Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘トップ人事’ Category

tony_faddel2_3350

[Tony Fadell:photo

iPod の父と呼ばれた Tony Fadell の Scott Forstall 解任に対するコメントが話題になっている

「Scott は当然の報いを受けた」(Scott got what he deserved)、「みんなが喜んでいる」(people were cheering in Cupertino)というものだ。

BBC News: “Tony Fadell: From iPod father to thermostat start-up” by Leo Kelion: 29 November 2012

そのことを取り上げた John Gruber のコメントが興味深い。

Daring Fireball: “Forstall vs. Fadell” by John Gruber: 30 November 2012

     *     *     *

「当然の報いだ」

Scott Forstall がアップルを逐われたことに対する Tony Fadell の「彼は当然の報いを受けた」というコメントについては、この二人が iPhone の方向付けについて直接張り合う立場にあったことを考慮すべきだろう。2008 年に自分は次のように書いたことがある。

Worth keeping in mind regarding Tony Fadell’s “got what he deserved” comments regarding Scott Forstall’s ouster from Apple is that these two guys were directly vying with each other to define the iPhone. From a 2008 piece here at DF:

     *     *     *

iPhone OS に何を採用すべきか

iPhone OS に何を採用すべきかについては iPhone 開発初期に激しい論争があったと聞いている。Forstall と Serlet は OS X を使うべきだと主張し、Fadell は(あるソースによれば前役員の Steve Sakoman も)別なものを使うべきだと主張した。この論争で勝ったのが Forstall と Serlet であることは明らかだ。大げさに聞こえるかもしれないが、この初期のデザイン上の決定が、唯一アップル史上最も優れた決定であったということもできるのではないか。今になればそれ以外の iPhone を想像するのは困難だが、開発初期においては余分なものを一切削ぎ落し、リニューアルした OS X が携帯電話にも使えるということが当然の結論だったワケではない。

The story I’ve heard is that at the outset of Apple’s iPhone initiative, there was a heated debate within Apple as to what OS should be used [for the iPhone]. Forstall and Serlet pushed for using OS X. Fadell (and, according to one source, former Apple executive Steve Sakoman) pushed for using something else. Obviously, Forstall and Serlet won this debate, and, hyperbolic though it may sound, it may prove to be the single best early design decision in the entire history of the company. It seems hard to imagine the iPhone any other way now, but at the outset it was not a foregone conclusion that a stripped down and revamped version of OS X would work for a mobile phone. […]

     *     *     *

Bチームに甘んじれなかった Tony Fadell

クパティーノのウワサでは、Fadell は辞めさせられたのではなく、Papermaster のようにアップル携帯デバイスのハードウェアエンジニアリング全体を統轄する役割を与えられなかったからだという。iPhone によってアップルにおけるエリートAチームとしての iPod の影が薄くなったが、Tony Fadell はBチームで収まるようなタマではなかったということだ。

The word on the street in Cupertino is not that Fadell was pushed out the door, but that he was never offered a role like Papermaster’s, encompassing all of Apple’s handheld hardware engineering. The iPhone has eclipsed the iPod as the A Team at Apple, and Tony Fadell does not sound like a B Team sort of guy.

     *     *     *

みんながよろこんでいるワケではない

そういうことで Fadell は必ずしも偏見のない立場ということではないようだ。また Forstall の追放をアップル社員がよろこんでいるというコメントについては、それも本当だとは思うけれど、それがみんなではないという点に注意すべきだ。少なくとも Forstall の iOS 部門では、多くのエンジニアやデザイナーは Forstall の下で働くことを好み、みんなが彼を支持していると感じていた。彼は派閥的 — 偏向的 — ではあったが、誰もが彼を嫌っていたワケではないのだ。

So it’s not like Fadell is an unbiased observer here. And as for his comment that Forstall’s ouster resulted in cheering from employees in Cupertino, I’m sure that’s true, but it’s important to keep in mind that the cheering was not universal. At least within Forstall’s iOS division, many engineers and designers liked working under Forstall, and felt that he had their backs. He was divisive — polarizing — not universally disliked.

     *     *     *

敗軍の将に世間の風は冷たい

しかし必ずしもみんなが Forstall に背を向けているワケではない。

後から読み返すに足る記事を残せる Gruber はいい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

広告

Read Full Post »

[イノベーションを闘い取る:image

かつてアップルで仕事をしたことのある Michael Lopp が興味深い発言をしている

Rands In Repose: “Innovation is a Fight” by Michael Lopp: 11 November 2012

     *     *     *

いずれは命運が尽きる

いずれはアップルも命運が尽きる。そうだ、地上で最も価値ある会社が少しずつ活気を失い、月並みな会社になってしまうのだ。考えたこともなく、予想もできなかったものになってしまう。これぞ恐ろしくも効率的な技術淘汰の世界なのだ。なぜならそこは、優れたネズミ取りを作ることより、「なんでそんなものが必要なんだ?」と尋ねるような輩がうようよいる業界の話だからだ。

Apple is eventually doomed. Yes, the most valuable company on the planet will slowly fade into stagnant mediocrity. It will be replaced by something that they will not predict and they will not see coming. This horrifically efficient culling is a fact of life in technology because it is an industry populated by a demographic intent not on building a better mousetrap, but who avidly ask, “Why the hell do we need mousetraps?”

     *     *     *

すべてはジョブズの死から

アップルの悲運は静かに始まるが、何時それが始まるのかは誰も正確には予想できないだろうと思う。数十年後の歴史家なら、様々に定量化可能な洞察を重ねた結果明らかになると思われる、そんな終わりの始まりとなるたったひとつの出来事をピンポイントで当てることができるだろう。実際の出来事はさまざまに歪曲され、雲に覆われ、あるいは完全に忘れ去られてしまうからこそ、「明らかに」なるように思われるのであり、だからこそすべてが明白かつ、より早く、単純に思えるのだ。そのような出来事はジョブズの死を皮切りに始まり、それ以降の出来事は重要さに応じて明確に区分され、そして「ここだ。これがそうだ。ここから始まったのだ」ということになる。

Apple’s doom will start quietly and I doubt anyone can predict how it will actually begin. It will be historians who, decades from now, will easily pin its demise to a single event that will appear obvious given years of quantifiable insight. And it will only be “obvious” because the real details will have been twisted, clouded, or forgotten entirely, so it will all seem clearer, faster, and simpler. Their explanation will start with the passing of Steve Jobs, and they will draw a clear line to a subsequent event of significance and will say, “Here. This is it. This is when it began.”

     *     *     *

未完の長いリスト

トップの幹部たちが変わるのはアップルではいつものことだった。Mark Papermaster のことを覚えているだろうか? Avie Tevanian は? Jon Rubinstein? Steve Sakoman? Tony Fadell? Sina Tamaddon? Bertrand Serlet? Fred Anderson? Nancy Heinen? これらの主人公たちが辞めた背景にはいずれもそれなりの物語があった。長く続く未完のリストを見ただけで、Scott ForstallJohn Browett が最近辞めたことにもそれなりの理由があったのだろうと思えてくる。たいしたことじゃない、しょっちゅうあることだ、と。

Executive rearrangements have been going on at Apple for years. Remember Mark Papermaster? Avie Tevanian? Jon Rubinstein? Steve Sakoman? Tony Fadell? Sina Tamaddon? Bertrand Serlet? Fred Anderson? Nancy Heinen? There’s likely a compelling departure backstory for all of these key players, but the sheer length of this incomplete list gives some perspective to the recent announcement regarding Scott Forstall and John Browett – no big deal. Happens all the time.

果たしてそうだろうか?

Maybe.

     *     *     *

カルチャーに馴染めない

Papermaster がそうだったように、Browett もアップルのカルチャーに馴染めなかったということのように見える。彼が着任したことでアップルがひどいアレルギー症状を示したという意味だ。しかし Forstall の場合は、古くからのアップル本流(old school)なのだ。私がまだアップルにいたころ、彼こそが唯一ジョブズの正統なる後継者で、ジョブズを思わせる様々な特徴を兼ね備えているというのが、もっぱら Caffe Macs[注:アップル本社の社員食堂]でのウワサだった。すなわち、

Like Papermaster before him, all the signals point to the fact that Browett was not a cultural fit, which is Apple-speak for the organism having an intense allergic reaction to his arrival. Forstall, however, was old school. In my years at Apple, the Caffe Macs chatter about Forstall was that he was the only legit successor to Jobs because he displayed a variety of Jobsian characteristics. Namely:

・彼は嫌なヤツかもしれないが・・・
・すべてをうまくやれるように見えたし、それに・・・
・なぜ彼がうまくやってのけるのか、その成功の処方箋は誰にも分からなかった

– He was an asshole, but…
– Success seemed to surround him, and…
– No one was quite sure about the secret recipe to achieve this success.

     *     *     *

イノベーションは闘いだ

私がアップルを辞めたあとでも、重役連の間での Forstall の尊大な態度についてはよく耳にした。それでも彼が辞めたことはショックだった。スティーブ・ジョブズ本人にはなれなかったとしても、アップルに残った連中の中では最もスティーブ・ジョブズに近かったからだ。彼の周囲にはいつもある種の攪乱的要素(a certain amount of disruption)がつきまとっていたが、それこそアップルでの仕事のやり方だったし、それはいわばうまく制御された内部戦争(well-managed internal warfare)だったのだ。イノベーションはみんなで決める委員会などからは生まれない。イノベーションは闘いなのだ。汚く、死者も出る。しかし闘いのあとには、誰も想像できなかった何か重要なものが達成されるのだ。

While I’d continued to hear about the disdain amongst the executive ranks about Forstall after I left Apple, I was still shocked about his departure, because while he was in no way Steve Jobs, he was the best approximation of Steve Jobs that Apple had left. You came to expect a certain amount of disruption around him because that’s how business was done at Apple – it was well-managed internal warfare. Innovation is not born out out of a committee; innovation is a fight. It’s messy, people die, but when the battle is over, something unimaginably significant has been achieved.

     *     *     *

攪乱的要素はどうなる?

Forstall が辞めたあと、その仕事はそれぞれ Bob Mansfield、Jony Ive、Eddy Cue、Craig Federighi に分割された。彼らが才能ある有能なリーダーであることは疑いもないが、彼らは果たして攪乱的要素を持っている(disruptive)だろうか? そうあらんとするインセンティブを持ち合わせているだろうか? 私の立場から見れば、責任を分担することとなる連中はオペレーションの面では世界で最も有能かもしれない。オペレーションのリーダーとしての仕事は、予想し難く、測り難い様々な点を探し出しては少しでも減らすことだ。

With Forstall’s departure, I believe his former lieutenants have been distributed to Bob Mansfield, Jony Ive, Eddy Cue, and Craig Federighi. While there is no doubt in my mind that these are talented and qualified leaders, are they disruptive? Are they incentivized as such? Because from where I’m standing, the guy in charge is possibly the most talented operational leader on the planet. And an operational leader’s job is ferret out and exterminate all things that make their world less predictable and measured.

     *     *     *

「協調」なんて

解任のプレス発表で私をもっとも不安にさせたのは最初の文章であり、「協調」(collaboration)ということばだった。目を閉じてスティーブ・ジョブズに会うところを想像してみてほしい。どんな具合に進行して、結論が出るか想像するのだ。「協調」なんてことばが少しでも思い浮かんだりするだろうか? 私にはとてもそうは思えない。私はひたすら針の筵(むしろ)に座り、彼が爆発しズタズタにするのを待つだけだ。一見重要とも思えないアイコンをおざなりに作っただけなのに・・・

The word that worried me the most in the press release was in the first sentence. The word was “collaboration”. Close your eyes and imagine a meeting with Steve Jobs. Imagine how it proceeds and how decisions are made. Does the word collaboration ever enter your mind? Not mine. I’m just sitting there on pins and needles waiting for the guy to explode and rip us to shreds because we phoned it in on a seemingly unimportant icon.

     *     *     *

予想の出来ない不安定さ

どうしたら力を合わせてチームが仕事をできるかということに多くの時間を割いてきた私が、予想出来ない不安定さ(volatility)に重きを置くのは奇妙に思えるかもしれない。大きく、安定したオペレーションチームによってアップルが大いに裨益するのは間違いない。しかし同時に、競争力を保持するためには攪乱者のグループがいることも必要だと強く信じる。

As someone who spends much of his time figuring out how to get teams to work together, the premium I’m placing on volatility might seem odd. I believe Apple benefits greatly from having a large, stable operational team that consistently and steadily gets shit done, but I also believe that in order to maintain its edge Apple needs a group of disruptors.

     *     *     *

始まりになりはしまいか

Scott Forstall が好きか嫌いかは別にして、彼が去ったことによりアップルはより安定した会社になるだろう。そしてそれが始まりになりはしまいかと怖れる。

Love him or hate him, Scott Forstall’s departure makes Apple a more stable company, and I wonder if that is how it begins.

     *     *     *

Scott Forstall の解任という出来事も、視点の置き方次第で様々に見える。

アップルに在籍したことのある人間のことばだけに一層考えさせられるところが大きい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

[Sir Jony Ive:photo

Scott Forstall の解任は大方の予期せぬところだった。

その直後に書かれた Micah Singleton の投稿がとても興味深い。

Forstall ではなく Cook の視点から書かれており、短いながら事の本質を衝いているように思えるからだ。

Thoughts of A Technologist: “Apple, Looking Forward” by Micah Singleton: 31 October 2012

     *     *     *

双頭のモデル

スティーブ・ジョブズが CEO だった時代、アップルにおけるリーダーシップは双頭の怪物だった。あらゆるアップル製品にはスティーブの手触りがあった。一方当時 COO だった Tim Cook はオペレーションの万全を図り、製品はきちんと顧客の手に届けられた。この双頭モデルのおかげで、アップルは創造性の面でも経営の面でもかつてない成功を収めた。いまや CEOになった Tim Cook は先日ある動きをしたが、それによって双頭のモデルが復活した。少し形を変えて、Tim Cook が全体をリードし、Jony Ive 卿がジョブズの役割を果たして、世界最大の会社の創造性を統括する形になってはいるが・・・

When Steve Jobs was CEO of Apple, its senior leadership was a two-headed monster. Steve put his touch on every product Apple released, while then COO Tim Cook made sure operations ran smoothly, and products were properly distributed. Using this model, Apple had unprecedented creative and financial success. With the recent moves made by now CEO Tim Cook, this model has returned, albeit slightly altered, with Cook leading, and Sir Jony Ive playing the role of Jobs, taking over creative control of the world’s largest company.

     *     *     *

創造的タッチ

認めるべきは認めよ。敢えてやり方を変えなくても、アップルは数多の成功を納め、たっぷり利益もあげることができただろう。しかし Cook はかつてアップルの隅々まで充満していた創造的タッチ(creative touch)失われ、何らかの手を打つ必要があることに気づいていた。かくて Ive に(創造性に関する限り)支配を委ね、ふたたび松明が灯されたのだ。そしてジョブズのオリジナル iPad 発表以来見ることのできなかった士気と期待をもって、全社が動き始めた。

Give credit where it is due: Apple would have had plenty of success, and made a ton of money standing pat, but Cook realized the creative touch that once permeated throughout Apple had disappeared, and moves needed to be made. With Ive at the helm, creatively speaking, the light has been switched back on, and employees throughout Apple are moving around with expectations and morale unseen since Jobs unveiled the iPad.

     *     *     *

みなが認めるデザインの天才

Tim Cook はまさにこの仕事にうってつけだ。彼はアップルを真に、その核心において理解している。Cook は何が問題か、何を(それも直ちに)変えるべきかを理解している。マージンがいかに高かろうと、銀行にどれだけの現金があろうと、アップルの真の遺産(true legacy)は革新的デザイン(innovative design)であり、衆目の一致するデザインの天才がアップルを前に導く必要があることを彼は理解している。90年代末にアップルに復帰したときジョブズが始めた双頭のモデルが、ジョブスでなくても[注:All rights reversed、転載自由、コピー自由]うまくいくことを理解しているのだ。

Yes, Tim Cook is the right man for the job. He understands Apple at its core. He understands when there is an issue, changes need to be made, and quickly. He understands that no matter how high margins are, or how much cash they have in the bank, the true legacy of Apple is innovative design, and a proven design genius must lead them forward. He understands the two-headed model that Jobs installed after his return to Apple in the late 90’s can work when reversed.

     *     *     *

来年の WWDC を期待

創造性を統括した Ive の最初の成果を見るのは WWDC ‘13 になるだろう。そのとき iOS および OS X の次期バージョンが発表されることになる。年初には計画が白紙に戻される。ハードウェアの発表はないだろう。予想外の iPad のアップデートを除けば・・・。Jony Ive 卿の舞台はこの夏に定められた。アップルの未来のソフトウェアがいかなる変化を遂げるか、皆が目撃することになるのだ。

We should see the first fruits of Ive’s creative control at WWDC ‘13, when the next iterations of iOS and OS X are due to be unveiled. The slate has been cleared for the beginning of the year. There will be no hardware releases, barring another unexpected iPad update. The stage has been set for a Sir Jony Ive showcase this summer, and we’ll all be waiting to see what the future of Apple’s software will look like.

     *     *     *

アップルにおけるトップ改編人事の本質は Singleton の指摘に尽きるのではないか。

マイクロソフトの Sinofsky と Forstall の去就は同一視点では論じられない気がする。

改めて Tim Cook を再認識する・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

[Scott Forstall:photo

Forstall 辞任の引き金となったと思われる iOS 6 Maps 謝罪レター問題を NY タイムズが取り上げている。

NYTimes.com: “In Shake-Up, Apple’s Mobile Software and Retail Chiefs to Depart” by Nick Wingfield and Nick Bilton: 29 October 2012

     *     *     *

iOS 6 Maps の公式謝罪レター

Forstall 氏と他の役員との緊張感が高まって久しいが、最近のある出来事が彼の解任に大きな役割を果たしたように思われる。事情に詳しいひとびと(匿名希望)によれば、新しいモバイル地図サービスのバグに対して iPhone ユーザーの抗議がおきたとき、誇張され過ぎだとして Forstall 氏は公式謝罪の手紙に署名することを拒否したという。

While tensions between Mr. Forstall and other executives had been mounting for some time, a recent incident appeared to play a major role in his dismissal. After an outcry among iPhone customers about bugs in the company’s new mobile maps service, Mr. Forstall refused to sign a public apology over the matter, dismissing the problems as exaggerated, according to people with knowledge of the situation who declined to be named discussing confidential matters.

アップルの CEO である Timothy D. Cook が、代りに9月のアップルユーザーに向けた地図についての謝罪レターに署名した

Instead, Timothy D. Cook, Apple’s chief executive, in September signed the apology letter to Apple customers over maps.

     *     *     *

デザイン観の対立

Forstall 氏は、工芸品や実際のテクスチャなど現実世界のモチーフを模倣したデザイン(Skeuomorphic Design)の強い信奉者だった。フェルト張りのゲームテーブルを真似た Game Center アプリや、木製の本棚を真似した Newsstand アプリなど、ほとんどの iOS 内蔵アプリは Skeuomorphic Design を用いている。

Mr. Forstall was a staunch believer in a type of user interface, skeuomorphic design, which tries to imitate artifacts and textures in real life. Most of Apple’s built-in applications for iOS use skeuomorphic design, including imitating a felt-topped gaming table in the Game Center application and a wooden bookshelf in the Newsstand application.

Jobs 氏もまた Skeuomorphic Design の主唱者だった。自分のプライベートジェット機の皮の座席の質感を真似した。しかしほかの役員はほとんど — とくに Ive 氏は — 工芸品のようなみかけは時代遅れで、コンピュータのユーザーインターフェイスデザインにそんな見かけ上のトリックはもう要らなくなっているとずっと信じていた。

Mr. Jobs was also a proponent of skeuomorphic design; he had a leather texture added to apps that mimicked the seats on his private jet. Yet most other executives, specifically Mr. Ive, have always believed that these artifacts looked outdated and that user interface design on the computer had reached a point where such tricks were no longer necessary.

     *     *     *

同席しないほどまで

アップルで iPhone サードパーティ製品の開発の仕事をしたことのある2人の人物によれば、Forstall 氏と Ive 氏の関係は気まずいものになり、同じ会議室では同席しないほど悪化していたという。

According to two people who have worked with Apple to develop new third-party products for the iPhone, the relationship between Mr. Forstall and Mr. Ive had soured to a point that the two executives would not sit in the same meeting room together.

     *     *     *

ジョブズお気に入りの Forstall と他のアップル役員たちの間に次第に溝ができていた様子がうかがわれる。

iPad mini イベントで Forstall が舞台に姿を見せなかったのは決して偶然ではなかった・・・

お互いジョブズの副官同士なら、他の役員に楯つくのはむずかしいが、その中から CEO になった Tim Cook が Forstall を斬る役回りを演じたように思える。

iOS 6 Maps 謝罪レター問題はその踏絵だったのかもしれない。

改めて Tim Cook を見直した・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

[iPhone 開発のオリジナルチーム:photo

アップル人事のビッグニュースを John Gruber が分析している。

Daring Fireball: “Forstall Out; Ive Up” by John Gruber: 29 October 2012

     *     *     *

アップルのプレス発表

アップルのトップ指導陣に関するビッグニュース:Scott Forstall は辞めさせられた。アップルのプレス発表のサワリはつぎの部分。

Blockbuster executive leadership change at Apple; Scott Forstall has been shown the door. Here’s the key paragraph:

インダストリアルデザインのトップ Jony Ive がアップル全般にわたるヒューマン・インターフェイス(Human Interface)の方向付けと指揮をとります。彼の信じられないほどすばらしいデザイン美学こそが、10年以上にわたってアップル製品のルック&フィールの原動力となってきました。

Jony Ive will provide leadership and direction for Human Interface (HI) across the company in addition to his role as the leader of Industrial Design. His incredible design aesthetic has been the driving force behind the look and feel of Apple’s products for more than a decade.

Eddy Cue はさらに Siri および Map について責任を持ち、すべてのオンラインサービスひとつにまとめます。・・・Craig Federighi は iOS および OS X を率います。

Eddy Cue will take on the additional responsibility of Siri and Maps, placing all of our online services in one group. […] Craig Federighi will lead both iOS and OS X.

     *     *     *

辞めさせられたミニ・スティーブ

Forstall はアップルに来て長い。90 年代初期に NeXT で仕事を始め、それ以来 NeXTStep、Mac OS X そして iOS の開発に携わってきた。にも関わらず Tim Cook の Forstall に対する謝辞がアップルのプレス発表に一切含まれていないことが多くを物語っている。5月に発表された Mansfield の退職(その後留任)に対する Cook のことばや、2011 年3月にに辞めた Bertrand Serlet私的コメントと比べてみて欲しい。Forstall は自ら辞めたのではない。追い出されたのだ。Forstall に不利に働いたと思われるいくつかの要因 — デザインの好み、エンジニアの管理、カンに障るスタイル、iOS 6 Maps をめぐるゴタゴタなど。また、スティーブ・ジョブズとの親密な関係がどれほど彼の役に立ったのかは疑問。ジョブズの保護はもうないのだ。

Forstall has been around for a long time: he started at NeXT in the early ’90s and had been involved in the evolution of NeXTStep, Mac OS X, and iOS ever since. That makes it all the more telling that Apple’s press release contains no quote from Tim Cook offering kind words or thanks to Forstall. Compare and contrast to the quote from Cook when Mansfield’s (now cancelled) retirement was announced in May, or the personal quote from Bertrand Serlet when he stepped down in March 2011. Forstall is not walking away; he was pushed. Potential factors that worked against Forstall: his design taste, engineering management, abrasive, and the whole iOS 6 Maps thing. I also wonder how much Forstall was effectively protected by his close relationship with Steve Jobs — protection which, obviously, no longer exists.

     *     *     *

プレス発表から読み取れること

アップルについて感心することのひとつは彼らの率直さだ — コマーシャルでも、プレス発表でもそうだ。今日リンクを貼ったばかりだが、Derek Thompson が The Atlantic で、アップルの四半期決算発表のプレス発表は他の大会社のものと比べて非常に短いという興味深い指摘をしている。Forstall の解雇に関するプレス発表は一見この逆のように見える。「アップルはハードウェア、ソフトウェア、およびサービス全般にわたる協力関係を拡大するための変更を発表します。」さらに次のようなサブタイトルが続く。「Jony Ive、Bob Mansfield、Eddy Cue および Craig Federighi がそれぞれが追加的に責任を分担します。

One of the things I admire about Apple is their plainspokenness, both in advertising and in press releases. Just today I linked to a piece by Derek Thompson for The Atlantic, wherein he makes in the interesting observation that Apple’s quarterly earnings releases contain remarkably fewer words than other large corporations. At first glance, the headline of the press release announcing Forstall’s departure seemed to go against this: “Apple Announces Changes to Increase Collaboration Across Hardware, Software & Services”. That was followed by a subhead: “Jony Ive, Bob Mansfield, Eddy Cue and Craig Federighi Add Responsibilities to Their Roles”.

     *     *     *

お荷物になった Forstall

もう少しこの点を考えてみよう。私が聞いた Forstall の社内での評判と考え合わせると、このヘッドラインは遠回しながらはっきりとありのままの事実を伝えていると思う。すなわち Forstall はアップル社内の共同作業にとって障害となっていたのだ。彼は会社を辞め、その権限は Ive、Mansfield、Cue および Federighi の4人によって分割分担されることになった。

Thinking about it some more, though, and considering what I know about Forstall’s reputation within the company, I think that headline, euphemistic though it is, tells the plain truth: Forstall was an obstacle to collaboration within the company. Now he’s gone, and his responsibilities are being divided between four men who foster collaboration: Ive, Mansfield, Cue, and Federighi.

     *     *     *

後を分担する4人

Federighi は Forstall 同様 NeXT 時代まで遡る。2009 年にアップルに復帰してから急速にピラミッドの梯子を駆け上った。Mansfield にとって今年はとても奇妙な1年だった。5か月前退職しようとしたが、一旦退職をやめ、今やすべてのワイヤレスおよびセミコンダクターエンジニア部門を含む新しい「技術」グループの担当となった。Maps については Eddy Cue をおいて適当な人間がいるだろうか。彼は MobileMe の大失敗を引き受け、「完全とはいえないまでもかなりよく、かつ着実に進化し続ける」iCloud に変えたのだ。

Federighi, like Forstall, dates back to NeXT, and has moved up the ladder quickly after returning to Apple in 2009. Mansfield has had a curious year — five months ago he was retiring, then he un-retired, and now he’s taking over a new “Technologies” group encompassing all wireless and semiconductor engineering. Who better to take over Maps than Eddy Cue, the guy who took over the disaster that was MobileMe and turned it into the far-from-perfect-but-pretty-good-overall and steadily-improving iCloud?

     *     *     *

Jony Ive がすべてのデザインを統括する

しかし今日の最大のニュースは Jony Ive に関するものだ。Ive がハードウェアおよびソフトウェアのすべてのプロダクトデザインを統括するということが如何に大きなことであるか、いくら強調しても強調しすぎることはないだろう。去年1年、スティーブ・ジョブズなきアップルで UI デザインの責任を取るのが一体誰なのか、外部の観察者はいぶかしく思ったものだ。その答えがついに出た、それが Jony Ive だ。

But the big news today is about Jony Ive. I don’t think it can be overstated just how big a deal it is that he now oversees all product design, hardware and software. For the last year, outside observers have been left to wonder just where the buck stopped for UI design at post-Jobs Apple. That question has now been answered: Jony Ive.

     *     *     *

スティーブ・ジョブズが好んで出入りした場所のひとつが iPhone 開発のオリジナルチーム[冒頭写真]に属した Forstall のユーザーインターフェイスラボだった。

maclalala2: “《追記》魔法使いの弟子”[次世代 iPad は「The new iPad」]: 09 March 2012

     *     *     *

ジョブズが好きだった場所

Jony Ive のハードウェアデザインラボに出入りして、その全体像を見渡すのを Jobs が好んだことはよく知られている。もう一か所彼が好んだ場所が、その一階上にある Forstall のユーザーインターフェイスラボだった。

It’s well-known that Jobs loved to hang out in Jony Ive’s hardware design lab, looking over hardware. Another favorite spot was the user interface lab run by Forstall, located a floor above.

     *     *     *

Tim Cook の謝罪にまで発展した iOS 6「マップス」騒動の背後で、「ミニ・スティーブ」排除の動きが進行していたということか・・・

着々と Tim Cook 体制の構築が始まっているということだろう。

それにしても「Human Interface」ということばは懐かしい。これこそマックと他の PC を分けるものだった。

Jony Ive が統括する「Next Big Thing」とは何だろうか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

[Scott Forstall:image

シリコンバレーのビッグニュースにみんなが耳をそばだてた。

ライバルのビッグイベントの当日(マイクロソフトが Windows Phone 8 を、グーグルが Nexus 4、7、10 を発表)、そしてハリケーン Sandy がニューヨークを襲った日に、アップルがトップ人事を発表したのだ。Scott Forstall がアップルを逐われた。

Om Malik がズバリひとこと・・・

Om Malik: “Apple, Attention & Competition“: 29 October 2012

     *     *     *

スティーブ・ジョブズのお気に入りにすぎず、ジョブズ本人ではなかった

Steve’s guy, not Steve Jobs

アップルが iOS のチーフ Scott Forstall とリーテイルのボス John Browett をお払い箱にすると発表した日が、マイクロソフトが新しい Windows Phone 8 を発表し、グーグルが10インチタブレットをふくむ一連の Nexus デバイスを発表した日と重なったことに思いを致さずにはおれない。みんなの注目を集め、ライバル製品から注意をそらす実にうまいやり方だ。人事そのものについては Twitter で触れたとおり。仕事をちゃんとこなしている限り、Cook はちゃん面倒をみてリッチにしてくれる。もししくじったら、さっさと出て行けということになる。Browett は最悪で仕事に不向きなヤツだった。Forstall はスティーブ・ジョブズのお気に入りにすぎず、ジョブズ本人ではないことを忘れていた。

I couldn’t help but notice that Apple announced that it was getting rid of iOS chief Scott Forstall and retail boss John Browett on the day Microsoft announced its new Windows Phone 8 and Google announced a slew of new Nexus devices including a new 10-inch tablet. That is a good way to suck the oxygen out of the room and divert attention away from the rival products. As for the move itself – I said it on Twitter: if you do your job and do it well, Cook is okay making you rich. If you mess up, don’t let the door hit you on the way out. Browett was a disaster and wrong guy for the job. Forstall forgot he was Steve’s guy, not Steve Jobs.

Forstall の辞職については John Gruber の分析がいちばん優れている。

John Gruber has the best analysis on the Forstall exit.

     *     *     *

不意打ちのニュースをみんなが必死で追いかけるなかで、シリコンバレーを知り抜いた Om Malik ならではの鋭いひとことだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »