *

5つのアプリ開発元が占める

App Annie はゲーム分野での売り上げが日本市場の売上増に繋がったと分析。中でも5つのアプリ開発元が占める割合が高いとしています。

その中で一例として挙げられているのが「パズドラ」で有名なガンホー・オンラインと無料通話アプリで有名な LINE です。

いずれもアプリは無料で入手できるため、売上のほとんどはアプリ内課金で購入できる「ゲームのアイテム」「コイン」「スタンプ」などによるものと見られます。

     *     *     *

海外のアプリ開発者が殺到する?

ただ、日本の App Store・Google Play で公開されているゲームアプリは星の数ほどありますが、レポートにもある通り、売上の大半は5つの開発元が占めています。

気になるのは App Annie が発表したレポートの影響力。機械翻訳で日本語表記に対応するアプリが増えるかもしれないことが気掛かりです。

     *     *     *

この夏、幼稚園の孫娘に iPad ゲームをダウンロードしてやったぐらいで、ゲームのことはサッパリ分からない。

高学年の孫娘たちは LINE に夢中で、他のものなど見向きもしない。低学年の孫はこれまた Minecraft のマルチプレイに夢中で、顔も知らない仲間とスカイプで実況中継しながら遊んでいる。

日本市場の躍進に寄与した上位5社のゲームがどんなものか、ゲームアイテムやスタンプへの課金だけなのか — その躍進の理由について日本の事情に詳しい専門家にぜひとも解説してもらいたいものだ。

たしかにトップ5が占拠しているところへさらに海外から参入されるのではたまったものじゃない・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Update:ツケを払うのは》

Randall_Stephenson

[AT&T CEO Randall Stephenson:photo

モバイルキャリアのトップが語ったことばが注目を浴びている

AT&T CEO Randall Stephenson が投資家向け会合で語ったものだ。

CNET News: “AT&T chief: We can’t keep doing big subsidies on phones” by Marguerite Reardon: 10 December 2013

     *     *     *

販売助成金モデルではもうやっていけない

「ビジネス規模が拡大する初めの間は、自社ネットワークを利用させるためにデバイスの販売助成金を積極的に活用せざるを得ない。しかしスマートフォンの普及率が 75% に達するとメンテナンスモードに移行する。頻繁にデバイスのアップグレードを行なうのだ。かくてビジネスモデルは変化せざるを得ない。もうデバイスの販売助成金をやるだけの余裕はなくなる。」

“When you’re growing the business initially, you have to do aggressive device subsidies to get people on the network,” he said. “But as you approach 90 percent penetration, you move into maintenance mode. That means more device upgrades. And the model has to change. You can’t afford to subsidize devices like that.”

先週 AT&T は新しい価格プランを導入した。古い電話を使い続けるユーザーには月額利用料を 15 ドル安くするというものだ。

Last week, AT&T introduced a new pricing plan that offers an incentive to customers who keep their older phones, allowing them to save $15 a month on their service bill.

     *     *     *

iPhone ビジネスに販売助成金モデルを持ち込んだのは AT&T を初めとするキャリアだったのではなかったか。

それがもはや高い販売助成金ではやっていけないというのなら、モバイルキャリアの世界に大きな変化が起きるということなのだろうか。

SIM フリー iPhone もそういう流れの中で出てきたのだとしたら・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》ツケを払うのは(12月13日)

tumblr_lxqyysssq61qlvp8so1_500-300x225

[終わりは近い・・・:image

Randall Stephenson の発言に対する John Biggs のコメントは核心を衝いている・・・

TechCrunch Japan: “携帯電話の助成金はもうすぐ終るかもしれない“: 12 December 2013[Nob Takahashi 訳]
TechCrunch: “The End Of Subsidized Phones Could Be Near” by John Biggs: 12 December 2013

     *     *     *

助成金がなかったら・・・

要するに、われわれは端末助成金が実は架空のものであり、結局はわれわれが月々の請求書で端末代金を払っていることを思い出す必要がある。助成金はまた、米国ユーザーの選択の自由を妨げてきた。ヨーロッパが当初端末の助成を拒んだ ― 現在は世界中殆どのキャリアが助成している ― 結果、プリペイドSIMカード、低価格で簡単な端末、さらにはローミングによる恩恵など、数多くのサービス改善が起きた。端末が数日毎に国境を越えているなら、キャリアーが端末をロックする理由はない。しかし、米国市場は一枚岩だ。めったにローミングすることはなく、安いプリペイドを探すこともない。[Nob Takahashi 訳]

To be clear, we need to remember that phone subsidies are actually imaginary and that we ultimately pay for our phones in our monthly bills. Subsidies have also held back U.S. customers’ freedom of choice. Europe’s initial refusal to subsidize phones – now most carriers worldwide subsidize – led to a number of service improvements including pre-paid SIM cards, cheaper, simpler handsets, and a number of roaming benefits. There was no reason to lock a phone to a carrier if that phone is crossing borders every few days. However, the U.S. market is monolithic. We rarely roamed and we rarely looked for pre-paid deals.

     *     *     *

ツケを払うのは

要するにStephensonはこう言っている。かつてAT&Tがまだ顧客を獲得しようとしていた頃は、助成金が有効だった。欲しいだけの顧客が集まった今、助成金はアンフェアである。何が本当に起ころうとしているのだろう? キャリアは端末メーカーとべッドを共にし、そして今別れたがっている。つけを払うのはわれわれだ。[Nob Takahashi 訳]

Essentially Stephenson is saying that back when AT&T was still trying to get customers, subsidies worked. Now that it has all the customers it could want, subsidies are unfair. What’s really happening? Carriers got into bed with the manufacturers and now they want out. We pay the price.

     *     *     *

結局はキャリアの都合に翻弄される・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Chart-reasons-for-uninstalling-mobile-app

[モバイルアプリを止めたくなる理由:chart

その理由がオモシロい・・・

Inside Breaking News: “Why do people uninstall apps?” by Cory Bergman: 04 December 2013

     *     *     *

モバイルアプリを止めたくなるとき

アプリがアンインストールされるのはどんなときだろうか? Appiterate が行なった調査によれば、ある理由が突出している。ウザったいプッシュ通知がそれだ。

Why do people uninstall apps? Appiterate conducted a survey and discovered one reason stands above the rest: annoying push notifications.

驚くひとはあまりいないだろう。今時のアプリはダウンロードするとどれも通知を送りつけようとする。そのほとんとは販売宣伝で、アプリを開けとしつこく迫ってくる。モバイルのもっとも強力な機能のひとつのハズなのに、スパム同然に堕している。

This probably shouldn’t come as a big surprise: just about any app you download these days wants to send you notifications. The vast majority of them are promotional, harassing you to open the app. In many ways, one of mobile’s most powerful features is turning into a spam factory.

Appiterate の忠告はごく常識的なものだ。「ユーザーに絶対に必要な通知に限るようになさい」と。そうすればきっと有益なものになるだろう。

Appiterate’s advice is common sense: “The good practice here would be to make the notifications absolutely useful for the user.” They should be valuable to you.

     *     *     *

「ウザったいプッシュ通知」も2番目の「登録が複雑で面倒」も納得。

筆者の iPhone 通知センターはぜんぶオフにしてある

こちらが知りたいときだけ使えればいい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

traced-localytics-us-overview

使われる時間帯

ちょっと興味深い結果・・・

Quartz: “When people use their smartphones and tablets, in charts” by Ritchie King: 14 October 2013

     *     *     *

外出中?

モバイル機器であるスマートフォンやタブレットがいちばん使われるのは当然外出中と思うだろう。午前中の通勤時、日中なら勤務中。夕方は家でテレビを見たりコンピュータに向かうからあまり使われないだろうと。

You might think people use their smartphones and tablets most when they’re out of the house: in the morning on their commute, or during the day at work. Probably not in the evening, when they’re at home with their TVs and computers.

     *     *     *

とんでもない

とんでもない。PandoDaily が最初に報じた冒頭のチャートを見て欲しい。アプリの使用状況を分析する会社 Localytics のデータを使って作成されたもの。それによれば米国ではモバイル機器がいちばん使われるのは夜9時だという。

This is exactly wrong. The chart above, first reported by PandoDaily and built from data collected by Localytics, an analytics company that focuses on app usage, shows that, in the US, people use their mobile devices the most at 9 p.m.

     *     *     *

traced-localytics-us-by-app

アプリやコンテンツによっても・・・

アプリによっても異なる

これはアプリ開発者やコンテンツクリエーターにとってはどういう意味を持つだろうか? どんなアプリやコンテンツを作るかにもよる。ビデオ、ゲーム、ソーシャルメディアアプリがよく使われるのは夕方だが、ニュースアプリなら午前7時にピークを迎える。

What does this mean for app developers and content creators? Depends on what you make. Videos, games, and social media apps are popular to use in the evenings, while news apps see their biggest spike around 7 a.m.

     *     *     *

traced-localytics-countries

国によっても・・・

どの国でもほぼ同じ

夕方に最大のピークを迎えるという傾向は他の国でも同じだ。日中の使われ方は国によって少しずつ異なるけれども。

The general pattern of evening peaks also holds in other countries, though the profile throughout the day looks slightly different.

     *     *     *

日本での使われ方はどうだろうか?

ほとんど外出できない筆者の場合、iPhone を使うのは専らベッドでのブラウジングに限られるけれど・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

[ポスト PC 時代の到来:image

iPhone 5 の発表を踏まえて書かれた興味深い文章がある。

ギーク転身ベンチャーキャピタリスト MG Siegler の「私の製品フィードバック」だ。

massive greatness: “My Product Feedback” by MG Siegler: 20 September 2012

     *     *     *

モバイル、モバイル、モバイル

モバイル、モバイル、モバイル・・・だよ!
[モバイルを計 740 回繰り返す]

Mobile Mobile Mobile … [740 words]

     *     *     *

開発の実態は

分かりきったことだろ? 自分が初めていってるんじゃないよ。なのに、たくさんのスタートアップ企業が「デスクトップ/ラップトップベースのウェブ」をまず念頭に置いているのに出くわすんだ。確かにその方が、開発やアップデートは楽だと思う。でもそれは間違いだよ。

It’s obvious, right? I’m hardly the first person to point this out. And yet, I still meet so many startups who are focusing on the desktop/laptop-based web first. I get that development and iteration are easier there, but it’s a mistake.

     *     *     *

5年以内にみんなが

新規の発見(discovery)はますます難しく、それをどうカネにするかという方法(monetization models)はまだ十分に具現化されたとはいえない。しかし、純粋に製品という視点からいえば、そんなことはどうでもいいのだ。大切なことは、この惑星上のすべての人間がこの5年の間にモバイル機器を使うようになるということだ。しかもモバイル機器の使われ方は、これまでのコンピュータとは — 過去も未来も含めて — 比べものにならないという点なのだ。

Discovery is increasingly an issue, and monetization models are still being fully fleshed out. But, from a pure product perspective, those things don’t matter. What matters is that in the next five years every person on this planet is going to be using a mobile device. And these devices are going to be used far more than any traditional computer ever has been and ever will be.

     *     *     *

PC は終わった

もはや PC は過去のものだ。姿を消すことはないが、ますます遺物的存在になってしまうだろう。

The PC is over. It will linger, but increasingly as a relic.

     *     *     *

自分だって

自分は今ではコンピュータを使うのが怖くなってしまった。ほとんどの時間、タブレットを使いたいと思う。そしてますますそれが可能になってきている。それ以外の時間に使いたいのはスマートフォンだけだ。現に自分はそうしている。

I now dread using my computer. I want to use a tablet most of the time. And increasingly, I can. I want to use a smartphone all the rest of the time. And I do.

     *     *     *

幻想としての「デスクトップウェブ」

「デスクトップウェブ」の価値はますます幻想に過ぎなくなっている。モバイル機器の機能の進化を見れば、その凋落は急速に近づきつつある。

The value in the desktop web is increasingly an illusion. Given the rate at which these mobile devices are improving, a plunge is rapidly approaching.

     *     *     *

作るべきは・・・

ウェブサイトをベースにしたアプリを作ってはならない。ウェブサイトなんか初めからなかったように振る舞うアプリを作りなさい。デスクトップコンピュータなど一度も使ったことのない、そんなひとを対象にアプリを作りなさい。なぜなら、そういうひとたちがこれからやって来るからだ。それももうすぐ・・・

Don’t build an app based on your website. Build the app that acts as if websites never existed in the first place. Build the app for the person who has never used a desktop computer. Because they’re coming. Soon.

     *     *     *

記憶に残る文章に出会うのはなかなか難しいが、そんな文章のひとつではないかと思う。

「ポスト PC」時代の到来を彷彿とさせるではないか・・・

TechCrunch 騒動を機に Michael Arrington とのベンチャーキャピタルに身を投じた MG Siegler らしいことばだと思う。

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

[ルート案内機能:image

iOS 6 でも Google Maps が使えることを The Loop が紹介している。

The Loop: “You can still use Google Maps on iOS 6″ by Jim Dalrymple: 20 September 2012

     *     *     *

iOS 6 でも Google Maps は使える

You can still use Google Maps on iOS 6

複数の読者が、iOS 6 搭載の iPhone でも Google Maps が使えることを教えてくれた。やり方はカンタンで、Safari ブラウザで http://maps.google.com を開き、それをホーム画面にアイコンとして加えるだけでいい。そうすれば、ルート案内機能や乗り換えなどの機能が使える。

A couple of readers have written to point out that you can still use Google Maps on your iPhone running iOS 6. Just go to http://maps.google.com in Safari and add it to your home screen. That will give you directions, transit and many other features.

完璧ではないかもしれないが、「マップ」で問題が生じたユーザーにとっては結構なことだ。

It’s not perfect, but for those having issues with Maps, it’s something.

     *     *     *

新 iOS 6 については「マップ」の苦情が相次いでいる。

これまでなじんだ Google Maps が使えないのはケシカラン。それにアップルのマップはひどいというものだ。

筆者の iPhone は2世代前の iPhone 4 だが、さっそく iOS 6 をインストールしてみた。

古い機種でも新しい機能が使えるのはアップル製品のありがたいところだ。

娘がお彼岸の墓参りにつれていってくれたので、新しいアップル「マップ」を試してみた。

自宅からお寺まで、航空写真に示された道順もルート案内機能(Turn by Turn Navigation)も分かりやすい感じがした。

途中混雑で、一般道から高速へ道順を変更したら、ルート案内機能がストップしたが、一旦そこで終了すれば、再度(ドロップされたピンの)現在地から目的地までのルート案内機能を作動させることができた。

「Google マップ」の方は、道順変更後のルート設定が(運転中の操作としては)面倒で、途中でやめてしまった。

正直のところ新しい「マップ」は見やすくて、そんなに悪い感じはしなかった。

アップル自身は、使えば使うほどよくなるといっているそうだ。

日本のユーザーの報告がおいおい増えれば、状況が判明することだろう。

(Siri と Flyover はよく分からなかった・・・)

なお、すでに Google Maps アプリは提出されたのにアップルが抑えているというウワサもあるらしい。

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[サンフランシスコの3次元ビュー:image

アップル唯一の定例行事 WWDC が1か月後に迫った。iOS をめぐるウワサの出番だ。

iOS 6 ではアップル自前の地図システムが目玉になるらしい。

iOS 全体の発展を視野におくと、自前の地図システムはどういう意味を持つのだろうか。

John Gruber が興味深いことをいっている。

Daring Fireball: “iOS Low-Hanging Fruit” by John Gruber: 11 May 2012

     *     *     *

iOS のこれまで

この数年の間、iOS の発展は比較的分かりやすいものだった。アップルはやるべき仕事のうち楽に達成できる目標(lowest-hanging fruit)を着々とこなしてきた。最初の数年で大物をかなりたくさん片付けた。サードパーティ製アプリ、カット・コピー&ペースト、法人サポート、プッシュ通知、マルチタスキングの改善など。それに加えて昨年は、OTA[Over The Air]ソフトウェアアップデート、クラウドベースのバックアップ、ワイヤレス同期、通知インターフェイスの改良などが加わった。

iOS has evolved in a fairly predictable manner over the years. Apple has done a good job tackling the lowest-hanging fruit on the to-do list, year after year. They crossed off a lot of big obvious features over the first few years: third-party apps, cut-copy-paste, enterprise support, push notifications, better multitasking. Last year brought a few more: over-the-air software updates, cloud-based backups and wireless syncing, and a much improved notification interface.

     *     *     *

ライバルを見ればいい

iOS に加わりそうな機能を知るよい手掛かりは、ライバルを調べて iOS に欠けているものを見つけることだ。昨年の例で言えば、Android の方が先行している分野ということになる。

Another good source for iOS feature predictions has been to survey the competition and identify the areas where iOS was lacking. Those items from last year, for example, were areas where Android was ahead.

     *     *     *

地図 = 残された最大の分野

iOS が全ての機能を含んでいるわけではない。しかし楽に達成できそうな目標 — あればいいという類いではなく、アップルなら当然検討して然るべきもの — を見つけるのは次第に難しくなっている。残された最大の分野が地図だ。本日 9to5Mac はアップルが iOS 地図アプリのバックエンドデータをグーグルから自前のサービスに切り替えるというニュースを流した。John Paczkowski は、新しい地図を見れば「ぶっ飛ぶだろう」という情報筋のことばを引いて、これを追認している。

iOS is by no means feature-complete. But it’s getting harder to identify the low-hanging fruit — the things you just know Apple has to be working on, not just the stuff you hope they are. The biggest one left is mapping. Today brings a report from 9to5Mac that Apple is set to switch the back-end data in iOS’s Maps app from Google to its own mapping services; John Paczkowski confirms it, quoting a source who claims the new Maps will “blow your head off”.

     *     *     *

なぜ自前のサービスが重要か

アップルの自前の地図データが偉大であるに違いないというのはこういうことだ。

Here’s the thing. Apple’s homegrown mapping data has to be great.

地図は電話に欠かせない機能だ。iPhone ユーザーなら誰でも使う数少ない機能のひとつだ。だからアップルは自前でやる必要がある、基本的テクノロジーは自分で支配する必要があるからだ。グーグルとの関係が 2007 年の頃のように今でも問題なかったとしても、アップルは自前の地図を展開しただろう。(iPhone 発表のとき Eric Schmidt がステージに上がったのを覚えているだろうか?)しかしアップルとグーグルの今日の状況を考えれば、地図サービスをグーグルに依存することはまったく受け入れ難いのだ。

Mapping is an essential phone feature. It’s one of those handful of features that almost everyone with an iPhone uses, and often relies upon. That’s why Apple has to do their own — they need to control essential technology. I suspect Apple would be pushing to do their own maps even if their relationship with Google were still hunky-dory, as it was circa 2007. (Remember Eric Schmidt coming on stage during the iPhone introduction?) But as things actually stand today between Apple and Google, relying on Google for mapping services is simply untenable.

     *     *     *

後戻りは許されない

これはアップルにとって高圧スイッチ[high-pressure switch:一旦作動すると復帰するのが困難な安全装置]のようなものだ。後戻りは許されない。評判の3次元ビュー(3D view)はすごいかもしれないが、現実問題として運転や歩行の方向指示がグーグルの場合ほど正確でないとなれば、ユーザーにとっては熊手と松明を手にしている[?]ようなものだ。また Android フォンはすでに経路誘導ナビゲーション(turn-by-turn navigation)を搭載していることにも心すべきだ。

This is a high-pressure switch for Apple. Regressions will not be acceptable. The purported whiz-bang 3D view stuff might be great, but users are going to have pitchforks and torches in hand if practical stuff like driving and walking directions are less accurate than they were with Google’s data. Keep in mind too, that Android phones ship with turn-by-turn navigation.

     *     *     *

残された仕事

iOS について実現可能な機能は他にどんなものがあるだろうか? 考えつくものはいくつかある。

What else remains hanging low on the iOS new-features tree, though? I can think of a few:

・賢いアプリケーション間処理

iOS が NeXT の直系の子孫であることを考えると、NeXT で最も持てはやされ(かつそれももっともな) Services のような機能が欠けているのは理解できない。Android には Services によく似た「Intents」と呼ばれるシステムがあり、Windows 8 にはさらに優れた「Contracts」というコンセプトがあることは注目に値する。

Clever inter-application communication. Seems crazy that iOS, the direct descendant of NeXT, doesn’t have anything like Services, which were one of NeXT’s most touted features (and rightfully so). It’s also worth noting that Android has a pretty good Services-esque system in place, called “Intents”, and Windows 8 has an even richer concept called “Contracts”.

・サードパーティの通知センターウィジェット

アップルの株式や天気のように、立ち上げなくても情報を一覧できるもの。

Third-party Notification Center widgets. Like the Stocks and Weather ones from Apple — information at a glance, without launching an app.

・サードパーティの Siri API

Siri を通じてやりとりできる機能を他のアプリにも開放しよう。

Third-party Siri APIs. Let other apps provide features you can interact with through Siri.

     *     *     *

どんどん減っている

まあそんなところだ。Siri API というアイデアだって「あればいい」という程度で、「いずれアップルなら必ずやらざるを得ない」という達成目標ではない。重ねて言うが、残された仕事がアップルにはなくなったといっているのではない。克服せねばならぬことが明らかなものがどんどん減っているといっているだけだ。

But that’s about it. And even the Siri API idea seems more like a “nice to have” feature idea than a low-hanging “Apple really has to do this sooner or later” idea. Again, I’m not saying Apple’s iOS to-do list is empty; I’m just saying the list of obvious they-gotta-do-it stuff is getting short.

     *     *     *

デスクトップ OS とは別のモバイル向け OS としてスタートした iOS もいよいよホームストレッチに入ったということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text]

Read Full Post »


[PC 時代の終わり:image

数字の達人 Horace Dediu が興味深いことをいっている。「ポスト PC 時代はマルチプラットフォームの時代」だと・・・

asymco: “The Post-PC era will be a multi-platform era” by Horace Dediu: 06 July 2011

     *     *     *

Window フォンの売れ行き

Windows Phone Marketplace のアプリは2万 5000 本に達した。Windows Phone が実際にはさほど売れていないことを考えるとこれは大変な数だ。それでも1日のアクティベーション数が 500 万台を超える Android フォンと比べると、まるで四捨五入の誤差みたいなものだ。Gartner によれば、マイクロソフトのモバイル OS を使うスマートフォンは 2011 年第1四半期には 360 万台売れた。そのうち 160 万台が Windows Phone 7 だという。ということは1日当たりのアクティベーション数になおすと1万 7500 台ということになり、Android フォン 28 台に対し Window フォン1台の割合になる。

Windows Phone Marketplace has reached 25,000 apps. That’s an impressive figure given that so few devices have actually been sold. Compared with Android which is activating half a million devices per day, Windows Phone seems like a rounding error. According to Gartner, 3.6 million smartphones using a Microsoft mobile OS were sold in the first quarter of 2011, of which 1.6 million were Windows Phone 7. That implies a daily activation rate of 17,500 per day or one WP device for every 28 Android devices.

     *     *     *

デバイスよりアプリの方が大きい?

それでも Windows Phone のアプリの数は Android アプリの1割を超え、Android アプリは iPhone アプリの約半分になる。Windows Phone に限っていえば、アプリの方がユーザーの増加より大きいということになる。これはいったいどうしたわけだ?

And yet the number of apps on Windows Phone is more than 10% of the number of Android apps and Android Apps are about half of iPhone apps. As far as Windows Phone is concerned, apps are being added faster than users. Why is this?

     *     *     *

モバイルプラットフォームはコンピュターとは異なる

モバイルプラットフォームがかつてのコンピュータプラットフォーム(Windows vs. Mac)と同じ行動を示すという考え方をするのであれば、これを説明することは不可能だ。デベロッパはずっと下位にある第3のプラットフォームなぞ無視すべきだからだ。まるで Windows 全盛時代に Amiga に賭けるようなものだ。

If we take the point of view that mobile platforms behave like the computing platforms of years gone by (i.e. Windows vs. Mac) then this is inexplicable. Developers should not be bothering with a distant third. This would be like betting on the Amiga in the era of Windows.

     *     *     *

かつての PC 時代は

もはや PC 時代ではない。当時はソフトウェア開発に大変高いコストがかかった。ソフトの流通チャンネルはとてもむずかしく(きちんと箱に梱包して売るのが一般的だった)、ソフトのカテゴリーも限られており、値段も高かった。しかも買うのは法人企業が中心で、小さなベンダーのことなど意にも介さなかった。当時のユーザーの数は一桁少なく、ましてや実際の購入者となるともっと少なかった。

But we’re not in the PC era any more. That era had very high software development costs. It had very difficult software distribution channels (retail box sales typically) and very few categories of software with high price points. It was also dominated by institutional buyers which did not give quarter to small vendors. It was also a time when there were orders of magnitude fewer users and even fewer buyers.

     *     *     *

新しい才能の爆発

ポスト PC 時代の特徴は、アイデアを見てもアプリをみても新しい才能が爆発する時代だ。良ければ直ちに気に入ってくれ、ワンクリックでカンタンに流通できる時代だ。アプリを作るのも、特定の専門家やベンチャーキャピタルをかき集められるひとに限られない。いまやコテージ産業(cottage industry:家内工業)になったのだ。小さなデベロッパでも広く流通させられるし、スターの座にも昇れる。ありがたいことに法人バイヤーとも関わらずに済む。その結果がアプリの爆発だ。3年前には存在しなかった3つのプラットフォームのために 100 万本以上のアプリが作られている。

The post-PC era is characterized by an explosion of ideas and application of new talent to software. It’s an era of immediate gratification and painless, one click distribution. App production is a cottage industry not something entrusted to only a few experts or those who can raise venture capital. It allows the small to distribute widely and get a shot at stardom. It has been (thankfully) avoided by enterprise buyers. The result is an explosion of apps: well over half a million new apps have been built in three years on three platforms that did not exist three years ago.

     *     *     *

マルチプラットフォームの時代

だからデベロッパは、あらゆるプラットフォームに、どんな新しいプラットフォームであれ、広く可能性を賭ける。まさにそのことが小規模プラットフォームの潜在的可能性と持続可能性を示しているのだ。支配的なプラットフォームだけがモバイル戦争を勝ち抜くという考え方はナイーブすぎる。ポスト PC 時代はマルチプラットフォームの時代なのだ。デベロッパはこのことを理解している。プラットフォームベンダーも知っている。PC 時代に学んだ知恵は捨て去るべきときなのだ。

So the very reasons which are driving developers to spread their bets across all and any new platforms should indicate the potential for new platforms and the sustainability of small platforms. The thesis that one dominant platform wins the mobile “war” is naive. The post-PC era will be a multi-platform era. Developers already understand this. Platform vendors know this. It’s time to unlearn the lessons of the PC era.

     *     *     *

古い既成概念に捕われないひとほど新時代の寵児になれるということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[iOS をまったく新しいレベルへ]

iPhone や iOS を考えるうえでおもしろい視点を Marco Arment が提供している。

Marco.org: “The iPhone feature-checklist steamroller” by Marco Arment: 12 June 2011

     *     *     *

機能チェックリスト

2007 年の iPhone 発表以来、多くの顧客が iPhone 購入を控えてきた。チェックリストで機能を比較すると実際に欠陥があったり、一見欠陥と見なされるものがあったりするためだ。

Since the iPhone’s release in 2007, many prospective buyers have declined to choose the iPhone because of a real or perceived shortcoming in its feature checklist.

     *     *     *

次から次へと

iOS や iPhone がアップデートされるたびに、アップルはチェックリストに欠けている機能をつぎからつぎへの加えてきた。まず最初は大物だ。販売価格、3G、GPS、コピー&ペースト、高度のセキュリティー機能、Exchange、マルチタスキングなど。最近では Verizon のサポートを追加したが、さらにはいずれかの時点で Sprint や T-Mobile がサポートされることになっても驚かない。

Every time iOS or the iPhone is updated, Apple picks away at that list. They started with the big ones: purchase price, 3G, GPS, copy and paste, advanced security features, Exchange, multitasking. More recently, they added Verizon support, and it wouldn’t surprise me to see them quietly hit Sprint and T-Mobile in the future, picking away at that list even further.

     *     *     *

iOS 5 にも

iOS 5 では多数の比較的マイナーな問題に対処した。通知機能、カメラへのクイックアクセスやハードウェアシャッターボタン、ワイヤレス同期、バックアップなど。通知の際に LED フラッシュがまたたくところまでアクセシビリティ設定に加えられた。たぶんチカチカする LED なしでは済まされぬ BlackBerry ユーザーへの受けを狙ったものだろう。

With iOS 5, they’ve hit tons of relatively minor shortcomings. Notifications. Quick camera access and a hardware shutter button. Wireless sync and backup. They’ve even added a preference to have the camera-flash LED blink on new notifications, supposedly as an accessibility feature, but also conveniently to appeal to BlackBerry owners addicted to that blinking LED.

     *     *     *

片っ端から

ライバルが持っている意味のありそうな強み(advantage)を、アップルは片っ端からつぶしている。しかもまだまだ終わりではないのだ。

Apple has steamrolled over almost every meaningful advantage that competitors have. And they’re not stopping.

     *     *     *

ハードウェアの好み

ハードウェアの好みはひと様々だ。一部のひとが iPhone を使おうとしないのはそのためだろうと私は考えてきた。ハードウェアキーボード、取り外し可能なバッテリー、フォームファクターの違い、あるいは相当安い価格まで。

There are lots of hardware preferences that I suspect will always be reasons why some people wouldn’t choose an iPhone, such as the demand for hardware keyboards, removable batteries, different form factors, or significantly cheaper prices.

     *     *     *

iPhone の顧客を増やすためなら

そんなチェックリストにアップルが加えようとしているものは非常に限られてはいるが未だある。一般的にいって、あることを「決してアップルがやらない」と考えるのは賢明ではない。iPhone の顧客を増やすためなら、よろこんでもっといろいろのことをやるだろう。それによって通常の優先事項が一時後回しになるにしても・・・

Very few major items are still on that list that I think Apple would actually change. But it’s usually unwise to say that Apple will “never” do something. And it looks like they’re willing to do quite a lot to get more iPhone customers, even if a change require temporarily suspending some of their usual priorities.

アップルが何かをやるかどうか予測するにあたっては、(それがアップルとしては「決してやらない」と思われる類いのものであっても)、iPhone の顧客を増やすことになるかどうかという点を考慮すべきだ。iPhone 顧客を増やすということは他の何にも勝る優先事項なのだ。

When speculating on what Apple will or won’t do, a change that gets them more iPhone customers is probably worth considering even if you think they’d “never” do it. iPhone customer acquisition is a higher priority than almost everything else.

     *     *     *

iPhone ユーザーを増やすことになるかどうかが大事と・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Older Posts »