Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘タブレット’ Category

1832h0rh2am9ejpg

The iPad Mini Is the New iPod Touch | Mashable

After all, a 5.5-inch phone is in many ways closer to a tablet than it is to a smartphone. In talking with hundreds of iPhone 6 Plus owners for a recent story, a common refrain I heard from many was that “the iPhone 6 is going to make me use my iPad mini less.”

Which begs the question: Is the iPad mini the new iPod touch?

広告

Read Full Post »

12_9_ipad_macbook_air

[12.9 インチ iPad のモックアップと 13 インチ MacBook Air:MacRumors

アップルの iPad イベントまで一週間を切ったというのにウワサの動きはスローだ。

サプライヤー筋からのリーク写真が次から次へと相次いだ先月の iPhone イベントとは大違いだ。

そんな中で登場したのが 12.9 インチ iPad の遅延説。

WSJ がサプライヤー筋からの情報として、iPhone 6 Plus の需要に応じきれないため、当初12月に予定されていた次期大型 iPad の生産が来年初めまで延期されるというもの。

Larger Apple iPad to Be Delayed | WSJ

12.9 インチの大型 iPad について最初に伝えたのはブルームバーグだ。来年第1四半期に製造開始することを検討中というものだった。

Apple Preparing New 12.9-Inch IPad for Early 2015 | Bloomberg

それがいつの間にか12月生産開始にすり替わっている。

     *     *     *

Jason Snell が次のように皮肉っている。

Unannounced product delayed by success, doom sure to follow | Six Colors

未発表の製品が「遅れる」?

未発表のアップル製品が「遅れる」という報道がしばしばなされる。いったいどういうことだろうか。そんな製品が出るとか、ましてや何時出るなんてアップルが約束したことはないのに・・・

Unannounced Apple products are often reported to be “delayed,” but what does that word really mean? Apple didn’t promise that the product would be available at all, let alone at a given time.

     *     *     *

アップルイベントが近づくたびにこのテの報道が繰り返される。

そんな話を伝えるライターはいつも決まっている。

John Paczkowski も次のように WSJ の話を皮肉っている。

What to Expect at Apple’s Next Event: Not a Behemoth 12.9-Inch iPad | Re/code

     *     *     *

12.9 インチの大型 iPad はなしか

そもそも大型 iPad の生産開始計画は 2015 年初めまではなかったのだからね。

だから次回のアップルイベントでは 12.9 インチの大型 iPad はなさそう・・・

What to Expect at Apple’s Next Event: Not a Behemoth 12.9-Inch iPad

“It would be challenging for display makers to split resources and spend a few months to ramp up production for a new larger screen iPad now.” Unless they were never planning to begin production until early 2015 anyway, which is what Bloomberg reported back in August.

     *     *     *

12.9 インチ大型 iPad にどの程度信憑性があるのか分からない。

しかし2つの大型モデルが出た iPhone 6/ 6 Plus のことを考えると必ずしも否定できないところが悩ましい。

マイクロソフトの Surface Pro 3 に似たものが出ることより、むしろ iPhone 6 Plus が iPad mini の位置付けにどう影響してくるかということの方に筆者としては関心があるのだが・・・

Read Full Post »

Update:タブレットとはそもそも何か》

[Surface Pro 3 の紹介ビデオ:YouTube

発表されたばかりの Surface Pro 3 を見て、Timothy B. Lee が「マイクロソフトはタブレット革命の何たるかを理解していない」といっている。

Vox: “What Microsoft doesn’t get about the tablet revolution” by Timothy B. Lee: 21 May 2014

     *     *     *

PC の役割も果たせるタブレット

マイクロソフトはタブレットコンピュータという考えが大嫌いだ。マイクロソフトは何をさておいてもまず PC の企業であり、PC を念頭においてすべての問題を考える。これまで Microsoft Office のような PC アプリケーションを売ることによって財をなしてきた。同じ僥倖(ぎょうこう)がモバイルコンピュータの時代にも起きることを希(こいねが)っているのだ。だから PC の役割も果たせるタブレットを作りたいと燃えている。

Microsoft absolutely hates this vision of tablet computing. Microsoft has always been first and foremost a PC company, and approaches every problem with a PC mindset. The company has made billions of dollars selling PC applications such as Microsoft Office, and it desperately wants that bonanza to continue in the mobile computing era. So the firm is highly motivated to create a tablet that doubles as a PC.

     *     *     *

写真フィルムの使えるデジタルカメラ

しかしこれでは写真フィルムの使えるデジタルカメラと同じだ。PC のパワーが必要なら PC を買えばいい。タブレットを買うのは従来の PC より安く、小さく、軽く、シンプルで、電力消費も小さいからだ。タブレットのそんな優位性は、すべてのひとに対してすべてのことをやろうとしないことで初めて可能になるのだ。

But this makes as much sense as selling a digital camera that also takes film photographs. Anyone who needs the power of a PC can and should just buy a PC. The point of buying a tablet is that it’s cheaper, smaller, lighter, simpler, and more power-efficient than a traditional PC. Those advantages are only possible because tablets don’t try to be all things to all people.

     *     *     *

PC が出来ることをすべてやれるタブレット

PC が出来ることをすべてやれるタブレットとは単なるラップトップに過ぎない。優れたラップトップを作るにはどうすればいいかすでに分かっている。一世代もの間、アップルも他の PC メーカーもラップトップのデザインを洗練してきた。優れたラップトップとは MacBook Air みたいなものだ。

A tablet that does everything a PC can do is just a laptop. And we already know how to build a great laptop — Apple and other PC makers have been refining the design of laptops for a generation. A great laptop looks like a Macbook Air.

     *     *     *

中途半端な代用品

マイクロソフトの Surface タブレットは形も奇妙で ユーザーインターフェイスもごちゃごちゃしている。本格的な PC の貧弱な代用品に過ぎない。iPad や Android タブレットの本格的代用品とするには複雑過ぎて、高価すぎる。すべてをうまくやれる製品を作ろうとして、結局は中途半端な製品を作る結果となった。PC の役割も果たせるタブレットを作らねばならないとマイクロソフトが信じ込んでいるかぎり、タブレットは失敗し続けるに違いない。

Microsoft’s Surface tablets have a funny shape and muddled user interface that make them a poor alternative to a full-fledged PC. And they’re too complex and expensive to be a serious alternative to an iPad or Android tablet. In its attempt to create a product that does everything well, it’s wound up with a product that’s not that good at anything. And its tablets are going to continue failing as long as Microsoft is convinced that it needs to create a tablet that’s also a PC.

     *     *     *

一読したあと改めて冒頭の紹介ビデオを見ると、PC との比較だけで、Surface で何ができるかということには触れていないのに気づく。

二兎を追う者は一兎をも得ず・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》タブレットとはそもそも何か

アップルギークの John Gruber が Surface Pro 3 を擁護している。

Daring Fireball: “Just What Are ‘Tablets’?” by John Gruber: 21 May 2014

     *     *     *

iPad 風のフォームファクタに限る必要はない

ここで議論のため敢えて反対の立場[the devil’s advocate:悪魔の代弁者]をとってみたい。自分はもうマイクロソフトが iPad とは何か、何故人気があるのかということを十分理解していると思う。彼らが Surface Pro 3 を通していいたいのは、タブレットのフォームファクタ(形状)は必ずしも iPad 風なデバイスに限られない、本格的な PC にとっても優れたフォームファクタだということなのだ。

I’ll take the devil’s advocate position here. I think Microsoft now fully understands what the iPad is and why it’s popular. What they’re saying with the Surface Pro 3 is that the tablet form factor isn’t necessarily only for iPad-style devices, but that it’s a good form factor for full-featured PCs as well.

     *     *     *

もし 2000 年に出していたら

この考えは Surface Pro 3 に始まったことではない。Surface Pro を通じて一貫して見られる考えだ。Harry McCracken がツイートしているように、「Surface Pro 3 は iPad 時代のタブレットというより、2000 年にマイクロソフトが出せなかったタブレット PC のように見える。」

This isn’t new to the Surface Pro 3 in particular — it’s been the point behind the Surface Pro all along. As Harry McCracken noted on Twitter, “Surface Pro 3 seems less like an iPad-era tablet, more like the Tablet PC which Microsoft couldn’t design in 2000.”

     *     *     *

本格的 PC のフォームファクタ

いいかえれば、マイクロソフトの主張のポイントは、Windows 8 と iOS を比較することよりも、むしろ本格的な PC ユーザーにとってのフォームファクタとしてタブレットとラップトップを考えている点なのだ。

In other words, Microsoft’s point is less about Windows 8 vs. iOS, and more about the tablet vs. laptop form factor for full-featured PC users.

Read Full Post »

[Surface と iPad のマルチタスキングを比較する | YouTube

iOS 8 の Healthbook アプリを予想した Mark Gurman が、こんどはスプリットスクリーンによる iPad マルチタスキングについて・・・

9to5Mac: “Apple plans to match Microsoft Surface with split-screen iPad multitasking in iOS 8” by Mark Gurman: 13 May 2014

     *     *     *

アップルはマイクロソフト Surface のようなスプリットスクリーンによる iPad マルチタスキングを iOS 8 で計画中

Apple plans to match Microsoft Surface with split-screen iPad multitasking in iOS 8

iPad は iOS 8 でスプリットスクリーンによるマルチタスキング機能が加わることでスーパーチャージされることになりそうだ、と開発に詳しい複数のソースはいう。これらのソースによれば、この機能を使えば iPad ユーザーは同時に2つの iPad アプリを走らせ、相互に利用することが可能になるという。アップルが開発した iPad アプリや App Store で入手可能なアプリは、これまではフルスクリーンモードでしか利用できなかった。

iOS 8 is likely to supercharge the functionality of Apple’s iPad with a new split-screen multitasking feature, according to sources with knowledge of the enhancement in development. These people say that the feature will allow iPad users to run and interact with two iPad applications at once. Up until now, each iPad application either developed by Apple or available on the App Store is only usable individually in a full-screen view.

複数のソースによれば、2つの iPad アプリが同時に使えるようになるだけでなく、新しい機能によってアプリ相互間の利用が容易になるという。例えば、テキスト、ビデオ、画像のようなコンテンツをひとつのアプリから別のアプリへドラッグできるようになる。アップルはデベロッパのアプリ相互間の利用を可能にする機能を開発中だといわれる。iOS における「XPC」サポート、すなわちアプリ間連携がついにこの機能で可能になることを意味し、これで App Store アプリ間のコンテンツ共有が可能になるようにデベロッパがデザインできることを意味する。

In addition to allowing for two iPad apps to be used at the same time, the feature is designed to allow for apps to more easily interact, according to the sources. For example, a user may be able to drag content, such as text, video, or images, from one app to another. Apple is said to be developing capabilities for developers to be able to design their apps to interact with each other. This functionality may mean that Apple is finally ready to enable “XPC” support in iOS (or improved inter-app communication), which means that developers could design App Store apps that could share content.

     *     *     *

Mark Gurman のニュースについて John Gruber がコメント:

Daring Fireball: “Mark Gurman: Split-Screen iPad Multitasking in iOS 8” by John Gruber: 13 May 2014

言うは易し

とてもクールだ。ただしスプリットスクリーンモードにどうやって切り替えるのかとても興味がある。iPad で2つのアプリを並べるというのは言うは易しだが、その実装は容易ではない。今どこにいて次にどこに行くのか、絶対に混乱したり分からなくなることのない iPad のシンプルで素晴らしい機能を損なうことなく実装するのはとくに難しい。

Sounds cool. I’m very curious to see how you get into (and back out of) this mode, though. It’s easy to say you want to see two apps side-by-side on the iPad. It’s not easy at all to implement such a feature without losing the wonderful can’t get lost/can’t get confused about where you are or how you got there simplicity of the iPad today.

     *     *     *

ほかにもネット上の反応をいくつか・・・

Mike Rundle @flyosity

クパティーノよ、こんどはオマエが真似する番だ!
Cupertino, start your copiers!

Luke Wroblewski @lukew

スプリットスクリーンモードでどうやって動的 viewport を扱うのだろうか・・・
Wondering how Apple will handle dynamic viewports in split screen mode…

Jason Grigsby @grigs

iOS 8 スプリットスクリーンがホントなら、ウェブアプリかネイティブアプリかという無為な議論もこれでやっと終わりを告げる。ゼロサムじゃない。
IF iOS 8 split screen is true, then the whole much time spent in apps vs web stupidity may finally die. Not zero sum.

     *     *     *

昨年の夏 iPad mini だけの生活をした。

iPad オンリーの作業で一番不便を感じたのがアプリ切り替えの煩雑さだった。

専用マシンとして考えた場合、iPad が克服しなければならない問題はそれだと思った。

マイクロソフト Surface のようにできれば、確かにこれは大きな進歩だ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

retina_ipad_mini_shipping

[Retina iPad mini]

突如発売開始となった iPad mini だが、ひょっとしたらと思って例の量販店へ出掛けてみた。

夕方の人影まばらな時間。

おっ、iPad mini が展示されている。

第一印象は写真がメチャきれいなこと。

自分のサイトを見てみる。

画面の細かいところまでハッキリ見えるような気がする。

ギークたちが Mini 派になるワケが分かる。

Mini と Air を見比べる。

文字を読むには Mini はちょっと小さく Air の方が読みやすい。

先代や新しい Mini、新しい Air との間を行ったり来たり・・・

誰もいないので心ゆくまで触れられるのだが、その都度心が揺れる。

自分が欲しいのはいったいどれなのか?

     *     *     *

この夏 iPad mini だけの生活をしたのは、それしか持って行けなかったからだ。

そういう状態になれば、それだけで何とかする方法を考える。

リンクサイトもなんとか最低限のことはできた。

しかし翻訳となると、Mini だけではとても手に余る。

せめてそれなりの物理的キーボードが使えるレギュラーサイズの iPad が欲しいと思った。

     *     *     *

しかし今はどうか?

文章を書く作業は机の前の iMac、それ以外は — とくに寝転がっているときは iPhone で十分だ。

ベッドの中で iPad を使うシーンはとても想像できない。

では iMac と iPhone の間のどこに iPad は当てはまるのか?

結局自分が iPad を何に使いたいのかということに尽きるようだ。

     *     *     *

MG Siegler が母親のことを書いている。

古い iPad をあげたら、それを母親が古くなったコンピュータの代わりに使っているので驚いたという話だ。

TechCrunch: “‘It’s Just A Big iPod Touch’” by MG Siegler: 12 November 2013

     *     *     *

母親からのメール

そうよ。 iPad は大好き。でもキーボードがついていないのが残念。タッチパッドは好きじゃない。でも今では古くなったコンピュータの代わりに使ってる。Pinterest のサイトとか。(いつものように)問題もいくつかあるけど。ときどき止まって、黒い画面にアップルマークが出たり。使い過ぎなのかしら? 使っているのはEメールや Facebook、調べものをときどき。愛してるよ。ハグ・キス・ハグ・キス・ハグ。[Xoxox]

ワタシの iPad から送信しました。

So yes, I like the iPad, but I miss a keyboard. I don’t like this touchpad. But I use it now in place of my old computer. I go on Pinterest. But I am having a few issues (as usual). It just shuts down and the Apple appears on the black screen. Must be that I’m using it too much? I use it for email, Facebook, and checking things out. Love you. Xoxox

Sent from my iPad

     *     *     *

かくて MG Siegler は確信する。現にコンピュータの代わりに iPad を使うひとがいるのだと・・・

     *     *     *

コンピュータの代わり

これがある年代の iPad ユーザーの「平均的」反応を 100% 示しているというつもりはないが、かなりそれに近いのではないか。「キーボードが欲しい」、「Pinterest」、「Eメール」、「Facebook」、「調べもの」など。

I’m not 100 percent sure this is the perfect response from an “average” iPad user of a certain age, but I’d bet it’s pretty close. “Miss a keyboard.” “I go on Pinterest.” “Email.” “Facebook.” “Checking things out.”

自分の母親にとって iPad は完全にコンピュータの代わりになってしまった。キーボードについてのグチを除けば、彼女にとってこれで十分なのだ。

The iPad has become a full-on computer replacement for my mother. And beyond the keyboard quibble, it sure seems to be a more than adequate one for her.

     *     *     *

だから — と彼はいう — だから、そんなユーザーのためにマイクロソフトの Surface キーボードカバーのような物理的キーボードをアップルも考えるべきだと。

そうなったらいいなと自分も思う。

Mini の実物を見たのはいいが、かえって迷いが生じてしまった。

Read Full Post »

Arden_Hayes_on_Jimmy_Kimmel

[Jimmy Kimmel ショーに出た5歳の Arden クン]

iClarified: “Five Year Old Turns Down Free Sony Tablet for iPad on Jimmy Kimmel [Video]“: 06 November 2013

     *     *     *

ソニーのタブレットはいらない

昨夜の「Jimmy Kimmel」ショーで、5歳の Arden Hayes クンはお土産のソニー Xperia Z タブレットをいらないと断った。クリスマスで iPad をもらうからと・・・

On Jimmy Kimmel last night, five year old Arden Hayes turned down a free Sony Xperia Z tablet because he was going to get an iPad for Christmas.

この天才児は同番組で世界の地理に強いところを披露した。最後にお土産をもらう段になって、地球パズルはホンモノの地球儀を持っているからいらないとユーモアたっぷりに退け、ソニーのタブレットについては「誰かにあげて。ボクはクリスマスプレゼントに iPad をもらうことになっているから」と断った。

The child genius was on the show to demonstrate his incredible knowledge of world geography. When presented with a few parting gifts, Hayes humorously dismissed a puzzle of a globe because he has a real globe at home and turned down the Sony tablet saying, “Well, you could just give it away because we’re just planning to get an iPad for Christmas.”

     *     *     *

Five Year Old Genius Arden Hayes on Jimmy Kimmel Live | YouTube]

地理の知識も大人顔負けだが、評判になったのは最後のお土産をもらう部分・・・

断り方がとても5歳児とは思えない!

前回同番組で歴代大統領についての知識を披露したビデオも見ものだ。

★ →[ビデオを見る:YouTube

Read Full Post »

Screen Shot 2013-10-23 at 10.42.10 pm

分離するタブレット市場

新しい Retina iPad mini の登場に伴い、旧モデルの価格は 299 ドルに引き下げられた。

それをめぐって Benedict Evans[ロンドンのリサーチコンサルタント会社 Enders Analysis のアナリスト]が興味深い指摘をしている。

Benedict Evans: “iPads, price and self-selection” by Benedict Evans: 24 October 2013

     *     *     *

サプライズはなかった

アップルの iPad イベントは予想範囲にとどまりサプライズはなかった。レギュラーサイズの iPad はいずれスピードが速くなり、より軽くなることは分かっていた。またいずれかの時点で iPad mini も Retina 化することは分かっていた。唯一の問題はサプライチェーンが十分なパネルを供給できるかどうか(一部事情通はそうならないといっていたが)、11月後半の出荷日、そして 400 ドルという価格が適正かどうかにかかっていた。

Apple’s iPad event was pretty unsurprising. It was obvious that the large one would be speed-bumped and get lighter. It was also obvious that the Mini would get retina at some point – the only question was whether the supply chain could deliver enough panels now (with some well-informed people suggesting it could not), and the late-November ship date and $400 price point to how close it was.

     *     *     *

指紋認証もなかった

どちらの iPad にも指紋認証が搭載されなかったのは驚きだった。これまたサプライチェーンの問題かもしれない。しかしアップルが念頭におく(モバイルペイメント)プラットフォームは(指紋認証を立ち上げるには)ユーザーベースが小さすぎるということを意味しているのだろう。

The lack of fingerprint scanning in both the new models was a surprise – it may again be a supply problem, but it means that any platform play Apple has in mind (ie payment) will have a smaller install base to launch onto.

     *     *     *

旧モデル Mini が 300 ドルに止(とど)まったナゾ

しかし大きなナゾは、旧モデル Mini が 300 ドルまでしか下がらなかったことだ。これは Retina mini と並ぶ解像度の Nexus 7 の 230 ドルと比べても見劣りがする。グーグル Nexus 7 の販売マージンは非常に低いが、それにしても旧モデル Mini の価格は 275 ドルとか 250 ドルではなく 300 ドルにしか出来なかったのだろうか? アップルはいったい何を考えているのだろう?

However, the big puzzle is the price the now old Mini is discounted to: $300. This compares poorly to a new Nexus 7, with comparable resolution to the retina Mini, at $230. The Nexus 7 is of course being sold at very low margin by Google, but does the old Mini really need to be $300 rather than, say, $275 or $250? What is Apple thinking?

     *     *     *

タブレットの販売予想

単純化していえば、アップルのマーケットシェアは明らかに小さくなっている。冒頭のチャートは今週ベイ・エリアで行なったプレゼンテーションのものだが、私のタブレット販売予想を図示したものだ。(上に行くほど伸び率が大きい。四半期予測のできるデータがない Kindle Fire は含まれていないが、米国外や特定の限られたマーケットではあまり意味がない。)

On a simplistic level, Apple’s tablet market share is clearly shrinking. The chart below, taken from a presentation I’ve been giving in the Bay Area this week, shows my estimates of tablet unit sales. (They’re in increasing order of certainty as you go from top to bottom. Kindle Fire is not included, since I lack the grounds to do quarterly estimates, but obviously it is not relevant outside the USA and a few other markets).

     *     *     *

プライスウインドウ(price window)

最近のアップルの売れ行きが減っているのは、主に製品サイクルの問題によるものだ。だがそれ以外のタブレットの成長は目覚ましい。それなのに未だアップルは iPad の下に安いプライスウインドウ[price umbrella とも:ライバルに参入の余地を残す価格帯]の存在を許している。なぜなのか?

Apple’s recent sales decline is largely a product cycle issue, but clearly, sales of other tablets are growing fast. And yet Apple is allowing the price window underneath the iPad to become meaningful. Why?

     *     *     *

売れない Nexus

このチャートで自分がいちばん興味があるのは、Nexus の売上げが非常に小さいことだ。Nexus はクリーンな Android がインストールされ、非常に意欲的な価格設定になっている。しかしグーグル自身の数字でもほとんど売れていない。どうして? いったいなぜ Nexus 10 の売上げは 100 万台にも達しないのか?

To me, the really interesting thing about this chart is how small Nexus sales are. Here is a good device with a nice clean Android install, sold at a very aggressive price. On Google’s own numbers, almost no-one buys it. Why? Why do sales of the Nexus 10 appear to be under 1m units?

     *     *     *

Nexus 以外の Android タブレットは?

一方どのデータを見ても — インストールされたアプリの数、ウェブでの利用、その他サードパーティの利用数字を見ても — 使われているタブレットの4分の3は iPad だ。Nexus 以外の Android タブレットはいったいどこへ行ってしまったのか? いったいどうなっているのか?

Meanwhile, every single data set shows iPad with at least three quarters of tablet use, be it app installs, web use or any other third-party engagement metric you want. Where are all those other, non-Nexus Android tablets? What’s being done with them?

     *     *     *

いま起きていること

いま起きているのはこういうことだろうと思う。 — アップルやスティーブ・ジョブズが造り出した「ポスト PC ビジョン」を望むのであれば、そんなひとは iPad を買うだろう。そんなマーケットの大部分をアップルが占め、そんな利用目的で iPad が使われることになる。これは驚くにはあたらない。Android のタブレットアプリは、Android の電話アプリと同じような意味で、iPad に大きな遅れをとっているからだ。

What seems to be happening is that if you want the post-PC vision that Apple and Steve Jobs created, you probably buy an iPad, and Apple has a large majority of that market, and hence of the use of devices for that purpose. This isn’t very surprising: the Android tablet app offer remains far behind the iPad in a way that the Android phone app offer does not.

     *     *     *

中国製ノーブランド Android タブレット

一方別な側面もある。ノーブランドの黒い中国製 Android タブレットが Nexus 7 の半額の 75〜150 ドルで売られていることだ。大量に売られているのだが、実際の使われ方は非常に異なっているように見える。

But there’s also another proposition, a $75-$150 black generic Chinese Android tablet, half the price of a Nexus 7. That proposition is also selling in huge numbers, but it appears to come with a very different type of use.

     *     *     *

「タブレットのフィーチャーフォン」

なぜみんなは(ノーブランド Android タブレットを)買うのか? いったい何に使っているのか? これらのタブレットは専ら中国[グラフのいちばん上のピンクの部分]や新興マーケット、西洋低所得者層で売れている。ウェブや無料ゲームにも少しは使われているようだ。読書もいくらかあるかもしれない。しかし大部分はビデオの視聴だ。事実、多くの購買者にとってこれらタブレットはテレビと競合しているのであって、iPad や Nexus、Tab と競合しているのではないと主張することもできるかもしれない。その使われ方がどうであるにせよ、iPad とは異なっているのだ。実際のところ、これらのタブレットは(いわば)「タブレットのフィーチャーフォン」なのだ。

Why are people buying these? What are they being used for? They’re mostly in China (that’s the pink bar above) and emerging markets and in lower income groups in the west. And it seems that they’re being used for a little bit of web, and a bit of free gaming. Perhaps some book reading. And a LOT of video consumption. In fact, one might argue that for many buyers, these compete with TVs, not iPads, Nexuses and Tabs. But regardless of what they’re being used for, they’re not being used the way iPads are used. In effect, they are the featurephones of tablets.

     *     *     *

2つのタブレットマーケット

もしこの仮説が正しいとすれば、iPad は(iPhone と違って)未だ競争上の脅威に晒されておらず、300 ドル Mini に競合問題はないことになる。実際は2つのまったく異なるマーケットが存在するということだ。ひとつはアップルが圧倒的に優勢な「ポスト PC ビジョン」、もうひとつはタブレットの名で呼ばれてはいるがまったく別物の超低マージンの製品という2つのマーケットだ。

If this theory is correct, it suggests that Apple’s $300 Mini really isn’t a competitive problem, because the iPad doesn’t yet face a strong competitive threat (quite unlike the iPhone). Rather, there are actually two quite different markets: the post-PC vision, where Apple is dominant, and a ultra-low margin product that’s also called a tablet but which is really a totally different product.

     *     *     *

タブレットにもフィーチャーフォンがあると見立てたところが眼目だ。

タブレットのマーケットシェアを論じるときに見落としてはならない視点だろう・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

« Newer Posts - Older Posts »