Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘バッシング’ Category

Update:強力になり過ぎて手に負えなくなったデザイナー》

jonyivetimcook

[Tim Cook と Jony Ive:photo

アップル嫌いのひとのために・・・

Business Insider: “Paul Kedrosky On What Has Gone Wrong At Apple” by Henry Blodget: 02 February 2013

     *     *     *

アップルで何が起きているのか

アップル内部でいったい何が起きているのか、アップルの秘密主義もあって正しく理解するのは難しい。

Given Apple’s commitment to secrecy, it’s hard to get a good sense of what is going on inside the company.

     *     *     *

最近の失敗を見れば分かる

一目置かれた観察者である Paul Kedrosky[注:ブルームバーグテレビの常連]の意見によれば、アップルの最近の失敗を見れば何が起きているのか分かるという。

But in the opinion of one respected industry observer, Paul Kedrosky, some of Apple’s recent missteps can tell us a lot about that.

     *     *     *

競争上の優位性が消滅しつつある

昨日の Bloomberg West のインタビューに答えて Kedrosky は、新しい iMac に対する需要をアップルが充たせなかったこと(第4四半期のマック売上げが不調だった原因のひとつ)、さらには iPhone 部品発注の取り消しが相次いだことは、アップルがライバルに対して持っていた競争上の優位性が消滅しつつあることを示すものだという。

In an interview with Bloomberg West yesterday, Kedrosky said Apple’s inability to meet demand for its new iMacs–a problem that contributed to disappointing Mac sales in Q4–as well as its cancellation of many iPhone component orders, mean that one of Apple’s key competitive advantages may be disappearing.

     *     *     *

パワーバランスの変化が原因だ

iMac の問題はアップル内部のパワーバランスに重要な変化が起きていることを示していると Kedrosky は考えている。

Kedrosky believes that Apple’s iMac problems reveal an important change in the power balance within the company.

     *     *     *

Jony Ive の力が大きくなり過ぎた

とくに Kedrosky は次のように考える。スティーブ・ジョブズの死後生じた権力の空白において、Jony Ive 率いるデザインチームに与えられた裁量権限が大きくなり過ぎ、その結果アップルはスムーズかつ早急には作れないようなデザインの製品で需要を充たそうとするようになったと。

Specifically, Kedrosky thinks that, in the power-vacuum following Steve Jobs’ death, the design team, led by Jony Ive, have been given too much latitude–such that Apple is now designing products that it is not capable of manufacturing as smoothly and quickly as it needs to to meet demand.

     *     *     *

ジョブズが亡くなったせいだ

ジョブズが生きていた間は、デザインチームと製造チームの間の「緊張関係」はうまく均衡がとれていた。プロダクトデザイナーおよび経営トップとしてのジョブズの優れた才能によって、製品の「デザイン偏重」、あるいは逆にデザインの劣化をもたらす数字尊重をアップルは避けることができた。このバランスがあったからこそアップルはデザインにおいても製造においてもライバルを凌駕することができたのだと Kedrosky は考える。

When Jobs was alive, Kedrosky implies, this “tension” between the design teams and manufacturing teams was in almost perfect balance. Jobs’s brilliance as both a product designer and business executive kept the company from “over-designing” its products, or, just as bad, focusing so much on the numbers that its design standards sagged. And this balance, Kedrosky suggests, allowed Apple to continually out-design and out-produce the competition.

しかし今やジョブズは亡く、Jony Ive のデザインチームは強力になり過ぎ、Ive のデザインした製品が、一定期間内に本当に大量生産できるかどうかという決定的チェックが行なえなくなった。

But now that Jobs is gone, Kedrosky suggests, Jony Ive’s design team has been given too much power–without a critical on whether Ive’s products can actually be produced in the quantity and timeframe that Apple needs to produce them to meet demand.

     *     *     *

Ive に余りに多くを委ね過ぎた

もし Kedrosky のいうことが正しければ、後継者としてジョブズが選んだ Tim Cook の力量は製造分野に限られ、デザイン面には及ばなかったことになる。Kedrosky が正しければ、アップルの CEO は Ive に多くを委ね過ぎ、自らの判断すら委ねてしまったのかもしれない。

If Kedrosky is right, the irony is that the expertise of the man Jobs selected to succeed him–Tim Cook–is actually on the manufacturing side, not the design side. So, for Kedrosky to be right, Apple’s CEO would have to be deferring too much to Ive, perhaps over his own best judgement.

     *     *     *

アップルは何かがおかしくなっている

ともあれ、アップルでは何かがおかしくなっていることは確かだ。それが何か Kedrosky はひとつの興味深い考えを示している。

In any case, something has clearly gone wrong at Apple. And this is an interesting theory about what that is.

本記事の元になっている Bloomberg West の Kedrosky インタビューはこちら

Here’s Kedrosky with Emily Chang of Bloomberg West:

     *     *     *

アップルもここまでいわれるようになったのかという思いがする。

アップル批判の根拠は、
・新しい iMac の出荷が遅れている
・iPhone 部品発注の取り消しが相次いだ
という点だ。

その妥当性については読者の判断に委ねたい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》強力になり過ぎて手に負えなくなったデザイナー(2月10日)

いささかショックだった。

アップルバッシングの一例として根も葉もないウワサを取り上げたつもりが、そのまままかり通ってしまいそうな気配・・・

Henry Blodget の上記記事については John Gruber の「根も葉もない与太話発生のメカニズム論」がポイントを衝いている。

Daring Fireball: “Designers Running Amok” by John Gruber: 04 February 2013

     *     *     *

Jony Ive が強力になり過ぎただと?

Henry Blodget がいうには:

Henry Blodget:

「とくに Kedrosky は次のように考える。スティーブ・ジョブズの死後生じた権力の空白において、Jony Ive 率いるデザインチームに与えられた裁量権限が大きくなり過ぎ、その結果アップルはスムーズかつ早急には作れないようなデザインの製品で需要を充たそうとするようになったと。」

Specifically, Kedrosky thinks that, in the power-vacuum following Steve Jobs’ death, the design team, led by Jony Ive, have been given too much latitude — such that Apple is now designing products that it is not capable of manufacturing as smoothly and quickly as it needs to to meet demand.

確かに。スティーブ・ジョブズが実権を握っていた時代には、需要に応じられないことなんて起きなかったように見える。iPhone 4 白モデルだってきちんと予定どおり登場したじゃないか。
[注:John Gruber のジョーク。実際は需要に応じきれない出荷遅れもあったし、iPhone 4 白モデルの登場にはずいぶんと時間がかかった。]

Yeah, it’s not like Apple ever had problems meeting demand with new products when Steve Jobs was in charge. The white iPhone 4 came out right on schedule.

     *     *     *

根も葉もない与太話発生のメカニズム

追記:少し真面目に検討してみよう。Blodget の記事の最終行が問題なのだ。

UPDATE: Let’s get serious for a second. Here’s the final paragraph from Blodget:

「ともあれ、アップルでは何かがおかしくなっていることは確かだ。それが何か Kedrosky はひとつの興味深い考えを示している。」

In any case, something has clearly gone wrong at Apple. And this is an interesting theory about what that is.

アップルをめぐる与太話(jackassery)がどうして発生するのかうまく総括しているではないか。まずアップルは何かがおかしいという「真実らしきもの」から始める。それからそれが何なのかをあれこれ推測して見せるのだ。アップルにはこれまでもいろいろ大きな問題があったし、完璧ではなく、数多くの容易ならざるライバルにも囲まれている。しかしそれは他のどの会社も大きな問題を抱え、決して完璧ではなく、容易ならざるライバルに囲まれているのと同じなのだ。上の最終行が間違っているのは、この1〜2年でアップルが何か「おかしくなった」と考えている点だ。事実は、過去10年の間アップルは(その点に関しては)まったく変わらず同じ状態だったのだ。

That pretty much summarizes what’s driving the current wave of Apple jackassery: start with the “fact” that something has gone wrong with Apple, then speculate about just what that is. Apple has real problems, isn’t perfect, and faces numerous serious competitors — but it, like every company, has always had problems, has never been perfect, and has faced serious competitors. The error in this line of thinking is that something has “gone wrong” for Apple in the last year or two. The truth is, most things have gone exactly right for Apple for the last 10 years.

何かがおかしくなったことは確かだ。しかしそれはアップルに対する認識であって、アップル自体ではない。

Something has clearly gone wrong, but it’s with the perception of Apple, not with Apple itself.

     *     *     *

Paul Kedrosky の「与太話」の根拠となっている2つの「事実」から「Jony Ive の暴走」という結論を導くには飛躍があり過ぎる。

Horace Dediu の分析も強力な反論のひとつだ。

しかしアップルがおかしいと「思いたい」ひとにとっては、そんな説明はどうでもいい。

「アップル新製品に対する需要が落ち込んだ」でも、「Ive が暴走して手に負えなくなった」でも、どんなに短絡したものでもいいのだ。

最近のアップルをめぐる環境は非常にナーバスになっており、どんなウワサでもまかり通りそうな気配だ。

ジョブズが亡くなったからもうアップルはダメだと考えたいひとにとって、何をどう反論しようとも所詮アップル信者の戯言(たわごと)にしか聞こえないのだろう・・・

Read Full Post »


[Mike Daisey:photo

Steve Jobs が亡くなった翌日の10月6日、NY タイムズが Mike Daisey の投稿を載せた。

「追悼の気持ちには反するが」(Against Nostalgia)というタイトルの記事は次のような文章で始まる。

Daring Fireball: “Daring Fireball Linked List: ‘This American Life’ Isn’t the Only Outfit With Retractions Due” by John Gruber: 16 March 2012

     *     *      *

直接労働者を取材した

私は中国南部を旅して、エレクトロニクス工場の労働者のインタビューをしたことがある。アップルのラップトップや iPad を組み立てる Foxconn 工場の金属プレスで右手がつぶれてかぎ爪のようになった男性とも話をした。自分の iPad を見せると、彼は息をのんだ。電源を入れた iPad は見たことがなかったからだ。彼はスクリーンを撫で、ピクセルの細部にまでアップルがこだわったアイコンが左右にスライドするのに目を見張った。「まるで魔法みたいだ」と私の通訳に語った。

I have traveled to southern China and interviewed workers employed in the production of electronics. I spoke with a man whose right hand was permanently curled into a claw from being smashed in a metal press at Foxconn, where he worked assembling Apple laptops and iPads. I showed him my iPad, and he gasped because he’d never seen one turned on. He stroked the screen and marveled at the icons sliding back and forth, the Apple attention to detail in every pixel. He told my translator, “It’s a kind of magic.”

     *     *     *

そんな Mike Daisey の「突撃取材」はウソだった。

公共放送「This American Life」の Daisey の突撃取材を聞いた中国駐在の Rob Schmitz が疑問を持ったのだ。Schmitz は中国のサプライチェーン事情に詳しい。彼は Daisey の通訳をしたという女性 Cathy を探し出してその証言を取った。

その上で Daisey 本人と対決した。

Marketplace: “An acclaimed Apple critic made up the details” by Rob Schmitz: 16 March 2012

     *     *     *

Daisey 本人との対決

先週私は、「This American Life」番組のホスト Ira Glass と一緒に、Mike Daisey と直接インタビューで対決した。彼が会ったというノルマルヘキサン中毒の労働者の話を取り上げた。彼に Cathy のいったことを伝えた。

Last week, together with Ira Glass, the host of This American Life Host, I confronted Daisey in an interview. I brought up the workers he says he met who were poisoned by N-hexane. I tell him what Cathy said.

Rob Schmitz:Cathy は、アナタがヘキサン中毒になった労働者とは話をしなかったといっています。

Rob Schmitz: Cathy says you did not talk to workers who were poisoned with hexane.

Mike Daisey:そのとおりです。

Mike Daisey: That’s correct.

Schmitz:ウソをついたということですか? 実際に見たことではなかったと。

RS: So you lied about that? That wasn’t what you saw?

Daisey:そうはいわないと思います。

MD: I wouldn’t express it that way.

Schmitz:じゃあ、どういうのですか?

RS: How would you express it?

Daisey:私は、旅行全体の印象について話をしたかっただけといいたいのです。

MD: I would say that I wanted to tell a story that captured the totality of my trip.

Ira Glass:労働者に会ったというのはそういうことだったのですか? それともこの問題について読んだだけだった?

Ira Glass: Did you meet workers like that? Or did you just read about the issue?

Daisey:労働者に会ったことは会ったのです。ただし香港で、アップルに抗議に行く人たちで、ヘキサン中毒になったひとではなく、そうなったのを知っているひとたちでした。そんな労働者の間でしょっちゅう交わされていた会話でした。

MD: I met workers in, um, Hong Kong, going to Apple protests who had not been poisoned by hexane but had known people who had been, and it was a constant conversation among those workers.

Ira Glass:実際にヘキサン中毒の労働者と会ったワケではなかった?

IG: So you didn’t meet an actual worker who’d been poisoned by hexane.

Daisey:そのとおりです。

MD: That’s correct.

Daisey は Ira Glass および視聴者に真実を話さなかったことを謝罪した。

Daisey apologized to Ira Glass for not telling the truth to him and his listeners.

「確かにみんなに聞いてもらいたい一心で端折ったところがなかったとはいわない。しかし自分の仕事には自信を持っている。自分の過ちは — 心から反省しているが — アナタの番組でニュース(journalism)として扱わせたことだ。決してニュースではなく、舞台作品(theater)なのだ」と Daisey はいう。

“Look. I’m not going to say that I didn’t take a few shortcuts in my passion to be heard. But I stand behind the work,” Daisey said. “My mistake, the mistake I truly regret, is that I had it on your show as journalism. And it’s not journalism. It’s theater.”

     *     *     *

以上の内容は Daisey 本人の肉声を含めて上記 Marketplace のサイトで聞くことができる。

「This American Life」始まって以来のヒット番組だったが、 Daisey の告白を踏まえて番組そのものを撤回した。

This American Life: “Retracting ‘Mr. Daisey and the Apple Factory’“: 16 March 2012

     *     *     *

一方 NY タイムズは、オリジナル記事の関連部分[注:冒頭で紹介した直接取材の部分]を削除しただけだ。そのやり方にJohn Gruber が強く反発している。

Daring Fireball: “Daring Fireball Linked List: ‘This American Life’ Isn’t the Only Outfit With Retractions Due” by John Gruber: 16 March 2012
NYTimes.com: “Against Nostalgia” by Mike Daisey: 06 October 2011

     *     *     *

疑問が生じたので

追記:NY タイムズは上記の部分を記事から削除し、次の【編集者注】を載せた。

UPDATE, 30 MINUTES LATER: The Times has now removed the above paragraph from the piece, and prepended this editor’s note:

【編集者注】オリジナル記事の冒頭のパラグラフについて疑問が生じた。アップルの中国工場における労働条件について話をしたという部分の信憑性の問題だ。当該パラグラフは新しいバージョンでは削除されている。

Editor’s Note: Questions have been raised about the truth of a paragraph in the original version of this article that purported to talk about conditions at Apple’s factory in China. That paragraph has been removed from this version of the article.

これで終わったワケじゃない。「疑問が生じた」だけの話ではない。これが完全な作り話だと Daisey は認めたのだ。当該パラグラフが主張していることに触れないで、単に削除するだけなんてインチキじゃないか。

This isn’t over. “Questions” haven’t just been raised — Daisey has admitted it was a complete fabrication. Sort of a bogus move to pull the paragraph without saying what the paragraph claimed.

Archive.org にも、グーグルにもオリジナル記事のキャッシュは残っていない。

Neither Archive.org nor Google have cached versions of the original piece.

     *     *     *

今にして考えれば NY タイムズと「This American Life」が一連のアップルバッシングの始まりだった。

第3世代 iPad の世界同時発売の日に事態は大きな展開を見せたが、波紋が収まるにはしばらく時間がかかりそうだ。

★ →[原文を見る:Original Text

✂ →[短縮 URL]http://wp.me/pfXBS-1Mj
   〈短縮 URL についてはこちらを参照〉

     *     *     *

《参考》Mike Daisey 関連記事

・Daisey の突撃取材

デイジー氏アップル工場へ行く | maclalala2

・突撃取材の舞台裏

An acclaimed Apple critic made up the details | Marketplace

・番組の撤回

Retracting “Mr. Daisey and the Apple Factory” | This American Life

・NY タイムズの反応

Steve Jobs, Enemy of Nostalgia | NYTimes.com
‘This American Life’ Isn’t the Only Outfit With Retractions Due | Daring Fireball

・本人の反論

Statement on TAL | Mike Daisey

・メディアの反応

This American Life Pulls Mike Daisey’s Story about Apple’s Labor Abuses in China Because Daisey Played Fast and Loose With the Facts | Slog
Excerpts from ‘This American Life’ on Mike Daisey: ‘Why not just tell us what really happened?’ | The Verge
This American Life Retracts Its Damning Episode About Apple And Foxconn | Silicon Alley Insider
Apple factory critic lied about what he saw | The Loop
The Retraction Hammer Comes Down | parislemon

Read Full Post »