Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘ソニー’ Category

interview-censored

右往左往の挙句、ソニーはThe Interviewをクリスマスに一部劇場で公開する | TechCrunch

@ganzeer

Congrats, Sony, on the most cunning Marketing campaign a film has ever seen:

Sony Releases ‘The Interview’ Online | WSJ

Google, which is offering the movie through its YouTube and Google Play stores, and Microsoft, which is using its Xbox Video Store, were the only companies willing and able to offer it on Dec. 24. Sony talked to Apple Inc., which is a dominant No. 1 in online movie sales and rentals with its iTunes Store, and Amazon.com Inc., which is No. 2, but neither were willing to immediately join the effort, according to the person with knowledge of the talks.

Spokesmen for Apple and Amazon declined to comment.

@stevekovach

Apple reportedly didn’t have time to put The Interview on iTunes. I don’t buy that now.

広告

Read Full Post »

carrjump-articleLarge-v3

[上映中止になったソニー映画:NYTimes.com

ソニー映画The Interview』をめぐる空騒ぎのなかで、David Carr の書いたものがいちばん腑に落ちるような気がする。

「ホラー映画並みになってしまったソニー映画ハッキングの顛末。」

How the Hacking at Sony Over ‘The Interview’ Became a Horror Movie | NYTimes.com

     *     *     *

いつ果てるとも知れぬ論議

まさにそれは際立って、方向を見失わせる事態だ。どの映画なら見ることができ、どの映画ならそうではないのかを自国民に判断させる術(すべ)を欠いた卑小で、不手際な状態だ。攻撃された映画業界は傍観者のように無言で見守り、米大統領が低級なコメディによって引き起こされた国際的な衝突に敢えて踏み込まざるを得ないと感じるような事態だ。

It was a remarkable and disorienting turn of events: a tiny, failing state that lacks the wherewithal to feed its own people was deciding which movies we can and cannot see, while the industry it had attacked watched silently from the sidelines, and the president of the United States felt compelled to step into an international confrontation catalyzed by a lowbrow comedy. […]

脅迫とそれに続く上映キャンセルは今後悪夢として長いこと尾を引くだろう。文化的論議がオンライン脅迫のテーマになったことから、いつ果てるやも知れなくなった。ニュースや情報獲得の手段としてますます重要になっているドキュメンタリーが突如として危機に瀕することになるのだ。

The threats and subsequent cancellation will become a nightmare with a very long tail. Now that cultural discourse has become the subject of online blackmail, it is hard to imagine where it will end. Documentaries, which have become increasingly important sources of news and information, could suddenly be in jeopardy. […]

     *     *     *

ソニーに問題はなかったのか

2011 年にソニーの PlayStation がセキュリティ攻撃に晒されたとき、当時 CEO だった Howard Stringer と話す機会があったが、3日間の間彼は蜂の巣箱に身を隠しているように思えた。そのソニーがハッカー攻撃のターゲットにされないような何らかの有効な方策をその後講じなかったことは不可解だ。

Sony I happened to be with Howard Stringer, then chief executive of Sony, during a vast security attack on its PlayStation platform in 2011 — he looked as if he had been living inside a beehive for three days. That Sony did not harden as a target in a meaningful way afterward is inexplicable.

大胆で独創的なアイデアは歓迎だが、それにしても実際に現存する主権国家の支配者がおバカな暗殺者に吹き飛ばされるコメディなんてほんとうに重要な意味があるのだろうか? 無慈悲な支配者を風刺するのであれば、いくらでも方法はある。チャーリー・チャップリンが『独裁者』(The Great Dictator)でヒットラーを余すところなく(名指しにはしないで)やっつけたように・・・

And while I am all for bold creative choices, was it really important that the head being blown up in a comedy about bungling assassins be that of an actual sitting ruler of a sovereign state? If you want to satirize a lawless leader, there are plenty of ways to skin that cat, as Charlie Chaplin demonstrated with “The Great Dictator,” which skewered Hitler in everything but name.

     *     *     *

正しい対応策とは

じゃあ正しい対応策とは何なのか? — アメリカ人はソファに座ってあらゆる事象を見るのが得意だ。だからその衝動を抑えつけなければいいのだ。

So what is the right response? Americans are good at sitting on a couch and watching all kinds of stuff, so why not harness that impulse? […]

The Interview』を Hulu で公開すればいい。iTunes でも、Google Play でも、NBC やあらゆる放送網で、そして Showtime などあらゆるケーブルテレビで・・・あらゆるところで誰でもボタンひとつで「同時に」見れるようにすればいい。そうすればみんなが見るので、誰をターゲットにしていいか分からなくなり、検閲への決め手となり得るのだ。

[…] Put “The Interview” on Hulu, on iTunes, on Google Play, on Netflix, on NBC and all the broadcast networks, on Showtime and all the cable stations, put it anywhere and everywhere that people can push a button and watch at the same time. Ubiquity and the lack of a discernible target would trump censorship.

映画さえ見れるようにすればいい・・・

Play the movie.

     *     *     *

本質を衝いた David Carr の視点にはいつも頷かされる。

発表当初さまざまな疑問が提示された iPad について、「姿を消すガジェット」としての本質を見事に言い得たのが彼だった。

The Interview』ハッキングについての様々な偽善的論議を David Carr は厳しく糾弾する。

被害に遭ったソニーだけでなく、傍観するだけのハリウッドや、流出した私的情報を垂れ流しにするメディアについても容赦なく批判の目を向ける。

こんな記者の存在こそが NY タイムズのような大手メディアの強みだろう・・・

なお The Globe and Mail 紙の David Carr 論もたいへん興味深い。

Read Full Post »

JP-CYBER-blog427

[『The Interview』の封切り中止:NYTimes.com

クリスマス前のスローなインターネットの世界で、ハッカー攻撃を受けたソニー・ピクチャーズの話だけが奇妙な展開を見せている。

まずソニー・ピクチャーズがハッカー攻撃に屈して(?)、発端となったコメディー映画『The Interview』のクリスマス封切りを諦めた。

これに対しオバマ大統領は、ハッカー攻撃が北朝鮮によるものと断定し、ハッカーの要求に屈すべきではなかったと発言

一方北朝鮮は関与を否定し、米国との共同調査を提案。すると米国は中国に協力を依頼するという有様。

風刺映画にしろ一国のリーダーを暗殺するという企画より、ハッカー(テロリスト?)の要求に屈した点が問題になるのはやはりアメリカだからか・・・

ハッキングにより Torrent サイトに流出した映画は、この他にも『Annie』、『Fury』、『Mr. Turner』、『Still Alice』、『To Write Love on Her Arms』などがある。

話題性という点では『The Interview』がダントツか・・・

まるでハリウッドが人質に取られたみたいだ。

とうとう別のハッカーグループから、無料で配信してはという提案まで出る始末。

今後どういう展開になるのか予想もつかない。

しかし、なんだかなあ・・・

Read Full Post »

sony_hack-100532451-orig

[ハッキングを受けたソニー・ピクチャーズ:CSO Online

ハッキングを受けたソニー・ピクチャーズが大変なことになっている。

Even more Sony Pictures data is leaked: scripts, box office projections, and Brad Pitt’s phone number | Fusion

     *     *     *

ハッキングを受けたソニー・ピクチャーズが大変なことに

ソニー・ピクチャーズのハッキングはますます大変なことになっている。

The Sony Pictures hack just keeps on getting worse.

ハッキングの背後に何者がいるにせよ、ソニー・ピクチャーズに対する単なる嫌がらせに止まらず、その屋台骨を揺るがす事態に発展しそうな気配だ。スタジオの経営実態が明るみに出てしまった以上、俳優との契約交渉から配給元の選択に至るまで、すべてが難しくなりそうだ。

Whoever is behind the hack, their goal seems to have shifted from embarrassing Sony Pictures to flat-out ruining it. With so much of the studio’s operations now out in the open, everything from actor contract negotiation to vendor selection just became a lot more difficult.

     *     *     *

ジョブズの伝記映画に関する部分も。

ディカプリオでなければ25%の減益

例えば、リークしたスティーブ・ジョブズの伝記映画の営業収入予想によれば、Leonardo DiCaprio がジョブズ役を降りて Christian Bale に変わったことで25%の減益になると見込まれている。(Bale もその後降りた。)

For example, one spreadsheet showed that revenue projections for the upcoming Steve Jobs biopic fell by 25 percent once Leonardo DiCaprio pulled out of the project, and Christian Bale was cast in his place. (Bale has since quit, too.)

     *     *     *

ソニーがこの映画を手放したのはそういうワケだったのか・・・

Read Full Post »

Howard_Stringer_a_p

Ex-Sony CEO Howard Stringer on Sony’s Failures and Time Inc.’s Big Challenges | The Hollywood Reporter

“Running a big company is like running a cemetery: there are thousands of people beneath you, but no one is listening.”

“It was a bit like that at Sony.”

Read Full Post »

Update:パズルのピースを埋めて行く》

jobs_remembering_morita

[盛田昭夫氏の急逝を偲ぶジョブズ:Vimeo

ソニーがパソコン事業からの撤退を決めた。

そのソニーの VAIO にまつわるスティーブ・ジョブズの秘話が興味深い。

Mac の30周年をきっかけに林信行氏が明らかにしたもの。その第2話に「Mac 互換機 VAIO」の話が登場する。

nobi.com (EN): “The tales of Steve Jobs & Japan #02: casual friendship with Sony” by Nobuyuki Hayashi: 05 February 2014

     *     *     *

Mac OS で動く VAIO

ソニーの幹部たちは例年冬をハワイで過ごし、新年をゴルフで祝うのが常だった。そんな 2001 の新年ゴルフコンペでの話。「スティーブ・ジョブズとアップルの幹部たちがゴルフの最終コースで私たちを待っていました。『Mac OS で動いている VAIO』を抱えて・・・」と安藤国威元社長は当時を思い出して語る。2001 年は Mac OS X が出荷された年だったので、これはインテルバーションの Mac OS X だと思ったという。その後アップルは4年間もそのことを隠し続けた。

Most of Sony’s executives spends their winter vacation in Hawaii and play golf after celebrating new year. In one of those new year golf competitions back in 2001, ” Steve Jobs and another Apple executive were waiting for us at the end of golf course holding VAIO running Mac OS” recalls Ando; 2001 is the year, Mac OS X shipped and I am speculating this is Intel-version of Mac OS X, they hid for four and half years since then.

     *     *     *

例外を作っても・・・

1997 年にジョブズが復帰してアップルの指導権を握ったとき、最初にやったことのひとつが Mac 互換機ビジネスをやめることだった。Mac のエコシステムが破壊されるというのが理由だった。UMAX だけが唯一 Mac 互換機メーカーになる寸前までいったけれど、結局ジョブズは逆の決断をした。Mac 互換機ビジネスはアップルの事業だけでなく「Mac」ブランドにとっても有害だと考えたのだ。しかしそのジョブズが 2001 年には例外を作ってもいいと考えた。その例外がソニーの VAIO だった。

When Steve Jobs regained the control of Apple back in 1997, one of the first thing he did was to close all the Mac-compatible deals claiming it is destroying Mac’s eco-system. UMAX CEO almost got a deal with Steve Jobs that they’d become the sole manufacturer of Mac-compatible but Jobs ultimately decided otherwise. Steve Jobs believed that Mac-compatible business would harm not only Apple’s business but also the ‘Mac’ brand. But that same Steve Jobs was willing to make an exception in 2001. And that exception was Sony’s VAIO.

     *     *     *

タイミングが悪かった

安藤はアップルが好きだった。Mac と VAIO は哲学的に非常に近いものがあるといつも感じていた。とくに彼は 1998 年に発表されたオリジナル iMac に感心していた。しかしソニーにとってはタイミングが悪すぎた。ソニー VAIO の人気がちょうど出始めたところで、VAIO チームは VAIO のソフトとハードを Windows プラットフォームに最適化する作業を完了したばかりだった。このため VAIO チームのほとんどは「そんな価値があるだろうか」と反対した。かくて Mac 互換機 VAIO の話は終わりを告げた。

Ando liked Apple. He always felt Mac and VAIO were so close in philosophy. He especially admired the original iMac introduced in 1998. But the timing was bad for Sony, it is just about the time, Sony’s VAIO gained popularity and it is just about the time that VAIO team had finished optimizing both VAIO’s hardware and software specifically for Windows platform. Because of this, most of the VAIO team opposed asking ‘if it is worth it.’ And that was the end of story for this Mac-compatible VAIO.

     *     *     *

アップル側からみた同じ話について前に紹介したことがある。「Marklar:MacOS X はこうして生まれた・・・」というエピソードだ。

もしこのとき「Mac 互換機 VAIO」の話が実っていたらと考えると胸が躍る。Mac の歴史もずいぶん変わっていたかもしれない・・・

林氏の記事は海外では The Verge を手始めに、MacRumorsEngadgetBGR9to5MacAppleInsiderCult of MaciMoreSlashGearMacDailyNews など広く取り上げられたが、日本ではあまり取り上げられていないように思えるのは残念だ。

氏の記事にはこのほかにも、

・盛田昭夫氏とマイケル・ジャクソンやスティーブ・ジョブズとの交流
・アップルストアの原点となった SonyStyle リーテイルへのジョブズの関心
・ソニー PSP がディスクを使っていることへのジョブズの反応
・ソニーの Cybershots と GPS 搭載
・VAIO 開発をめぐるビル・ゲイツ、アンディ・グローブなどとのトップ同士の交流
・2004 年の Macworld キーノート(Final Cut Express 発表)でジョブズに招聘された安藤社長がソニーのビデオカメラを紹介するビデオ[7:30 ごろから]
・ハワード・ストリンガーになって様子が変わったこと
・Quora の記事への林氏のコメント[《Update》参照]

など興味深いエピソードが満載だ。ぜひとも原文をお読みください。

ジョブズの日本好きを考えると、こんな秘話はまだまだ眠っていそうな気がする。

日本の関係者がこんな話をもっと公開してくれたらと願うのは筆者だけか・・・

[via Daring Fireball

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》パズルのピースを埋めて行く(2月7日)

アップル側の Kim Scheinberg の話とソニー側の林信行氏の話が、時と海を越えて出会った。

Quora のサイトで交わされる双方のやりとりがとても興味深い。

Comment on Apple (company): How does Apple keep secrets so well? | Quora

     *     *     *

日本ではなくハワイ?

林信行 Nobuyuki Hayashi(2012 年6月11日)

非常に興味深い話。自分も VAIO の話を知っています。自著のためにソニーの元社長のインタビューをしましたから。ひとつだけ矛盾点があります。安藤氏が語ったところでは、スティーブ・ジョブズが姿を現したのは日本ではなく、ハワイのゴルフコースだった点です。

very interesting read. I knew the VAIO story because I actually did interview ex-president of Sony for one of my books; there is one conflict. Mr. Ando told me Steve Jobs showed up on a gold course in Hawaii (but not in Japan).

ソニーサイドの話で残念なことは、一部のひとたちがメモリースティック付きの iMac[?]を計画していたことです。VAIO のラインアップを国際的に打ち出したばかりで、Mac OS X バージョンの VAIO に人手を割ける余裕はなかったのです。安藤氏のインタビューは英訳しておけばよかったかもしれません 😉

The sad story with Sony half is although some of them were planning iMac with memory stick, etc. They have just launched the VAIO product line internationally and was so busy expanding it and they didn’t have extra resources to work on Mac OS X version of VAIO; perhaps, I should translate the interview into English 😉
11 Jun, 2012

     *     *     *

無意識のうちに間違えたかも

Kim Scheinberg(2012 年6月11日)

無意識のうちに間違いをしてしまったのだと思います。スティーブがソニーの社長に会うために飛行機に乗ったと聞いたとき、「日本へ」と思ってしまったのかもしれません。

I must have [unintentionally] made that detail up. That is to say, when I learned that Steve was on a plane to meet with the President of Sony, my mind probably filled in the “in Japan” part.

細部まで正確にしておきたいと思います。もしハワイのゴルフコースだったのなら、そのように訂正しようと思います。

I’d prefer that the details are accurate. If it was a golf course in Hawaii, I will edit the story to reflect that.

他にもいくつか間違いがあるかもしれません。なにしろ10年余も前のことですから。古いメールを今日いくつか見直してみました。JK も彼のバックアップドライブを引っ張りだしています。

I imagine there are other things I have wrong. It was, after all, a dozen years ago. I’ve been looking through some old email today and JK is pulling his off a backup drive.

少なくとも正確でない部分がひとつはありました。JK の話では、スタートアップスクリーンは「Welcome to Macintosh」ではなかったと。起動したときは冗長モードだったそうです。

I know already that there is at least one other incorrect detail. JK says that the startup screen did not say ‘Welcome to Macintosh.’ He had it booting up in Verbose mode.

残っているEメールを調べ直してみるつもりです。もっと正確で完璧なものにして、明日か火曜日にはアップデートできればと・・・

I will continue sorting through the surviving emails to see if I can piece together a more complete, accurate story and update tomorrow or Tuesday.
11 Jun, 2012

     *     *     *

ハワイは間違いない

林信行 Nobuyuki Hayashi(2012 年6月11日)

安藤氏の記憶も、特に日付については不正確なところがあります。しかしハワイに関する部分は正しいと思います。パズルのピースを少しずつ埋めていくのは楽しいですね。少なくとも自分はそうです。私のインタビューを英訳して、今週の WWDC が済んだら自分のサイトに載せたいと思っています。

But on the other hand Mr.Ando’s memory was also filled with incorrect memory especially dates, etc. But perhaps that Hawaii part is correct. It is interesting to put the puzzle pieces together, isn’t it? At least, I am enjoying it. I will try to translate my interview into English and put up on my web after WWDC this week 😉
11 Jun, 2012

     *     *     *

英訳のリンクは?

Asmita Sinha(2013 年7月31日)

英訳されたインタビューへのリンクを教えてください。

Can you post the link to the translated interview here?
31 Jul, 2013

     *     *     *

英訳はこちら

林信行 Nobuyuki Hayashi(2014 年2月5日)

Asmita、残念ながらまだインタビューの英訳はしていません。全部ではないけれど一部については2年たった今こちらに載せています。

Asmita, sorry I didn’t have the interview translated into English. It is not the complete translation but I translate portion of my interview in English after two years:
http://nobi.com/en/Steve%20Jobs%20and%20Japan/entry-1212.html
Wed

     *     *     *

海の両側の2つの視点が交わるとき浮かび上がってくる事実。

「Mac 互換機 VAIO」の好機を逸したのはソニーだったのかそれともアップルだったのか・・・

想像するだけでワクワクしてくる。

海外のサイトが一斉に取り上げたのもそういうことだろう。

Quora という良質なサイトがそれを可能にしていることもスバラしい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »