Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘ジャーナリズム’ Category

Whistleblower-Tag-4-1167

日本にも根付くか・・・

Japan is getting an anonymous whistle blowing platform | Tech in Asia

Whistleblowing.jp will provide an untraceable way for journalists to receive leaked information without fear of compromising a source – of paramount importance since the passage of Japan’s so-called State Secrets Law in December 2013.

Masayuki Hatta, an economics lecturer at Surugadai University and self-proclaimed “rogue researcher and hacker wannabe from Japan,” unveiled the site in December. “We’re actually not like Wikileaks, since the site itself won’t publish any leaks,” Hatta explained at a recent Hacks/Hackers meetup in Tokyo. “We’re more similar to the Dutch website Publeaks. Our goal is to connect whistleblowers and journalists in a safer way.”

Whistleblowing.jp can only be accessed on the Tor network. Tor, short for “the onion router,” was initially conceived by the US Navy’s research laboratory before going open source in 2004. It anonymizes internet browsing by directing traffic through a global network consisting of thousands of volunteer relays. Data, including a user’s IP address, is encrypted as it’s sent through each successive relay. The final relay decrypts the innermost layer of encryption – the middle of the “onion” – and sends the original data through to its final destination without revealing the user’s IP address.

広告

Read Full Post »

carte2014_en

Reporters Without Borders releases 2014 Press Freedom Index | Reporters Without Borders

World Press Freedom index 2014 | Reporters Without Borders

INFORMATION SACRIFICED TO NATIONAL SECURITY AND SURVEILLANCE

The “special intelligence protection bill” that the National Diet in Japan (59th, – 5) adopted in late 2013 would reduce government transparency on such key national issues as nuclear power and relations with the United States, now enshrined as taboos. Investigative journalism, public interest and the confidentiality of journalists’ sources are all being sacrificed by legislators bent on ensuring that their country’s image is spared embarrassing revelations.

CENSORSHIP OF FUKUSHIMA

Arrests, home searches, interrogation by the domestic intelligence agency and threats of judicial proceedings – who would have thought that covering the aftermath of the 2011 Fukushima nuclear disaster would have involved so many risks for Japan’s freelance journalists? The discrimination against freelance and foreign reporters resulting from Japan’s unique system of Kisha clubs, whose members are the only journalists to be granted government accreditation, has increased since Fukushima.

Often barred from press conferences given by the government and TEPCO (the Fukushima nuclear plant’s owner), denied access to the information available to the mainstream media (which censor themselves), freelancers have their hands tied in their fight to cover Japan’s nuclear industrial complex, known as the “nuclear village.” Now that Prime Minister Shinzo Abe’s government has tightened the legislation on “state secrets,” their fight will get even more dangerous.

報道の自由度ランキング、日本また順位下げる 特定秘密保護法などが原因 | ハフィントンポスト

Read Full Post »

racket

久しぶりの Mat Honan・・・

The Guerrilla Tactics of The Racket, and How It Almost Upended Journalism | WIRED

The Racket was to be a showcase for Matt Taibbi,the Rolling Stone reporter who made a name for himself running a newspaper in Russia before becoming one of the financial industry’s harshest critics. Taibbi hired great, voicey, no-bullshit editors like Alex Pareene and Edith Zimmerman. The plan was to make an Internet magazine that mixed hard-hitting reporting and in-depth features with wicked, Spy magazine-style satire. And the occasional kitten video.

And then, just like that, it ended. Over. Done.

Read Full Post »

linkbait

読者のためか、それともアクセスを稼ぐためだけか?

[注]リンクベイト:link bait、clickbait、注目をひくエサでリンクをおびき寄せる記事、釣り記事

What is Clickbait? | 5 minutes with Joe

Joe Wilcox:

Clickbait and linkbait also corrupt longstanding, and sensible practices regarding headline writing that negatively affect audience attitudes about what is valuable content. Good headlines should be aggressive or provocative, such that they pull people to read the story. Emphasis: Read. Deliver value. Clickbait and linkbait headlines and stories aren’t written for people but for Google—to capture search ranking and pageviews.

Read Full Post »

mark-gurman

[Mark Gurman:photo

このところ目覚ましい活躍を見せる Mark Gurman が John Gruber のポッドキャストに登場した。

Daring Fireball: “This Week on The Talk Show: Mark Gurman” by John Gruber: 22 April 2014

新進気鋭の若手が大ベテランに声をかけられた形だ。

久しぶりにオモシロくて、夜明けのベッドの中でみっちり聞いてしまった。

話題の中心は、Greg Christie の引退をめぐる Gurman のスクープ

併せてアップル報道のあり方やウワサの取り上げ方にも及ぶ。

ウラ取りが出来ない、セカンドソースの取れないものは記事にしないという Gurman の姿勢が的中率の高さにつながるのだろう。

何よりもソースとの信頼関係を大切にし、出所の分からないネタには手を出さないという。

「見知らぬひとからの美味しそうなサンドイッチが玄関においてあっても誰が手を出すだろうか」という比喩がオモシロかった。

直接取材に出歩くことはしないが、様々な手段があるので取材できるという。

高校生のプロとして登場した Gurman も、今やミシガン大の2年生になった。

学業の傍らプロとして 9to5Mac に記事を書くというのだから何ともスゴい。

伝説的な「Think Secret」のハーバード大生を Gruber が引き合いに出すのも宜(むべ)なるかな。

当然アップルの最近のウワサについても触れる。

3つだけ。

・OS X 10.10 の製品名

Yosemite(ヨセミテ)というのはいい名前だ[Gruber]

・iWatch/ウェアラブル

まだ時間がかかりそう[Gurman]

・新しいカテゴリー製品

– Tim Cook の発言にも関わらず今の時期になってもまだ音沙汰無し
– ラップトップ以上の何かが出てもおかしくない[Gruber]
– 何かまずいことが起きたのでは[Gurman]

アップルのニュースやウワサを追いかけるひとにとってはなかなか興味深く、参考になる話が多い。

全体を通して聞かれるとオモシロいと思う。

個人的にとくに興味があったのは、ウラ取りの出来ない話は記事にしないという点。

見るからにオイシそうな話で、飛びついて失敗したことが何回かある。

レポーターと異なり読者に過ぎない筆者としては、自分の足で取材することなどできないから、複数の記事で確認できないかぎり自分のブログには取り上げないよう努力している。

Gruber と Gurman の話はブロガーにとっても大変参考になる・・・

★ →[ポッドキャストを聞く:The Talk Show

Read Full Post »

[私はビットコインとは関係ない:YouTube

ナゾに包まれたビットコインの生みの親の素顔が明らかになったとき、これは世紀のスクープかと思われた。

全貌のフォローはとても困難だが、こんなときは短いつぶやきがなかなか参考になる。

いくつかの記事が出たときのツイッターの反応・・・

     *     *     *

◆「ビットコインの隠された顔」およびその続報「ニューズウィークはビットコインの記事を堅持」:Newsweek

The Face Behind Bitcoin | Newsweek
Newsweek’s Statement on the Bitcoin Story | Newsweek

Semil @semil

サトシ・ナカモトがホントにニューズウィークの記者に追いつめられたなんて思うのかい? 本気かよ。

Do you kids really think Satoshi Nakamoto would be hunted down by a Newsweek reporter? C’mon now.

Ben Smith @BuzzFeedBen

どうやってサトシ・ナカモトを見つけたかって? 電話帳からだってさ。なんと・・・

How to find Satoshi Nakamoto: The phone book. Wow.

Kevin Morris @kmmokai

ハッキリさせておくが、ニューズウィークが見つけたといういちばんの証拠は、彼の名前が実際にサトシ・ナカモトで、彼はチョー頭がいいと家族がいうことだけだ。

Just to clarify, the best evidence that Newsweek found is the guy’s name is actually Satoshi Nakamoto and his family says he’s super smart.

Startup L. Jackson @StartupLJackson

「サトシ・ナカモト」がホントにサトシ・ナカモトという名前の人物だと分かるまで記者たちは5年もかかったんだって。スゲエ。

It took reporters five years to figure out that “Satoshi Nakamoto” was actually a guy named Satoshi Nakamoto. Yeah.

naveen @naveen

「自分はギークだ。アイデアを考えたのがいいヤツか悪いヤツかなんて関係ない。アイデアはそれだけで自立している。」

“I am a geek. I don’t care if the idea came from a good person or an evil person. Ideas stand on their own.”

Ken Norton @kennethn

ニューズウィークはみんなに「この個人のプライバシーと人権を尊重してほしい」んだって。

Newsweek would like us all “to be respectful of the privacy and rights of the individuals involved.”

     *     *     *

◆「ビットコインを創設したといわれる人物はそれを否定」:AP

Man said to create bitcoin denies it | AP

Aaron Levie @levie

サトシ・ナカモト本人だと暴露されたその当人が、自分はそのサトシ・ナカモトではないと主張。これぞビットコインの世界・・・

So Satoshi Nakamoto, who was outed as *the* Satoshi Nakamoti, now claims he’s not *the* Satoshi Nakamoto. Just another day of Bitcoin.

Danny Sullivan @dannysullivan

ニューズウィークの記事の要約:死にかけていたニューズウィークがビットコイン発明者発見の記事を印刷してカムバック。150 年の歴史を持つ AP が追いつめた結果、「自分じゃない」と・・・

Bitcoin inventor summary: dead mag Newsweek comes back to print with claim to have found him; 150-year old AP hunts him down gets “not me”

Marc Andreessen @pmarca

自分の考えでは誰がサトシ・ナカモトであろうと関係ない。ビットコインのアイデアはそれ自体自立している。数式はそれ自体が自立、コードもまたそれ自体が自立している。

My view is that it doesn’t matter who Satoshi is. The ideas stand on their own, the math stands on its own, the code stands on its own.

Marc Andreessen @pmarca

自分が知っているビットコインの頭のいい連中はニューズウィークの記事が正しいと考えていないことには注意。(自分には分からないけれど。)

For what it’s worth, the smartest Bitcoin people I know don’t think that the Newsweek story is correct. (I myself don’t know.)

Quentin Hardy @qhardy

Mt. Gox のときのメディアの対応と同じになってきた・・・

This is turning into the Mt. Gox of journalism.

     *     *     *

◆「ビットコインの生みの親サトシ・ナカモトを暴露したのは立派なジャーナリズム」および「ビットコインの生みの親とされる人物とのニューズウィークのインタビューについて詳報」:Forbes

The Outing of Bitcoin Creator Satoshi Nakamoto Is Important Journalism | Forbes
More Details On Newsweek Journalist’s Interview With Alleged Bitcoin Creator | Forbes

Mike Masnick @mmasnick

それじゃ尋ねるが、ニューズウィークのナカモト「暴露」でパニクった連中は、宝くじの当選者が報道されても同じようにカッカして追いかけるのか?

Question: for those freaking out about Newsweek “revealing” Nakamoto, are you similarly incensed when paper reports on big lottery winners?

Declan McCullagh @declanm

ニューズウィークがドリアン・ナカモトに接触したとき「テープレコーダーを持っていなかった」のはなんと残念なこと・・・

Unfortunate, that: Newsweek “doesn’t have a tape recording” of encounter with Dorian Nakamoto

     *     *     *

プライバシーを洗いざらい明らかにされたドリアン・サトシ・ナカモトは気の毒だ。

彼自身の語るビデオ[冒頭]を見ていると、どうなのかなあ・・・って感じになる。

事態はまだ進行中で、どちらに向かうか分からない・・・

Read Full Post »

bigger_screen_iphones

[WSJ の記事から:image

今年もまた WSJ は積極的に iPhone のウワサを取り上げている。

アジアのレポーターたちが総力を挙げて報じたのが「大型スクリーンの iPhone を2モデル投入」という記事だ。

WSJ.com: “Apple iPhones to Come Out With Bigger Screens” by Lorraine Luk, Eva Dou, and Daisuke Wakabayashi: 24 January 2014
WSJ.com: “アップル、画面サイズが4.5インチ以上のiPhoneを計画=関係者“: 24 January 2014

John Gruber がそのウワサを総括しているのがいかにも彼らしい。

Daring Fireball: “On the WSJ’s ‘iPhones to Come Out With Bigger Screens’ Story” by John Gruber: 24 January 2014

     *     *     *

「大型スクリーン iPhone を2モデル投入」という WSJ の記事について

On the WSJ’s ‘iPhones to Come Out With Bigger Screens’ Story

昨日のテクノロジー関係のトップ記事は、Lorraine Luk、Eva Dou および Daisuke Wakabayashi による WSJ の記事だった。(残念なことに読めるのは有料購読者だけ。)

Yesterday’s top tech story was this report from Lorraine Luk, Eva Dou, and Daisuke Wakabayashi in the WSJ (paywall, alas):

     *     *     *

画面サイズの大きい2モデルを投入

米アップルは今年、画面サイズが先行機よりも大きいスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」を2モデル投入し、他社がすでに打ち出した画面の大きな製品の対抗馬とする計画だ。事情を知る複数の関係者が明らかにした。[WSJ 日本版訳]

Facing competition from rivals offering smartphones with bigger screens, Apple Inc. is planning larger displays on a pair of iPhones due for release this year, people familiar with the situation said.

     *     *     *

4.5 インチ以上と5インチ以上

関係者らによるとアップルは、このうちの1つは画面の対角線の長さが4.5インチ以上、もう1つは5インチ以上となる。先行機の画面サイズは、アイフォーン5が最大で4インチだった。[WSJ 日本版訳]

The people said Apple plans an iPhone model with a screen larger than 4½ inches measured diagonally, and a second version with a display bigger than 5 inches. Until now, Apple’s largest phone has been the 4-inch display on the iPhone 5.

     *     *     *

曲面型スクリーンは採用されない

さらに関係者らは、今年4-6月期に発売予定だとされるこれらの新型アイフォーンに、韓国のサムスン電子など競合数社が昨年公開したような曲面型スクリーンは採用されない、と述べた。ただ、最終案ではないため今後アップルが方針を変更する可能性もあると警告した。[WSJ 日本版訳]

The phones, expected in the second half, won’t include a curved display, a feature recently introduced by rivals including Samsung Electronics Co., the people said. They cautioned that Apple’s plans weren’t final and that the company could change course.

     *     *     *

ウワサにすぎない:Gruber

引用中太文字部分は自分。「いずれも単なるウワサで、どれも実現しないかもしれない」といっているだけだ。

Emphasis added. Translation: These are just rumors and none of this may come to pass.

     *     *     *

いずれも開発中の段階

また、新型アイフォーン2モデルのうち、画面が小さい方は開発がより進んでおり、量産開始準備に入っているが、より画面の大きい方はまだ開発初期段階にあると関係者は述べた。[WSJ 日本版訳]

The smaller of the two models is further along in development, and is being prepared for mass production, the people said. The larger-screen version is still in preliminary development, they said.

     *     *     *

年内の可能性はない:Gruber

自分として付け加えることはない。ただ次の点を指摘するにとどめる — どのデバイスもまだ「開発初期段階」で、年内に出る可能性はない、と。WSJ の記者なら当然知っているハズだ。なお自分としてはいつもの質問をしておきたい。「これらの大型スクリーンのピクセル寸法はいったいどうなるのか?」

There’s so much more I could write about this, but for now, I’ll simply point out that any device “still in preliminary development” has no chance of coming out this year. The Journal’s reporters should know this. And as, always, I ask: what are the pixel dimensions of these bigger screens?

     *     *     *

プラスチック製ケースは打ち切られる見込み

これら2つのモデルでは「5s」と似た金属ケースが採用される見通しだ。関係者らは、「5c」に装備されたプラスチック製ケースの使用は打ち切られる見込みだと話した。[WSJ 日本版訳]

Both new models are expected to feature metal casings similar to what is used on the current iPhone 5S, with Apple expected to scrap the plastic exterior used in the iPhone 5C, these people said.

     *     *     *

5C は1年もしないで格落ち?:Gruber

ということは 5C は1年も続かず、現在 iPhone 4S が占めている「2年契約付きならタダというカテゴリー」へ移行するということなのだろうか? (そんなことはないだろう。)

So the 5C won’t stick around for another year, moving down into the free-with-contract slot now occupied by the iPhone 4S?

     *     *     *

WSJ のような大手紙でも不確かなウワサを堂々と載せるようになったのは最近の憂うべき傾向だ。(書いたレポーター名は記憶しておいた方がいい。)

「開発の初期段階」とか「複数の新しいモデル」などは論外だが、大型スクリーンということに関しては Gruber が常々指摘する「ピクセル数」の検討が欠かせない。

「Gruber の視点」については前にも取り上げたが、「ピクセル数」の扱いは重要なカギになるのではないか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Older Posts »