Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘マーケティング’ Category

everything_else

[iPhone にはすべてがある:image

このところアップルをめぐる話題となるとネガティブ報道しかないのが悲しい。

サムスン Galaxy S4 発表をめぐって Phil Schiller が「とちったり」、「なぜ iPhone なのか」ページが急遽表れたり・・・

John Paczkowski がこれらの動きをクールに切って棄てている

AllThingsD: “Hey, Remember How Awesome the iPhone Is?” by John Paczkowski: 16 March 2013

     *     *     *

「なぜ iPhone なのか」

iPhone がいかに魔法のような、革命的なデバイスであるかもう忘れてしまったのだろうか? もしそうなら — 最近のアップルはますますそう思っているように見えるが — そんなひとのためにアップルは手軽なリマインダー広告を準備した。「なぜ iPhone なのか」というアップルサイトの新しいページだ。なぜアップルのスマートフォンがモバイルデバイスの初めにして終わりなのか、微に入り細を穿って説明している。
 

Forgotten what a magical and revolutionary device the iPhone is? If you have — and Apple increasingly appears to think so — the company has a handy reminder: A new “Why iPhone” Web page that explains in exhaustive detail why Apple’s smartphone is the alpha and omega of mobile devices.

     *     *     *

大掛かりな広告

なぜマックが好きになるのか」というキャンペーンを覚えているだろうか? 基本的にはこれと同じもので、こんどは iPhone というわけだ。いいかえれば、これはアップルが作っている重要な製品についての大掛かりな広告なのだ。

Remember the “Why You’ll Love a Mac” campaign? Well, this is basically the same thing, but for iPhone. In other words, it’s a big ‘ol advertisement for an important product from the company that makes it.

     *     *     *

プレシャーを感じはじめた

ただ、今回の広告は iPhone の強力なライバルであるサムスンの Galaxy S4 が発表された2日後に行なわれている。ということは、アップルが韓国のライバルに恐怖を感じていることを意味しているに違いない。これまでアップルが確保してきた端末機器メーカー業界の純利益の 60〜70% を、突如としてサムスンが奪取すると宣言したことに恐怖を感じて。明らかにアップルはプレシャーを感じ始めている。

But, Apple launched it just two days after Samsung unveiled its new iPhone challenger the Galaxy S4, so that must mean the company is terrified its Korean rival is suddenly going to claim the 60 percent to 70 percent of annual handset industry profits it typically captures for its own. Clearly, Apple is feeling the heat.

それとも、アップルは絶望的になっているのかもしれない。

Or just maybe Apple is desperate.

     *     *     *

「生涯の伴侶」

実はサムスンも自らのウェブページで、Galaxy S4 は今までにないやり方でわれわれの生活を変える「生涯の伴侶」だと主張している。「サムスン Galaxy S4 は『共にいる』ことがすべてなのです。離れていてもひとびとをつないでくれるのです」と。

Thing is, Samsung has a Web page of its own, and it claims the Galaxy S4 is a “Life Companion” that’s going to transform our lives in ways never before possible. “The Samsung GALAXY S4 is all about ‘togetherness.’ It brings people together when they’re apart.”

     *     *     *

相手もプレシャーを感じている?

スマートフォンが「生涯の伴侶」だって? 大げさすぎるし、すこしバカげている。サムスンもまた iPhone が Galaxy S4 の売上を食うのではないかと怖れているということだろうか?

A smartphone that’s a “life companion?” That seems a stretch. A little ridiculous, too. Could it be that Samsung worries the iPhone might encroach on sales of the S4?

スマートフォンを生涯の伴侶として宣伝するのは、サムスン自身もプレシャーを感じている証拠だと主張することもできるかもしれない。そうではないものをそうだと主張するなんてまともな人間なら誰ができるだろうか。それに必死な感じすら少しする。

One could argue that promoting a smartphone as a life companion is evidence that Samsung is feeling a little heat of its own. Who in their right mind would claim such a thing if they weren’t? That sounds a little desperate, too.

     *     *     *

お互いに・・・

ワカル? サムスンもプレシャーを感じているのだ。そしてアップルもそうだ。

And you know what? Samsung is feeling the heat. And so is Apple.

     *     *     *

ゴジラ対メガゴジラメカゴジラ

なぜかって? なぜならサムスンとアップルは、モバイルデバイスのマーケットで覇権を求めて必死の闘いを繰り広げているからだ。10か国以上にまたがる50もの訴訟をこの2社が繰り広げていることを思い出してほしい。これはゴジラ対メガゴジラメカゴジラの闘いなのだ。

You know why? Because Samsung and Apple are beating the hell out of each other in the mobile device market in which they each seek supremacy. Recall that the two companies have some 50 lawsuits against one another spread out over 10 countries. This is Godzilla versus Mechagodzilla.

     *     *     *

宣伝合戦

「珍しく守勢の」インタビューだって? 「チャンピオンはわれわれ」だって? 事実をありのままに告げているのではないのだ。

So these “rare defensive” interviews? These “We Are The Champions” Web pages? They’re not tells.

これはマーケティングだ。これは宣伝合戦なのだ。これは重要でうま味のあるマーケットをめぐる熾烈な闘いの一側面なのだ。決して異常なことではない。これがビジネスなのだ。

They’re marketing. They’re advertising. They’re part and parcel of a brutal battle over a lucrative and important market. And they’re not unusual. They’re business.

     *     *     *

とうとうゴジラとメガゴジラメカゴジラになっちゃった・・・

訂正》メガゴジラではなくメカゴジラの間違いでした。メチャな間違いで失礼。タイトルはそのまま晒しておきます。とある病院勤務医 さん、ありがとう。

★ →[原文を見る:Original Text

広告

Read Full Post »

[アップルの下取りサービス:image

なんか、ちょっといい話が・・・

The Next Web: “Apple Will Now Give You up to $345 For Your Old iPhone 4S” by Matt Brian: 29 August 2012

     *     *     *

最大限 345 ドルで下取り

もしウワサどおりなら、数日後にはお待ちかねの次世代 iPhone がアップルから発表されるハズだ。売れ行きのいい iPhone 4S に代わる新しいモデルだ。欲しいけれど値段を考えると — と二の足を踏んでいるなら、アップルがお役に立つかもしれないよ。使用状態にもよるが、最大限 345 ドルの下取り価格を出してくれるそうだ。

If reports are true, Apple is days away from announcing its next-generation iPhone, the long-awaited follow-up to its fast-selling iPhone 4S. If you’re already shuddering at the thought of paying out for the new device, Apple can help you offset the cost by offering you up to $345/£300 for your device, depending on its condition.

     *     *     *

アップルの下取りサービス

アップルの下取りサービス(Reuse and Recycle Program)によれば、手持ちの iPhone 4S のモデル、カラー、使用状態をオンラインでチェックすると、市場価値に相当する値段をはじき出してくれる。 64GB iPhone 4S ならは 345 ドルだが、他のモデルになるともっと安いだろうね。

Using Apple’s Reuse and Recycle program, you are able to select the model, color and condition of your iPhone 4S (and other Apple devices) from the online wizard, which will then output a price that it believes your device is worth. While a 64GB iPhone 4S will command $345, other models will be valued lower.

     *     *     *

下取りの面倒までアップルがみてくれるようになった。

昨年の例では最大限 200 ドル[16GB iPhone 4]までだったそうだ。

電源コードも一緒に返送しなければならないとか、換金証書が使えるのはアップルストアだけという縛りはあるけれど。

ところで、日本の場合はどうなのかな・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Steve Jobs Oldie but Goodie – YouTube]

“Apple’s Core Value”・・・伝説となった Think Different キャンペーンを開始するにあたって Steve Jobs が語ったこと。

AllThingsD: “Video: Apple’s Steve Jobs Introduces Company’s 1997 ‘Think Different’ Campaign” by John Paczkowski: 27 August 2010

     *     *     *

半ズボン姿の Jobs

Steve Jobs がタートルネックと半ズボンという出で立ちだって?

Steve Jobs in a turtleneck and shorts?

     *     *     *

Think Different キャンペーン

週末のお楽しみネタ。アップルの歴史は如何にすばらしいかというお話。冒頭のビデオでアップルの CEO が 1997 年の「Think Different」キャンペーンについて語る。ポイントとなる部分。「(新しい広告作戦では)世界を変えたひとびとに敬意を払う。まだ生きているひともいれば、そうでないひともいる。そうでないひとたちも・・・もし彼らがコンピュータを使うとしたら、それはマックだったはずだ。」

What a great bit of history this is, and a nice Friday diversion. In the video embedded below, the Apple (AAPL) CEO introduces the company’s 1997 Think Different campaign. A key quote: “[Our new ad campaign] honors those people who have changed the world. Some of them are living, some of them are not. But the ones that aren’t –you know that if they ever used a computer it would have been a Mac.”

     *     *     *

ひとに覚えてもらうには

もうひとつ。「(コンピュータの)世界は非常に複雑だ。とても雑音が多く、われわれにはなかなかチャンスがない。みんながわれわれのことを記憶にとどめてくれるチャンスが・・・。どの会社でもそうだ。われわれについて何か記憶にとどめてもらうためには、それを真に明確にせねばならない。」

And another: “This is a very complicated world. This is a very noisy world and we’re not going to get a chance…to get people to remember much about us. No company is. And so we have to be really clear on what we want them to know about us.”

     *     *     *

古くて聞き取りにくいビデオだが、アップルのマーケティングの原点について Jobs 自身のことばで語ったものとして注目される。

個人的にはナイキについて語った部分が興味深かった。「運動靴は単なる日用品に過ぎないが、ナイキは製品について語るのではなく、偉大な運動選手について語る」と。

アップルの Core Value を考えるうえで大きなヒントだ。

★ →[原文を見る:Original Text]


Read Full Post »