Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘スマートフォン’ Category

P1050345-940x678

Withdrawal from Japan?: Samsung Considers Withdrawing Smartphone Business from Japan | BusinessKorea

According to industry sources on Feb. 9, Samsung is in a quandary over its struggling smartphone business in Japan. Some in the company are reportedly saying that continuing the business only causes losses rather than profits.

The Korean tech giant accounted for 4 percent of the Japanese smartphone market as of December of last year, which put the firm in 6th place. Samsung was kept out of the top 5 for two years, and its share decreased from 17 percent to 4 percent.

Read Full Post »

MIUIEs-Logo

[Xiaomi の野望:stratechery

Ben Thompson の Xiaomi[小米、シャオミ]分析が非常に刺激的で興味深い。

Xiaomi’s Ambition | stratechery by Ben Thompson

Xiaomi スマートフォンの中国のファン層が大学生や就職したばかりの若い年令層であることに Thompson は注目する。独立するまでは両親と住み、したがって可処分所得も大きい年令層だ。

xiaomi_users_hires_v1-600x457

[Xiaomi のユーザー層:Flurry

そんな若年層に「中国のアップル」と謳われる Xiaomi が大きくアピールしているというのだ。

彼らが独立して、家を構えるようになったらどうなるか、その際の購入するであろう電化製品はどうなるか、と Thompson は考える。そんな製品群を売っているのはいったい誰かと・・・

     *     *     *

ライフスタイルを売る会社

Xiaomi を理解するカギはこういうことだ。すなわち、スマートフォンを売る会社というよりライフスタイルを売る会社と理解すべきだということだ。そしてライフスタイルのカギになるのが MiUI だ。すべてを結びつける Xiaomi のソフトウェアレイヤーが MiUI なのだ。

This, then, is the key to understanding Xiaomi: they’re not so much selling smartphones as they are selling a lifestyle, and the key to that lifestyle is MiUI, Xiaomi’s software layer that ties all of these things together.

     *     *     *

すべてを Xiaomi の製品で

実際 Xiaomi は初めての「モノのインターネット」(Internet of Things)の会社だともいえる。グーグルの Nest や、アップルの HomeKit、あるいはまたサムスンの SmartThings は、ある意味(すでにほとんどの顧客が電気器具を購入済みで、当分買い換えることがないという前提で)すべてのものを接続しようとするオープンな SDK だともいえるが、それとは異なり Xiaomi はすべてを自分の手で統合しようとしており、初めて家庭用電化製品を揃えようとする Xiaomi のファン層に対し必要なものすべてを Mi.com 上で売ろうとしている。これぞまさに垂直統合戦略だ。結局アップルと同じなのだ。Xiaomi が提供しようとする製品は Gene Munster の想像をはるかに超えている。Lei Jun の語る MiUI や Mi.com といったサービスは、製品を売って、それをすべて繋ごうとするものだが、とどのつまりそのどれもが Xiaomi の製品なのだ。

In fact, you could argue that Xiaomi is actually the first “Internet of Things” company: unlike Google (Nest), Apple (HomeKit), or even Samsung (SmartThings), all of whom are offering some sort of open SDK to tie everything together (a necessity given that most of their customers already have appliances that won’t be replaced anytime soon) Xiaomi is integrating everything itself and selling everything one needs on Mi.com to a fan base primed to outfit their homes for the very first time. It’s absolutely a vertical strategy – the company is like Apple after all – it’s just that the product offering is far broader than anything even Gene Munster could imagine. The services Lei Jun talks about – MiUI and Mi.com especially – sell the products and tie them all together, but they are all Xiaomi products in the end.

     *     *     *

Ben Thompson の分析に対する MG Siegler のコメント:

The Xiaomi Lifestyle | ParisLemon

もの真似だけでは片づけられない

メディアが話題にするのはもっぱらアップルをコピーしているという点だけだが、水面下ではもっと重要なことが進行しているのではないか。どうやらサムスンがやるかに見えて、失敗してしまったことが・・・

The copying of Apple gets all the press, but there is something more interesting going on behind the scenes. Seemingly, a movement that Samsung could have potentially seized but missed out on.

     *     *     *

モノマネと一蹴するだけでは大きな変化を見逃してしまうのかもしれない・・・

Read Full Post »

B7XuCmECQAENSMp

China’s Xiaomi unveils two thinner, lighter phablets | BBC News

Chinese smartphone maker Xiaomi has unveiled two flagship phablets in Beijing on Thursday, comparing them directly with Apple’s largest iPhones.

That makes it 1.05mm thinner than the iPhone 6 Plus and 11g lighter.

Now Lei Jun mocking the iPhone 6 Plus camera bump. | Ben Thompson ‏@monkbent

Touché, Xiaomi | Daring Fireball

The Mi Note is 6.95mm thick; the iPhone 6 Plus is 7.1mm thick.

I’d wager a handsome sum the iPhone 6 Plus takes better photos than the Mi Note, but it’s rare for Apple to leave an opening like this for design mockery.

Read Full Post »

smartphone-camera

[スマートフォンのカメラ:The Verge

Vlad Savov の発言が興味深い・・・

To beat the iPhone, you have to beat the iPhone’s camera | The Verge

カメラで競うスマートフォンメーカー

アップルがモバイルデバイスの主導権を握っている背景には、最も重要な部品がサファイアクリスタルレンズだという事情がある。今日のスマートフォン市場ではあらゆるものがコモディティ化しており、素晴らしいデザインも目を見張るような薄さもありふれたものになっている。強力なプロセッサや大きなバッテリーももはや特別なものではなく、誰もが予期するものだ。顧客を新しく増やすには(そして現在の顧客を維持するためにも)、スマートフォンメーカーは自分たちが売ろうとしているのが何よりもまずスマートカメラで、それ以外はすべて二義的なものであるかのようにせざる得なくなっている。

The most critical component to Apple’s current mobile dominance lies behind that sapphire crystal lens. In today’s commoditized smartphone market, even great design and spectacular thinness are becoming commonplace. Powerful processors and large batteries are expected rather than exceptional. To win over new customers (and to keep existing ones), smartphone makers will have to act like what they are selling is actually a smart camera first and everything else second.

     *     *     *

そしてこの話を引用した Jason Snell の感想がさらに興味深い・・・

To beat the iPhone, beat the iPhone’s camera | Six Colors

新しいコミュニケーションの手段

相変わらず iPhone 6 カメラのクオリティには驚かされている。しかしティーンエイジャーの娘やその友人たちを見ているともっと驚かされる。彼女らの主たるソーシャルメディアは Instagram だ。彼女たちにとって Instagram に載せる写真を撮ることが電話を使う最大の目的なのだ。セルフィーが欲しいだけさとジョークをいうこともできる。しかしこの新世代は写真をコミュニケーションの手段にしているのだ。これってスゴいことだ!

I am constantly amazed at the quality of the iPhone 6 camera. But more than that, I see it with my teenaged daughter and her friends—their primary social-media platform is Instagram, and getting those photos is the single most important thing they do on their phones. We can joke about selfies all we want, but this is a generation that is using photography as a primary medium of communication. That’s huge.

     *     *     *

熱狂的 Taylor Swift ファン(swifties)の孫娘をみてもそのようだ。ブログより Instagram にのめり込んでいる。

未来世代が iPhone を使う目的はすでに変化しているのかもしれない・・・

Read Full Post »

3039887-poster-p-1-192-amazon-under-fire

何が起きたのか・・・

The Real Story Behind Jeff Bezos’s Fire Phone Debacle And What It Means For Amazon’s Future | Fast Company

“In essence, we were not building the phone for the customer—we were building it for Jeff.”

Following Fire Phone Flop, Big Changes At Amazon’s Lab126 | Fast Company

Read Full Post »

6459

一般紙とブログの温度差・・・

携帯2年契約、途中解約金の「条項は有効」:最高裁判断 | 朝日新聞デジタル

最高裁「2年縛り契約」は合法、解約月が近くても解約金9,975円は必要 | iPhone Mania

Read Full Post »

canaccord-ranking

[米キャリアのスマートフォンランキング:chart

本当のところ iPhone 5C の売れ行きはどうなのか多くのひとが関心を抱いている。

機種毎の販売台数は企業秘密だが、米国の取り扱いキャリアでのランキングは明らかになっている。

Daniel Eran Dilger が iPhone 5S/5C が発売された昨年9月以降の Canaccord のランキングから、5C は「失敗作」どころかその正反対だといっている。

AppleInsider: “Apple’s iPhone 5c ‘failure flop’ outsold Blackberry, Windows Phone and every Android flagship in Q4” by Daniel Eran Dilger: 22 March 2014

     *     *     *

ベストセラーの iPhone 5S

激しくアップルを批判するひとたちは、もはやアップルが「十分革新的ではなくなった」と非難することで 2013 年の大半を費やした。しかし最新のハイエンド iPhone — Touch ID を備えた 64-bit の iPhone 5S — は他のどのプラットフォームのフラッグシップモデルより遥かに多くを売り上げ、世界のベストセラー端末になっている。

Apple’s fiercest critics spent most of 2013 complaining that the company wasn’t “innovative enough,” but its latest high-end iPhone, the 64-bit iPhone 5s With Touch ID, managed to outsell every other flagship smartphone on any platform, by far, becoming the world’s best selling handset.

     *     *     *

「5C 失敗作」プロパガンダ

事実アップルのハイエンド iPhone 5S は、スマートフォン購入者がより安いものを選ぶようになったと思われているにも関わらず、大きな成功を収めた。このためアップル批評家たちは iPhone 5C が「失敗した」という架空の話に飛びつかざるを得なかった。売れ行きが非常に「惨めな」 iPhone 5C は、見かけ上米国のトップキャリアの半分で成功を収めているサムスンの Galaxy S4 の売上げを上回り、発売開始の最初の月からそれ以外のすべての Android フォンを米国のトップ売上チャートから完全に駆逐してしまった。

In fact, Apple’s high-end iPhone 5s has been so remarkably successful, in spite of the supposed cheapening trend in smartphone buyers’ tastes, that Apple’s critics have been forced to pounce upon the supposed “failure” of the iPhone 5c instead; a phone that sells so “terribly” that it also outsold the ostensibly successful Samsung Galaxy S4 on half of America’s top carriers, and pushed every other Android phone out of the top U.S. sales charts entirely, from the first month it went on sale.

     *     *     *

唯一の論拠

「5C は失敗した」というプロパガンダを裏付ける最大のデータは、アップルの安い方のモデルがハイエンドモデル 5S の売上げに及ばなかったという点だ。まるでアップルが 100 ドル安い 5C の方を売りたがっていると言わんばかりに・・・

The primary data point supporting the “5c Failure” propaganda campaign is that the cheaper model hasn’t been able to outsell Apple’s top of the line 5s, as if Apple would prefer to sell the 5c and collect at least $100 less per sale.

     *     *     *

相対的な比率に過ぎない

iPhone 5C に対する批判はどれもすべて 5S 対 5C という機種の相対的組み合わせ(model mix)に集中していることに注目すべきだ。Android や Windows フォンメーカーだったらまったく話題にならないものだ。そもそもどのメーカーも販売機種の価格帯別売上げの詳しい数字は出していない。販売台数の全体の数字すら公表しているメーカーはほとんどいない。

Note that the war on iPhone 5c focuses entirely upon Apple’s smartphone model mix, a topic that has never raised any interest among any Android or Windows Phone smartphone makers, none of whom detail the unit sales of each price tier in the phones they sell. Few smartphone makers even provide an official figure for the overall numbers of units they sell.

     *     *     *

現実から目をそらすための目くらまし

アップル機種の組み合わせに対する懸念を大きく取り上げるのは現実から目をそらすためのものだ。アップルがプレミアムスマートフォン市場で主導権を握っている現実が明らかになるにつれてその激しさが増している。プレミアムスマートフォンにおけるシェアは中国では 80% 以上、日本では 76%、米国では 45% に達している。

Grave concerns about Apple’s product mix were raised as a distraction from reality, and continue to grow in their fevered pitch as the reality of Apple’s leading market position in premium smartphones becomes more evident, from taking 80 percent of premium phone sales in China to 76 percent of all smartphones in Japan and 45 percent of all smartphones sold in the United States.

     *     *     *

真っ赤なウソ

iPhone 5S と並ぶ世界で2番目に人気のあるスマートフォンを「失敗作」と呼ぶのは、過激などころか、真っ赤なウソだ。

[…] calling the world’s second most popular smartphone behind iPhone 5s a “flop” isn’t just a radical opinion, it’s a lie.

     *     *     *

気になっていた iPhone 5C の売上げについて正面から取り上げた記事。

ほんとに売れていないのか、それとも相対的に売れ行きが及ばないだけか — たしかに微妙なところではある・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Web

[予約受付は始まったが・・・]

ついに中国最大手の China Mobile(中国移動通信)から iPhone が販売されることが正式に決まった。

両社のプレスリリース(同文)で、12月25日予約開始、来年1月17日発売というところまで発表されたのに、予約受付日を過ぎてももまだ iPhone 価格などの詳細は分からない

そんな中で Horace Dediu が China Mobile に課せられる販売ノルマ[MOQ:最低発注数量]を取り上げているのが興味深い・・・

asymco: “The China Mobile iPhone MOQ” by Horace Dediu: 23 December 2013

     *     *     *

来年1月17日販売開始

2013 年12月22日北京およびクパティーノ発:アップルは世界最大の携帯電話会社 China Mobile(中国移動通信)と iPhone を販売する複数年契約を締結したことを本日発表した。この契約によって、iPhone 5S および iPhone 5C はアップルストアだけでなく China Mobile の販売店網からも来年1月17日(金)から販売が開始される。

“BEIJING and CUPERTINO, California—December 22, 2013—Apple® and China Mobile today announced they have entered into a multi-year agreement to bring iPhone® to the world’s largest mobile network. As part of the agreement, iPhone 5s and iPhone 5c will be available from China Mobile’s expansive network of retail stores as well as Apple retail stores across mainland China beginning on Friday, January 17, 2014.

アップル(12月22日)および China Mobile(12月23日)のプレスリリースから

China Mobile & Apple Bring iPhone to China Mobile’s 4G & 3G Networks on January 17, 2014 – Yahoo Finance

     *     *     *

縁起のいい日

どうやら1月17日は縁起のいい日らしい。[注]

January 17 seems to be an auspicious date.[1]

[注]1月17日は中国の数霊術ではラッキーナンバーにあたる。1+7=8と末広がりの八になっていて非常に縁起のいい数字だ。Joe Zou のツイッターから。

1. January 17 is a lucky day in Chinese numerology: 1+7=8 is a multiple of number 8, which is the most auspicious number. Joe Zou @zzbar via Twitter

     *     *     *

NTT Docomo の MOQ

ちょうど1年前の1月17日に、自分は iPhone の最低発注数量[MOQ]について書いた。

Precisely a year prior to that date, on January 17, 2013, I wrote The iPhone MOQ.

その投稿で、米国キャリアの契約者総数に占める iPhone アクティベーションの割合を示した。キャリアやその年によって変わるが 10% 〜 19% という数字だった。さらに日本については NTT Docomo 社長の発言に基づいて高い方の数字になるものと仮定した。

Within that post I showed the activation rates for US operators as a percent of total users. Figures ranged from 10% to 19% by year or operators. I further assumed the figures would be toward the high end of that in Japan based on statements by the president of NTT DoCoMo.

     *     *     *

China Mobile の MOQ は?

その投稿の最後の文章はつぎのとおり。

The last phrase I used was:

「China Mobile(中国移動通信)については最低発注数量(MOQ)が何パーセントになるのか興味深いところだ。」

“The MOQ figure as percent of subs for China Mobile would also be an interesting point of debate.”

     *     *     *

控え目にみて3千万か

自分の予想では、China Mobile の場合は米国や日本よりはるかに低い数字から始まるだろうと考える。中国の場合は最低発注数量(MOQ)が 2014 年の契約者総数の 4% になっても驚かない。上記の China Mobile のプレスリリースでは契約者総数を7億6千万人としている。ということは iPhone の最低発注数量は3千万ということになる。

My assumption would be that CM would start at a base significantly lower than the US or Japan. I would not be surprised to see an MOQ of 4% of user base for 2014. In the press release above China Mobile states that they serve 760 million customers. That implies a minimum order of about 30 million iPhones.

他にデータがないことから控え目に予想すべきだと考える。

In the absence of any other data it’s best to be conservative.

     *     *     *

China Mobile(7億6千万人)だけでもはるかに AT&T(1億1千万人)を超える。

その 4% にいくらで、どういう条件で売ろうとしているのかますます気になってくる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Update:近々結果が出る》

138733372984

[中国移動の奚国華会長:photo

アップルと中国移動(China Mobile)の提携話はまたもや空振りに終わった。

結局12月18日の iPhone 発表はなかった。

財経新聞: “(香港)中国移動が下落、「アップルとの提携発表」との観測空振りに“: 18 December 2013

     *     *     *

またも空振り

中国移動:チャイナ・モバイル下落。市場ではこれより先、同社が本日18日に米アップルとの提携を発表するとの観測が浮上していたが、空振りに終わっている。地元メディアの報道によると、中国移動の奚国華会長は18日、アップルとの交渉はまだ続いており、本日中にiPhoneに関する情報を発表する予定はないと述べた。

     *     *     *

中国の他のニュースを見ても同じだ。

钛媒体网: “中国移动仍在与苹果谈判,暂不发布移动iPhone” by 精选: 18 December 2013

辛抱強く待ってほしい

本日開催された 2013 年の Worldwide Partner Conference において、中国移動の奚国華会長は腾讯科技(Tencent Technology)との単独インタビューに応じ、アップルとの交渉はまだ継続中であり、アップル iPhone 関連の情報発表は本日はないのでユーザーは辛抱強く待って欲しいと述べた。

在今日召开的2013中国移动全球合作伙伴大会上,中移动董事长奚国华在接受腾讯科技独家专访时表示,与苹果的谈判还在进行中,今日也不会发布和苹果iPhone有关的信息,希望用户耐心等待。

     *     *     *

それらしきニュースがあれほど続いたのに、中国のことはほんとに分からない。

アップル関連で今年最大のミステリーだ。

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》近々結果が出る(12月19日)

中国日报网(CHINAdaily)の記事から・・・

chinadaily.com.cn: “China Mobile on silent mode regarding Apple deal” by Shen Jingting: 18 December 2013

     *     *     *

依然交渉中だが近々結果が出る

China Mobile(中国移動通信)の奚国華会長は、China Mobile のネットワークで使える iPhone を買うにはまだ辛抱強く待つ必要があると語った。

Xi Guohua, chairman of China Mobile, said customers need to have more patience to shop for iPhone devices running on China Mobile’s wireless networks.

China Mobile はアップルとの交渉に関しては口を閉ざしているが、奚会長は「China Mobile は未だアップルと交渉中だが、いいニュースは時間がかかるものだ。提携については近々発表できる思う」と述べた。

China Mobile on silent mode regarding Apple deal
“China Mobile has yet to reach agreement with Apple, but good news deserves to be waited for, and we expect to release related cooperation information soon,” Xi said.

     *     *     *

china_mobile_preordering

[China Mobile オンライン予約の広告画像:image

正体不明の 4G スマートフォン

China Mobile の北京支店は正体不明の 4G スマートフォンのオンライン予約を先週開始した。

China Mobile’s Beijing branch opened online preorders for unnamed 4G star smartphone models last week.

このスマートフォンが何なのか China Mobile は明らかにしていないが、予約画面に黄金のアップルのイメージが表示されていることから iPhone 5S に違いないというウワサだった。

Though the company did not specify the particular device, speculation on the web suggested that it was the iPhone 5S handset by demonstrating an image of a golden apple.

12月18日現在6万8千人がオンライン予約した。しかし本当に iPhone 5S を入手できるのかどうか誰も知らない。

About 68,000 people made online reservations by Dec 18. However, no one knows when he or she will get a real iPhone 5S smartphone.

     *     *     *

最大のミステリーはアップルとの交渉で何がもめているのかサッパリ見えてこない点だろう。

その背景に、China Mobile(中国移動)との交渉でアップルは「中国のキャリアに販売助成金を負担させることに失敗した」との見方もあった。

4G ネットワークへの移行に伴い、携帯電話本体と SIM カードを別々に購入するこれまでどおりの売り方を維持するのか、それとも他の国と同じ2年縛りを前提とした販売助成金制に踏み切るのか、非常に興味のあるところだが、アップルとの交渉内容はなかなか見えてこない。

これまで方式だとしても、高額の本体価格をそのまま消費者に転嫁するのか、それとも何らかの軽減措置を講じるのか

契約制に踏み切るとして販売ノルマ[最低発注数量 MOQ]はどうなるのか。7億というマーケットから考えてもノルマは膨大なものになりそうだ。

4G ネットワークに移行に伴い当然多くの機種を扱うだろう。ライバル各社はどうのような条件を提示しているのか。

まだ分からないことがいっぱいだ。

それに「近々結果が出る」というのも興味深い。

中国の消費者がショッピングに殺到する中国正月の春節は、来年は1月31日からだといわれている。

その頃までオンライン予約した消費者がガマンできるかどうか。

China Mobile の iPhone 戦略が姿を現すのもそう遠くはなさそうだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

first_iphon5s_customer

[The first iPhone 5S customer:photo

ドコモが参入した日本の iPhone 事情がちょっとした話題になっている。

Unwired View: “iPhone 5S/C made up 76% of new smartphone sales in Japan this October” by Stasys Bielinis: 27 November 2013

     *     *     *

日本は米国に次ぐ iPhone マーケット

日本はたぶん米国に次ぐ第2の iPhone マーケットだ。もっともマーケットシェアだけでの話だが。絶対数からいえば、すでに中国が米国より大きいか、もうすぐ米国を超えるかというところだろう。

Japan is probably the second best iPhone market, after U.S. At least in market share. China either already is, or will soon be bigger in absolute numbers.

     *     *     *

ドコモが加わって絶好調

長年アップルは日本で好調だった。そして日本最大手のモバイルキャリア NTT DoCoMo が iPhone 5S/5C の発売を開始した今、アップルは絶好調だ。

Apple has been doing very well in Japan for years. And now that country’s biggest mobile operator – NTT DoCoMo – started carrying iPhone 5S and 5C, it is doing even better.

     *     *     *

iPhone シェアは 76%

どれほどかって?

How much better?

Kantar World Panel によるとなんと 76% というシェアなのだ! 10月に発売された新しいスマートフォンのうち 76% が iPhone だった。NTT DoCoMo の販売台数に占める割合では 61% だったという。

According to Kantar World Panel, 76% (!) of new smartphones sold in October were iPhones. Including 61% on NTT DoCoMo.

     *     *     *

販売助成金フル活用のせい?

これまでも常に iPhone の業績はトップだった。キャリアが支配し、販売助成金をフルに活用する日本というマーケットでは・・・。典型的な2年縛りの契約の場合だと、650 ドルの iPhone を買おうと 400 ドルの Android を買おうと一般のひとにその違いはほとんど分からないのだ。

IPhone always performed best in carrier controlled and heavily subsidized markets, where the average Joe can see little difference between buying $650 iPhone and $400 Android phone with a traditional two year contract.

     *     *     *

ドコモはスゴい

それにしても NTT DoCoMo が日本で引き起こした iPhone への関心は驚くべきものだというほかない。

But the amount of interest it is now generating in Japan, is simply amazing.

     *     *     *

寡聞にして筆者は Kantar World Panel を知らなかった。

ググってみたがどういう調査なのかよく分からなかった。

10月に公表された日本の数字と合致するのかどうかも分からない。

筆者の注意を引いたのはこの日本のニュースが海外で取り上げられる過程だ。

この記事は Techmeme にもリストアップされ、多くのアップル系メディアが引用している。

Gruber ですらこれを引用して次のようにコメントしている。

Daring Fireball: “Report: iPhone 5S and 5C Made Up 76 Percent of New Smartphone Sales in Japan This October” by John Gruber: 27 November 2013

     *     *     *

Gruber の反応

日本における10月のスマートフォン販売実績で iPhone 5S/5C が 76% を占めたという報道

Report: iPhone 5S and 5C Made Up 76 Percent of New Smartphone Sales in Japan This October

どうやらアップルと NTT Docomo の提携関係が実を結んだようだ・・・

Sounds like the recent Apple/NTT Docomo partnership is working out.

     *     *     *

日本のニュースが海外に伝わる様子が垣間見えて興味深い。

どうやらドコモが日本のモバイルマーケットを「席巻した様子」は既定事実として海外に伝わったようだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Older Posts »