Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘サムスン’ Category

Android-Microsoft-Ballmer

サムスンとマイクロソフトの特許訴訟で表に出た興味深い事実・・・

Microsoft Says Samsung Owes It $6.9M in Contract Dispute | Re/code

     *     *     *

アンドロイドの特許権使用料がなんと10億ドル!

サムスンは Android フォンやタブレット毎に特許権使用料をマイクロソフトに支払うという契約を結んでいる。

That contract calls for the Korean electronics giant to pay Redmond a royalty for each Android phone and tablet it makes.

昨年サムスンがマイクロソフトに支払った金額がなんと10億ドルだと!

A lot is at stake in the case, as is made clear by the details unsealed Friday. Microsoft notes in the suit that Samsung paid it $1 billion last year under the patent agreement.

     *     *     *

いくつかの反応・・・

Benedict Evans @BenedictEvans

ということは理論上は、裁判所がアップルに対して命じた支払額より大きい額を毎年マイクロソフトに対して支払うということだ。

So Samsung had theoretically agreed to pay Microsoft more every single year than the court ordered it to pay Apple in fines.

     *     *     *

John Gruber:

Samsung Paid Microsoft $1 Billion Last Year | Daring Fireball

信じられない。ほんとにマイクロソフトはグーグルより Android から多くの利益を得ているということなのか?

That’s incredible. In all seriousness, could Microsoft be profiting from Android more than Google is?

     *     *     *

他人様の特許から毎年 1000 億円を超える特許権使用料がポケットに転がり込むというのはスゴいことだ!

クロスライセンスにしろパテントトロールにしろ、特許制度とはなんとも不思議な存在だ。

サムスンもアップルなんか相手に訴訟を起こしているヒマはないんじゃないか・・・

広告

Read Full Post »

iDuB17SWjOro

[サムスンのイ・ゴンヒ(李健煕)会長:photo

Bloomberg によれば:

Bloomberg:

サムスングループのスポークスウーマン Rhee So Eui のEメールによれば、イ・ゴンヒ(李健煕)会長は Soonchunhyang 大学病院で前夜の急性心筋梗塞から蘇生し安定したあと、昨日早くサムスンメディカルセンターで手術を受けたという。

Lee was operated on early yesterday at Samsung Medical Center after being resuscitated and stabilized the previous night at Soonchunhyang University Hospital following an acute myocardial infarction, according to an e-mailed statement from Samsung Group spokeswoman Rhee So Eui.

今後の後継者問題:

As to the question of succession planning:

後継者という意味では息子を副会長に指名するのは「ハッキリしていた」、とソウルの Heo Pil Seok[Midas International Asset Management の CEO]は電話で語った。

Naming his son as vice chairman “was a clear step” in terms of succession, Heo Pil Seok, Chief Executive Officer at Midas International Asset Management Ltd. in Seoul, said by phone yesterday.

Read Full Post »

apple-vs-samsung-opener

[サムスンのイ・ゴンヒ(李健煕)会長とスティーブ・ジョブズ:image

アップル対サムスン裁判に関する Vanity Fair 6月号の記事(Kurt Eichenwald)がじつに強烈で興味深い。

Vanity Fair: “The Great Smartphone War: Apple vs. Samsung” by Kurt Eichenwald: June 2014

     *     *     *

独禁法当局の急襲

2011 年3月のある日、韓国独禁法規制当局の捜査官を乗せた車がソウルの南25マイルにあるサムスンのスウォン(水原)工場に乗り付けた。彼らはこのビルを急襲して、携帯電話の価格協定をした疑いでサムスンと携帯電話会社の癒着の証拠を捜索しようとしていた。

One day in March 2011, cars carrying investigators from Korea’s anti-trust regulator pulled up outside a Samsung facility in Suwon, about 25 miles south of Seoul. They were there ready to raid the building, looking for evidence of possible collusion between the company and wireless operators to fix the prices of mobile phones.

セキュリティガードに阻まれた捜査官はドアから中に入れなかった。小競り合いが続き、警察を呼んだ捜査官は30分遅れて中に入った。工場の外で待たされたことに不審を持った捜査官は、内部のセキュリティカメラ映像を押収した。そこで見たのは信じられない光景だった。

Before the investigators could get inside, security guards approached and refused to let them through the door. A standoff ensued, and the investigators called the police, who finally got them inside after a 30-minute delay. Curious about what had been happening in the plant as they cooled their heels outside, the officials seized video from internal security cameras. What they saw was almost beyond belief.

捜査官来訪の知らせに、工場の従業員たちは書類を廃棄し、都合の悪い内容が見つからないように使用中のコンピュータを別のものと入れ替えていたのだ。

Upon getting word that investigators were outside, employees at the plant began destroying documents and switching computers, replacing the ones that were being used — and might have damaging material on them — with others.

1年後韓国の新聞は、同工場での捜査を妨げたとの理由でサムスンに罰金を課したと報じた。当時ソウルでサムスン裁判の証言記録をとっていたアップルの法務チームがその小競り合いのことを知った。彼らが聞いたところでは、捜査官を中に入れる前にサムスンのある従業員は書類を呑み込もうとしたという。それは決してアップルとの裁判に有利に働くものではなかった。アップルの弁護士は仲間内で冗談まじりにこういったそうだ。果たして不都合な証拠を食べてしまうことすら厭わないほど忠実な従業員がいるサムスンとの裁判に勝てるだろうかと・・・

A year later, Korean newspapers reported that the government had fined Samsung for obstructing the investigation at the facility. At the time, a legal team representing Apple was in Seoul to take depositions in the Samsung case, and they read about the standoff. From what they heard, one of the Samsung employees there had even swallowed documents before the investigators were allowed in. That certainly didn’t bode well for Apple’s case; how, the Apple lawyers said half-jokingly among themselves, could they possibly compete in a legal forum with employees who were so loyal to the company that they were willing to eat incriminating evidence?

     *     *     *

この急襲の部分だけでも強烈だが、サムスンの法廷戦術に触れた部分もこれまたスゴい。

訴えられたら訴え返す

・・・様々な裁判記録やサムスンとの仕事をしたひとたちによれば、ライバルの特許を無視するのはこの韓国の会社にとって決して珍しいことではないという。ひとたび捕まったときは、アップル裁判で使われたのと同じ戦術を使うのだ。すなわち、逆に告訴する、遅延させる、敗訴したら遅延させる、控訴する、そして負けが近づけば和解するというものだ。「特許の所有権者が誰であれ、どんな特許でもいずれはサムスンは使いたいと思うのだ」とサムスンとのケースを担当した特許弁護士 Sam Baxter は語る。「自分はスウェーデンのテレコム会社 Ericsson の代理をしたが、命運がかかっているとしたら彼らはウソはつけない。サムスンの代理もしたが、命運がかかっているとしたら、彼らは本当のことはいわないのだ。」

[…] According to various court records and people who have worked with Samsung, ignoring competitors’ patents is not uncommon for the Korean company. And once it’s caught it launches into the same sort of tactics used in the Apple case: countersue, delay, lose, delay, appeal, and then, when defeat is approaching, settle. “They never met a patent they didn’t think they might like to use, no matter who it belongs to,” says Sam Baxter, a patent lawyer who once handled a case for Samsung. “I represented [the Swedish telecommunications company] Ericsson, and they couldn’t lie if their lives depended on it, and I represented Samsung and they couldn’t tell the truth if their lives depended on it.”

一部の外部者が批判している訴えられたら訴え返すといういい方はサムスンの特許問題にたいする現実を正しく反映していない、とサムスンの役員はいう。サムスンは世界でも最大の特許所有者なので、同業他社がしばしばサムスンの知的財産を利用しているのをみつけるという。しかしこれらの行為に対して訴訟を起こすという手段は取らないのだと。しかしながらいったんサムスンが訴えられた場合は、防衛戦略の一環として対抗訴訟するのだと役員はいう。

Samsung executives say that the pattern of suit-countersuit criticized by some outsiders misrepresents the reality of the company’s approach to patent issues. Because it is one of the largest patent holders in the world, the company often finds others in the technology industry have taken its intellectual property, but it chooses not to file lawsuits to challenge those actions. However, once Samsung itself is sued, the executives say, it will use countersuits as part of a defense strategy.

     *     *     *

6000 語をこえる長文のこの記事は、「訴えられたら訴え返す」という法廷戦術で日本などのライバルを完全に席巻していった様子を詳述する。

こんなスゴい記事は初めてだと John Gruber をしていわしめるほどだ。

Daring Fireball: “The Great Smartphone War: Apple vs. Samsung” by John Gruber: 05 May 2014

     *     *     *

こんなスゴいのは初めて

アップル対サムスンの敵対関係について書かれた記事で、これまで読んだ中で最も素晴らしい説明。こんなスゴいのは初めて。

Eichenwald’s is the best overview of the Apple-Samsung rivalry I’ve seen; nothing else even comes close.

     *     *     *

具体的な固有名詞が出てくる臨場感はスゴい。

この刺激的な内容からみてきっと全文翻訳が出るのも遠くはないと思われる。

アップル対サムスン裁判を理解する上で欠かせない資料となるのではないか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

apple-v-samsung-patent

[アップル対サムスン特許訴訟:photo

アップル対サムスンの特許訴訟でアップルに損害賠償が認められた。

Daring Fireball: “Jury Awards Apple a Nice Bag of Peanuts in Samsung Patent Case” by John Gruber: 03 May 2014

     *     *     *

相互の特許侵害

Ina Fried[Recode]によれば:

Ina Fried, Recode:

アップル対サムスン訴訟の連邦陪審員団は、金曜日に相互の特許侵害を認める評決を出した。

A federal jury in the Apple-Samsung case delivered a mixed verdict Friday.

さまざまなサムスン製品の特許権侵害に対し、陪審員団はアップルが提起した2つの特許権侵害を認めるとともに、第3の特許については1億 1960 万ドルの損害賠償を認めた。しかしながらその他の2件については認めなかった。またアップルが特許侵害したとして、サムスンに対しても15万 8400 千ドルの損害賠償を認めた。

The panel ruled that various Samsung products infringed on two patents that Apple had sued over in its latest patent case and found damages on a third patent, awarding more than $119.6 million in damages. However, it found Apple did not infringe on two other patents and also awarded Samsung $158,400, saying Apple infringed on a Samsung patent.

     *     *     *

カネが問題ではない

アップルにとってカネが問題だったことは一度もない。たとえ満額の22億ドルを勝ち取ったとしても、本当のところアップルにとってポスト PC マーケットという大きな意味では大したカネではない。1億2千万ドルは巨額ではないかって? どちらの会社にとってもはした金だ。

It was never about the money for Apple. Even if Apple had been awarded the full $2.2 billion it asked for, the truth is that’s just not that much money in the grand scheme of the post-PC market. But $120 million? That’s chump change to either company.

     *     *     *

スズメの涙

この評決のせいで、将来サムスンがアップルのコピーを逡巡するとも思えない。金銭的ペナルティとしてはスズメの涙だ。一般の受け取り方にしても、そもそもサムスンはコピーすることをなんら愧じていないのだ。

It’s hard to see how anything related to this verdict would give Samsung pause before copying Apple in the future. The financial penalty was a mere pittance, and in terms of public perception, they clearly had no shame to begin with.

     *     *     *

ライバルへのメッセージ

それでも自分は、この訴訟を起こしたことをアップルは一切後悔していないと思っている。これはアップルが、サムスンのみならずライバルたちに送ったメッセージなのだアップルは自分たちの仕事について理不尽なほど防御的であること、もしわれわれに不正をすればどこまでも追いかけると・・・

That said, I still don’t think Apple has any regrets about pursuing this case. It’s about the message it sends to all competitors, not just Samsung: We are irrationally protective of our work, and if you wrong us, we will go after you.

     *     *     *

裁判のことはよく分からない。特許訴訟となるとなおさらだ。

同じ Lucy Koh 裁判官の下でアップルが歴史的勝利を収めたのはつい2年前のことだった。

今回は特許権では相打ち、金額的にはアップル圧勝のようにも思えるが、いまひとつよくワカラン。

Gruber のいうとおりだとしても、特許制度とは高くつくものらしい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Apple attorney Harold McElhinny delivers opening statement during Apple Inc vs Samsung Electronics Co Ltd case in U.S. District Court, Northern District of California in San Jose

[アップル対サムスンの裁判:image

またぞろ再開されたアップル対サムスンの裁判で、アップルの内部文書が表に出てきている。

Re/code: “Internal Apple Document Shows Worries iPhone Growth Could Stall” by Ina Fried: 04 April 2014

     *     *     *

iPhone の伸び悩みを懸念

アップルの内部文書によれば、少なくとも同社の販売チームは iPhone の伸び悩みを懸念している。大型スクリーンを備えた Android デバイスや低価格製品により iPhone マーケットの一部が減ってきていると・・・

Internal Apple documents show the concern, at least from the company’s sales force, that the portion of the market occupied by the iPhone was on the wane amid growing competition from Android devices that have either larger screens or lower prices than the iPhone.

     *     *     *

グーグルのエコシステムも

また同文書は、グーグルのエコシステムが大きくなったこともマーケットの変化をもたらしていると指摘している。

The shift in the market was accompanied by a rising Google ecosystem, the documents noted.

     *     *     *

アップル・サムスン裁判で開示

2014 年度オフサイト会合のために準備されたある書類のなかで、「ライバルたちはハードウェアも、またいくつかの場合にはエコシステムにおいても、劇的な発展をとげている」とアップルの販売チームの一員が書いている。これら書類の一部はアップル・サムスン裁判で金曜日に陪審員に対して開示された。

“Competitors have drastically improved their hardware and in some cases their ecosystems,” a member of Apple’s sales team wrote in a document that was prepared as part of a fiscal 2014 offsite meeting. Portions of the document were shown Friday to the jury in the Apple-Samsung case.

     *     *     *

大型スクリーンと廉価版

サムスンのアップルの上級副社長 Phil Schiller に対する反対尋問で提出された書類は、スマートフォンの成長はすべて 300 ドル以上の大型スクリーンデバイスによるものかあるいは 300 ドル以下の安価なデバイスによるものであり、その価格帯の iPhone が減少していることを示している。

The document, which was presented as part of Samsung’s cross-examination of Apple Senior VP Phil Schiller, noted that all the growth in smartphones was coming either from large-screen devices costing more than $300 or from devices that cost less than $300, with the segment that included the iPhone showing decline.

     *     *     *

「法外な」カネ

同書類では他の懸念も示されている。Android のライバルたちがモバイルキャリアの関心を引くため、広告やキャリアチャンネルに 「『法外な』カネを費やしている」と。また iPhone に払う高額な販売奨励金を抑えるため、モバイルキャリアは iPhone 販売を抑えることに関心を持っているとも。

Other concerns noted in the document included the idea that Android rivals were “spending ‘obscene’ amounts of money on advertising and/or carrier channel to gain traction” and that mobile carriers had an interest in limiting iPhone sales because of, among other things, the high subsidies they had to pay on the device.

     *     *     *

同意できない

Schiller はこの書類で触れられた多く点には同意できないと証言した。彼がいうにはこれはアップルのポリシーを代表するものではないからだ。

Schiller noted in his testimony that he didn’t agree with much of the document, which he said didn’t represent Apple policy.

     *     *     *

神経に障る

しかしながら以前 Schiller は 2013 年のEメールでサムスンの広告は神経に障ると述べている。

In a 2013 e-mail, though, Schiller expressed concern that Samsung’s ads were striking a nerve.

「今日公開されたサムスンのスーパーボウルコマーシャルを見た」と彼はあるメールで書いている。「なかなかよく出来ており、ヤツらは(決勝点にはいった運動選手が間違いなく勝ったと思うように)確信していると思わざるを得ない。一方われわれは iPhone をそう思わせるのに打つ手を欠いて苦慮している。」

“I watched the Samsung pre-superbowl ad that launched today,” he wrote in one missive. “It’s pretty good and I can’t help but thinking ‘these guys are feeling it (like an athlete that can’t miss because they are in a zone), while we struggle to nail a compelling brief on iPhone.”

     *     *     *

アップルの本音はなかなか窺い知れないが、裁判の証拠という形で出されてみると分かるような気もする。

ところで今年は iPhone モデルチェンジの年だが、果たして大型スクリーンのモデルは出るのかどうか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Update:やっぱり A7 はサムスン製》

iPhone 5S Teardown Round Up | YouTube]

世界でいの一番に iPhone 5S をバラシた iFixit・・・

iFixit: “iPhone 5s Teardown“: 20 September 2013

     *     *     *

Sl4TBYL3jxPydqEe.large
[ロジックボードの裏面]

Step 15:ロジックボードの裏面

ロジックボードの裏側に注目しよう。

Turning our attention to the backside of the logic board:

・プロセッサ[赤色]は Apple の A7 APL0698 SoC(MacRumors の投稿によれば、F8164A1PD という表示は 1GB の RAM を示すもののようだ)

– Apple A7 APL0698 SoC (based on this MacRumors post, the markings F8164A1PD indicate the RAM is likely 1GB)

・モデム[だいだい色]は Qualcomm の MDM9615M LTE

– Qualcomm MDM9615M LTE Modem

・トランシーバー[黄色]は Qualcomm の WTR1605L LTE/HSPA+/CDMA2K/TDSCDMA/EDGE/GPS

– Qualcomm WTR1605L LTE/HSPA+/CDMA2K/TDSCDMA/EDGE/GPS transceiver.

     *     *     *

M7 コプロセッサは?

ウワサの M7 コプロセッサを探したが、どうやらそれは別個の IC かあるいは A7 に追加的に組み込まれた機能ではないかと思うようになった。

As we search for a much-anticipated M7 coprocessor, we begin to wonder if it actually is a separate IC, or if it is additional functionality built into the A7.

M7 の “M” は「マジカル」の “M” かもしれない。目にも見えず、その2つのデバイスをくっつけるのに妖精の魔法の粉を使っているのかもしれない。それとも “M” は「マーケティング」の意味か・・・

Maybe the “M” stands for “magical,” the M7 is invisible, and Apple does use pixie dust to hold the device together. Or perhaps the “M” stands for “marketing”…

アップデートM7 が見つかった![注:《Update》参照]

Update: the M7 has been found!

     *     *     *

製造日

われわれの機種に搭載された A7 は7月製造になっている。

Our A7 was fabbed in July.

     *     *     *

PcgFf2OGYhSrZ3xj.large
[A7 プロセッサ]

Step 16:A7 プロセッサ

次はいよいよ新顔を調べる番だ。A7 は最高にクールだ。指紋センサーと併せて A7 のおかげで、消費者は 5C より 5S を選ぶ気にさせられる。

It’s time to investigate the new kid on the block, and it’s fly like an A7. Along with the fingerprint sensor, the A7 is a major enticement for consumers to pick the 5s over the 5c.

     *     *     *

倍のパフォーマンス

広告によれば A7 プロセッサのパフォーマンスは 5(あるいは 5C)の A6 プロセッサの倍だという。

The A7 is advertised as providing twice the performance of the 5 (and 5c)’s A6 processor.

A7 に変えたことはスマートフォンとしては初めて 64-bit プロセッサを採用したことを意味する。AnandTech のレビューによれば、A7 のパフォーマンスが増えたその大部分は 64-bit アーキテクチャによるものではなく、古くなった ARMv7 命令セットに代えて新しくデザインし直された ARMv8 を採用したことによるもののようだという。

The switch to the A7 marks the first use of a 64-bit processor in a smartphone. Based on AnandTech’s review, it seems that the bulk of the A7’s performance gains do not come from any advantages inherent to a 64-bit architecture, but rather from the switch from the outdated ARMv7 instruction set to the newly-designed ARMv8.

新しい ARMv8 命令セットは 64-bit アーキテクチャを前提にデザインされている。過去20年にわたるレガシーのサポートを止めたことで効率が向上し、バッテリー持続時間を損なうことなくパフォーマンスを向上させた。

The modern ARMv8 instruction set was designed for a 64-bit architecture. It does away with the legacy support of the last 20 years, which increases efficiency, improving performance without sacrificing battery life.

     *     *     *

チップメーカーは不明

このチップのメーカーが誰かはチップの内部を見るまでは分からない。[注:《Update》参照]

We’ll have to wait until we get inside the chip to find out who manufactured it.

     *     *     *

新しい iPhone 5S の心臓部 A7 チップを製造したメーカーはいったい誰か・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》やっぱり A7 はサムスン製(9月21日)

iFixit の iPhone 5S 分解は現在も進行中だが、新たに A7 プロセッサがサムスン製であることが分かった。

iFixit: “Apple’s A7 Processor is Made by Samsung” by Miro: 20 September 2013

     *     *     *

A7 プロセッサはサムスン製

アップルの新しい A7 プロセッサのメーカーが誰なのかインターネットではさまざまな憶測がなされた。昨夜われわれは iPhone 5S を分解したが、Chipworks がさらに一歩進めた。IC デキャッピングの結果、その内部写真から A7 がサムスン製であることが分かった。

There was mighty speculation among the internet as to the manufacturer of Apple’s new A7 processor. We uncovered it last night during the iPhone 5s teardown, but now Chipworks has taken it one step further. Through the magic of decapping an IC, their internal shots revealed the A7 to be made by Samsung.

     *     *     *

KqfbvkBAIlWOVTcV.large
[A7 ダイ写真:Chipworks 提供]

サムスンの HKMG を使用

Chipworks によれば、「まず初期の分析として、A7 がサムスンの半導体ファウンドリで製造されたことを確認した。さらに分析を進めれば、本日中にはプロセスタイプおよびノードも確認できるだろう。それはそれとして、サムスン 28 nm Hi K metal Gate (HKMG)が使用されているものと考えられる。同様の工程はサムスンの Galaxy S IV で用いられている Exynos Application プロセッサでも確認されている。その点が確認され次第、あるいはそれとは異なる情報が得られ次第、われわれのエンジニアはアップルの A7 を解体処理することになる。

From Chipworks: “We have confirmed through early analysis that the device is fabricated at Samsung’s Foundry and we will confirm process type and node later today as analysis continues. That being said, we suspect we will see Samsungs 28 nm Hi K metal Gate (HKMG) being used. We have observed this same process in the Samsung Exynos Application processor used in the Galaxy S IV. Our engineers will be deprocessing the Apple A7 as soon as they can to confirm this or to provide different information.”

     *     *     *

さらに分解の第一段階では分からなかった M7 プロセッサの正体も分かった。

iFixit: “Apple’s Mysterious M7 Processor Uncovered” by Miro: 20 September 2013

     *     *     *

LfA3seTtChbbWVwP.large
[見つかった NXP プロセッサ:Chipworks 提供]

M7 プロセッサの正体

Chipworks がさらに詳しく調べたところ、アップルのミステリアスな M7 プロセッサの正体が分かった。昨夜の iPhone 5S 分解ではどうしても分からなかったものだ。それは NXP 製の LPC1800 で、ネオプレンのようなカバーの下に隠れていた。

Further digging by Chipworks gave us the identity of Apple’s mysterious M7 processor, a chip that was conspicuously absent from last night’s iPhone 5s teardown. It’s an NXP LPC1800 device that was buried beneath a neoprene-looking cover:

     *     *     *

センサーからのインプット解析・処理専用

Chipworksによれば、「M7 はプリント基板に実装されたジャイロスコープ、加速度計、電磁コンパスなどの個別のセンサーからのインプットを処理、解析する専用プロセッサだ。これらのセンサーは、アップルのこれまでのやり方からみて、加速時計及びジャイロスコープは STMicroelectronics 製、電磁コンパスは旭化成マイクロデバイス(AKM)製だろうと考えられる。その後コンパスは AKM の AK8963 であることが確認された。」

From Chipworks: “The M7 is dedicated to processing and translating the inputs provided to it by the discrete sensors; the gyroscope, accelerometer and electro magnetic compass mounted throughout the main printed circuit board. Traditional Apple techniques lead us to believe that the these discrete sensors will most likely be STMicroelectronics for the accelerometer and the gyroscope while the electro magnetic compass would again be an Asahi Kasei Microdevices (AKM). We have since confirmed the compass to be AKM’s AK8963.”

     *     *     *

実機さえ入手できれば、たった2日でここまで分かるんだ!

A7 がサムスン製なら、サムスンだってすぐに 64-bit 対応できるということか?

そういえば、iPhone 5S 発表直後にサムスンが次期 Galaxy は 64-bit プロセッサを搭載するこちらも]といったのはこういうことだったのか・・・

★ →[原文を見る:A7 Processor
★ →[原文を見る:M7 Coprocessor

Read Full Post »

追記:Tizen 搭載のハイエンドデバイス》

samsung_as_top_android_vendor

[破竹のサムスン:image

いつもはデータを積み上げて緻密な議論を展開する Horace Dediu だが、ときたま一問一答の形で結論だけを述べることがある。

asymco: “Samsung vs. Google: an Interview with Rafael Barbosa Barifouse of Redacao Epoca” by Horace Dediu: 18 March 2013

サムスンとグーグルの関係について Redacao Epoca が投げかけた質問は、なかかか多岐にわたっていて興味深い。

[問1]サムスンが Tizen を作ったのはなぜか?
[問2]Android で大成功を収めているのになぜサムスンは新たな OS を作るのか?
[問3]Android メーカーの中でサムスンが最も成功しているのはなぜか?
[問4]ローエンド OS と見なされてきた Tizen のハイエンドデバイスをサムスンが近々出すといわれている。何が変わったのか? どういう意味を持つのか?
[問5]グーグルとサムスンのどちらの方が(今最も人気のあるモバイル OS としての)Android の成功により依存しているか?
[問6]グーグルは Android を Chrome OS と合体させるだろうか?
[問7]そうなったらサムスンはどんな影響を受けるか?

ここでは[問3]についての Dediu の回答ぶりを見てみたい。

     *     *     *

[問3]Android メーカーのうちでサムスンがいちばん成功を収めているのはなぜでしょうか?

Q: Why is Samsung the most successful company between the Android devices makers?

答:次の3つの理由があると思います。

A: In my opinion it’s due to three reasons:

     *     *     *

1)流通

電話事業で成功するためには多くのオペレーターと良好な関係を結ぶ必要があります。サムスンは(あらゆる種類の電話を販売してきましたから)スマートフォンメーカーになる前からそんな関係を維持していました。サムスンほどの流通網を持つ Android メーカーは非常に限られています。サムスンに比べれば、アップルの流通網はサムスンの半分以下ですし、他のメーカーのほとんどはアップル以下です。

1. Distribution. Success in the phone business depends in having a relationship with a large number of operators. Samsung had these relationships prior to becoming a smartphone vendor [because it sold all other kinds of phones]. Few alternative Android vendors have the level of distribution Samsung has. For comparison Apple has less than half the distribution level of Samsung and most other vendors have less than Apple.

     *     *     *

2)マーケティングとプロモーション

サムスンの 2012 年のマーケティング経費は 120 億ドルで、そのうち 40 億ドル(推計)が広告費です。これほど多くのマーケティング経費を捻出できる Android メーカーは(他のメーカーを含めても)ほとんどいません。アップルの 2012 年の広告費はサムスンの4分の1でした。

2. Marketing and promotion. Samsung Electronics spent nearly $12 billion in 2012 on marketing expenses of which $4 billion (est.) was on advertising. Few Android vendors (or any other company) has the resources to match this level of marketing. For comparison, Apple’s 2012 advertising spending was one quarter of Samsung’s.

     *     *     *

3)サプライチェーン

サムスンはマーケットに大量の部品供給をすることが可能です。その理由のひとつは自前の半導体製造設備を持っていることです。これら設備のほとんどは、長年にわたってアップルに対し iPhone や iPad、iPod の部品を供給することで得られた収入で構築されました。どの Android のライバルメーカーをとっても(たぶん LG を除くと)、そんな部品製造能力は持っていないか、あるいはじゅうぶん前広にマーケットに対し大量供給できるというシグナルを発する — iPhone サプライヤーとしてサムスンがこれまでやってきたように — ことができないかのどちらかです。

3. Supply chain. Samsung can supply the market in large quantities. This is partly due to having their own semiconductor production facilities. Those facilities were in a large part built using Apple contract revenues over the years they supplied iPhone, iPad and iPod components. No Android competitors (except for LG perhaps) had either the capacity to produce components or the signal well in advance to enter the market in volume as Samsung did by being an iPhone supplier.

     *     *     *

Dediu の緻密な議論の背景には明晰な分析と視点があることが窺えて興味深い。

ぜひ残りの回答についてもご覧ください。

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

《追記》Tizen 搭載のハイエンドデバイス(4月14日)

[問4]への回答ぶりを追加しました。

[問4]Tizen はローエンドおよび中クラスの OS と考えられてきました。しかし最近サムスンは、第3四半期には — Android が成功を収めている分野で — Tizen 搭載のハイエンドデバイスを出すいっています。何が変わったのでしょうか?この発表は何を意味するのでしょうか?

Q: Tizen was being treated as an OS for low and mid level devices, but recently Samsung said that it will launch a high-end device with Tizen on Q3, an area where it’s very successful with Android. What has changed? What does this announcement mean?

答:これらの製品は発表される数年前から計画されています。私は Android ライン(Galaxy)に代わるものはずいぶん前から計画されていたと信じています。サムスンには Windows Phones ラインもあり、歴史的に見れば Bada、Windows Mobile、Symbian、PalmOS、その他 LiMo などのスマートフォンプラットフォームもサポートしてきました。サムスンが Android 陣営に加わってまだ3年ですし、顕著な成長をみたのはたった2年のことです。ひとつの製品サイクルより短く、プラットフォームや OS の開発サイクルに比べてもずっと短いのです。

A: Planning for these product launches is done a few years prior to launch. I believe alternatives to the Android line (i.e. Galaxy) have been planned for a long time. Note that Samsung also has a line of Windows Phones and historically has supported Bada, Windows Mobile, Symbian, PalmOS and LiMo smartphone platforms. Samsung’s involvement with Android is only about three years old, and arguably only enjoyed two years of prominent growth. That’s less than one product launch cycle and far less than a platform or OS development cycle.

サムスンには長期展望があり、それは Android の寿命より長い期間をカバーしていると私は信じています。[プラットフォームにはいずれも寿命があることに注意。] 電話の寿命は2年未満であることに留意しましょう。特定のプラットフォームに忠実でないユーザーはすぐ別なプラットフォームに乗り換えます。特定のプラットフォームに「留まるかどうか」はユーザーがどんなメディアやソフトを消費するかにかかっています。Android ユーザーの場合は、その消費の度合いが必ずしも高くはありません。同じ現象が Symbian や BlackBerry や Windows Mobile のユーザーについても起きました。何億人ものユーザーがこれらのプラットフォームを乗り換えましたし、これからも乗り換えるでしょう。しかし iOS や Mac OS X、Windows について同じことが起きる度合いはずっと少ないのです。なぜならユーザーはそれら OS のエコシステムに相当の投資をしてしまっているからです。

I believe the company has a long term perspective and that includes a time span beyond the likely lifetime of Android [Note that platforms do have finite lives]. Keep in mind that phones last less than two years. If users are not loyal to a platform then they will very quickly move on. The “stickyness” of a platform depends on media or software consumption by the user. That level of consumption is not particularly high for most Android users. The same phenomenon happened with Symbian and BlackBerry and Windows Mobile users. Hundreds of millions switched or will switch out of those platforms. This happens far less with iOS, Mac OS X and Windows because of the significant investments users make in the ecosystems above the OS.

Read Full Post »

« Newer Posts - Older Posts »