Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘クラウド’ Category

17bits-snapchat-master315

Erasable Internet の必要性について

The Lesson of the Sony Hack: We Should All Jump to the ‘Erasable Internet’ | NYTimes.com

“Everyone is so excited about the cloud, but the cloud is really a drunken Xerox machine making copies of pretty much everything that everyone has said anywhere and spewing it all over the place,” said Howard Lerman, the co-creator of Confide, a messaging app that works like the corporate version of Snapchat.

Read Full Post »

canstockphoto18554776

The Most Popular Enterprise Sync and Share Product Might Surprise You | TechCrunch

451 Research actually believes that as bigger companies turn their attention to this technology, customers will tend to focus on the more expensive and established enterprise players like EMC, OpenText and Citrix –in other words, the usual enterprise suspects and not the cloud upstarts.

It’s worth noting, however that the report acknowledges that overall, most companies have no sense of what people are actually using outside of the IT (known as Shadow IT) and this could be skewing the numbers down because it’s looking strictly at the IT perspective –and they clearly have lost control to a large extent of what people are using.

He’s right of course. It is, but it’s also important to ask the right questions and to ask the right people and I’m not sure IT is the place to find all of the answers to these questions right now, especially in regards to the cloud upstarts.

企業のクラウド共有・同期サービスの人気調査は意外な結果―1位はBoxではなかった | TechCrunch

451 Researchによれば、企業の規模が大きくなるにつれて、利用されるツールは次第に高価で複雑なものになっていく傾向が見られたという。このような大企業で人気があったのはクラウドではなく、EMC、OpenText、Citrixなど、要するに既存のエンタープライズ・サービスだった。

もうひとつ重要な発見は、IT部門が管理しておらず、社員が個人的に利用しているITサービス(シャドーITと呼ばれている)についてはどの会社も皆目知識をもっていないという点だった。このレポートはIT部門の把握している範囲での利用状況を示すものなので、実態はこれとかなり異なる可能性はある。IT部門は、社員が実際に使っているサービスに対するコントロールを完全に失っているという印象だったという。

Read Full Post »

unhappy_tim_cook

Here’s One Reason Why iCloud Has Been Such A Mess | Yahoo Finance

One reason is because Apple has no central dedicated team to work on these services, reports The Information’s Jessica Lessin.

That means whenever Apple wants to create new online services, they have to rebuild a lot of the underlying technology. This is a legacy of the way Apple is organized: the company is so secretive, it often isolates product groups from each other so product details won’t leak.

What’s Holding Back iCloud | The Information

Deep organizational issues are holding up releases and complicating products.

Read Full Post »

john_gruber_azure

[Microsoft Azure を PR する John Gruber:video

いやあ、隔世の感がある。

アップルの守護神的なブロガー John Gruber がマイクロソフトのコマーシャルに出ているのだ。

Channel 9: “Learn how Vesper built offline sync using Azure Mobile Services” by Windows Azure: 01 April 2014

このコマーシャルは Marco Arment をして次のように言わしめた。

Marco.org: “Learn how Vesper built offline sync using Azure Mobile Services” by Marco Arment: 03 April 2014

     *     *     *

タイムマシン

誰ぞタイムマシンを作ってくれないものか — そうすれば10年前に遡って、2004 年の John Gruber に 2014 年の John Gruber がマイクロソフトのプロモーションビデオに主役で出ているといえるのだが・・・

Somebody please build a time machine so we can travel back a decade and tell 2004 John Gruber that 2014 John Gruber would star in a promotional video for Microsoft.

     *     *     *

それだけではない。

マイクロソフトの開発者会議 Build(アップルの WWDC ではない)に出て、会場からライブのポッドキャストまでやっている。

Live From Build 2014 – The Talk Show | Mule Radio Syndicate

     *     *     *

Build 開発者会議からライブで

スペシャルゲストの Ed Bottが John Gruber と一緒に、サンフランシスコでのマイクロソフトの Build 開発者会議の聴衆を前にライブでポッドキャストを収録した。トピックは同開発者会議のニュースだけでなく、広く IT 業界におけるマイクロソフトの新しい位置付けなどについても触れる。

Special guest Ed Bott joins John Gruber in an episode recorded in front of a live audience at Microsoft’s Build developer conference in San Francisco. Topics include last week’s news out of the conference — including Windows Phone 8.1 — and a broader look at the new Microsoft and its position in the industry.

     *     *     *

これもすべては「Vesper」のせいだ。

Vesper はメモ作成ソフトで、Gruber が Brent Simmons らと一緒に立ち上げた Q Branch が出した iPhone アプリだ。

非常に使いやすく人気があるが、ユーザーの要望のトップは他のデバイスとの Sync 機能だ。

そのために行き着いたのがマイクロソフトの Windows Azure というワケ。

アップルでも、グーグルのクラウドサービスでもなく、マイクロソフトの Windows Azure を選択したというところがとても興味深い。

iCloud ではうまくないということか・・・

★ →[ビデオを見る:Microsoft Azure

Read Full Post »

photostream

iCloud の便利さを実感したのはロンドンに行ったときだった。

手元の iPhone や iPad で撮りためた写真が、iCloud をオンにしておくだけでそのまま日本の自分のコンピュータに送れる。

帰国して iMac を開いてみた・・・

空港に迎えに来てくれた孫娘の愛くるしい写真がない!

撮りためた写真が 1000 枚を超え、2か月過ぎたため、古いものが順次削除されていたのだ。

iCloud には 1000 枚まで 30 日以内という制限があった。(もちろん有料ならこの限りではない。)

そんなことがあったので、アップルの「1 カ月ごとに自分のフォトストリームにアップロードできる枚数:25,000 枚」を見たときは小躍りした。

Photo Stream サービスの大幅アップグレードじゃないか。それなのにあまり取り上げられないのが不思議だった。

そして John Gruber の次のコメント・・・

Daring Fireball: “iCloud: My Photo Stream and iCloud Photo Sharing Limits” by John Gruber: 23 November 2013

     *     *     *

iCloud:「自分のフォトストリーム」と iCloud の写真共有の制限

iCloud: My Photo Stream and iCloud Photo Sharing Limits

これをちゃんと読むかぎり、Photo Stream の 1000 枚、30 日という制限が完全になくなったように読める。大幅にサービスがアップグレードされたようだ。

If I’m reading this right, Apple has just completely eliminated the 1000-photo, 30-day limit on Photo Stream. Sounds like a huge upgrade to the service.

     *     *     *

じつに紛らわしい

追記:どうもそうではなさそうだ。毎月あたりアップロードできる数は 1000 枚をはるかに超える数になったが、「長期間」保存可能な限度は以前と同じだ。ちゃんと分かっておくべきだった。自分が最後に聞いたで話は、Photo Stream に大幅な改善が加えられるのは 2014 年の予定で、2013 年ではないという話だった。この点決して混乱を招いてはいけないのに、実に紛らわしい。

UPDATE: Sounds like no, you can upload far more than 1000 photos per month, but the “long-term” storage limits remain the same. I should have known better; last I heard, significant improvements to Photo Stream were slated as a 2014 thing, not a 2013 thing. This should not be confusing at all; but instead, it’s confusing as hell.

     *     *     *

ぬか喜びだったか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Creative_Cloud

[Creative Cloud へ:image

Adobe の Creative Suite がクラウドへ大きく舵を切った

クリエーター御用達のパワーツールもついにそうかという思いがする。

The Next Web: “After nearly 10 years, Adobe abandons its Creative Suite entirely to focus on Creative Cloud” by Harrison Weber: 06 May 2013

     *     *     *

Creative Suite は

Creative Suite 6 の販売は今後も継続するが、バグ修正や OS 対応以上のアップデートは行なわないことをアドビが明らかにしている。したがって Creative Suite 7 はもう出ない。

Adobe has shared with us that Creative Suite 6 will still be available for purchase, but it will not be updated beyond addressing bugs and OS compatibility. There will be no Creative Suite 7.

     *     *     *

すべては Creative Cloud へ

その代わり、アドビとしてはすべての精力を Creative Cloud に注ぐことにしており、お馴染みの正規包装ボックスはなくなる。

Instead, Adobe is pointing all of its energy towards Creative Cloud, eliminating the familiar retail box in the process.

     *     *     *

気の遠くなる仕事

長年アドビは収入の安定化策を探ってきた、とわれわれのソースはいう。以前は2年毎に最新の Creative Suite を出荷することで爆発的に収入を得ていた。しかしアップグレードするようユーザーを説得するのは気が遠くなるほど面倒な仕事で、どういう製品にするかという決定にも大きな影響を与えた。

According to our sources, the company had long searched for ways to stabilize its revenue. Previously, it would receive bursts of income every two years with the latest Creative Suite release. Convincing users to upgrade was a daunting task that left an impact on product decisions.

     *     *     *

結局ユーザーにとってはどちらが得かとか、ソフト自体を手もとに置けなくなる不安といった(プロ?)ユーザーサイドの反応がいろいろ聞こえてくる。

しかしメーカー側からすれば、ソフトとサービスの境界が判然としなくなっている流れとも軌を一にしているのかもしれない。

Marco Arment のストレートな反応がオモシロい。

Marco.org: “Adobe Creative Suite going subscription-only” by Marco Arment: 08 May 2013

     *     *     *

結局は安上がり

最初はこれは価格を上げようというあからさまな試みではないかと思った。しかし様々なケース — Photoshop だけを買う、Creative Suite を買う、全てのバージョンをアップグレードする、いくつかのバージョンをアップグレードするなど — を考えると、どうやらこれがいちばん安くすむ方法らしく思える。それに最初に大きな初期投資をしなくても済む。

At first, I thought this was a blatant price increase. But as I run the numbers in different common scenarios (owning just Photoshop, owning Creative Suite, upgrading every version, upgrading every few versions, etc.), it actually looks like most people will end up paying less this way — and without the huge initial expenditure of buying your first copy.

     *     *     *

イノベーションはどうなる?

自分にとっていちばんの気がかりはイノベーションという点だ。2年毎に大きな出費をみんなに納得させるという「気の遠くなるような」仕事がなくなれば、アドビとしては過去の栄光にあぐらをかきたい誘惑が増すのではないか・・・

What concerns me most is innovation: without that “daunting” task of convincing everyone to give them more money every two years, there may be strong temptation for Adobe to rest on its laurels.

     *     *     *

Marco Arment が Instapaper を手放した背景には、メンテナンスに追われて十分なアップグレードができなくなったという悔いがあった。

メンテナンスもアップグレードも多大なコストがかかることを身に沁みている彼のことばだから腑に落ちる・・・

★ →[原文を見る:Marco Arment

Read Full Post »

Update:Instapaper をやめたワケ》

instapaper

[Marco Arment の Instapaper:image

Marco Arment の「Instapaper」が Betaworks に譲渡された。

Marco.org: “The next generation of Instapaper” by Marco Arment: 25 April 2013

     *     *     *

Instapaper

自分が Instapaper を立ち上げたのは 2008 年のことだったが、当時はごく簡単なウェブアプリに過ぎなかった。しかしその後すぐに拡大し、「後で読む」マーケット(read-later market)の支柱となるべきものを備えていった — ワンクリックの「後で読む」ブックマークレット、ウェブ同期サービス、読書に適したサイズへ最適化できるテキスト、オフライン保存のできる iPhone アプリなどだ。ほとんどすべてを自分でやった。最初の数年はそれでうまくいった。しかし昨年は遅れずに付いていくのにずいぶんと苦労した。

When I launched Instapaper in 2008, it was a very basic web app. It quickly expanded to define the pillars of the read-later market: a one-click “read later” bookmarklet, a web sync service, an adjustable text view optimized for reading, and an iPhone app with offline saving. I did almost everything myself, which worked well for the first few years, but for the past year, I’ve had a lot of trouble keeping up with it.

     *     *     *

ひとりの手には負えなくなった

Instapaper は 2008 年当時自分が予想したものよりずっと大きくなった。とてもひとりの人間の手には負えないほどに。Instapaper がその本領を発揮するためには、少なくとも数人のフルタイムのスタッフが必要だ。しかし自分は人を雇ったり、みんなを率いるのが得意ではない。それに5年近くもこの仕事をして、他のアプリや創造的なプロジェクトをやってみたい気がしている。Instapaper にはスタッフを配し、成長できる新しい家庭が必要だ。しかし大企業に手渡して、6か月後には閉鎖するような目には遭わせたくない。

Instapaper is much bigger today than I could have predicted in 2008, and it has simply grown far beyond what one person can do. To really shine, it needs a full-time staff of at least a few people. But I wouldn’t be very good at hiring and leading a staff, and after more than five years, I’d like an opportunity to try other apps and creative projects. Instapaper needs a new home where it can be staffed and grown, but I didn’t want to give it to a big company that would probably just shut it down in six months.

     *     *     *

突如ひらめいた

数か月前の真夜中1時半のころ、誰に引き継げばいいか突如気がついた。ベッドから飛び起き、寝ている赤ん坊を起こさないように忍び足で下の階へ降りてメールを送った。どちらもピッタリの相手だったので、説得するのにさほど時間はかからなかった。

A couple of months ago, at 1:30 AM, I suddenly realized who should take it over. I jumped out of bed, tiptoed downstairs (no parent wants to wake a sleeping baby), and sent an email. It didn’t take much convincing, because we both knew it was a great fit.

     *     *     *

Betaworks へ譲渡

ここに Instapaper の権利の大部分を Betaworks に譲渡したことをよろこんで発表したい。将来にわたって成長を続けられるよう Instapaper の健康と長寿を最大の優先事項としてわれわれは交渉を行なった。自分はこのプロジェクトにいつまでもアドバイスを続けるつもりだ。Betaworks は事業を引き継ぎ、スタッフを拡大し、さらなる開発を行なうことになる。

I’m happy to announce that I’ve sold a majority stake in Instapaper to Betaworks. We’ve structured the deal with Instapaper’s health and longevity as the top priority, with incentives to keep it going well into the future. I will continue advising the project indefinitely, while Betaworks will take over its operations, expand its staff, and develop it further.

     *     *     *

Instapaper の未来は明るい

自分は Betaworks を長年知っており、同社の昼食会になんども参加したことがある。Betaworks はすばらしいエンジニアの人材を抱えており、すばらしい製品の方向性と、Instapaper 規模のサービスを運営する豊富な経験を有している。自分としては Instapaper を譲るのが誰でもいいとは思わない。彼らならきちんと対応してくれることを知っている。

I’ve known Betaworks for years, and I’ve spent a lot of lunches at their office. They have great engineering talent, great product direction, and plenty of experience running services at Instapaper’s scale. I wouldn’t put Instapaper in just anyone’s hands, and I know that they’ll do right by it.

Betaworks の活力と人材をもってすれば、Instapaper の未来が明るいと確信している。彼らの成功を期待したい。

With Betaworks’ drive and resources now behind it, I’m confident that Instapaper has a very bright future. I’m looking forward to seeing what they can do.

     *     *     *

WWDC のチケットが2分で完売したニュースを横目で見ながら、Marco Arment の声明を読んだ。

Marco Arment は大好きなブロガーだが、彼の物事を見切るセンスのよさにはこれまでも注目してきた。

Instapaper に類似した「Readability」登場への対応、ウェブ出版の新しい形「The Magazine」、5by5 を退いて立ち上げたポッドキャスト「Accidental Tech Podcast」、Google Reader 終了への反応など、大きな流れを読んでタイミングを見切るセンスはバツグンだ。

インキュベーターから事業会社に転身、Digg を傘下においた Betaworks は、Google Reader に代わる Digg Reader を計画中といわれる。

アップル App Store のベストセラーのひとつである Instapaper はソーシャル・リーディング(social reading)を目指す同社にとってまさにうってつけだろう。

さすがの Jim Dalrymple もただひとこと「ワォ」(Wow)と感嘆。

自らもベンチャーファンドである MG Siegler は、「Instapaper の発展を図るにはまさにうってつけ。Marco、おめでとう!」(A seemingly perfect fit for the product going forward. Huge congrats to Marco.)とエールを送る。

じつにタイミングよく Instapaper を手放したのではないかと思う・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》Instapaper をやめたワケ(4月27日)

5by5_Quit!

Marco Arment が 5by5 で Instapaper をやめたワケを激白している

前に出ていたこともあって Dan Benjamin の質問は、「本当に売却以外のオプションはなかったのか」などと核心を突いてくる。

Quit! #21: Quit & Analyze | 5by5

上記のブログと併せ読むと背景が分かって興味深い。

いくつか印象に残った点・・・

・自分よりずっといいものを出すスタートアップが出るのではないかと毎日心配だった。

・サーバーがダウンしたという通知がくると夜も眠れなかった。(12のサーバーを管理?)

・独りでやるストレスはとても大きかった。とにかく5年間の重荷を下ろしたかった。結局自分は燃え尽きたのだ。

・かといって自分が大事に育てたものをおしまいにするのはイヤだった。

・コアビジネス以外はアウトソーシングしようと考えたが、結局自分のやっていることすべてをアウトソーシングするハメになるのではないかと思った。

独立独歩の、すべてを独りでやりたいプログラマー、そのまま停滞させる(stagnate)ことには甘んじられない完璧主義者 — そんな Marco Arment 像が見えてくる。

ここまで自分をさらけ出して正直に語るのはすごいなあと思う。彼自身のことばに従えば、「みんなの前で話すことによって自分を癒す機会」(public therapy session)ということだろう。

これまで見たり聞いたりしてきた Marco Arment そのままで、ほんとに正直なひとだなあと思う。

Read Full Post »

Update 2:クラウド情報サイト Agile Cat》
Update:ナゾに包まれたアップルのデータセンター》


アップルの求人広告

アップルが1ダースにも及ぶ iCloud エンジニアの求職を開始した。

AppleInsider: “Apple looking to build out iCloud engineering team with a dozen openings” by Josh Ong: 02 March 2012

     *     *     *

劇的変化

アップルの CEO Tim Cook は、先月の投資者向け会合で iCloud が「次の10年、さらにはそれ以降」を左右する重要な戦略になると述べた。これまでの10年、Mac をデジタルライフのハブとしてきたことから劇的に変化することとなる。

Apple CEO Tim Cook indicated last month during an investor conference that iCloud will dictate the company’s strategy “for the next decade or more.” That’s a dramatic change from the previous 10 years which saw the Mac as the hub for a digital life.

     *     *     *

次世代 iOS/OS X のクラウドサポート

先週アップルは iCloud を優先する数々のポストの空きを明らかにした。「次世代の iOS および OS X のクラウドサポート開発」に興味を持つエンジニアを求めているとアップルはいう。

The Cupertino, Calif., company tipped its hand on Friday with a batch of job openings prioritizing iCloud. Apple indicated that it was looking for engineers interested in “developing the next generation of cloud support for iOS and OS X.”

     *     *     *

求職リスト

求職リストにはつぎのポストが含まれる。

・iCloud Server Software Engineer:1名
・iCloud Java Server Engineer:1名
・iCloud Senior Software Engineers:2名
・iCloud Software Engineers:2名
・iCloud Java Server Software Engineer:1名
・iCloud C/C++ Server Software Engineer:1名
・iCloud Game Center Server Engineer:1名
・iCloud Backend Server Engineer – Java:1名
・iCloud Backend Server Engineer – C++:1名
・Windows Engineer – iCloud:1名

The listings include requests for an iCloud Server Software Engineer, iCloud Java Server Engineer, two iCloud Senior Software Engineers, two iCloud Software Engineers, iCloud Java Server Software Engineer, iCloud C/C++ Server Software Engineer, iCloud Game Center Server Engineer, iCloud Backend Server Engineer – Java, iCloud Backend Server Engineer – C++ and Windows Engineer – iCloud.

     *     *     *

重要なカテゴリー

アップルはこの数か月急速に iCloud 採用に向かっている。Cook は iCloud ユーザーが、1月の 8500 万人から2月には1億人に達したことを明らかにした。彼は iCloud サービスが「重要なカテゴリー」の一環であること、今後長期にわたってデバイスの利用に重要な変化をもたらすことを説明した。

Apple has seen rapid adoption of iCloud over the past few months. Cook revealed in February that there are now more than 100 million iCloud users, up from 85 million users in January. He portrayed the service as part of the “profound category,” major advances that change how devices are used over the long term.

     *     *     *

移行に伴う困難

エンジニアリングという観点からすると、当初アップルが考えたより iCloud への移行はむずかしいかもしれない。昨年アップルの創業者故 Steve Jobs は iCloud は「ちゃんと動く」と宣言したが、それまでの MobileMe が必ずしも最高のものではなかったことを認めた。昨年10月の iCloud 開始以来、一部のユーザーは iCloud への移行にトラブルがあったことを報告している。iCloud は開始以来なんども機能停止を経験している。

The transition to iCloud may have proved more difficult from an engineering standpoint than Apple originally expected. Late Apple co-founder Steve Jobs proclaimed last year that iCloud “just works,” while acknowledging that MobileMe, its earlier attempt at cloud services, was not the company’s “.” However, when iCloud launched last October, some users reported having trouble migrating to iCloud. The service has also experienced intermittent outages since it went live.

     *     *     *

クラウド強化された Mountain Lion

iCloud 登場以来初めてのメジャーリリースである OS X 10.8 Mountain Lion は、iCloud への移行をスムーズにすることが期待される。それ以前のバージョンと比べて Mountain Lion は一層緊密に iCloud と統合化されている。Mountain Lion によってユーザーは、Mac から iCloud にログインするだけで数多くの機能に自動的にアクセスできることになる。例えば OS X 10.8 は、直接ファイルを iCloud に保存することをサポートしている。

The release of OS X 10.8 Mountain Lion should help smooth the transition, as it will be the first major OS X release since iCloud was released. Mountain Lion will feature tighter integration with iCloud than its predecessor and will allow users automatic access to a number of features just by logging in to iCloud on their Macs. For instance, OS X 10.8 will include support for saving files directly to iCloud.

     *     *     *

アップルの雇用創出

アップルの iCloud がらみの雇用強化は、同社の米国における雇用創出努力に続くものだ。アップルウェブサイトの「雇用創出」ページによれば、50万人以上の雇用が「アップルによって創出され、サポートされている」と謳っている。そのうち20万人を超える雇用が「iOS アプリエコノミー」から生じているという。

Apple’s iCloud hiring push come on the heels of efforts by the company to highlight its role in creating jobs in the U.S. A new “Job Creation” page on the company’s website touts more than 500,000 jobs that are “created or supported by Apple.” Over 200,000 of those jobs are reported as having been created as part of the “iOS app economy.”

     *     *     *

求職リストの内容からアップルの本気度が見えるようだ。

Tim Cook のアップルはいよいよ iCloud を中心に据えることを鮮明にした・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》ナゾに包まれたアップルのデータセンター


[ソーラー発電のクリーンパワー:image

iCloud との関連でいつも引き合いに出されるのがアップルの巨大データセンターだ。

ノースカロライナ州 Maiden に建設されたアップルの巨大データセンターはその巨大さ故になにかと話題になったが、その具体的内容となるとこれがサッパリ分からない。

先日もソーラー発電のクリーンパワーを使うことが話題になったが、これとても外部回りの話でセンターの機能そのものの話ではない。

5 reasons why Apple is embracing clean power for its data center — Cleantech News and Analysis | GigaOM
Apple が クリーン・パワー DC を推進する、5つの理由を分析する | Agile Cat — in the cloud

独自の機材や技術を使ってクラウドの常識を打ち破るものなのか、それともグーグルやマイクロソフト、アマゾンなどと基本的には変わらないのか、さっぱり雲をつかむような話ばかり。

ついには巨大データセンターはカラッポだという皮肉まで出る始末。

     *     *     *

じつはエンジニア募集も今回が初めてではない。

前回は小規模な求人だった。本社のフルタイムジョブで、「アップルの未来のクラウドサービスを設計する小さなチームに参加」し、「次世代ウェブサービスのためのプラットフォームの骨格やシステムを構築する」ハズだった。今回求人規模がさらに大きくなっているところをみるとうまくいっていないのか。

かつてデータセンターの責任者 Olivier Sanche が急逝したり、マイクロソフトから同社のクラウド世界展開を構築した Kevin Timmons を引き抜いたりしたことも記憶に新しい。

Kevin Timmons は「信じられないほどの費用効果で信じられないほどスケーラブルにする」低予算で効率的なクラウド構築で知られており、どうみてもアップル独自の技術とは関係なさそうだ。

結局外部のノウハウに頼ろうとしているところをみると、iCloud の展開もなかなか容易ではなさそうな気がしないでもない。

アップルのデータセンター、ひいては iCloud がどこを目指すのか、今後の展開が注目される。

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update 2》クラウド情報サイト Agile Cat

前項でリンクしたクラウド関係の海外記事を中心に扱う Agile Cat がたいへん参考になる。

出典明記、英文併記、とにかく日本語訳がとても分かりやすい。それにタイトルのつけ方がバツグンに巧い。

筆者の疎い分野を扱っていることもあり、これからも大いに参考にさせていただきたい。

     *     *     *

Agile Cat が気に入っているもうひとつの理由。広告が邪魔しないで、デザインがすっきりしていること。

じつは筆者お気に入りのいくつかのサイトも広告が邪魔しないすっきりしたデザインで読みやすい。Daring FireballThe LoopMarco ArmentLaughing Squid など。

最近 The Loop も The Deck という広告ネットワークに参加した。どうやればそう出来るのか関心がある。

長い間ブログから一切収入なしでやってきたが、さすがにもう限界だ。

かといって満身を広告で飾るのも気が進まない。

そういう意味でも、これらのサイトのあり方が気になっている・・・

Read Full Post »


iDataCenter の内部写真

Steve Jobs が WWDC でアップルの巨大データセンターの内部写真を公開したことから、そこで使われている機材や技術について様々な観測がなされている

それでもなお、その全体像はなかなか明らかにならない。

とうとう業を煮やした Robert X. Cringely が彼一流の皮肉を一発かました。

アップルの iDataCenter はこけおどしのフェイクだと宣ったのだ。

I, Cringely: “Have you heard the one about Apple’s data center?” by Robert X. Cringely: 28 June 2011

     *     *     *


Security gate from Startown Rd.

巨大ビルはカラッポだ

[身内の不幸でカロライナを訪れた後]町を去るにあたって、ノースカロライナ州 Maiden にあるアップルの10億ドルデータセンターをよく見ていくことにした。車を運転して、写真も何枚か撮り、近くのコンビニの店員とも話をした。そんな非科学的調査の結果私が得た結論は、巨大なアップルの施設は大部分カラッポに違いないということだ。巨大なビルは事実上カラッポだ。どうしてアップルがそんな施設を建てたのか正直私には分からない。多分サウスカロライナ州にあるグーグルの 6.5 億ドルデータセンターに威嚇射撃を試みただけかもしれない。

But before leaving town I was determined to scope out that $1 billion Apple data center in Maiden, NC. So I drove over, took some pictures, and talked to folks at the convenience store down the road. My conclusions from this unscientific research is that the giant Apple facility is mainly empty. It’s a huge building filled more or less with nothing and why Apple built it that way frankly escapes me. Maybe it’s just a shot across the bow of Google and its $650 million data center in South Carolina.

     *     *     *

オリンピック対応の IBM 特別データセンターですら iDataCenter の 500 分の1で済んだという話のあと、Cringely はグーグルとも次のように比較する。

グーグルよりも桁外れ

グーグルはアップルとは違う。グーグルは絶えずインターネットのすべてにインデックスを付け、最大のEメールサービスを運営し、広告を含めた多くのサービスを行なっている。だからグーグルが膨大なデータを保存し、その処理のため多数のサーバーを必要とするのは明らかだ。今やグーグルは 100 万台を超えるサーバーと優れた管理技術を有しているに違いない。しかしグーグルの 100 万台のサーバーでもアップルデータセンターの容量の 13.9% しか必要としないのだ。

Now Google isn’t Apple. Google is continually indexing the whole darned Internet, runs the biggest e-mail service, and many other services, not to mention all those ads. You can see how Google would require lots of data storage and servers to handle it. By now Google must have over a million servers and a very elegant way to manage them. But even Google’s million servers would require only 13.9 percent of Apple’s data center capacity.

いったいそんな巨大な建造物でアップルは何をするつもりなのか? その10分の1を充たす作業量すら考えつかない。

So what is Apple doing with such a big building? I can’t imagine a workload that would need even a tenth of that data center.

     *     *     *

ジョークだ

だから私の推測はこうだ。これはジョークだ。建物は大部分カラッポで、アップルのライバルたちを脅す目的で建てられたのだ。今のところそれはうまくいっているようだ。

So here’s my guess: I think it’s a joke. The building is a near-empty facility built primarily to intimidate Apple competitors. And so far it seems to be working.

     *     *     *

これぞ Cringely 一流のジョークだろう。

しかしデータセンターの専門家としては見逃すわけにはいかない。そこで Rich Miller が反論に出た。

Data Center Knowledge: “Cringley on Apple: The Math Needs Some Work” by Rich Miller: 29 June 2011

     *     *     *

データセンターのニセモノ

ワオ。著名な技術コラムニストがアップルが建てたのはニセモノのデータセンターだといっている。Steve Jobs が最近の WWDC で機器満載のサーバールームの写真を見せたというのに、Jobs がデータセンターのベイパーウェア(vaporware)モデルを作ったと非難している。

Wow. Did a well-known tech columnist just allege that Apple built an enormous fake data center? And, in essence, accuse Steve Jobs of modeling data center vaporware when he showed off pictures of server rooms filled with gear at the recent WWDC?

     *     *     *

かつてグーグルのデータセンターについてスクープをものにしたことのある Cringely が、アップルの巨大データセンターについては前提で計算間違いをしていると Miller は指摘する。結論として iDataCenter が過大かどうか知るにはまだ時間がかかるという。

一方、もともと Cringely があまり好きでない John Gruber はさらに手厳しい。

Daring Firebal: “Joke” by John Gruber: 29 June 2011

     *     *     *

完全なアホだ

そのとおりだ。

Yes.

長い間 Cringely は半分おかしいのじゃないかと思っていたが、今や完全なアホだと思う。

Cringely’s been half-nuts for years. Now I think he’s full-nuts.

     *     *     *

Cringely の意表を衝く視点にはときどきハッとさせられる。(ここここ) 筆者としてはキライではないのだが、技術ブログの世界では必ずしも歓迎されぬようだ。

真面目に議論しているのに冗談めかしていうとはなんだということなのだろう。

そういえばジェームズ・ボンドのジョークも受けはよくなかった・・・

★ →[原文を見る:Robert X. Cringely
★ →[原文を見る:Rich Miller
★ →[原文を見る:John Gruber

Read Full Post »


[ファイルの不一致が生じた場合:image

「ホンモノはクラウドにある」(The Truth is on the cloud.)と WWDC で Steve Jobs が語った。[ストリーミングビデオの 1h 24 分ごろ]

John Gruber がその点を敷衍してポッドキャスト「The Talk Show #47」で興味深い議論をしている。[72 分〜 79 分ごろ]

MacStories がその部分のテープ起こしをしている。

MacStories: “iCloud To Avoid File Conflicts with Versioning” by Federico Viticci: 17 June 2011

     *     *     *

iCloud ではマージングや不一致は生じない

Gruber:新しいやり方ではマージング[merging:複数のファイルやデータ、プログラムなどを決められたルールに従って一つに統合すること]や不一致は生じない。・・・しかしそれは同期の持つ技術的困難さをアップルが魔法のように解決したという意味ではない。

Gruber: The new way does not involve merging and conflicts. […] It doesn’t mean that Apple has magically solved the tech difficulties of syncing. […]

例えば3つのデバイスがあるとしよう。サーバー上のデータはどこかにあるサーバーに保存されており、そして iPhone および Mac があるとする。すべてのデータ、たとえば住所録のデータはいずれも最新のものだ。たとえば Dan Benjamin の項目にはいずれもメールアドレスがある。3つとも同じものだが、ここで(オフラインで)自宅の電話番号を Mac に加え、同時に iPhone でも自宅電話を入力するがタイプミスしたとする。そうすると同期(sync)はどうなるのか。異なる2つの電話番号が2つの場所にあり、サーバーには電話番号がない。今現在だと MobileMe はダイアログボックスを出してデータの不一致を知らせる。そこでどれが正しいのかキミが決めなければならないことになる。

You’ve got 3 devices let’s say. Server-side data stored somewhere on a server, and you’ve got an iPhone and you’ve got a Mac. All data is up to date, say Address Book. You have an entry for Dan Benjamin and all it has is an email address. In all three places it’s the same and I sit down at my Mac, I add your home phone # to your contact and then I sit down with my iPhone at the same time (say everything’s offline) and enter Dan’s home # manually, but I enter it wrong. What happens when you sync? You’ve entered two phone numbers in two places, and at the server there’s no phone number. As it stands now MobileMe often will offer you a dialog box telling you that there is a conflict. It presents it to you and you have to pick which one is right. […]

     *     *     *

「ホンモノはクラウドにある」

オフラインで加えられた変更がどんなものであれ、iCloud ではそんなダイアログは出ないだろうとボクは思う。不一致らしきものがあったとすると、サーバー上の iCloud はどれがベストか(アップルのいい方では「ホンモノ(truth)」か)を自ら判断する。「ホンモノはクラウドにある」(The Truth is in the Cloud.)と Steve Jobs がいったのはそういうことなのだ。iTunes はどれが正しいかを判断する。そういうことだ。その正しいものを iCloud は、異なるバージョンの存在する同じアカウント持つデバイスにプッシュする。だがここにトリックがある。もしそれが正しいものでなかったらどうなるかというわけ。サーバー側ではすべてのものが記憶されるだろう。バージョニング[versioning:バージョン管理]とほぼ同じだ。「住所録を調べなさい」といったダイアログが出るだろう。「前のバージョンから正しいものを選択しなさい」といったダイアログもあるだろう。それをユーザーが選択してクラウドへプッシュし、「これがホンモノだ」と教える。アップルはこれをそのままプッシュするのだ。

In iCloud I believe you will never be presented with such a dialog, no matter how much has changed in one of the instances while it was “offline”. The server-side iCloud, when there seemingly is a conflict, will make a decision and it will decide which one is the best (in Apple’s terms the “truth”). That is what Steve Jobs means when he says “The Truth is in the Cloud.” iTunes will decide which one is right and that’s it. iCloud will push that right one to any device that has this account that has a different version. But, here’s the trick – what happens if it’s not the right one? On the server side, it will remember all of the other ones, almost like versioning. There will be some sort of interface like “go and look at your contacts.” There will be some sort of way to say “show me previous versions and let me pick the one that is right”. You pick it and push it back up into the cloud and tell it “that’s the truth” and Apple will push it out.

Dan Benjamin:最新の変更がどれであれ、ユーザーが望むなら以前のバージョンを選べる、と・・・

Dan Benjamin: Whatever is the most recent change will propagate but here are previous versions to pick from if you want.

     *     *     *

iCloud がホンモノを決める

Gruber:アップルはそうはいっていないが、サーバー上の iCloud は公開されることのない不一致を検出したときはどれがホンモノかを決定する。iCloud は「ブラックボックス」みたいに機能するのだ。ほとんどの場合一番最後に行なわれた変更を採用するだろう。しかし、それを(あとで変更できるように)決めないままにしておく。重要なポイントはもし不一致があったとしても、異なるバージョンのすべてが記憶されるという点だ。もし「ホンモノでないもの」が選択された場合でも、元に戻って正しいものを選択することができる。今後はマージングや不一致はなくなるとボクがいったのはそういう意味だ。ユーザーが決める場合を除き、マージングや不一致については iCloud がベストの判断をするのだ。

Gruber: Apple won’t reveal it but iCloud, on the server, will determine the truth when it detects a conflict that will never be published. It will act like a “black box”. Most cases it will go by the most recently implemented change — it will be undefined. The key is that if there is a conflict, they will remember the different conflicting versions. If it picks the “wrong truth” it will be able to go back and get the right one. That’s what I mean when I say no more merging or conflicts. iCloud will make its best guess at merging & conflicts other than having you pick it.

     *     *     *

iBooks の持つ意味

Dan Benjamin:キミはこれが事実だと知っているのか、それとも単なるキミの見解なのか?

Dan Benjamin: Do you know this or is it just a theory?

Gruber:これは事実だ。しかし iBooks がその具体例に違いないという点については、自分としては間違いないと考えているが、事実とまでは知らない。iPhone と iPad にある同じ iBook をオフラインで読む場合、iPhone で何ページか読み、さらに iPad で異なる部分を何ページか読んで、その後オンラインにして「read state」や「current page state」を iTunes サーバーに同期しようとしても、iBooks ではダイアログはなにも出てこない。

Gruber: I know this. What I don’t know but I beleeve, again, is that I think iBooks is an example of this in action. If you have the same iBook on the iPhone and iPad and take them both offline and flip a couple of pages on the iPhone then flip a different number of pages on the iPad, and them put them both online and they go to sync their “read state” or “current page state” to iTunes servers, iBooks never presents you a dialog. […]

iBooks は、現在もこれまでも、アップルが iCloud と呼んでいるもののタタキ台なのだ。

iBooks is and has been one of the testbeds for what Apple is now calling iCloud.

     *     *     *

今秋実際に目にするまでは、iCloud に関する議論は絶えないだろう。

「ホンモノはクラウドにある」(The Truth is on the cloud.)という Jobs の発言の真意もこれから次第に明らかにされてくるに違いない。

Gruber のポッドキャスト、今週の「The Talk Show #47」が注目されるのもそういうわけだ。

前の週のポッドキャストはなんと80万回もダウンロードされたというのだから、Gruber の注目度は大変なものだ。

司会の Dan Benjamin とさしで、たっぷり語らせるところがミソ。(いささか長過ぎるきらいはあるが・・・)

Dan Benjamin の「5by5」にはこの他にもたくさんの豪華キャストを揃えており、John Siracusa の「Hypercritical」や Marco Arment の「Build and Analyze」がとくにおもしろい。

然るべきゲストとじっくり腰を据えて語るポッドキャストの存在はとてもありがたい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Older Posts »