Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘メディア’ Category

Whistleblower-Tag-4-1167

日本にも根付くか・・・

Japan is getting an anonymous whistle blowing platform | Tech in Asia

Whistleblowing.jp will provide an untraceable way for journalists to receive leaked information without fear of compromising a source – of paramount importance since the passage of Japan’s so-called State Secrets Law in December 2013.

Masayuki Hatta, an economics lecturer at Surugadai University and self-proclaimed “rogue researcher and hacker wannabe from Japan,” unveiled the site in December. “We’re actually not like Wikileaks, since the site itself won’t publish any leaks,” Hatta explained at a recent Hacks/Hackers meetup in Tokyo. “We’re more similar to the Dutch website Publeaks. Our goal is to connect whistleblowers and journalists in a safer way.”

Whistleblowing.jp can only be accessed on the Tor network. Tor, short for “the onion router,” was initially conceived by the US Navy’s research laboratory before going open source in 2004. It anonymizes internet browsing by directing traffic through a global network consisting of thousands of volunteer relays. Data, including a user’s IP address, is encrypted as it’s sent through each successive relay. The final relay decrypts the innermost layer of encryption – the middle of the “onion” – and sends the original data through to its final destination without revealing the user’s IP address.

Read Full Post »

4FUTURETENSE-articleLarge

The Unending Anxiety of an ICYMI World | NYTimes.com

Pre-Internet, we accepted that media had a mayfly’s life span: Yesterday’s news was yesterday’s news, and that was it. If you were the creator of it, you made peace with the notion that people either saw it or didn’t when it appeared, and you moved on; there was no alternative.

If it lingered in the public consciousness, it was because of its durability, not repeated reminders. Content had finite endings and deaths, not asymptotic approaches and long-term vegetative states from which resuscitation is always an option.

Read Full Post »

home-page-visitors

[ホームページへのアクセスは減少の一途をたどっている:chart

新聞の凋落が語られて久しい。

デジタル時代のあるべき姿を模索した NY タイムズ紙の内部調査報告書が流出して話題になっている

Quartz: “The homepage is dead, and the social web has won—even at the New York Times” by Zachary M. Seward: 15 May 2014

     *     *      *

ホームページからアクセスする読者は減少の一途をたどっている

NY タイムズ紙のデジタル戦略に関する内部調査報告書によれば、新聞の顔にあたるホームページからアクセスする読者の数はこの2年間で半減している。冒頭のチャートがはっきりそれを物語っている。

Traffic to the New York Times homepage fell by half in the last two years, according to the newspaper’s internal review of its digital strategy. Here’s the very stark chart:

     *     *      *

ニュースを読む習慣が変わった

これは NY タイムズの問題点を反映したものというより、インターネットでニュースがどのように伝播するかという現実と関係している。ほとんどのニュースサイトでホームページへのアクセスが減少しているが、これは記事にアクセスするのに読者がソーシャルメディアやEメールなどの情報に頼るようになったからだ。(手前味噌をいえば、Quartz にホームページらしきものがないのはこの傾向を認識してのことだ。)NY タイムズ紙へのアクセスは全体として減少している。多くの場合アクセスは「勝手口」からきているのだ。

That’s not necessarily a reflection of any problems at the Times but the reality of how news is now distributed on the internet. Homepage traffic is declining at most news sites as readers increasingly find links to news articles from social media, email, and other sources. (This may be a self-serving argument: Quartz barely has a homepage at all, in recognition of this trend.) Overall traffic to the Times isn’t falling; it’s just coming in through the “side door” more often.

     *     *      *

ホームページが抱える問題

NY タイムズの内部報告書を入手した BuzzFeed は、この文書のことを新聞業界における数少ない「破壊的イノベーター」と呼んでいる。(この報告のためにインタビューを受けた何億兆ものひとのリストが8ページに掲載されており、自分ものそのひとり。) この報告書ではホームページが抱える問題を次のようにまとめている。

The Times’ internal report was obtained by BuzzFeed, which the document describes as among a few “disruptive innovators” in the news business. (I was among a gazillion people interviewed for the report; they are listed on page 8.) The document describes the homepage situation this way:

「ホームページへのアクセスはこの数年間というもの毎月毎月減少してきている。各セクションのトップ画面へのアクセスもほとんどない。モバイルアプリへのアクセスも、ホームページやセクション画面へのアクセスとほぼ同じく、これまた減ってきている。」

Traffic to the home page has been declining, month after month, for years. Traffic to section fronts is negligible. Traffic on our mobile apps, which are mostly downstream replicas of our home page and section fronts, has declined, as well.

     *     *      *

ona-when-get-news

[ニュースは定時ではなく、必要なときに読む:chart

プル型メディア

モバイルアプリの利用者の減少も顕著だが、たぶんそれも関係しているのだろう。ホームページもセクション画面もアプリも、どれも「プル型メディア」(pull media)だ。すなわち、読者が積極的にクリックして探しにいくタイプだ。しかし新しい読者にとってニュースを読むのは習慣でもなんでもない。自分がプレゼンテーションでよく使う上図のチャートもそれを示している。

The decline in mobile app usage is also significant, but probably related. Home pages, section fronts, and apps are pull media—that is, they rely on readers actively requesting them. But the new news habit is no habit at all, as demonstrated by this chart I sometimes use in presentations:

     *     *      *

プッシュ型メディア

プル型メディアは急速に「プッシュ型メディア」(push media)に取って代わられている。NY タイムズの報告書はそのことを多言を用いて明らかにしているのだ。情報(アップデート情報にしろ、友人の写真や Solange のビデオ、そして時には新聞記事ですら)、情報の方が読者を見つけるのだ。そうでないメディアはまったく伝わらない。

Pull media has quickly been replaced by push media, as the Times report makes clear in so many words. Information—status updates, photos of your friends, videos of Solange, and sometimes even news articles—come at you; they find you. And media that don’t are hardly found at all.

     *     *      *

ニュースの方がやってくるというのはけだし名言だろう。

新聞といえば朝一番に広げて見るのが古き良き時代の習慣だった。まず第一面、そして経済面、社会面などセクション面に進むものだった。

だから新聞社は第一面に特色を出すことにこだわった。第一面こそ新聞の顔なのだ。

しかし読者の習慣はとっくに変わってしまった。ソーシャルメディアを通じて自分からやって来るニュースをクリックするだけだ。

筆者の場合を振り返っても、記事を探すのに第一面から飛んで行ったのは何時のことだったか思い出せない。

読者の習慣は変わってしまったのに、編集する側は未だ紙媒体の時代から抜け出せないでいる。

新聞を編集する側のメンタリティーが変わらなければ、デジタル版やモバイルアプリを作ったとて何ら変わるところはない。

(それに加えて日本の場合は、デジタル版はあくまでも読者を紙媒体に誘導するための手段に過ぎず、紙媒体に比べて内容も薄い。しかも一定の時間が経てばニュース自体が姿を消す運命にある。)

そんな状況が変わらないかぎり新聞の凋落は止まるところがないことを NY タイムズの報告書は教えているのではないか。

・・・と、そこまで考えて、待てよと思った。

ホーム画面が意味をなさなくなっているのはブログでも同じではないか、と・・・

たしかに当ブログでも、アグリゲータやツイッター、検索画面経由で訪れてくださる読者の方が圧倒的に多い。

読者の習慣が変わったのはニュースだけではないのかもしれない・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Horace Dediu が興味深い問題提起をしている。

つぎの世界地図から何が読み取れるだろうかと・・・

asymcos: “The TV store” by Horace Dediu: 23 December 2011

     *     *     *

123 か国で iPhone が売られ、iTunes アプリが買える

つぎの地図は iTunes アプリが入手可能な国を示している。

The following map shows the countries where iTunes Apps are available.

全部で 123 か国。これはまた iPhone が入手可能な国の数でもある。

It represents 123 countries. It also shows where the iPhone is currently available.

     *     *     *

51 か国で iTunes の音楽が買える

次の地図は iTunes の音楽を購入できる国を示している。

The following map shows the countries where iTunes music can be purchased.

白地図の国では音楽は買えないが、アプリなら買える。音楽を購入できる国の数は 51 か国。アプリは買えるが音楽が買えない国の数は 72 か国。

The countries in white are countries where apps are available but music isn’t. There are 51 countries where you can buy music and 72 where you can buy apps but not music.

     *     *     *

6カ国で iTunes のテレビ番組が買える

つぎの地図は iTunes のテレビ番組が購入できる国を示している。

The following map shows the countries where iTunes TV shows can be purchased.

前の例と同じく、白地図の国ではテレビ番組は買えないがアプリなら買える。テレビ番組が購入できる国の数は6カ国。117 か国では音楽[テレビ番組?]は買えないがアプリは買える。

As in the previous chart, the countries in white are those where apps are available but TV shows aren’t. There are six countries where you can buy TV shows and 117 countries where you can buy apps but not music.

     *     *     *

ウイルスのように広がるアプリ

(iTunes の定義する)デジタル音楽が米国以外に広まったのは 2004 年からだ。その後7年かけてなんとか 50 か国まで広がった。テレビ番組についてはもっと時間がかかっている。6年かけても限られた数の国にしか広まらず、米国においてすら購入できるテレビ番組は制作される数のほんの一部に限られている。

Digital music (as iTunes defines it) started expanding outside the United States in 2004 and managed to reach these 50 other countries in seven years. TV shows took a much slower route. Not only has there been a limited selection of countries in six years of expansion but even the US, the programs available are a tiny subset of what is being produced.

テレビビジネスは音楽に比べて氷河のようにゆっくり動くのか、それともまったく動かないのか? いずれにせよ、「デジタルメディアとしてのアプリ」はウイルスのように確実に広がっている。

Is the TV business going to expand digital distribution at the glacial rate of music or not at all? In either case, the distribution of Apps as a digital medium is positively viral.

     *     *     *

音楽やテレビ番組そのものではなく、「デジタルメディアとしてのアプリ」に着目したらどうなるか。

Horace Dediu に触発された Erick Schonfeld の「Apps Are Media」[アプリはメディアである]がオモシロい。

アプリをデジタルメディアとして捉えれば、ウイルスのようにデジタル化が広がっていることがわかると。

     *     *     *

でも、どうせ日本では・・・と悲観的な反応も出てきそうな気がする。

映画とテレビは旧来メディア業界の最後の牙城だ。そう簡単には崩せまい。

メディア業界の競争はそう簡単にデジタル流通を許さないだろうというわけだ。

     *     *     *

もうひとつ気になる点がある。

日本特有の著作権制度だ。

林 伸夫氏の「iCloud、iTunes Matchは日本では実現不可能?」が示唆に富んでいる。

とくに事実上公開を不可能にする「著作隣接権」の話が気に懸かる。

著作隣接権の概念のない米国では著作権を所有する会社ないしは著作権保有者本人と交渉し、権利をクリアすればよい。ところが日本では、送信可能化権や複製権を主張できるのは楽曲の原著作権所有者だけではなく、演奏に関わった演者、歌手、制作会社、放送事業者など著作隣接権保有者も含まれる。・・・

     *     *     *

かつて外国人研修生用に現代日本の教材を作ったことがある。

敗戦直後の焦土や原子爆弾に関する映像資料は NHK はじめ公的資料をいくら探しても見つからなかった。ところが BBC の映像ライブラリーに日本の戦争や過去に関する映像が山ほどあるのを見つけて複雑な思いをした。

今考えれば、この背後にも日本特有の著作権制度があったのではないか思う。

歴史的事実に関する映像ですらそうなら、商業作品としてのテレビ番組や映画についてはほぼ絶望的ということになるのだろうか。

経済競争に負けるだけならともかく、法制度の面でもガラパゴス化するのではたまらない気がする・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »