Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘ソフト開発’ Category

stanford_swift

[Developing iOS 8 Apps with Swift by Stanford:iTunes U

恒例のスタンフォード大 iOS コース。

今年のウリは発表されたばかりの Swift だ。

工学部の Paul Hegarty 教授によるコースがさっそく iTunes U で無料公開されている。

Developing iOS 8 Apps with Swift – Download Free Content from Stanford | iTunes

始まったばかりで、最初の2講義(各1時間)がビデオとスライド付きでアップロードされている。

新しいプログラミング言語で iPhone や iPad のアプリを作ろうというひとには見逃せないチャンス!

それにしても名門スタンフォード大の人気コースが世界のどこからでもタダで受講できるのだからじつに素晴らしいご時世になったものだ。

各国語のつぶやきを見ても、世界各地の期待と興奮が伝わって来るようだ・・・

Read Full Post »

chrome_webstore

[Chrome の機能拡張ならこんなに:image

これぞと思う製品にフォーカスできるのはアップルの強みだ。その一方でフォーカスされずに取り残される製品が出てくる可能性もある。

Safari の機能拡張を例に、Collin Donnell がそんな不満を述べている

Marco Arment もさらにそれを敷衍して、Mac アプリへの懸念を述べている。

Marco.org: “The Products Apple Doesn’t Have Time to Improve” by Marco Arment: 29 December 2013

     *     *     *

必要なアテンションが払われなくなる

Collin Donnell いわく

Collin Donnell:

Chrome と比べて Safari では優れた拡張機能が欠如していることがその格好の例だ — アップルで何かが注力されると、放っておかれるものが出て、成功に必要なアテンションが払われなくなる傾向がある格好の例・・・

The dearth of good Safari extensions compared to what Chrome has is a good example of Apple’s tendency to get something going, get kind of sidetracked and then not give it the attention it needs to succeed.

     *     *     *

見捨てられた Mac アプリ

アップルの未来を考えるときいちばんの心配は、そんな見捨てられたアップル製品のリストがどんどん長くなっていくことだ。Mac の主力となるソフトウェアがとくにそうだ。

My main concern for Apple’s future is the growing list of such products, especially the increasing number of major Mac applications.

     *     *     *

最悪のケースが iWork for Mac

最悪のケースは iWork for Mac だ。1年ないし1年半毎に重要なアップデートが行なわれていたが、それも 2009 年で完全に終わってしまった。2013 年に一部手直しが行なわれたが、4年間の空白を埋めるというよりはやっつけ仕事のように感じられた。iPad はオフィスの「仕事」には向かないとマーケティングで批判されることに対して急遽おこなった1年間のやっつけ仕事のように・・・。アップルはマーケティングのニーズを優先して、iWork ユーザーのニーズを大きく犠牲にしたのだ。

iWork for Mac is a worst-case example. Its series of substantial updates every 12–18 months completely stopped in 2009, and the 2013 rewrites don’t feel like nearly 4 years of work — they feel a lot more like a rushed 12-month effort in response to marketing threats against the iPad’s suitability for office “work”, prioritizing Apple’s marketing needs at significant expense to iWork customers’ needs.

     *     *     *

iLife アプリも iOS に注力

iLife アプリも見捨てられたように思える。Mac バージョンの iPhoto、iMovie、Garage Band はいずれも重要なアップデートが3年も行なわれていない。明らかに iLife の努力は iOS バージョンに向けられてしまったのだ。iOS バージョンの iMovie や Garage Band はたしかに目を見張るものがあるが、iPhoto はその努力にも、Mac バージョンで失われる機会費用にも値しないように思える。iPhoto こそ iLife アプリの中で最もよく利用され、最も重要なアプリだといっていいと思う。

The iLife apps feel abandoned, too: iPhoto, iMovie, and Garage Band haven’t seen meaningful Mac updates in 3 years. iLife effort has clearly shifted to their iOS versions instead, and while iMovie and Garage Band are impressive on iOS, iPhoto hardly seems worth the effort and the opportunity cost to its Mac version — and I bet iPhoto is the most used and most important iLife app by far.

     *     *     *

プロ向けアプリも

プロ向けのアプリもプッスンプッスン音を立てながら失速している。Final Cut Pro X は徐々に解決されているとはいえ大失敗だった。Logic Pro X は一応オーケーだが、まだ途方もなくバグが多い。Aperture はこれまで同様見捨てられたままの感じだ。(遅くてバグも多い。)

The pro apps are sputtering along — Final Cut Pro X was a disaster that’s slowly being resolved, Logic Pro X is OK (but still unreasonably buggy), and Aperture is continuing its tradition of always feeling abandoned (and slow, and buggy).

     *     *     *

新しいカテゴリーのハードウェアより

技術系プレスの多くは、新しいカテゴリーのハードウェアが登場することを希求しているが、それより自分としてはアップルがテレビや時計やあるいはユニコーンのような何かには手を出さず、これから5年間は既存製品のソフトやサービスを磨いてくれる方がずっといいと思う。

While most of the press demands new hardware categories, I’d be perfectly happy if Apple never made a TV or a watch or a unicorn, and instead devoted the next five years to polishing the software and services for their existing product lines.

     *     *     *

たしかにこのところ Mac は疎(おろそ)かにされているような気がする・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Update:「ポスト iOS 6 世界」を生き延びるために》

App-Store-Hd-Widescreen-s

[ひしめき合う App Store:image

WWDC はデベロッパのための会議だ。

自らも iOS デベロッパでもある Marco Arment の視点がオモシロい。

Marco.org: “Fertile Ground” by Marco Arment: 11 June 2013

     *     *     *

古いものを焼尽す

この業界が好きな理由のひとつは、古くからの既存の大手が、破壊や的外れ、流行の変化によってきれいサッパリ全滅することだ。古いものを焼尽す森林火災は大災害で、徒や疎かに扱ってはならないが、しかしその後に残されるのは何もない跡地と計り知れないチャンスだ。

One of my favorite patterns in our industry is when the old and established are wiped out by disruption, irrelevance, or changing fashions. Like a forest fire, clearing out the old is very destructive and shouldn’t be taken lightly. But what’s left behind is a clean slate and immense opportunity.

     *     *     *

チャンス到来

かかるチャンスが大挙して訪れたことは iOS ではなかった。昨日 iOS 7 を見て、この秋には自分たちにもチャンスが訪れると思った。

I don’t think we’ve ever had such an opportunity en masse on iOS. After what we saw of iOS 7 yesterday, I believe this fall, we’ll get our chance.

     *     *     *

ひしめき合うジャンル

App Store はひしめき合っている。どのジャンルを見ても、ひとつないしは2つのビッグプレーヤーが独占している。iOS の進化とともに彼らは他をリードする。新しい API やアイコンサイズが OS に加われば、デベロッパはそれを少しずつ加味して、それで終わりだ。ビッグプレーヤーはさらにビッグになるだけだ。

The App Store is crowded: almost every common app type is well-served by at least one or two dominant players. They’ve been able to keep their leads by evolving alongside iOS: when the OS would add a new API or icon size, developers could just add them incrementally and be done with it. Established players only became more established.

     *     *     *

iOS 7 は異なる

しかし iOS 7 は異なる。単なる新しいスキンではないのだ。これまでの UI へ加えられた変更とはまったくレベルが異なる新しい操作方法や構造基準が導入されている。既存のアプリを iOS 7 でそれなりにサポートするのは簡単だろう。しかしそれでは古色蒼然たるルック&フィールになる。デベロッパたちはいろいろ困難に遭遇する。

iOS 7 is different. It isn’t just a new skin: it introduces entirely new navigational and structural standards far beyond the extent of any previous UI changes. Existing apps can support iOS 7 fairly easily without looking broken, but they’ll look and feel ancient. Their developers are in a tough position:

     *     *     *

既存のデベロッパにとっての問題点

・ほとんどのデベロッパは iOS 6 のサポートをまだやめるわけにはいかない。(OS 5 のサポートが必要なアプリも多く、なかには 4.3 のサポートが必要な不運な連中もいる。)したがってデザインに際しては下位互換性(backwards compatibility)が必要となるが、iOS 7 ではそれは非常に限られてくる。

– Most can’t afford to drop support for iOS 6 yet. (Many apps still need to support iOS 5. Some unlucky souls even need to support 4.3.) So they need to design for backwards compatibility, which will be extremely limiting in iOS 7.

・ほとんどのデベロッパには独立した2つのインターフェイスを書く余裕はない。(そもそもそれってヒドい話だ。)

– Most can’t afford to write two separate interfaces. (It’s a terrible idea anyway.)

・ほとんどのデベロッパの場合、すでに出来上がってしまった機能やデザインは iOS 7 にはしっくり馴染まない。デザインし直すか、削除する必要が生じる。しかしそれでは多くの既存の顧客が(あるいはデベロッパ自身も)それに抵抗する。

– Most have established features or designs that won’t fit well into a good iOS 7 design and will need to be redesigned or removed, which many existing customers (or the developers themselves) will resist.

     *     *     *

ビッグプレーヤーにとっても

成熟した重要なアプリのデベロッパのほとんどについても、iOS 7 に移行するのは容易なことではないと思う。技術的な障害は克服できても、出来上がったアプリのルック&フィールはちゃんとならないのだ。もう欺くことはできない。

I don’t think most developers of mature, non-trivial apps are going to have an easy time migrating them well to iOS 7. Even if they overcome the technical barriers, the resulting apps just won’t look and feel right. They won’t fool anyone.

     *     *     *

素晴らしいニュース

これは素晴らしいニュースだ。

This is great news.

     *     *     *

すべてが流動的

アップルは iOS に火を放った。すべてが流動的だ。最も失うものの少ないものが最も大きな利益を得る。なぜならこの秋には何億ものひとがアプリを求め始めるからだ。古くて黴臭いプレーヤーはごまんといるのに、新しくて機転のきくプレーヤーは数少ない、そんなプラットフォームのアプリを求め始める。もしもアナタが iOS 6 のひしめき合うジャンルに参入したいと考えているなら、もしもアナタが iOS 7 だけをターゲットとする数少ないデベロッパのひとりなら、アナタのアプリはどのライバルより、見栄えよく、優れた機能で、スピードも早く、より安く開発出来るだろう。

Apple has set fire to iOS. Everything’s in flux. Those with the least to lose have the most to gain, because this fall, hundreds of millions of people will start demanding apps for a platform with thousands of old, stale players and not many new, nimble alternatives. If you want to enter a category that’s crowded on iOS 6, and you’re one of the few that exclusively targets iOS 7, your app can look better, work better, and be faster and cheaper to develop than most competing apps.

     *     *     *

大胆ささえあれば

こんな大きなチャンスは滅多に来ない。3年ないし5年に一度のチャンスでもラッキーだ。出来上がったジャンルに乗り込もうとするひとは、ひたすら最新でありたいと望む大胆ささえあれば、誰でも圧倒的な優位性を得ることができる。

This big of an opportunity doesn’t come often — we’re lucky to see one every 3–5 years. Anyone can march right into an established category with a huge advantage if they have the audacity to be exclusively modern.

     *     *     *

自分も・・・

可能な限り早急に自分も攻め入るつもりだ。自分が正しいと期待したい。

I’ll be invading one as soon as I can. Here’s hoping I’m right.

     *     *     *

絶好のチャンス到来というワケだ。

InstapaperThe Magazine を手放して身辺整理をしたのはそういうことだったのか!

Google Reader 終了に際しての彼の考え方も興味深いものだった。

いかにも機を見るに敏な Marco Arment らしい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》「ポスト iOS 6 世界」を生き延びるために(6月16日)

一刻も早くアップデートを考慮すべきだという指摘が興味深い。

Entropy: “Start Updating Your Apps for iOS 7. Now.“: 12 June 2013

     *     *     *

もはや同じではありえない

WWDC を取り巻く煙幕が消えてきた。ひとつだけハッキリいえることがある。もはや iOS は決して同じではあり得ないということだ。

Well the smoke has cleared from this year’s WWDC – and one thing is certain – iOS will never be the same again.

     *     *     *

デベロッパにとっては

Jony Ive 率いる新しいデザインが「フラット」か、それとも「リッチで深みがある」かといった議論はさておいて、デベロッパ(ひいてはコンテンツやアプリの所有者)にとって iOS 7 が何を意味するのかということを考えてみよう。

Let’s put aside the (competing) arguments about whether the new Johny Ive-led design is “flat” or actually “deep and rich” for just a moment and focus on what iOS 7 means to developers (and thus content and App owners).

     *     *     *

為すべきことは山ほどある

手短かにいえば、正式に iOS 7 が発表されるまでにわれわれが為すべきことは山ほどあるということだ。

In short – we all have a LOT of work to do before iOS 7 is formally released into the wild.

     *     *     *

「ポスト iOS 6 世界」を生き延びれない

(24時間足らずだが iOS 7 を使ってみて)われわれが到達した結論は、どのアプリも最低限基本的な UI アップデートをしなければ「ポスト iOS 6 世界」を生き延びることは出来ないということだった。

The key takeaway we’ve reached (after less than 24 hours playing with the iOS 7 Beta release) is this – every App must consider even basic updates to its UI to survive in a post-iOS 6 world.

     *     *     *

基本的構成要素を

アプリのアイコンをフラットにして、アップルの株価アプリのカッコいいデザインに合うように見栄えを良くするという単純な問題ではない。iOS 7 のメリットをアプリが十分生かすためには、縁のないボタンを始めとして半透明のバーからフルスクリーンのレイアウトに至るまで、基本的な構成要素を検討し直し、つけ加えなければならないのだ。
 

We’re not talking about simply flattening the App icon so it matches alongside the Apple stock Apps new, sleek design. Fundamental elements – from borderless buttons to translucent bars through to full-screen layouts must be considered – and added – to allow your App to take full advantage of iOS 7.

     *     *     *

そうしないと・・

そうしないとどんなリスクが考えられるか?

What’s the risk?

iPhone 4 が発表されたとき、Retina に対応していないアプリがどう見えたか思い出してほしい。もっと、ずっとヒドいことになる可能性だってある。iPad の倍になった画面上で iPhone にしか対応していないアプリが 「どうにかまあまあに」見えたことも思い出して欲しい。「まあまあ」なんて議論は長続きしなかったじゃないか。

Remember what non-retina enabled Apps looked like when the iPhone 4 was released? Well, this has the potential to be worse – much worse. And remember when many people said that iPhone-only Apps would look “just fine” on the iPad when blown up to 2X scale. Yeah, that argument didn’t last long.

     *     *     *

古くて、ダサくて、古色蒼然

端的にいえば、新 OS では iOS 7 以前のアプリはひどく目立ってしまう。古くて、ダサくて、・・・古色蒼然としたものに見えてしまうのだ。

Simply put, pre-iOS 7 Apps running on the new OS stick out like a sore thumb – looking aged, clunky, and well…just ancient.

     *     *     *

手直しするだけでもゼロから始めるのと同じ労力がいるということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

donmelton

[元アップルプログラマー Don Melton:image

少し前に話題になった元アップルプログラマーの Safari 開発秘話が大変オモシロい。

Don Melton は Scott Forstall の下で極秘に Safari 開発に当たった責任者だった。

Don Melton: “Keeping Safari a secret“: 03 January 2013

     *     *     *

本名を名乗らなかった Safari

日夜 Safari の開発をやっていた頃、まだ Safari という名前で呼ばれるようになるずっと以前のことだが、それはマイクロソフトの Internet Explorer のふりをしていたものだ。そう、1998 年以来 Mac OS にバンドルされていた Internet Explorer for Mac のことだ。Safari 発表の半年前のころには、Mozilla ブラウザのふりをし始めた。

For much of the time we spent developing Safari — long before it was called by that name — it pretended to be Microsoft Internet Explorer. Specifically, Internet Explorer for Mac, which Apple had provided with the OS since 1998. Less than six months before Safari debuted, it started pretending to be a Mozilla browser.

     *     *     *

なぜそんなことを?

なぜそんなことをしたのかって? コードも動作も非常に異なる Safari をどうやって偽ることができたのかって?

Why did we do this? And how did we make Safari pretend to be these browsers when its code and behavior were so different?

チームを編成してそんなブラウザを作成するよう Scott Forstall に命じられたせいだけではない。このプロジェクト全体を極秘にしておかなければならなかったのだ。そのために、オリジナルチームの大部分を雇うのに、仕事を始めるまでは何をやるのか教えてやるワケにもいかないというひどく込み入った状態で、管理上の難問題だったのだが、その話は別の機会に譲るとしよう。

Not only was I tasked by Scott Forstall with building a browser and building a team to build that browser, I had to keep the whole damn project a secret. Which, by the way, really complicated the shit out of hiring most of the original team since I couldn’t tell them what they were working on until they took the job. Talk about your management challenges. But that’s another story.

     *     *     *

極秘任務

そう、極秘だった。かといって、Jony Ive のデザイングループが当時そうだったように、あるいはまた数年後には iPhone チームがそうなったように、肉体的にも閉じ込められていたワケではなかった。しかし名指しで訪ねてこない限り、われわれをキャンパスで見つけるのは不可能だった。できたとしても、われわれの誰かが実際に Safari を動かしている現場 — 通常密室でやっていたが — を見ない限り、何をやっているのか分からなかっただろう。

So, secrecy. We weren’t under physical lockdown like Jony Ive’s design group was then, or like the iPhone team would be years later. But unless you knew who to look for, you were never going to find us on campus. And if you did, it’s unlikely you could tell what we were doing unless you caught one of us actually running Safari — something we usually did with our office doors closed.

     *     *     *

チームの心配はしなかった

ウワサになることについては心配していなかった。Forstall が私を信頼していたからだ。その点は — 他にもいろいろあるが — 彼が偉大なボスだった証拠だ。それに私も自分のチームを信頼していた。さもなくばそもそも彼らを雇ったりはしなかっただろう。われわれの誰も、そしてアップル内部のベータテスターたちの誰も、密告などしなかった。ベータテスターの数は非常に限られていたが、みな非の打ちどころがなかった。

I wasn’t worried about talk either. Forstall certainly trusted me – that’s one of the many things that made him a great boss. And I trusted my team — otherwise I wouldn’t have hired them. None of us nor any of the internal beta testers at Apple were going to snitch. There were too damn few beta testers, but they were above reproach.

     *     *     *

何が心配だったか

当時はツィッターもなかったし、フェイスブックもなかった。仕事内容をブログに書くようなバカはアップルにはいなかった。それじゃいったい何を心配したのかって?

Twitter and Facebook didn’t exist then. Nobody at Apple was stupid enough to blog about work, so what was I worried about?

サーバーのログだ。死ぬほどそれが怖かった。

Server logs. They scared the hell out of me.

     *     *     *

ユーザーエージェント文字列

ウェブブラウザがウェブサーバーからページを読み込むとき、ブラウザは ID としてサーバーに対してユーザーエージェント文字列(user agent string)を明らかにする。基本的には名前、バージョン、プラットフォームなどのことだ。同時にまたブラウザはサーバーに IP アドレスも手渡すので、サーバーはどこにページを送ればいいのか分かるワケだ。このやり取りのおかげでウェブは動くことができ、さらに誰がどこで、どのブラウザを使っているかをサーバーに教えることができるのだ。

When a Web browser fetches a page from a Web server, the browser identifies itself to that server with a user agent string — basically its name, version, platform, etc. The browser also gives the server an IP address so the server knows where to return the page. This exchange not only makes the Web work, it also allows the server to tell who is using what browser and where they’re using it.

何をいいたいのか分かるだろう? でもそれだけではない・・・

You can see where this is going, right? But wait, there’s more…

     *     *     *

固定 IP アドレス

1990 年当時、先見の明のあるアップルの IT 担当者は、アップルのために IP アドレスの Class A ネットワーク全体を確保しておいた。そうなのだ、アップルは 16,777,216 個の固定 IP アドレス(static IP addresses)を確保していた。そしてこれに属するアドレスは — 今では「/8 block」と呼ばれているが — すべて同じ数字で始まるのだ。アップルの場合、それは 17 だった。

Back around 1990, some forward-thinking IT person secured for Apple an entire Class A network of IP addresses. That’s right, Apple has 16,777,216 static IP addresses. And because all of these addresses belong together — in what’s now called a “/8 block” — every one of them starts with the same number. In Apple’s case, the number is 17.

IP アドレスが 17.149.160.49 なら、それはアップルだ。17.1.2.3 もアップルだし、17.18.19.20 もアップル、17.253.254.255 もアップルというワケ。クソッ!

IP address 17.149.160.49? That’s Apple. 17.1.2.3? Yes, Apple. 17.18.19.20? Also, Apple. 17.253.254.255? Apple, dammit!

すっかり騙されていた。

I was so screwed.

     *     *     *

CIA 並みのプロジェクト

みんなが忠誠を宣誓をして CIA の非合法活動なみに密かにこのプロジェクトを遂行していたけれど、アップルキャンパスのネットワークを利用するときに Safari を「Safari」という名前で使うワケにはいかなかった。さもないと、ウェブサーバーの管理者がどこかでログファイルをスキャンして、ユーザーエージェント文字列と発信元の IP アドレスを突き合わせるかもしれないのだ。そうなれば 2003 年1月7日の Macworld で Steve Jobs が発表しようとしているビッグサプライズがダメになってしまう。ひいては自分もそうなるということなのだ!

Even though we operated the project like some CIA black op — with loyalty oaths and all — we couldn’t let Safari be “Safari” when we used it on the Apple campus network. Otherwise, some Web server administrator somewhere might be scanning their log files and notice the connection between user agent string and IP address origin. Then the big surprise Steve Jobs wanted to unveil at Macworld on January 7, 2003, would be shot. And, likely, so would I.

     *     *     *

自分が考案したユーザーエージェント文字列

そこでわれわれは自分が巧く考案した Safari のユーザーエージェント文字列を隠したのだ。「自分が考案した」という意味は、それが実際に Safari および WebKit の数少ないコードのひとつであり、1)それを考案したのは自分だと主張でき、2)今でもソースコードに残っているからだ。残りのハッキングについては自分のエンジニアチームがすべて削除ないしは更新してしまった。実に頭のいい連中を雇ったものだよ。

So we hid my cleverly designed Safari user agent string whenever we were at Apple. And I say “my” because that’s actually one of the few pieces of code in Safari and WebKit that 1) I can claim to have designed and 2) is still actually in the source. Thank God my engineering team removed or refactored all my other hacks. I hired good people.

     *     *     *

今でもその名残り

アップルキャンパスのネットワークを使うとき以外、すなわち自宅ではいつも、Safari をいじって本当のユーザーエージェント文字列を有効にしていた。互換性テストのためにそうせざるを得なかったのだ。文字列をいじることで当時のウェブサイトと最大限の互換性を確保することができたのだ。Safari のユーザーエージェント文字列には今でも余分な情報 — KHTML、Gecko など他のブラウザエンジンの名前 — が残っているのはそういうワケだ。

Whenever we were off the Apple campus network, e.g. in our homes, we modified Safari to enable its real user agent string. And we had to do this for compatibility testing. That allowed me to tweak the string for maximum compatibility with the websites of that time. Which explains why the Safari user agent string has so much extra information in it, e.g. KHTML, like Gecko — the names of other browser engines.

     *     *     *

ちょうど10年前の今ごろ

真の Safari ユーザーエージェント文字列を無効にしたまま出荷するワケにはいかなかったので、次善の策として、一定の日時が来たら自動的に有効になる方法をとった。ちょうど10年前の今ごろ、発表の数日前のこと、ついに Safari は世を忍ぶ隠れ家から堂々と自分を名乗れるスポットライトの下へ出て行ったのだった。

We couldn’t ship with the real Safari user agent string disabled, but we came up with the next best thing — automatically enabling it after a certain date. Just about this time 10 years ago, days before it was to debut, Safari went from hiding its light under a bushel to being proud of who it really was.

私は発表前の数日間、インターネットのサーバーログをくまなく探しては心配で眠れぬ夜を過ごしたものだった。

And I spent the days before that debut nervous and losing sleep as I combed the Internet for server logs.

     *     *     *

敵を欺くにはまず味方からというワケだろう。

ジョブズ時代の開発秘話だ。

Don Melton については彼をゲストに迎えたポッドキャストがメチャオモシロい。

Forstall のインタビューを受けたときや開発当時の様子のほか、あまり耳にすることのないアップルプログラマーの名前が続出する・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[HyperCard:image

初期の Macintosh に感じるあの何ともいえない懐かしさは何だろうか・・・

筆者の場合は HyperCard が果たした役割も大きい。

The Loop: “Happy 25th anniversary, HyperCard” by Peter Cohen: 11 August 2012

     *     *     *

25年前の今日 Macworld Expo Boston で登場

Kelly Guimont[TUAW]から:

Kelly Guimont for TUAW:

25年前の今日、HyperCard[ハイパーカード]が Macworld Expo Boston で発表された。ギークでない一般人向け(for the rest of us)のためにアップルが出したソフト開発キットだったが、1987 年8月11日以降、新しい Mac にはすべて必ず搭載されるようになった。単独で買えば 49 ドルだった。1 MB のメモリー(そう、たった1メガバイトだ)と 800K のフロッピーディスク2枚、あるいはフロッピーディスク1枚とハードディスクが必要だった。(同時に発表されたのは ImageWriter LQ、Apple Fax Modem、MultiFinder などだった。) 今から考えれば隔世の感がある・・・

Twenty-five years ago today, HyperCard was released at Macworld Expo Boston. Apple’s software construction kit for the rest of us began shipping on every new Mac as of August 11, 1987; you could also buy it for $49. It required 1 MB of memory (yes, one megabyte) and a pair of 800K floppy drives, or one floppy drive + a hard disk. (Announced at the same time: the ImageWriter LQ, the Apple Fax Modem, and MultiFinder.) Times have indeed changed.

     *     *     *

特定世代のユーザーには忘れられない

特定の世代の Mac ユーザーは HyperCard からインスパイアされたものだ。それまで考えもしなかったやり方で自分のマシンを直接操作できるのだから。自分でスタックを作成し、料理レシピーの記録からビジネスソフト、ゲームにいたるまであらゆることが出来た。(Myst も最初は HyperCard のスタックとしてスタートしたのは有名な事実だ。)

HyperCard inspired a generation of Mac users to think about how they could interact with their machines in ways they never could before – creating their own stacks to do everything from keep track of recipes to business applications to games (Myst, famously, started as a HyperCard stack).

     *     *     *


[Danny Goodman の HyperCard 入門書]

夢中になって読んだ Danny Goodman の解説書『The Complete Hypercard Handbook』(1987 年刊、720 ページ)は、今もボロボロになって手許に残っている。

文字通り「ギークでない一般人向け」(for the rest of us)のすばらしいソフトだった。

当時点字の学習で四苦八苦していたウチの奥さんのために、HyperCard でカナ・点字変換ソフトを作ったのも懐かしい。

それぞれの画面を1枚のカードと考え、それをつないでいくことで HyperCard が出来るというメタファーは、PowerPoint 登場以前の時代にあってすばらしいアイデアだったのではないかと思う。

iPad など今日の iOS デバイスにとって最適のソフト開発環境ではないかという気がするが、現代風にアレンジして蘇ってくれたらどんなにいいだろうと思うのは筆者だけか・・・

筆者がものにできたプログラミング言語は BASIC と HyperTalk だけだった。それ以降は Pascal にしても C にしても(後の Objective-C も)どうしても歯が立たなかった。

そんな HyperCard が Mac の世界からプッツリ姿を消したのは 2004 年のことだった。その経緯は今もナゾのままだ。

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

《参考》

Apple’s original software construction kit: HyperCard turns twenty-five years old today | TUAW

25 years of HyperCard—the missing link to the Web | Ars Technica

Why Hypercard Had to Die | Loper OS

HyperCard: What Could Have Been | Wired

Converting a HyperCard stack to LiveCode | HyperActive Software

Read Full Post »

Update 2:お気に入りライターの変遷》
Update:ジャーナリストに一対一で説明するアップル》


[Mountain Lion:image

今回の「Mac OS X Mountain Lion」の発表はその時期が意表をついただけでなく、発表の仕方がこれまでとは異なっていた。

Daniel Eran Dilger が興味深い記事を書いている。マイクロソフトのやり方に近づいている、と・・・

AppleInsider: “Mac OS X Mountain Lion release signals shift in secrecy at Apple” by Daniel Eran Dilger: 16 February 2012

     *     *     *

1週間早くジャーナリストへ

Mac OS X の歴史上初めてのことだが、アップルは開発者に対するリリースより1週間早く、ジャーナリストに対して OS の製品ブリーフィングとプレリリースコピーの提供を行なった。これまでアップルは NDA[Non-Disclosure Agreement:守秘義務契約]に署名した開発者にのみプレリリースソフトウェアのアクセスを限定してきた。

For the first time in Mac OS X’s history, Apple has presented journalists with a product briefing and prerelease copy of the operating system one week before making it available to developers. The company has historically reserved access to its prerelease software exclusively for developers who have signed a Non Disclosure Agreement.

     *     *     *

アップルの秘密主義

長年 Windows に対してマイノリティだったアップルは、様々な秘密主義のベールの下に会社を運営することを強いられてきた。製品発表をドラマチックに盛り上げ、他社がすぐには追随できないようにするためだ。しかしモバイル機器については iOS のおかげで他社より5年先を行くことができるようになり、また PC 売り上げの成長も相まって、製品発表戦略においてもアップルは明らかにリーダーの地位を確保するに至っている。

For years, Apple remained a minority alternative to Windows, forcing the company to operate under shrouds of secrecy in order to pull off dramatic product unveilings that its competitors couldn’t immediately copy. However, with the five year head start in mobile devices afforded by iOS, as well as its commanding lead in PC sales growth, Apple is now in a clear leadership position for unveiling product strategies.

     *     *     *

Lion でも

昨年の Mac OS X Lion は Steve Jobs が 2010 年10月に行なったプレビューで公開されたが、新しい OS にメディアが事前にアクセスすることは出来なかった。

Last year’s release of Mac OS X Lion was first publicly unveiled in a preview delivered by Steve Jobs in October 2010, but the media wasn’t given an advanced look at the new software.

新 OS リリースは NDA(守秘義務契約)の下におかれたが、開発者の多くがビルドのリークを行い、それがファイルシェアリングネットワークを通じて広がるのでほとんど実効性がなかった。その結果、Lion についての広報をコントロールできず、新機能の多くがリークされ、Lion リリース時点ではもはやサプライズではなくなったことにアップルは気づかされた。

Instead, Apple kept the release under NDA, a strategy that was largely ineffectual as many developers continued to leak builds that were widely disseminated through file sharing networks. As a result, rather than being able to manage the messaging of Lion, Apple found that many of its new features were leaked out to the point where they weren’t surprises anymore when Lion was actually released.

     *     *     *

NDA(守秘義務契約)の欠陥

Mac OS X Lion の NDA(守秘義務契約)は、ジャーナリストがコメントすることを妨げただけでなく、一般大衆(多くの場合アップル批判者に率いられる)が変更の意味を十分に理解しないまま批判的に検討する結果となった。アップルの NDA は開発者がリリース前にコメントすることも妨げた。

Apple’s NDA policies for Mac OS X Lion were largely just preventing journalists from commenting on the product while allowing the public (often led by Apple’s detractors) to critically examine it, without a full understanding of what the changes meant. Apple’s NDA also prevented developers from commenting on the new software until it was released.

     *     *     *

今回は異なる

Mountain Lion についてアップルはこれまでの伝説的な秘密主義を少し改め、プロモーションの方法を変えて、iPhone 以降のハードウェアと同じやり方のプロモーション — すなわち事前にジャーナリストに見せて、その機能のいくつかを事前に説明するという方法をとった。

For Mountain Lion, Apple has turned down its legendary secrecy and has instead started promoting its software the same way it has promoted hardware since the iPhone, offering journalists an early and curated demonstration of its features.

     *     *     *

これまでも前例はある

未発表のアップル新製品のプレビューが行なわれたのは Apple TV が最初で、その数か月後の 2007 年初めに iPhone でも同じことが行なわれた。どちらの製品も発売の数か月前に Jobs 自身が詳細な説明を行なった。アップルとしては珍しいことだった。

Apple’s first major preview of an unannounced product in recent years was Apple TV, followed by the iPhone a few months later at the beginning of 2007. Both products were detailed by Jobs several months before they were available for sale, an uncommon event for Apple.

他のアップル製品については、新型マックも、iPhone の後継機も、iPad や iPad 2 についても、これまでと同じく発売直前に発表するという典型的なやり方がとられた。

Other products, including most new Macs, successive iPhones, the iPad and its iPad 2 successor, have all typically been unveiled to the public just before they were available for purchase.

     *     *     *

iOS デバイスではすでに

最近の iOS デバイスやマックについては Jobs は新しい試みをしている。いろいろなジャーナリストにプレリリース機を渡して、事前のレビューをさせたのだ。今やアップルは Mountain Lion のソフトウェアについても同じ戦術を試みている。すべてを秘密主義のベールで包む代わりに、間もなく公開される機能についてはちゃんとしたチャンネルで期待を高めようと希望しているのだ。

With the release of recent iOS devices and Macs, Jobs tried something new: he issued prerelease units to a variety of journalists to review in advance. Apple is now trying the same tactic in software with Mountain Lion, hoping to build anticipation for upcoming features through legitimate channels rather than trying to keep everything a secret.

     *     *     *

マイクロソフトと同じやり方

マイクロソフトはその歴史を通じて終始このやり方をとってきた。しかし発表時期がどんどん遡り、2年以上も前にソフトのプロモーションを行なうようになったので、この戦略は「ベイパーウェア」と貶されるようになった。Mountain Lion はこれに対して4か月後にはリリースされるものと期待されている。

Microsoft has done this throughout its history, although it has typically worked to unveil its plans far further out, often starting to promote its software plans two years in advance, a strategy denigrated with the term “vaporware.” In contrast, Mountain Lion is expected to ship less than four months from now.

     *     *     *

このあと Dilger は、20年目に入った Mac OS X プラットフォームが18か月サイクルの開発目標をとるようになったことについても詳しく述べている。

アップルの成功と成熟、トップの交代は秘密主義の壁にも穴をあけそうだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》ジャーナリストに一対一で説明するアップル

技術各紙やブログが、アップルの解禁を受けて一斉に Mountain Lion について報じる様は壮観だ。

Daring Fireball [John Gruber]
The Loop [Jim Dalrymple]
Macworld [Jason Snell]
The Verge [Nilay Patel]
Engadget [Brian Heater]
AllThingsD [Arik Hesseldahl]
TechCrunch [MG Siegler]
CNET [Josh Lowensohn]
The Wall Street Journal [Jessica E. Vascellaro]

アップルの作戦が図に当たったということだろう。

どの技術メディアの誰をアップルが念頭においているのかも垣間見えてはなはだ興味深い。

なかでもバツグンにオモシロいのが John Gruber だ。

アップルの説明会の雰囲気がどうだったのか、まるで映画の一場面を見るように描写している。

Daring Fireball: “Mountain Lion” by John Gruber: 16 February 2012

     *     *     *

John Gruber の体験

「これまでとはちょっと違ったやり方をしています」と Phil Schiller は私にいった。

“We’re starting to do some things differently,” Phil Schiller said to me.

一週間ほど前、快適なマンハッタンのホテルのスイートに座っていた。数日前にアップル広報から私的な「製品ブリーフィング」を行なうからといって呼び出されたのだ。何の会合なのか、何についてなのか見当もつかなかった。どんな流れになるかさえさっぱり分からなかった。自分にとってまったく初めてのことだったが、アップルにとってもそうだと思う。

We were sitting in a comfortable hotel suite in Manhattan just over a week ago. I’d been summoned a few days earlier by Apple PR with the offer of a private “product briefing”. I had no idea heading into the meeting what it was about. I had no idea how it would be conducted. This was new territory for me, and I think, for Apple.

iPad 3 がらみの話でないことは分かっていた。それならカリフォルニアでの全力投球のイベントになるはずだ。もしかして MacBook の Retina ディスプレイかとも考えたが、まったく当てずっぽうだったし、間違っていた。それは Mac OS X — いまやアップルが OS X と呼んでいるものだった。その会合自体はアップルの製品発表イベントと同じように進められた。ただし劇場スタイルの講堂とステージの代わりに、ソファと、イスと、iMac と、それにソニーの HDTV に繋がれた Apple TV だけだった。部屋を埋めるライターやジャーナリスト、アナリストの代わりに、私と Schiller とあとアップルから2人だけ(製品マーケティングの Brian Croll と広報の Bill Evans)。(少なくとも私の経験では、よく連携をとった製品マーケティングと広報の連中の区別は外見からは分からない。)

I knew it wasn’t about the iPad 3 — that would get a full-force press event in California. Perhaps new retina display MacBooks, I thought. But that was just a wild guess, and it was wrong. It was about Mac OS X — or, as Apple now calls it almost everywhere, OS X. The meeting was structured and conducted very much like an Apple product announcement event. But instead of an auditorium with a stage and theater seating, it was simply with a couch, a chair, an iMac, and an Apple TV hooked up to a Sony HDTV. And instead of a room full of writers, journalists, and analysts, it was just me, Schiller, and two others from Apple — Brian Croll from product marketing and Bill Evans from PR. (From the outside, at least in my own experience, Apple’s product marketing and PR people are so well-coordinated that it’s hard to discern the difference between the two.)

握手と社交辞令、おいしいコーヒー・・・そしてたったひとりのためのアップルイベントが始まった。Moscone West や Yerba Buena Center のステージで映してもおかしくないキーノートスライドが私たちの前におかれた大きな iMac に映し出される。本日のテーマ(「今日は OS X についてお見せしたいのです」)のプレゼンテーションが始まった。過去数年にわたる Mac の成功(直近の四半期で 520 万台売れた)、PC 産業全体を凌駕する過去 23 四半期の売上高、Mac ユーザーと Mac App Store のすばらしい伸び、Lion への急速な移行など。

Handshakes, a few pleasantries, good hot coffee, and then, well, then I got an Apple press event for one. Keynote slides that would have looked perfect had they been projected on stage at Moscone West or the Yerba Buena Center, but instead were shown on a big iMac on a coffee table in front of us. A presentation that started with the day’s focus (“We wanted you here today to talk about OS X”) and a review of the Mac’s success over the past few years (5.2 million Macs sold last quarter; 23 (soon to be 24) consecutive quarters of sales growth exceeding the overall PC industry; tremendous uptake among Mac users of the Mac App Store and the rapid adoption of Lion).

そして本番の Mac OS X — じゃなかった、OS X だった — が 年に一度のメジャーアップデートで iOS 風になる。今年の夏アップデートの予定で、いよいよ開発者向けプレビューのリリースがの準備が整ったというわけ。名前は「Mountain Lion」だ。 

And then the reveal: Mac OS X — sorry, OS X — is going on an iOS-esque one-major-update-per-year development schedule. This year’s update is scheduled for release in the summer, and is ready now for a developer preview release. Its name is Mountain Lion.1

たくさんの新機能のうち、今日は10だけを紹介するといわれた。これってまるで本物のアップルイベントのようじゃないかと心中考えていた。Lion のときと同じように Mountain Lion も iPad の方向へ進化している。しかし昨年の Lion がそうだったように、iOS とアイデアやコンセプトを共有することがポイントで、具体的プロセスのデザインやコードそのものを共有するのではないのだ。「Windows」や「マイクロソフト」ということばは一度も出なかったが状況は明らかだ。アップルはキーボード/マウス/ポインターのための Mac ソフトと、タッチスクリーンのための iPad ソフトをハッキリ区別している。Mountain Lion は Mac と iPad を統合する OS に向けたステップではない。むしろ、根本的にはっきりと区別される2つの OS の間で、コンセプトやスタイル、原則を共有しようとする方向に向けた別のステップなのだ。

There are many new features, I’m told, but today they’re going to focus on telling me about ten of them. This is just like an Apple event, I keep thinking. Just like with Lion, Mountain Lion is evolving in the direction of the iPad. But, just as with Lion last year, it’s about sharing ideas and concepts with iOS, not sharing the exact same interaction design or code. The words “Windows” and “Microsoft” are never mentioned, but the insinuation is clear: Apple sees a fundamental difference between software for the keyboard-and-mouse-pointer Mac and that for the touchscreen iPad. Mountain Lion is not a step towards a single OS that powers both the Mac and iPad, but rather another in a series of steps toward defining a set of shared concepts, styles, and principles between two fundamentally distinct OSes.

     *     *     *

こんな感じで記事は続くのだが、アップルギークの Gruber にとってもこれが異例のことだという興奮が伝わってくる。

こんなプレゼンテーションをやってもらえたラッキーなギークが Gruber の他にどれほどいたのか興味のあるところだ。

少なくともアップルのやり方が変わってきていることは間違いなさそうだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text]

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update 2》お気に入りライターの変遷(2月18日)


David Pogue のツィート

Mountain Lion が一斉に報じられる中で NY タイムズの遅れが今回は突出していた。

Foxconn 叩きの記事のせいでアップルと NY タイムズとの間に溝が生じたからだとワシントン・ポストは指摘している。

しかし David Pogue は自分のツィートで1週間前から使っていると書いており、Mountain Lion の詳細なフォローもしている。

NYTimes.com: “Apple’s Mountain Lion Makes the Mac More Like the iPad” by David Pogue: 16 February 2012

     *     *     *

David Pogue のイントロ

アップルはマックのことを後回しにしているというのがもっぱらのウワサだったが、木曜日の発表を見る限りそんなことはなさそうだ。今後アップルは毎年1回 Mac OS X のアップデートを行なうのだそうだ。

There had been rumors swirling that Apple was back-burnering the Mac, but that’s hard to believe after Thursday’s announcement: from now on, Apple will update Mac OS X once a year.

今年の夏に「Mountain Lion」というコード名の Mac OS X 10.8 を出すのが始まりだ。ほんの1年前に Lion バージョンを出したばかりなのに。

It will start this summer with Mac OS X 10.8, code-named Mountain Lion, only a year after the Lion version was released.

これから消費者は毎年1回キビシい決断を迫られることになる。最新状態を維持するという特典のために毎年 30 ドル(あるいはアップルが課する料金を)支払うかどうかという決断だ。

Now you’ll have to decide once a year whether or not to succumb to paying annually the $30 (or whatever Apple winds up charging) for the privilege of remaining current.

しかし一番のショックは、Mountain Lion の初期の初期のバージョンを、アップルとしては初めて技術ライターに提供することしたことだ。それも一般公開の数か月前というだけでない。開発コミュニティ(プログラマ)にリリースされるのよりさらに早くなのだ。

The real shocker, though, is that for the first time, Apple decided to give tech reviewers an early, early version of Mountain Lion — not just months before its release to the public, but even before its release to its developer (programmer) community.

     *     *     *

後書きでもうひとこと

混乱をもたらすことなしに毎年夏に一度というペースで、どうやってアップルが Mac OS X に変更を加えることができるのか疑問だ。

You have to wonder how Apple intends to keep up this pace of change to Mac OS X every summer without gunking it up.

また Mac OS X のバージョン番号どうなるのだろうか。すでにバージョン 10.8 になっている。(実際のところアップルの連中はこういっている。Mac OS X 10.10、Mac OS X 10.11、Mac OS X 10.12 と少数点以下2桁になってもなんら問題ないと。)

You also have to wonder how Apple will keep numbering Mac OS X, since it’s already at version 10.8. (Actually, Apple’s people told me: They have no problem with double-digit decimal points, like Mac OS X 10.10, Mac OS X 10.11, and Mac OS X 10.12.)

もっと大きい疑問は、ネコ科の名前をずっと見つけられるかどうかだ。Mac OS X Bobcat や Mac OS X Cougar、Mac OS X Really Fat Tabby なんてことになるのだろうか?

The bigger question is how long it can keep coming up with big cat names. Mac OS X Bobcat? Mac OS X Cougar? Mac OS X Really Fat Tabby?

【編集後記】David Pogue は技術関係の書籍を執筆している。Mac OS のハウツーガイドもそれに含まれる。これらのプロジェクトは当該製品メーカーからの協力を得て書かれたものではない。そのためのコミッションももらってはいない。

Editors’ Note: David Pogue writes books about technology, including how-to guides, among them titles covering the Mac operating system. These projects are neither commissioned by nor written in cooperation with the product manufacturers.

     *     *     *

一読して David Pogue の穏やかならぬ心中がにじみ出ているようだ。

本文の Mountain Lion の紹介の部分はいつもの Pogue らしくとても分かりやすくていい説明になっているだけに対照的だ。

編集後記に至っては、Pogue はアップルとは関係ありませんと NY タイムズがケンカを売っているような感じ。

「一番のショック」云々が、これまで与えられていた(みんなもそう信じていた)アップルの特別待遇から自分が外され、他の技術ライターにその特典が与えられたことに対するホンネが出たわけでもあるまいが・・・

     *     *     *

Steve Jobs の草創期の頃からアップルに関するニュースの御三家といえば NY タイムズ(John Markoff)、WSJ(Walt Mossberg)、ニューズウィーク(Steven Levy)と決まっていた。

Jobs のアップル復帰後も、多少の変動はあってもそれは続いていた。(John Markoff が David Pogue に変わり、Ed Baig が加わったが。)

そんなひとりの Pogue が外されたことをどう捉えていいのか。[注:そうではなかった? こちら参照

Foxconn 報道の影響だけでなく、トップの交代とともにアップルお気に入りのライターにも変化の波が押し寄せたのかもしれない・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


TEDxManhattanBeach – Thomas Suarez – iPhone Application Developer… and 6th Grader | YouTube]

小学6年生の iPhone デベロッパ Thomas Suarez のプレゼンテーションをお聞きください。

     *     *     *

こんな才能を実際目にすると、ウームとことばを失ってしまう。

6年生でこんなことが出来る iOS デベロッパが実際に存在するのだ!

SDK[Software Development Kit]が出た時点ですでに Python, C, Java ほかをマスターしていたというのだから恐れ入る。

Thomas いわく、ゲームをする子もたくさんいるが、ゲームを作ってみたいと思う子もいっぱいいるのだと。

それなのにプログラミングを学べるところを探すのはとてもむずかしい。

サッカーならサッカーチームに入ればいい。バイオリンなら音楽教師から。でもアプリを作りたければどうする?

そこで Thomas は学校にコンピュータクラブ(App Club)を作り、お互いに教え合うことにした。

いまの子供たちはテクノロジーについては先生より「ちょっと」優れている(ここのユーモアはいい!)。だから学校にとっても子供たちは大切なリソースだ。学校はそれを活かすべきだし、子供たちにプログラミングを教えるべきだ、と。

このことばはいったい誰に聞かせたらいいのか?

ユーモアを交えて語る Thomas の勇姿は必見だ。(とてもきれいな発音なので聞き取りやすい。)

自分のやってきたこと、作ったアプリの説明、これからの夢・・・それを4分という枠の中で見事に表現する技はこれまた並みのものではない。

10年後、いや John Gruber のいう5年後に、この少年はどんな姿に成長しているのだろうか。

そのときソフトウェア開発の世界はどう変わっているのか。想像するだけで心が躍る。

まさに「未来人」の声だ。

アナタもぜひ未来からの声をお聞きください。

[via Daring Fireball

★→[ビデオを見る:YouTube Video

     *     *     *

追記:未来人の目から今を見る(11月16日)

TEDx のビデオを知ったのは John Gruber の Daring Fireball を通じてだった。

彼がコメントで触れている「The Kids Are All Right」[拙訳:ボクの iPad アプリ:iPad 懐疑論への反論]を改めて読み返して、ナードやギーク、ハッカーの意味を考えさせられた。

昔ならコンピュータの箱を開けて中をいじるのがナードの極みだっただろう。いまやハードはどうであれ頭の中で論理回路を組み立てること[=プログラミング]にナードやハッカーの関心が移ってきているように見える。

もし、過去の延長上から現在を見て、失ったものの不満をいうだけなら、大切な未来を見失う恐れがあるのではないか。

     *     *     *

孫娘は Android の達人だ。家族との関係で iPhone を買ってもらえなかった。

筆者の iPhone 4 と au の Android フォンを、ソフトからハードまで詳細に比較して教えてくれるのが楽しみだ。

最近母親が iPhone 4S に乗り換えた。孫娘がインストラクターとしてつきっきりで指導する。

彼女の関心は専ら Siri だ。

日本語の設問をいろいろ変えて、どこまで Siri がついてこれるか徹底的に試している。

ハードが開けられるかどうかより、今まで出来なかったどんな可能性があるのかに夢中という感じだ。

     *     *     *

10年、20年後の IT 世界の視点から今現在を見る、未来から今を見る・・・それは決してむずかしいことではない。

子供たちこそ、今の世に現れた「未来人」なのだから。

それなのに TEDx のビデオで Thomas Suarez がいうように、彼らの声を組織的に汲み上げるところはどこにもない。

いずれ覇権を握る世代なのに今は未成年者扱いで Facebook や Google+ に登録することすらできない

一度アナタも身の回りの未来人を振り返り、彼らの声に耳を傾けてみてはどうだろうか。

Read Full Post »

Older Posts »