Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘デベロッパ’ Category

watchkitapptypes

[WatchKit で出来ること:アップル

待望の Apple Watch の開発者向け WatchKit が発表された。

     *     *     *

アップルサイトから:

新しい革新的ユーザー体験

Apple Watch は新しいテクノロジーの利用について新しいページを開くものです。2015 年初めになれば新しい革新的なユーザー体験をあなたの顧客の手首に届けることができるようになります。これまでのアプリの通知が Apple Watch で簡単に示せることを学んでください。WatchKit を活用すれば、あなたのアプリの機能をさらに Apple Watch で拡張し、高めることができます。

Apple Watch represents a new chapter in the relationship people have with technology. Starting early 2015, you will be able to deliver innovative new experiences to your customers on their wrist. Learn how your existing app notifications can easily show up on Apple Watch. And by leveraging WatchKit, you can take your apps even further by extending and enhancing their functionality on Apple Watch.

     *     *     *

WatchKit が如何に重要か Jim Dalrymple は次のようにいっている。

WatchKit | The Loop

記念すべき日

今日はアップルにとって記念すべき日だ。単なる開発者向け SDK の発表に過ぎないと思うかもしれないが、開発者が新しいデバイスのアプリを作るのにどれほど興味を持つのかアップルが知る場でもあるのだ。同じことは iPhone や iPad のアプリでも経験済みだが、消費者にとってはとても大切なことだ。開発者の強力なサポートを得られない製品は失敗する可能性が大きい。来年アップルが Apple Watch をリリースする際には、どれほどたくさんのアプリがすでに開発済みなのかみんなの前で自慢して見せたいのだ。だから今日はとても大切な日だ。

This is a huge day for Apple. It may seem like this is just another SDK release for developers, but this is where Apple learns just how interested developers are in making apps for its new device. We’ve all seen it before with companies competing with Apple for iPhone and iPad apps—they matter to the consumer a lot. Products that don’t have deep developer support have a good chance of failing. When Apple does release the Apple Watch next year, they want to be able to stand up and brag about how many apps are already available. It’s an important day.

     *     *     *

一歩一歩固めていくところがいかにもアップルらしい。

WatchKit の全容については Serenity Caldwell が簡潔にまとめている。

What you need to know about WatchKit | iMore

広告

Read Full Post »

swift-hero

[新言語 Swift:image

Cocoa の優れた教師と考えられている Aaron Hillegass の意見とそれに対する反論が興味深い・・・

Big Nerd Ranch: “iOS Developers Need to Know Objective-C” by Aaron Hillegass: 11 June 2014

     *     *     *

iOS デベロッパにとって Objective-C の知識は必要だ

アップルが Swift を発表したとき、少なからぬひとびとが「万歳! これで Objective-C を習わなくても iOS デベロッパになれる!」というのを聞いた。そんなひとに3つのことをいいたい。

When Apple announced Swift, I heard a few people say “Hurray! Now I can be an iOS developer without learning Objective-C!” I have three messages for these people:

・もし iOS デベロッパになりたいのなら、やはり Objective-C の知識が必要だ
・Swift は Objective-C より学習がカンタン
・いったん Objective-C を習得すれば、Swift の学習がカンタンになる

– If you want to be an iOS developer, you will still need to know Objective-C.
– Objective-C is easier to learn than Swift.
– Once you know Objective-C, it will be easy to learn Swift.

しかしはっきり告白しておきたいが、Swift に対して自分は大きな愛情を抱いている。シンタックスは美しい。Swift のコンパイラはたくさんエラーを見つけてくれる。みんなが Swift でコードを書くようになったらアプリの信頼性は格段に増すだろう。enum 型コンストラクタは素晴らしい。iOS および Mac OS X エコシステムにとって Swift は大きな前進だ。それはさりながらしかし・・・

Before I proceed, let me preface this with a confession of love for Swift. The syntax is lovely. The Swift compiler will catch so many errors for us; I’m certain that when everyone is coding in Swift the reliability of apps will improve considerably. The enum construct is gorgeous. Swift is a major step forward for the entire iOS and Mac OS X ecosystem. But…

     *     *     *

まず John Gruber のコメント。

Daring Fireball: “Aaron Hillegass: ‘iOS Developers Need to Know Objective-C’” by John Gruber: 11 June 2014

時間の問題だ

第1点と第3点については合意するが、第2点については確信が持てない。真の問題は時間なのだ。現在の時点でいえば、本格的な Mac および iOS デベロッパが Objective-C の知識を必要とすることは議論の余地がないだろう。しかし1年後はどうか? 2年後、5年後はどうか? いずれかの時点で、「Objective-C を学ぶ必要はあるのか?」という問いに対する答えは「ノー」になるだろう。それがいつかは分からないけれど・・・

Points 1 and 3 I agree with. Point 2, I’m not so sure about. But the real question is time. I don’t think anyone would dispute that a serious Mac or iOS developer needs to know Objective-C today. But what about a year from now? Two years? Five? At some point, the answer to “Do I need to learn Objective-C?” will be “No.” I don’t know when that will be.

自分は Swift の先行きについてには楽観的だ。それは新規のデベロッパに対するアピールが大きいからではない(それもいずれは利いてくるだろうが)。そうではなく、すでに Objective-C とアップルのフレームワークを熟知した膨大な数のデベロッパにアピールすると思うからだ。

I’m bullish on Swift’s uptake not because I think it will appeal to new developers (although eventually I think that will help too), but because I think it appeals to the huge base of developers who already know Objective-C and Apple’s frameworks.

     *     *     *

その点について Marco Arment がもっと詳しく述べている。

Marco.org: “iOS Developers Need to Know Objective-C” by Marco Arment: 12 June 2014

数年もすれば Swift だけの時代に

Aaron Hillegass の意見に同意するが、それはあくまで短期間での話だ。今後1、2年の iOS 開発については、多分 Objective-C の知識を持つべきだろう。しかし数年後には Swift だけでも問題なくなるだろう。

I agree with Aaron Hillegass, but only short-term. If you want to develop for iOS in the next year or two, you should probably know Objective-C. But in a few years, I don’t think it’ll matter if you only learn Swift.

     *     *     *

今後数年で大きく変化

Swift はまだ若い言語なのでアップルでさえ Swift コードを含むアプリはたったひとつしか出していない。WWDC アプリがそうだ。先週多くのアップルエンジニアの話を聞いたが、私たち同様彼らも Swift の存在すら知らなかった。Swift は最先端の言語なので、今後数年で大きく変化するだろう。更に重要なことは、フレームワークも一般に受け入れられている最適手法も今後10年間で劇的に変わるだろうということだ。時がたって、今年書かれた Swift コードを後から振り返ればゾッとするだろう。

Swift is so young that even Apple has only shipped one app — the WWDC app — that contains any Swift code so far. I talked to many Apple engineers last week who hadn’t even learned of Swift’s existence until the rest of us did. The language is bleeding-edge and likely to change rapidly over the next couple of years, and more importantly, the frameworks and commonly accepted best practices are likely to change dramatically over the next decade. In time, we’re going to look back in horror at the Swift code we write this year.

     *     *     *

Objective-C は C や C++、アセンブリー言語並みになる

だからといって Objective-C の理解が iOS デベロッパにとって長期間必要条件だという意味ではない。今でも多くのひとが C についてほとんど知らないまま(C++ については何も知らないまま)Objective-C だけでたくさんのアプリを毎日のように書いている。

But that doesn’t mean that Objective-C proficiency will be a requirement for iOS developers for very long. Plenty of people write plenty of apps every day in Objective-C without knowing most of C or any C++.

いずれ Objective-C の知識が C や C++、アセンブリー言語のそれと同じようになる時期がくるだろう。それはアプリケーションコードの下部にある配管構造のように、殆どの現役デベロッパにとって知る必要もなければ、いじる必要もないものになるだろう。5年もすれば間違いなくそうなると思う。もしかしたら2、3年後かも知れない。

The time will come when knowing Objective-C will be like knowing C, C++, or assembly — it’ll be a plumbing layer beneath your application code that almost all working developers will never need to know or interact with. And I bet that time is less than five years away — possibly just two or three.

     *     *     *

Swift だけで済む時代は意外に早く来るかもしれないということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

BpY05PdCEAA_pET

[Beats のヘッドホンをつけた Marco:photo

Tumblr や Instapaper を開発した Marco Arment が、Brent Simmons とは違ってしばらく Swift については静観したいといっている。

Marco.org: “FCModel and Swift” by Marco Arment: 08 June 2014

     *     *     *

オープンソースの FCModel

Objective-C で何年も書いてきて、やっと言語の理解とスキルに自信が持てるようになった。そして自分は SQL に近い Core Data の軽量代替版としてとして「FCModel」(多目的一般レイヤーモデル)をオープンソースで出した。数少ないが確かなユーザーに支えられ、貴重な貢献やバグフィックスをもらっている。

After years of writing Objective-C, I was finally confident enough in my skills and understanding of the language to write and open-source a general-purpose model layer, FCModel, as a lightweight Core Data alternative that’s closer to SQL. It has attracted a small but solid audience, with many invaluable contributions and bugfixes.

一見したところ FCModel は Swift でもなんとか動くようだ。しかし自分としては近い将来これを移植する計画はない。

Apparently, it somewhat works with Swift. But I don’t plan to port it in the near future.

     *     *     *

しばらく経験を積みたい

Swift は新しい言語で、振る舞いも新しく、そして最も重要なことだが新しい規格と可能性を持った言語だ。自分としては Swift の FCModel のようなものが出来るようになるまで知識と経験を積みたい。しかし:

Swift is a new language with new behaviors and, most importantly, new standards and expectations. I expect to accumulate enough Swift knowledge and experience to be able to make something like FCModel for it, but:

・少なくとも1年はこの問題に取り組む自信も時間も自分にはないだろう
・旧来システムと上位互換性のない変更になることは間違いなさそうだ
・Swift の規格とスタイルに合わせるためには FCModel の使用、振る舞い、および実装について大幅な変更を加える必要があるかもしれない

– I probably won’t have the confidence (or time) to tackle that problem for at least a year.
– I’d almost certainly make backwards-incompatible changes.
– FCModel’s usage, behavior, and implementation may require major changes to fit into Swift’s standards and style.

     *     *     *

それまでの間は

それまでの間は、SwiftModel(名前は何であれ)は必要はないかもしれない。iOS 8 および 10.10 にはいくつかの重要な利点があるので、それさえ使えばいいかもしれない。もしかしたら誰かがそれまでに Swift のための優れた SQLite 実装モデルを出すかもしれない。

By that time, SwiftModel (or whatever) may not need to exist. Core Data in iOS 8 and 10.10 matched some of its major advantages, so maybe we’ll all just use that. Or maybe someone else will come up with a better SQLite model implementation for Swift by then.

     *     *     *

すぐ Swift への移植するつもりはない

自分は FCModel で膨大なアプリを書いている。だからしばらくは Objective-C にこだわって、はっきりと分かる形で互換性のある Swift への移植をすぐやるつもりはない。

I just wrote a huge app with FCModel, so I’m sticking with it for a while in Objective-C, but I don’t intend to port it to Swift soon, or in a recognizable or compatible form.

     *     *     *

過去に蓄積のあるものほど移行には慎重になるということか・・・

デベロッパにとっては悩み多き季節になりそうだ。

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

WWDC-Developer-Labs

[WWDC Developer Labs の風景:photo

筆者の好きなメモ作成ソフト Vesper を開発した Brent Simmons が、WWDC 2014 に対する熱い思いを語っている・・・

inessential: “Early Thoughts on WWDC 2014” by Brent Simmons: 07 June 2014

     *     *     *

驚いた

ワクワクしている。驚いた、何層倍も驚いた、なんどもなんども驚いた — そしてハッピーだ。

I’m excited. Surprised — multiply surprised, surprised over and over — and happy.

     *     *     *

ラッキー

自分はラッキーだ。ちょうど Mac アプリを始めたばかり。これからは Swift で書くつもりだ。

I’m lucky. I’ve just started a Mac app, and I plan to write it in Swift.

1年は待ってみようとほかの開発者がいうのを聞いた。それもよく分かる。今日書いた Swift コードが数か月したらコンパイルできないかもしれないと考えるのももっともだ。まだ進行中なのだから。

I’ve heard other developers say they want to wait about a year, and I totally understand that attitude. It’s reasonable to assume that Swift code written today may not compile in a few months — it’s a work in progress.

     *     *     *

フィードバック

しかし自分はこう考える。もし今使い始めれば、フィードバックを返せる。残りの自分のキャリアで使うことになるであろうプログラミング言語を形作っていくのにフィードバックが役立ってくれるだろうと。フィードバックはたくさんするかもしれないし、しないかもしれない。でもそうできるチャンスは逃したくない。

But my thinking is this: if I start using it now, I can provide feedback, and that feedback will help shape the programming language that I’m likely to use for the rest of my career. Maybe I’ll have a ton of feedback, and maybe I’ll have none — but I’d sure hate to have missed my chance to help.

自分は開発言語がどれかでなければならないという純粋主義者ではない。まったくその反対だ。いいソフトをより早く書きたいという経験豊富な実利主義者だ。

I’m no language purist — quite the opposite. I’m a pragmatist with many years of experience who wants to write better software more quickly.

     *     *     *

俄然ワクワクしている

Swift のことは考えてもいなかった。5年もすれば、とは思ったかもしれない。しかしこれは自分が最もワクワクすること — 断然そうなのだ。(解説書の3分の1ほどはもう読み進んだ。)

I did not expect Swift. I expected it in five years, maybe. But this is — far and away — the thing I’m excited about. (I’m about a third of the way into the book.)

     *     *     *

最高のクリスマス

まるでこれまでで最高のクリスマスみたいだ。サンタも出てきて、一緒にセルフィーできる。こんなフレンドリーで気前のいいアップルは、なぜ自分が iOS や Mac アプリを書くのが好きなのか再確認させてくれる。

It was like this, though — we kept hearing about things, even relatively small things, that all by themselves would have made for a great week. It was like the greatest Christmas ever — and then Santa Claus hung out so you could take selfies with him. This friendly and generous Apple reminds me why I love writing iOS and Mac apps.

     *     *     *

アップルの変化を感じ取った開発者の思いがストレートに伝わってくるようだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

[こんなアプリがあるのは:Apple

開発者たちの感想を聞いた Jim Dalrymple のコメントが興味深い・・・

The Loop: “WWDC: A new world of possibilities” by Jim Dalrymple: 03 June 2014

     *     *     *

可能性

この一両日 WWDC のホールで昨日の発表について開発者たちの感想を聞いて過ごした。その会話からひとつの共通点が浮かび上がってきた。それは「可能性」(Possibilities)ということだ。

I’ve spent the last couple of days walking the halls of Apple’s Worldwide Developers Conference, talking to developers about the announcements yesterday. One common theme emerged from those discussions: Possibilities.

     *     *     *

ワクワクしている

WWDC で開発者がこれほどワクワクするのは久しくなかったと思う。多分アップルが iOS でネイティブアプリを認めたとき以来ではないだろうか。多くの新しいツールを開発者に与えたことでアップルがひとつの転機をこえたと実感できるからだ。

I haven’t seen developers this excited about a WWDC in many years—probably since Apple first allowed native apps on iOS. There is a real sense of Apple turning a corner with all of the new tools they gave developers during the conference.

     *     *     *

消費者にとっても

これは開発者たちにとっていい報せというだけではない。この種の興奮から多くのひとが裨益する。開発者がプラットフォームに信を置けはおくほど、アップル製品の可能性の限界に挑もうとする。それは結局のところ消費者にとっても優れたアプリがたくさんできることを意味する。それがプラットフォームの成功に必要なことなのだ。

This isn’t just good news for developers—everyone will benefit from this type of excitement. The more developers believe in the platform, the more they continue to push the envelope of what can be done with Apple products—that ultimately means more, and better, apps for consumers. That’s just what every platform needs to thrive.

     *     *     *

Swift の可能性

開発者でないひとたちは昨日のキーノートでアップルの新しい開発言語 Swift を見てもあまりピンとこなかったかもしれない。しかし間違いなく開発者は注目したのだ。Swift はアプリ開発の効率化を図るツールの一部だ。そして Swift のコードは Objective-C と共通利用できるので、開発者はいつでも使い始めることができる。

Most non-developers watching the keynote yesterday probably didn’t care much about Apple’s new Swift programming language, but developers sure took notice. Swift is part of the tools that are going to make app development more efficient. And, because Swift code is interoperable with Objective-C, developers can start using it right away.

     *     *     *

Mac への移植

話を聞いた開発者のひとりは、iOS アプリを Mac へ移植する可能性を Swift で試してみたいと語った。小規模なショップなので、Swift への移行はリソースを食って頭痛のタネとなる。共通の Objective-C コードはアプリ間で共用し、新しいコードは Swift を使うというのが彼の計画だ。Mac アプリが完成した暁には、系統だてて残りのコードを Swift で置き換えるという。

One developer I spoke with said Swift has him considering the possibilities of taking his iOS app to the Mac. As a small shop, Swift takes away some of the headaches and resource drain on his company when considering such a big move. His plan is to use Swift for any new code, while utilizing common Objective-C code between the apps. When the Mac app is completed, he will systematically replace the remaining code with Swift.

他の開発者は、開発初期段階のアプリは Swift でやるが、既存のアプリをどうするかは再検討するといっていた。

Other developers told me that apps that were in the beginning phases of development will be done in Swift, while they reevaluate what to do with existing apps.

     *     *     *

何かスゴいことが・・・

WWDC 2014 がいかに記念碑的なものか説明するのは難しい。どの開発者も、既存のアプリやこれから新しく作るアプリの可能性についてワクワクしていた。アイデアがたくさん出てくる。 — ただし誰も何をやろうとしているのか語りたがらなかった。彼らが作るものを待つほかない。

It’s hard to explain how monumental WWDC 2014 has been. Every developer here is excited about the possibilities for their existing apps and new ones they will build—ideas are flowing, but nobody wanted me to say what they were doing, so you’ll have to wait.

今年の WWDC は何かスゴいことが起きている。

There are some great things coming out of WWDC this year.

     *     *     *

できれば開発者から直接感想を聞きたいものだ。

いちユーザーとしては、冒頭のビデオのような素晴らしいアプリが数多くできる可能性を考えるとワクワクする・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[iPhone Developer:image

海の向こうでは iPhone プログラマが引く手あまたらしい。

Network World: “iPhone apps: A DIY skill that’s in big demand” by Carolyn Duffy Marsan: 09 November 2011

     *     *     *

給与も急騰

米国でもカナダでも iPhone ソフト開発者が求められている。アップルの iOS プラットフォームで複雑なモバイルアプリを作った経験を持つデベロッパの給与は急騰している。

iPhone developers are in demand across the United States and Canada, causing salaries to skyrocket for those with experience creating complex, mobile applications on Apple’s iOS platform.

     *     *     *

iOS デベロッパが必要

HBO、ESPN、Bloomberg などをクライアントとし、モバイルアプリの開発者を100人規模で抱える在バンクーバーの Atimi Software の社長 Scott Michaels はいう。「常に iOS デベロッパを求めている。Android や Windows Mobile の経験を有するデベロッパも必要だが、いちばん必要なのは iOS および Mac が出来るデベロッパだ。」

“The type of talent that we are constantly looking to attract is the iOS developer,” says Scott Michaels, vice president of Atimi Software, a 100-person mobile application developer based in Vancouver that counts among its clients HBO, ESPN and Bloomberg. “We need developers with experience in Android and Windows Mobile, but our primary demand is for iOS and Mac-capable developers.”

Objective-C の知識を十分持ち、開発経験を有するデベロッパの数は十分ではない。Objective-C はアップル製品に用いられるコンピュータ言語で、より普及した C 言語や C++ 言語とは異なっている。

Michaels says there aren’t enough developers that have deep knowledge of and experience with Objective-C, a computer language used in Apple products that differs from the more common C and C++.

     *     *     *

給与が 20% 上昇

「デベロッパは 100 人いるが、仕事は 130 人分ある。しかし 30 人分の人手が足りないのだ」と Michaels はいう。彼がいうには、経験を有する iPhone デベロッパの給与は「上昇し続けている。対前年比で給与は 20% 近くも上昇した。」

“We’re 100 people, but we have work for 130 people. We just don’t have those extra 30 bodies,” Michaels says. He adds that salaries for experienced iPhone developers “just keep going up. Our year-over-year salaries are up almost 20%.”

     *     *     *

各方面で求人

経験ある iPhone デベロッパを求めているのは Atimi だけではない。eBay、CapGemini、Oracle、Charles Schwab、General Electric など、何百というソフト会社、コンサルティング企業、インターネットに精通した企業などがそうだ。

Atimi isn’t the only company looking to hire experienced iPhone developers. So are eBay, CapGemini, Oracle, Charles Schwab, General Electric and hundreds of other software, consulting and Internet-savvy corporations.

     *     *     *

千載一遇のチャンス

IT業務の求人サイト Dice.com では 1,380 人分の仕事をリストアップしている。昨年に比べ 191% 増だ。Android デベロッパの仕事は 1,617 人分、昨年比 129% アップ。プラットフォームに関係なくモバイルデベロッパ一般では1,215 人の求人だ。

Indeed, IT job site Dice.com has 1,380 postings for iPhone developer positions, up 191% compared to last year. Similarly, Dice.com lists 1,617 available jobs for Android developers, up 129% from last year. Another 1,215 job postings ask for mobile developers in general, without specifying a platform.

「モバイルこそ最もホットなスキルだ」と Dice.com の CEO Alice Hill はいう。「すべてが同時に起きている。スマートフォンの爆発。タブレットなどが突如関心を集める。経験者の人手不足、大きな需要。モバイルアプリの開発者ならまさに千載一遇のチャンスだ。」

“Mobile is one of the hottest [IT skills],” says Alice Hill, managing director of Dice.com. “All of these things are converging at the same time. You have this explosion in smartphones. You have this sudden interest in tablets and other devices. … You have a shortage of experience and great demand. If you’re a mobile app developer, that’s the perfect, perfect storm for you.”

     *     *     *

9倍も実入りがいい

モバイルアプリ開発者に対する需要はどのスマートフォンでも大きい。しかし最もカネになるのは iPhone のスキルだ。iPhone プラットフォームで開発するプロたちが Dice.com に報告した例によると、Android より iPhone の方が9倍も実入りがいいという。

While the demand for mobile app developers is strong across all smartphone platforms, the money is tied squarely to iPhone skills. Hill said tech professionals who develop on the iPhone platform report to Dice.com that they earn nine times more income from app development than those who work on Android.

     *     *     *

アップルの承認プロセスをパスした経験者なら

「iPhone のプラットフォームはまだ新しいので、たくさんの開発経験者を見つけるのはむずかしい」と Hill はいう。「実際に iPhone アプリを開発し、アップルの承認プロセスをパスした経験者なら、仕事の機会はたくさんある。大学を卒業したばかりでも、真に優れたモバイルアプリを作れることを示せれば、採用されるだろう。以前なら初心者レベルの仕事だが成長著しい分野だ。いま列に加われば、最前列に並べる。」

“The platforms are really new. You’re not going to find this huge workforce of experienced developers,” Hill said. “If you have actually developed an iPhone app and gotten it through the Apple approval process, you’re going to have a lot of job opportunities. … Even if you’re fresh out of college but can show a really good mobile app, you can get hired. It’s a nice growth area for what would traditionally be entry-level employees. They can now jump to the front of the line.”

     *     *     *

世界的人手不足

iOS および Objective-C で iPhone 開発ができる人材の不足は世界的なものだと専門家はいう。

The lack of available talent in iPhone development, iOS and Objective-C is global, experts say.

「このスキルは簡単にアウトソーシングできるものではない。インドやウクライナの典型的な例だと、彼らは Windows のようなもっと広い範囲の技術に注力しており、Mac 開発者はあまり見受けられないからだ」と Michaels はいう。「Mac 開発者の中心はアップルが存在するクパティーノやサンフランシスコが中心で、その他ではシアトル、ポートランド、バンクーバーに若干いるだけだ。」

“This is not a skill that goes well with outsourcing because the typical shops in India and the Ukraine are focused on wider-breadth technologies such as Windows, and there aren’t a lot of Mac developers there,” Michaels explained. “Most of the Mac developers have always been around Cupertino and San Francisco, where Apple is located, and there are some in Seattle, Portland and Vancouver.”

     *     *     *

独学で学ぶスキル

Michaels によれば、問題のひとつはアップルの Mac や iPhone、Objective-C についてプログラミングを教える専門学校や大学が少ないということだ。「アップルのデベロッパサイトでオンラインコースを独習する以外に選択肢はほとんどない。ほとんどの場合このプログラミングは独学で学ぶスキルなのだ。」

Michaels says one problem is that few colleges or technical training schools teach programming for the Apple Mac, iPhone or Objective-C. “There are very few options other than going to Apple’s developer stream and learning it themselves by taking the online courses that are available there,” he added. “It is often a self-taught skill.”

Michaels の予想では、C ないし C++ の経験を有するデベロッパなら必要とされる程度まで Objective-C を学ぶにはほぼ半年が必要だという。

Michaels estimates that it would take an experienced C or C++ developer about six months to learn Objective-C at the depth he needs.

     *     *     *

日本ではどうか知らないが、世界的に見ると千載一遇のチャンスらしい。

世界に羽ばたく絶好の機会かも・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

インディーデベロッパ Chris Eidhof の発言がおもしろい。

Chris Eidhof: “Why I develop for iOS” by Chris Eidhof: 04 August 2011

     *     *     *

インディーデベロッパ

自分はなぜ iOS を開発環境として選んだのだろうと自問することがある。自分は Haskell[ハスケル:純粋関数型プログラミング言語]の開発もできるし、クールな HTML5 やコンパイラ製作もできる。インディーデベロッパとしての自分が、iOS で開発をする主な理由は次のようなものだ。

Sometimes I ask myself the question: why do I develop for iOS? I could also do Haskell development, do cool HTML5 stuff, or build compilers. As an indie developer, these are some important reasons for me.

     *     *     *

1)ハイエンド向けプラットフォーム

High-end platform

スマートフォンやタブレットの中でも iPhone や iPad はハイエンド向けだ。優れた体験のためならより多くカネを出すことをユーザーが厭わないということだ。その副次効果として、アプリにも、またアプリ内課金[in-app purchase:アプリ内に埋め込まれた直接購買機能]にもよろこんでカネを払う。インディーデベロッパにとってこれは素晴しいことだ。顧客がよろこべばよろこぶほど、我々にとってもいいというわけ。そして最終的にはデベロッパが金額に値するものを作ることになる。ハイエンド顧客に売る方がずっと容易なのだ。

The iPhone and iPad are the high-end of the smartphones and tablets. This means that the people who use it are willing to pay more money for a better experience. As a side effect, they are also willing to pay for apps, and willing to pay for in-app purchases. For an indie developer, this is great. The more willing your customers are to spend, the better it is for us. Ultimately, it comes down to the developer making something that is worth the money, but it’s a lot easier to sell to high-end customers.

     *     *     *

2)閉じた環境

Closed environment

閉じた環境(クローズドシステム)にはたくさんのデメリットがあるがここでは触れない。しかし顧客から見ると、それはおおむね大きなメリットとなる。アプリが信用できるからだ。どのアプリもアップルが目を通しているので信用できるのを知っている。アプリ内課金も iOS プラットフォームに組み込まれているので支払いも信用できる。ひいてはデベロッパが課金するのも容易になる。

There are a lot of disadvantages to having a closed environment, which is beyond the scope of this post. However, for customers it is mostly a big advantage: they can trust the applications. Because every single application has been reviewed by Apple, they know they can trust it. Because in-app purchases are built into the iOS Platform, they know they can trust the payments, which again makes it easier for developers to charge for something.

     *     *     *

3)イノベーションの可能性

Lots of possibilities for innovation

確かにイノベーションは至るところにある。しかしモバイルデバイスとなると、イノベーションはまだまだ氷山の一角に過ぎないという気がする。ロケーションセンサについてももっと出来る事があるはずだ。いつも電話を手放さず、常時インターネットにつながっているのだから。ウェブであれ、デスクトップであれ、イノベーションの余地はたくさんある。しかし新しいアイデアを思いつくのははるかに難しい。

Innovation can definitely be everywhere, but I have the feeling we’re still only seeing the tip of the iceberg when it comes to innovation on mobile devices. There is so much more we can still do with the location sensors, the fact that we always carry our phones, always have an internet connection, et cetera. With the web or on the desktop there is still a lot of room for innovation too, but it is a lot harder to come up with new ideas.

     *     *     *

4)ウェブ開発よりずっと難しい

More difficult than web development

iOS プログラミングはウェブ開発よりずっと難しい。メモリ管理が必要だし、デザインパターンを利用し、新しい言語の習得も必要だ。ウェブ開発なら徐々に入っていって、最初は HTML に変更を加え、それから自分の HTML サイトを作り、PHP を追加したりできる。iOS プログラミングに入る敷居は高いのだ。しかし iOS デベロッパとしては認められ易いということでもある。

It is more difficult to get started with iOS programming than with web development. You need to do memory management, need to work with design patterns, learn a new language, and more. In web development, you can gradually ease in to it by first modifying HTML, then building your own HTML site, adding PHP, and so on. This makes the barrier to entry harder, which means it is easier to get noticed as an iOS developer.

     *     *     *

5)ライブラリーがすごい

Great libraries

アップルの提供するライブラリーはすばらしい。自分は正直 Objective-C は好きでないが、アップルが提供するフレームワークは実にすばらしい。例えばアニメーションはめちゃ簡単だし、すべてがよく考えられている。だから作業するのが楽しくなる。

Apple provides awesome libraries. Even though I don’t like Objective-C so much, the frameworks they provide are really great. For example, animation is super-easy, and everything is very well thought out. This makes it a pleasure to work with.

     *     *     *

6)クオリティを尊ぶカルチャー

Culture of quality

Mac でも iOS でも、常に品質を尊ぶカルチャーがある。よく洗練されたアプリケーションは、デベロッパがどれだけ努力したかがよく分かる。デベロッパにとって楽しく、勇気づけられることだ。ユーザーの水準もより高くなる。アップル提供のデフォルトはとてもクオリティが高い。ということは見栄えがよく、うまく動くものを作るのが容易になるということだ。

On Mac and iOS, there has always been a culture of quality. Applications are very polished, and you can see that developers really put effort into building their products. This is a lot of fun and very inspiring for a developer. It pushes you to raise the bar and have higher standards. The defaults provided by Apple are very high quality too, which means it’s easy to build something that works and looks good.

     *     *     *

以上が・・・

以上が iOS を開発環境として自分が選んだ理由だ。もちろん大変バイアスされていると思うので、他人の意見にも謙虚に耳を傾けたい。

These are the reasons why I choose to develop for iOS. Of course, it is very biased, so I look forward to seeing your comments.

     *     *     *

デベロッパの思いが率直に語られているところが興味深い。

Android のデベロッパはどんな意見だろうか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »