Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘テレビ’ Category

tumblr_nkgkytKJTA1qz6f9yo1_1280

The New Game Of Thrones Poster Confirms A Huge Change From The Books | io9

So what does it mean? Well, we know that Tyrion will be finding his way to Mereen a lot more quickly on the show than he does in the Books, where he has yet to encounter Daenerys — in fact, several set pictures of filming have shown Tyrion at her side during pit fighting sequences that book readers will be familiar with, but the poster is our first official confirmation that the two characters will be meeting each other, a huge change from how the books are currently progressing (as of A Dance With Dragons, Tyrion has yet to meet up with Daenerys, and is currently just outside Mereen as a battle between between Daenerys’ forces and several slaver’s armies ensues).

Game of Thrones Season 5: Trailer (HBO) | YouTube

Game of Thrones Season 5: A Day in the Life (HBO) | YouTube

Game of Thrones: is race relevant in a fantasy world? | Telegraph

Nathalie Emmanuel, who plays freed slave Missandei on Game of Thrones, has addressed accusations that the HBO show is ‘racist’

広告

Read Full Post »

Horace Dediu が興味深い問題提起をしている。

つぎの世界地図から何が読み取れるだろうかと・・・

asymcos: “The TV store” by Horace Dediu: 23 December 2011

     *     *     *

123 か国で iPhone が売られ、iTunes アプリが買える

つぎの地図は iTunes アプリが入手可能な国を示している。

The following map shows the countries where iTunes Apps are available.

全部で 123 か国。これはまた iPhone が入手可能な国の数でもある。

It represents 123 countries. It also shows where the iPhone is currently available.

     *     *     *

51 か国で iTunes の音楽が買える

次の地図は iTunes の音楽を購入できる国を示している。

The following map shows the countries where iTunes music can be purchased.

白地図の国では音楽は買えないが、アプリなら買える。音楽を購入できる国の数は 51 か国。アプリは買えるが音楽が買えない国の数は 72 か国。

The countries in white are countries where apps are available but music isn’t. There are 51 countries where you can buy music and 72 where you can buy apps but not music.

     *     *     *

6カ国で iTunes のテレビ番組が買える

つぎの地図は iTunes のテレビ番組が購入できる国を示している。

The following map shows the countries where iTunes TV shows can be purchased.

前の例と同じく、白地図の国ではテレビ番組は買えないがアプリなら買える。テレビ番組が購入できる国の数は6カ国。117 か国では音楽[テレビ番組?]は買えないがアプリは買える。

As in the previous chart, the countries in white are those where apps are available but TV shows aren’t. There are six countries where you can buy TV shows and 117 countries where you can buy apps but not music.

     *     *     *

ウイルスのように広がるアプリ

(iTunes の定義する)デジタル音楽が米国以外に広まったのは 2004 年からだ。その後7年かけてなんとか 50 か国まで広がった。テレビ番組についてはもっと時間がかかっている。6年かけても限られた数の国にしか広まらず、米国においてすら購入できるテレビ番組は制作される数のほんの一部に限られている。

Digital music (as iTunes defines it) started expanding outside the United States in 2004 and managed to reach these 50 other countries in seven years. TV shows took a much slower route. Not only has there been a limited selection of countries in six years of expansion but even the US, the programs available are a tiny subset of what is being produced.

テレビビジネスは音楽に比べて氷河のようにゆっくり動くのか、それともまったく動かないのか? いずれにせよ、「デジタルメディアとしてのアプリ」はウイルスのように確実に広がっている。

Is the TV business going to expand digital distribution at the glacial rate of music or not at all? In either case, the distribution of Apps as a digital medium is positively viral.

     *     *     *

音楽やテレビ番組そのものではなく、「デジタルメディアとしてのアプリ」に着目したらどうなるか。

Horace Dediu に触発された Erick Schonfeld の「Apps Are Media」[アプリはメディアである]がオモシロい。

アプリをデジタルメディアとして捉えれば、ウイルスのようにデジタル化が広がっていることがわかると。

     *     *     *

でも、どうせ日本では・・・と悲観的な反応も出てきそうな気がする。

映画とテレビは旧来メディア業界の最後の牙城だ。そう簡単には崩せまい。

メディア業界の競争はそう簡単にデジタル流通を許さないだろうというわけだ。

     *     *     *

もうひとつ気になる点がある。

日本特有の著作権制度だ。

林 伸夫氏の「iCloud、iTunes Matchは日本では実現不可能?」が示唆に富んでいる。

とくに事実上公開を不可能にする「著作隣接権」の話が気に懸かる。

著作隣接権の概念のない米国では著作権を所有する会社ないしは著作権保有者本人と交渉し、権利をクリアすればよい。ところが日本では、送信可能化権や複製権を主張できるのは楽曲の原著作権所有者だけではなく、演奏に関わった演者、歌手、制作会社、放送事業者など著作隣接権保有者も含まれる。・・・

     *     *     *

かつて外国人研修生用に現代日本の教材を作ったことがある。

敗戦直後の焦土や原子爆弾に関する映像資料は NHK はじめ公的資料をいくら探しても見つからなかった。ところが BBC の映像ライブラリーに日本の戦争や過去に関する映像が山ほどあるのを見つけて複雑な思いをした。

今考えれば、この背後にも日本特有の著作権制度があったのではないか思う。

歴史的事実に関する映像ですらそうなら、商業作品としてのテレビ番組や映画についてはほぼ絶望的ということになるのだろうか。

経済競争に負けるだけならともかく、法制度の面でもガラパゴス化するのではたまらない気がする・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[渦中の人 Eddy Cue:photo

アップルがいかなる形でテレビに進出するのか、Walter Isaacson の伝記本でもはっきりしない。

しかしアップルはすでに動き出しているのだと WSJ はいう。

WSJ.com: “Apple Moves Forward With TV Plans” by Jessica E. Vascellaro and Sam Schechner: 19 December 2011

     *     *     *

自前のテレビ

ワイヤレスストリーミング技術を利用してテレビ番組、映画、その他のコンテンツにアクセスできる自前のテレビサービスをアップルが計画中だと、計画の概要を知るひとは語る。

Apple is also working on its own television that relies on wireless streaming technology to access shows, movies and other content, according to people briefed on the project.

     *     *     *

ユーザーを見分ける

最近上級副社長 Eddy Cue を含むアップルの複数の幹部はメディア企業と会合を持った。その会合を知るひとによれば、アップルの新技術によって電話やタブレット、テレビを利用するユーザーを識別できるという。

In the recent meetings with media companies, the Apple executives, including Senior Vice President Eddy Cue, have outlined new ways Apple’s technology could recognize users across phones, tablets and TVs, people familiar with the talks said.

     *     *     *

声で検索、チャンネルを変える

うちひとりの話によれば、少なくともひとつの会合でアップルは、未来のテレビ技術はユーザーの声や動きに反応すると語ったという。かかる技術は他のものと比べ時間を要するかもしれないが、ユーザーが自分の声で番組を検索したり、チャンネルを変えることができるという。

In at least one meeting, Apple described future television technology that would respond to users’ voices and movements, one of the people said. Such technology, which Apple indicated may take longer than some of its other ideas, might allow users to use their voices to search for a show or change channels.

     *     *     *

アップルの内実について詳しいといわれる Jim Dalrymple の反応が興味深い。

The Loop: “Apple talks to media executives about TV” by Jim Dalrymple: 18 December 2011

     *     *     *

スゴい話になる

これはスゴい話になるだろう。ライバルたちはアップルの計画について警告を受けたわけだが、その計画がもたらす影響を十分理解しているとはとても思えない。

This is going to be big. Even though its competition has warning of Apple’s plans, I don’t think they understand the scope of Apple’s plans.

     *     *     *

Jobs の夢がどのような形で実るのか、これは見ものだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


Apple HDTV?

古くからのウワサがまたぞろ浮上している。

アップルが高品質テレビ(HDTV)を出すのではないかというアナリスト発のウワサだ。

これに関してギークたちが交わした議論がオモシロい。

Marco Arment はアップルがテレビなど作ったりはしないだろうという。

Marco.org: “The often-rumored Apple HDTV” by Marco Arment: 16 April 2011

     *     *     *

場所をとるし、取り付け作業も必要

現実的な問題もある。テレビだと大きな倉庫や展示場が必要だ。アップルストアじゃムリだ。しかも大型テレビは取り付け作業も必要になり、ほかのアップル製品ではそんなサービスはない。

It causes practical problems, too: TVs usually require large warehouses and very large retail display areas, which Apple’s retail stores aren’t ideal for. And large TVs usually require in-home service, which Apple doesn’t offer for any other products.

     *     *     *

完璧に統合化された製品

もっと大きな問題は、アップルが完璧に統合化された製品を出そうとしていることだ。しかし現代のテレビは電子部品やサービスプロバイダーがゴチャゴチャに一緒くたになったもので、どれも最低だ。

A bigger problem is that Apple prefers to offer fully integrated products, but a modern TV is just one component in a mess of electronics and service providers, most of which suck. […]

     *     *     *

買い替えの頻度

しかしアップルがテレビ事業には参入しないだろうと考える最大の理由はもっと根本的なものだ。

But the biggest problem that I suspect will keep Apple out of the TV business forever is much more basic:

新しいテレビに買い替える頻度はどのくらいだろうか?

How often do people buy new TVs?

アップルの主たるビジネスは、1〜3年で新しいモデルに買い替えてくれる消費者に、コンピュータと関連機器を売って、たっぷりとマージンを稼ぎ、一体化したユーザー体験を与えることだ。

Apple’s primary business is selling computing devices and related hardware, with healthy margins and tightly integrated experiences, to customers who generally replace them with the newest models every 1-3 years.

テレビマーケットにアップルが参入する余地はないし、(賢くも)アップルはそれに関わらないことに満足している。

There’s no place for them in the TV market, and they’re content (and smart) to stay out of it.

     *     *     *

Chris Dixon は、Steve Jobs の考え方にまで遡って考える。

cdixon.org: “Apple and the TV industry” by Chris Dixon: 17 April 2011

     *     *     *


D8: Steve Jobs on Television

Apple TV がホビーであるわけ

昨年の AllThingsD で Steve Jobs は、彼のテレビ事業に対する考え方を明確にした。

Regarding the TV industry, here is what Steve Jobs said last year at AllThingsD:

Q:古いテレビのインターフェイスは捨て去る時期ではないか。テレビには新しいヒューマン・インターフェイスが必要なのではないか。

Q: Is it time to throw out the interface for TV? Does television need a new human interface.

A:テレビ業界に技術革新をもたらそうとするとき起きる問題は Go-To-Market 戦略[go-to-market strategy:新規市場の開拓戦略、市場導入戦略]だ。テレビ業界は誰にでもタダでセットトップボックスを配る奨励金モデル[subsidized model]を採用している。だから誰もボックスを買おうとは思わない。TiVo も、Roku も、数か月後に出るグーグルだってそうだ。テレビ業界は基本的に奨励金モデルを採用して、セットトップボックスを誰にでも与え、そのため技術革新をしようという気にならないのだ。唯一それを変えるには、ボックスをバラしてゼロからスタートし、消費者が買いたくなるようにデザインし直すしかない。しかしそれは不可能だ。新しく実行可能な Go-To-Market 戦略がでるまではテレビに勝ち目はない。これがテレビ産業の根本的な問題だ。技術の問題ではなく、Go-To-Market 戦略の問題なのだ。いずれ賢い連中が間違いなく解決策を見いだすだろうが、Apple TV のことを我々がホビーと呼ぶのはそういうわけなのだ。

A: The problem with innovation in the TV industry is the go-to-market strategy. The TV industry has a subsidized model that gives everyone a set top box for free. So no one wants to buy a box. Ask TiVo, ask Roku, ask us… ask Google in a few months. The television industry fundamentally has a subsidized business model that gives everyone a set-top box, and that pretty much undermines innovation in the sector. The only way this is going to change is if you start from scratch, tear up the box, redesign and get it to the consumer in a way that they want to buy it. But right now, there’s no way to do that….The TV is going to lose until there’s a viable go-to-market strategy. That’s the fundamental problem with the industry. It’s not a problem with the technology, it’s a problem with the go-to-market strategy….I’m sure smarter people than us will figure this out, but that’s why we say Apple TV is a hobby.

     *     *     *

3つの選択肢

テレビマーケットに本格的に参入するため「ボックスを追加する」ことが有効な戦略であると Jobs は考えていないわけだ。こうなると参入のための選択肢は3つに限られることになる。1)セットトップボックスを統合する、2)他社のテレビと一体化する、3)アップルが自らのテレビを出す。

第1の選択肢は、ケーブルテレビ会社が最も望まないものだ。インターネットで配信される番組がケーブルチャンネルをバイパスするようになれば、ケーブル会社は単なるパイプに成り下がってしまうからだ。

第2の選択肢はアップルにふさわしくない。テクノロジーの世界で最も垂直統合をなしとげ、製品とユーザー体験のすみずみまでコントロールしようとするのがアップルだからだ。

So Jobs doesn’t believe an “additional box” is a viable strategy for seriously entering the TV industry. This leaves three places to enter: 1) integrating into set top boxes, 2) integrating into other TVs, or 3) Apple creating its own TV. Regarding #1, the last thing the cable operators want is for internet-delivered programming that bypasses their cable channels to become widespread – they see that as the fast track to become a dumb pipe. Re #2: This just seems very unlike Apple – the most vertically integrated company in tech, and famous for wanting to control every aspect of the product and user experience.

     *     *     *

アップル製テレビ

第3の選択肢について、アップルが iPhone のような画期的テレビを開発すると考えてみよう。「スマートテレビ」を出そうとして遭遇する最大の問題は、ださいリモコン[IR transmitter]を使ってセットトップボックスをコントロールしなければならないことだ。ケーブルテレビ会社は相互乗り入れに決して乗り気ではないからだ。新しいアップルテレビは消費者の信じられないほど強い要求をケーブル会社に飲ませざるを得ないようにする必要がある。しかしテレビではモバイルの場合よりもっとむずかしそうだ。iPhone を投入したとき全国的なモバイルオペレーターはアメリカでは4社だけだった。テレビの場合、消費者にはせいぜい2つの選択肢しかない。これまでのケーブル・衛星放送番組にするか、真の意味で双方向インターネットのケーブルおよび DSL/FIOS にするかだ。

Re #3, let’s imagine Apple develops a TV that is as groundbreaking as the iPhone was. The biggest problem “smart TVs” have today is that they need clunky IR transmitters to control set top boxes because the cable operators won’t willingly interoperate. So a new Apple TV would have to drum up such incredible consumer demand that the operators would feel compelled to support it. This does indeed seem harder in the TV than in the mobile industry. At least in the US you had 4 nationwide mobile operators at the time of the iPhone launch. In TV, consumers normally have at most two real choices for traditional cable programming – cable and satellite – and two real choices for two-way internet – cable and DSL/FIOS.

     *     *     *

テレビ業界は変わらないか

アップルはテレビ事業にはそのマーケット構造からみて参入しないだろう。しかしだからといって同じように困難な携帯電話のマーケットに参入しなかったわけではない。iPhone についてアナリストが犯した間違いは、アップルが参入しても当該業界の構造は変わらないと考えた点だ。テレビ業界についても同じ間違いを犯しているのではないかと懸念する。

Perhaps Apple won’t enter the market due to its structure. But that didn’t stop them in mobile phones where the structure was similarly difficult. The mistake analysts made about the iPhone was to assume the current industry structure would be sustained after Apple’s entry. I’d be wary of making the same assumption about the TV industry.

     *     *     *

Marco Arment に対する John Gruber のコメントもオモシロい。

Daring Fireball: “Marco Arment on Apple and the HDTV Market” by John Gruber: 18 April 2011

アップルは答えを得たか

以前私はアップルがこのマーケットに参入するかもしれないと考えていた。高品質テレビに Apple TV の機能を内蔵したものを出すのではないかと。そう考えたのは、ボックスだけなら 299 ドルしか稼げないが、テレビなら 2000 ドルになるじゃないか考えたからだ。(新しい Apple TV の値段は 99 ドルになったけれど。)しかし私は Marco に賛成だ。アップルがテレビ事業に参入するとは思えない。「カネが稼げる」というだけでは不十分だからだ。

I used to think Apple might get into this market — selling big high-quality TVs with built-in Apple TV functionality — based on the following logic: “Why settle for selling a $299 box instead of a $2000 TV set?” Now, of course, Apple TV is a $99 box. I agree with Marco — I don’t think Apple is going to get into the TV set business. “There’s money to be made” just isn’t reason enough.

最も根本的な問題は、アップルが新規マーケットに参入する際には回答を得ておこうとすることだ。「すでに既存製品あるのに、なぜこの新製品を買おうとするだろうか?」という問いへの答えだ。アップルブランドの HDTV が大型スクリーンと Apple TV の機能を備えているいうだけでは、ちゃんとした回答にはならないと思う。

The fundamental question Apple always wants an answer for before entering a new market is “Why would someone buy this instead of what’s already out there?” I don’t think there’s a good answer for that if an Apple-branded HDTV is just a big screen with built-in Apple TV functionality.

     *     *     *

アナリストとは違って、ギークたちの考えではアップル製テレビはなさそうだ・・・

★ →[原文を見る:Marco Arment
★ →[原文を見る:Chris Dixon
★ →[原文を見る:John Gruber

Read Full Post »