Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘クラウド’ Category

17bits-snapchat-master315

Erasable Internet の必要性について

The Lesson of the Sony Hack: We Should All Jump to the ‘Erasable Internet’ | NYTimes.com

“Everyone is so excited about the cloud, but the cloud is really a drunken Xerox machine making copies of pretty much everything that everyone has said anywhere and spewing it all over the place,” said Howard Lerman, the co-creator of Confide, a messaging app that works like the corporate version of Snapchat.

広告

Read Full Post »

canstockphoto18554776

The Most Popular Enterprise Sync and Share Product Might Surprise You | TechCrunch

451 Research actually believes that as bigger companies turn their attention to this technology, customers will tend to focus on the more expensive and established enterprise players like EMC, OpenText and Citrix –in other words, the usual enterprise suspects and not the cloud upstarts.

It’s worth noting, however that the report acknowledges that overall, most companies have no sense of what people are actually using outside of the IT (known as Shadow IT) and this could be skewing the numbers down because it’s looking strictly at the IT perspective –and they clearly have lost control to a large extent of what people are using.

He’s right of course. It is, but it’s also important to ask the right questions and to ask the right people and I’m not sure IT is the place to find all of the answers to these questions right now, especially in regards to the cloud upstarts.

企業のクラウド共有・同期サービスの人気調査は意外な結果―1位はBoxではなかった | TechCrunch

451 Researchによれば、企業の規模が大きくなるにつれて、利用されるツールは次第に高価で複雑なものになっていく傾向が見られたという。このような大企業で人気があったのはクラウドではなく、EMC、OpenText、Citrixなど、要するに既存のエンタープライズ・サービスだった。

もうひとつ重要な発見は、IT部門が管理しておらず、社員が個人的に利用しているITサービス(シャドーITと呼ばれている)についてはどの会社も皆目知識をもっていないという点だった。このレポートはIT部門の把握している範囲での利用状況を示すものなので、実態はこれとかなり異なる可能性はある。IT部門は、社員が実際に使っているサービスに対するコントロールを完全に失っているという印象だったという。

Read Full Post »

unhappy_tim_cook

Here’s One Reason Why iCloud Has Been Such A Mess | Yahoo Finance

One reason is because Apple has no central dedicated team to work on these services, reports The Information’s Jessica Lessin.

That means whenever Apple wants to create new online services, they have to rebuild a lot of the underlying technology. This is a legacy of the way Apple is organized: the company is so secretive, it often isolates product groups from each other so product details won’t leak.

What’s Holding Back iCloud | The Information

Deep organizational issues are holding up releases and complicating products.

Read Full Post »

john_gruber_azure

[Microsoft Azure を PR する John Gruber:video

いやあ、隔世の感がある。

アップルの守護神的なブロガー John Gruber がマイクロソフトのコマーシャルに出ているのだ。

Channel 9: “Learn how Vesper built offline sync using Azure Mobile Services” by Windows Azure: 01 April 2014

このコマーシャルは Marco Arment をして次のように言わしめた。

Marco.org: “Learn how Vesper built offline sync using Azure Mobile Services” by Marco Arment: 03 April 2014

     *     *     *

タイムマシン

誰ぞタイムマシンを作ってくれないものか — そうすれば10年前に遡って、2004 年の John Gruber に 2014 年の John Gruber がマイクロソフトのプロモーションビデオに主役で出ているといえるのだが・・・

Somebody please build a time machine so we can travel back a decade and tell 2004 John Gruber that 2014 John Gruber would star in a promotional video for Microsoft.

     *     *     *

それだけではない。

マイクロソフトの開発者会議 Build(アップルの WWDC ではない)に出て、会場からライブのポッドキャストまでやっている。

Live From Build 2014 – The Talk Show | Mule Radio Syndicate

     *     *     *

Build 開発者会議からライブで

スペシャルゲストの Ed Bottが John Gruber と一緒に、サンフランシスコでのマイクロソフトの Build 開発者会議の聴衆を前にライブでポッドキャストを収録した。トピックは同開発者会議のニュースだけでなく、広く IT 業界におけるマイクロソフトの新しい位置付けなどについても触れる。

Special guest Ed Bott joins John Gruber in an episode recorded in front of a live audience at Microsoft’s Build developer conference in San Francisco. Topics include last week’s news out of the conference — including Windows Phone 8.1 — and a broader look at the new Microsoft and its position in the industry.

     *     *     *

これもすべては「Vesper」のせいだ。

Vesper はメモ作成ソフトで、Gruber が Brent Simmons らと一緒に立ち上げた Q Branch が出した iPhone アプリだ。

非常に使いやすく人気があるが、ユーザーの要望のトップは他のデバイスとの Sync 機能だ。

そのために行き着いたのがマイクロソフトの Windows Azure というワケ。

アップルでも、グーグルのクラウドサービスでもなく、マイクロソフトの Windows Azure を選択したというところがとても興味深い。

iCloud ではうまくないということか・・・

★ →[ビデオを見る:Microsoft Azure

Read Full Post »

photostream

iCloud の便利さを実感したのはロンドンに行ったときだった。

手元の iPhone や iPad で撮りためた写真が、iCloud をオンにしておくだけでそのまま日本の自分のコンピュータに送れる。

帰国して iMac を開いてみた・・・

空港に迎えに来てくれた孫娘の愛くるしい写真がない!

撮りためた写真が 1000 枚を超え、2か月過ぎたため、古いものが順次削除されていたのだ。

iCloud には 1000 枚まで 30 日以内という制限があった。(もちろん有料ならこの限りではない。)

そんなことがあったので、アップルの「1 カ月ごとに自分のフォトストリームにアップロードできる枚数:25,000 枚」を見たときは小躍りした。

Photo Stream サービスの大幅アップグレードじゃないか。それなのにあまり取り上げられないのが不思議だった。

そして John Gruber の次のコメント・・・

Daring Fireball: “iCloud: My Photo Stream and iCloud Photo Sharing Limits” by John Gruber: 23 November 2013

     *     *     *

iCloud:「自分のフォトストリーム」と iCloud の写真共有の制限

iCloud: My Photo Stream and iCloud Photo Sharing Limits

これをちゃんと読むかぎり、Photo Stream の 1000 枚、30 日という制限が完全になくなったように読める。大幅にサービスがアップグレードされたようだ。

If I’m reading this right, Apple has just completely eliminated the 1000-photo, 30-day limit on Photo Stream. Sounds like a huge upgrade to the service.

     *     *     *

じつに紛らわしい

追記:どうもそうではなさそうだ。毎月あたりアップロードできる数は 1000 枚をはるかに超える数になったが、「長期間」保存可能な限度は以前と同じだ。ちゃんと分かっておくべきだった。自分が最後に聞いたで話は、Photo Stream に大幅な改善が加えられるのは 2014 年の予定で、2013 年ではないという話だった。この点決して混乱を招いてはいけないのに、実に紛らわしい。

UPDATE: Sounds like no, you can upload far more than 1000 photos per month, but the “long-term” storage limits remain the same. I should have known better; last I heard, significant improvements to Photo Stream were slated as a 2014 thing, not a 2013 thing. This should not be confusing at all; but instead, it’s confusing as hell.

     *     *     *

ぬか喜びだったか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Creative_Cloud

[Creative Cloud へ:image

Adobe の Creative Suite がクラウドへ大きく舵を切った

クリエーター御用達のパワーツールもついにそうかという思いがする。

The Next Web: “After nearly 10 years, Adobe abandons its Creative Suite entirely to focus on Creative Cloud” by Harrison Weber: 06 May 2013

     *     *     *

Creative Suite は

Creative Suite 6 の販売は今後も継続するが、バグ修正や OS 対応以上のアップデートは行なわないことをアドビが明らかにしている。したがって Creative Suite 7 はもう出ない。

Adobe has shared with us that Creative Suite 6 will still be available for purchase, but it will not be updated beyond addressing bugs and OS compatibility. There will be no Creative Suite 7.

     *     *     *

すべては Creative Cloud へ

その代わり、アドビとしてはすべての精力を Creative Cloud に注ぐことにしており、お馴染みの正規包装ボックスはなくなる。

Instead, Adobe is pointing all of its energy towards Creative Cloud, eliminating the familiar retail box in the process.

     *     *     *

気の遠くなる仕事

長年アドビは収入の安定化策を探ってきた、とわれわれのソースはいう。以前は2年毎に最新の Creative Suite を出荷することで爆発的に収入を得ていた。しかしアップグレードするようユーザーを説得するのは気が遠くなるほど面倒な仕事で、どういう製品にするかという決定にも大きな影響を与えた。

According to our sources, the company had long searched for ways to stabilize its revenue. Previously, it would receive bursts of income every two years with the latest Creative Suite release. Convincing users to upgrade was a daunting task that left an impact on product decisions.

     *     *     *

結局ユーザーにとってはどちらが得かとか、ソフト自体を手もとに置けなくなる不安といった(プロ?)ユーザーサイドの反応がいろいろ聞こえてくる。

しかしメーカー側からすれば、ソフトとサービスの境界が判然としなくなっている流れとも軌を一にしているのかもしれない。

Marco Arment のストレートな反応がオモシロい。

Marco.org: “Adobe Creative Suite going subscription-only” by Marco Arment: 08 May 2013

     *     *     *

結局は安上がり

最初はこれは価格を上げようというあからさまな試みではないかと思った。しかし様々なケース — Photoshop だけを買う、Creative Suite を買う、全てのバージョンをアップグレードする、いくつかのバージョンをアップグレードするなど — を考えると、どうやらこれがいちばん安くすむ方法らしく思える。それに最初に大きな初期投資をしなくても済む。

At first, I thought this was a blatant price increase. But as I run the numbers in different common scenarios (owning just Photoshop, owning Creative Suite, upgrading every version, upgrading every few versions, etc.), it actually looks like most people will end up paying less this way — and without the huge initial expenditure of buying your first copy.

     *     *     *

イノベーションはどうなる?

自分にとっていちばんの気がかりはイノベーションという点だ。2年毎に大きな出費をみんなに納得させるという「気の遠くなるような」仕事がなくなれば、アドビとしては過去の栄光にあぐらをかきたい誘惑が増すのではないか・・・

What concerns me most is innovation: without that “daunting” task of convincing everyone to give them more money every two years, there may be strong temptation for Adobe to rest on its laurels.

     *     *     *

Marco Arment が Instapaper を手放した背景には、メンテナンスに追われて十分なアップグレードができなくなったという悔いがあった。

メンテナンスもアップグレードも多大なコストがかかることを身に沁みている彼のことばだから腑に落ちる・・・

★ →[原文を見る:Marco Arment

Read Full Post »

Update:Instapaper をやめたワケ》

instapaper

[Marco Arment の Instapaper:image

Marco Arment の「Instapaper」が Betaworks に譲渡された。

Marco.org: “The next generation of Instapaper” by Marco Arment: 25 April 2013

     *     *     *

Instapaper

自分が Instapaper を立ち上げたのは 2008 年のことだったが、当時はごく簡単なウェブアプリに過ぎなかった。しかしその後すぐに拡大し、「後で読む」マーケット(read-later market)の支柱となるべきものを備えていった — ワンクリックの「後で読む」ブックマークレット、ウェブ同期サービス、読書に適したサイズへ最適化できるテキスト、オフライン保存のできる iPhone アプリなどだ。ほとんどすべてを自分でやった。最初の数年はそれでうまくいった。しかし昨年は遅れずに付いていくのにずいぶんと苦労した。

When I launched Instapaper in 2008, it was a very basic web app. It quickly expanded to define the pillars of the read-later market: a one-click “read later” bookmarklet, a web sync service, an adjustable text view optimized for reading, and an iPhone app with offline saving. I did almost everything myself, which worked well for the first few years, but for the past year, I’ve had a lot of trouble keeping up with it.

     *     *     *

ひとりの手には負えなくなった

Instapaper は 2008 年当時自分が予想したものよりずっと大きくなった。とてもひとりの人間の手には負えないほどに。Instapaper がその本領を発揮するためには、少なくとも数人のフルタイムのスタッフが必要だ。しかし自分は人を雇ったり、みんなを率いるのが得意ではない。それに5年近くもこの仕事をして、他のアプリや創造的なプロジェクトをやってみたい気がしている。Instapaper にはスタッフを配し、成長できる新しい家庭が必要だ。しかし大企業に手渡して、6か月後には閉鎖するような目には遭わせたくない。

Instapaper is much bigger today than I could have predicted in 2008, and it has simply grown far beyond what one person can do. To really shine, it needs a full-time staff of at least a few people. But I wouldn’t be very good at hiring and leading a staff, and after more than five years, I’d like an opportunity to try other apps and creative projects. Instapaper needs a new home where it can be staffed and grown, but I didn’t want to give it to a big company that would probably just shut it down in six months.

     *     *     *

突如ひらめいた

数か月前の真夜中1時半のころ、誰に引き継げばいいか突如気がついた。ベッドから飛び起き、寝ている赤ん坊を起こさないように忍び足で下の階へ降りてメールを送った。どちらもピッタリの相手だったので、説得するのにさほど時間はかからなかった。

A couple of months ago, at 1:30 AM, I suddenly realized who should take it over. I jumped out of bed, tiptoed downstairs (no parent wants to wake a sleeping baby), and sent an email. It didn’t take much convincing, because we both knew it was a great fit.

     *     *     *

Betaworks へ譲渡

ここに Instapaper の権利の大部分を Betaworks に譲渡したことをよろこんで発表したい。将来にわたって成長を続けられるよう Instapaper の健康と長寿を最大の優先事項としてわれわれは交渉を行なった。自分はこのプロジェクトにいつまでもアドバイスを続けるつもりだ。Betaworks は事業を引き継ぎ、スタッフを拡大し、さらなる開発を行なうことになる。

I’m happy to announce that I’ve sold a majority stake in Instapaper to Betaworks. We’ve structured the deal with Instapaper’s health and longevity as the top priority, with incentives to keep it going well into the future. I will continue advising the project indefinitely, while Betaworks will take over its operations, expand its staff, and develop it further.

     *     *     *

Instapaper の未来は明るい

自分は Betaworks を長年知っており、同社の昼食会になんども参加したことがある。Betaworks はすばらしいエンジニアの人材を抱えており、すばらしい製品の方向性と、Instapaper 規模のサービスを運営する豊富な経験を有している。自分としては Instapaper を譲るのが誰でもいいとは思わない。彼らならきちんと対応してくれることを知っている。

I’ve known Betaworks for years, and I’ve spent a lot of lunches at their office. They have great engineering talent, great product direction, and plenty of experience running services at Instapaper’s scale. I wouldn’t put Instapaper in just anyone’s hands, and I know that they’ll do right by it.

Betaworks の活力と人材をもってすれば、Instapaper の未来が明るいと確信している。彼らの成功を期待したい。

With Betaworks’ drive and resources now behind it, I’m confident that Instapaper has a very bright future. I’m looking forward to seeing what they can do.

     *     *     *

WWDC のチケットが2分で完売したニュースを横目で見ながら、Marco Arment の声明を読んだ。

Marco Arment は大好きなブロガーだが、彼の物事を見切るセンスのよさにはこれまでも注目してきた。

Instapaper に類似した「Readability」登場への対応、ウェブ出版の新しい形「The Magazine」、5by5 を退いて立ち上げたポッドキャスト「Accidental Tech Podcast」、Google Reader 終了への反応など、大きな流れを読んでタイミングを見切るセンスはバツグンだ。

インキュベーターから事業会社に転身、Digg を傘下においた Betaworks は、Google Reader に代わる Digg Reader を計画中といわれる。

アップル App Store のベストセラーのひとつである Instapaper はソーシャル・リーディング(social reading)を目指す同社にとってまさにうってつけだろう。

さすがの Jim Dalrymple もただひとこと「ワォ」(Wow)と感嘆。

自らもベンチャーファンドである MG Siegler は、「Instapaper の発展を図るにはまさにうってつけ。Marco、おめでとう!」(A seemingly perfect fit for the product going forward. Huge congrats to Marco.)とエールを送る。

じつにタイミングよく Instapaper を手放したのではないかと思う・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》Instapaper をやめたワケ(4月27日)

5by5_Quit!

Marco Arment が 5by5 で Instapaper をやめたワケを激白している

前に出ていたこともあって Dan Benjamin の質問は、「本当に売却以外のオプションはなかったのか」などと核心を突いてくる。

Quit! #21: Quit & Analyze | 5by5

上記のブログと併せ読むと背景が分かって興味深い。

いくつか印象に残った点・・・

・自分よりずっといいものを出すスタートアップが出るのではないかと毎日心配だった。

・サーバーがダウンしたという通知がくると夜も眠れなかった。(12のサーバーを管理?)

・独りでやるストレスはとても大きかった。とにかく5年間の重荷を下ろしたかった。結局自分は燃え尽きたのだ。

・かといって自分が大事に育てたものをおしまいにするのはイヤだった。

・コアビジネス以外はアウトソーシングしようと考えたが、結局自分のやっていることすべてをアウトソーシングするハメになるのではないかと思った。

独立独歩の、すべてを独りでやりたいプログラマー、そのまま停滞させる(stagnate)ことには甘んじられない完璧主義者 — そんな Marco Arment 像が見えてくる。

ここまで自分をさらけ出して正直に語るのはすごいなあと思う。彼自身のことばに従えば、「みんなの前で話すことによって自分を癒す機会」(public therapy session)ということだろう。

これまで見たり聞いたりしてきた Marco Arment そのままで、ほんとに正直なひとだなあと思う。

Read Full Post »

Older Posts »