Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘ウェアラブル’ Category

1*iOr4QFavM6l50E0aUO3L0A

[iPhone にあって Apple Watch にはない純正アプリ:Medium

Paul Canetti が興味深いことをいっている。「Apple Watch には Safari がないのに誰も気づいていない」と・・・

Apple Watch Doesn’t Have Safari And You Didn’t Even Notice | Medium

     *     *     *

ブラウザの死

ウェブの死が語られて久しいが(“death of web” をググればすぐ分かる)、じつは人気がなくなったのはウェブではなくウェブブラウザなのだ。2014 年の Flurry の報告によれば、モバイルデバイスでブラウザを使った時間はたったの 14% で、残りの 86%はアプリの使用だった。

The death of the web has long been rumored (just Google “death of web”). However it’s not really the web that is losing popularity, it’s the web browser. Flurry said in its 2014 report that only 14% of time spent on mobile devices is in the browser compared to 86% in apps.

もちろんアプリの大部分は(Twitter のように)モバイルウェブに使われている。ただ、ブラウザは使わずにウェブにアクセスしているということなのだ。

Of course, we actually spend a lot of that time in apps on the mobile web (i.e. tap a link on Twitter); it’s just that we’re accessing the web in non-browsery ways.

     *     *     *

気づきもしないし気にもしていない

ブラウザの死はゆっくりと、だが確実に起きている。そして Apple Watch はそれにとどめを刺そうとしているのだと思う。Safari がないだけではない。そのことに誰も気づきもしなければ、気にもしていないようにみえる! もし Apple Watch に Messages や Weather や・・・Uber がなかったらどうなるか!!! きっと暴動が起きるに違いない。では Safari がなくなったらどうか? ノープロブレム。

The death of the browser has been a slow and steady process, but I believe Apple Watch will now be the nail in the coffin. Not only is there no Safari, but no one seems to notice or care! Imagine if Apple Watch had no Messages or no Weather or no… Uber!!! People would riot. But no Safari? No problem.

     *     *     *

「ポスト電話の世界」

次にくる「ポスト電話の世界」(post-phone world)では文字通りブラウザには居場所がないのだ。では検索はどうなの?と尋ねるかもしれない。それはブラウジングを検索と錯覚した質問だ。情報が必要なら Siri に尋ねればいい。・・・あるいはグーグルだってきっと Apple Watch のためのアプリを作るに違いない。

There is just no place (literally) for browsers in our post-phone world. But what about search, you say? You are confusing browsing with searching. If you need some info, just ask Siri. Or I’m sure Google will make an app for Apple Watch too.

     *     *     *

パニック

いいたいのは、もしアップルがウェブブラウザのないコンピュータを発表したら、あるいはウェブブラウザのない iOS の新バージョンか、それともポートのない MacBook を発表したら、みんなはパニックに陥るだろうということだ。これまでアップルが何かを無くするたびにみんながパニックに陥ったように・・・

The point is, if Apple announced a computer with no web browser, or a new version of iOS with no web browser, or I don’t know, a new MacBook with no ports, people would freak out. Like the way they freak out about everything Apple has ever removed ever.

     *     *     *

ブラウザのないウェアラブルの世界

しかし Apple Watch には Safari がないことに対して特段の反応もなく、そういう認識すらもないことから、アップルには当然そうする権利があり、われわれみんなもそのことを受け入れる用意があるのだと考えざるを得ない。ウェアラブルの世界にはウェブブラウザはないものだと・・・

And yet the lack of reaction, or even acknowledgement, that there is no Safari on Apple Watch, leads me to believe that not only is Apple right to not include it, but we are actually ready to accept it: a wearable world with no web browsers.

     *     *     *

気づかぬうちに新しい世界への移行が着実に進行しているようだ・・・

広告

Read Full Post »

google-glass-is-dead

Google Glass Is Dead; Long Live Smart Glasses | MIT Technology Review

Seeing a computer on your face makes some people, for various reasons, extremely annoyed. The “explorers” have become widely known as “glassholes.”

But despite Google’s missteps, the technology isn’t going away. The idea that Glass represents—allowing you to ingest digital information at a glance—has appealed for decades to die-hards like Thad Starner, a Glass technical lead who has been making and wearing these kinds of gadgets since 1993. Researchers are going to keep plugging away until we get to a point where the technology blends into the glasses themselves, rather than sitting so obviously atop them.

Read Full Post »

wearablesolar-coat-1024x724

ウェアラブルのソーラーコートだって・・・

Fashion 2.0 – Complement Your Smart Phone With Smart Clothes | Forbes

Shirts, socks, and any other item of clothing or accessory you have in your wardrobe are being reimagined to collect, analyze, and use personalized data.

Smart Clothing, also known as e-textiles, can be used in a wide variety of applications.

スマートアパレルもいいが、iPhone 6 Plus や iPad mini を入れられるポケットの問題をまず解決してほしい・・・

Read Full Post »

Screen-Shot-2014-09-11-at-2.37.52-PM-620x254

[Apple Watch の三本柱:asymco

新しいテクノロジーが登場すると必ず守旧派の反撃に遭う。

こんな可能性があるではないかという議論より、こんな欠陥があるからダメだという議論だ。

Horace Dediu の挑戦がオモシロい・・・

Measuring the Apple Watch opportunity | Asymco

     *     *     *

Apple Watch の可能性を推し量る

Measuring the Apple Watch opportunity

Apple Watch が発表されたとき、みんなの目はスイスの時計産業に向けられた。アナリストは十分な関心を惹起できるほど Apple Watch が大きな存在になるかどうかを問題にした。業界のオブザーバーはアンシャン・レジーム[Ancien régime:旧体制、旧秩序]に対する新規参入者の競争力を問題にした。マーケターはマーケットのセグメント化仮説[market segmentation:顧客市場の細分化]から、アップルの奇妙な新製品が参入する余地があるかどうかを問題にした。

When the Apple Watch was launched, all eyes turned to the Swiss watch industry. Analysts measured it and asked if it’s big enough to be interesting. Industry observers questioned the competitiveness of an entrant vis-à-vis the ancien régime. Marketers weighed in with segmentation hypotheses and how Apple’s queer new device might best fit.

これらの分析はすべて間違っている。

These are all mistakes in analysis.

Apple Watch のマーケットはスイス(あるいは中国)の時計市場ではない。世界中にある手首の数だけ Apple Watch のマーケットはある。アップルが成功したかどうかはアップルのハードウェアがどれだけの手首につけられるかで決まるのだ。

The market for Apple Watch is not the Swiss (or Chinese) watch market. The market for Apple Watch is the number of wrists in the world. To the extent that those wrists will be covered with Apple hardware will determine whether it is successful or not.

     *     *     *

既存のマーケット

既存のマーケットから推し量るのは間違いだ。なぜなら既存の製品はすべて Apple Watch とは異なった仕事をするために存在するからだ。それらと比べても既存の仕事の大きさぐらいしか分からない。

Measuring the existing market is a mistake because the existing products are hired for different jobs. Those measurements will yield only an answer to how big that job is.

     *     *     *

Apple Watch は時間計測デバイスではない

既存大手と新規参入者を比較するのも間違いだ。なぜなら既存大手はすでに過去一世紀にわたり手首につける時間の計測デバイスの問題を解決しているからだ。アップルの時計は手首につける時間計測デバイスではない。iPhone が電話ではなく、iPad がパッドでないのと同様だ。

Assessing competitiveness vs. incumbents is a mistake because incumbents have perfected solving the problems of wrist-worn timekeeping devices over a century. Apple’s watch is not a wrist-worn timekeeping device any more than the iPhone is a phone or the iPad is a pad.

     *     *     *

マーケットセグメンテーション

今できるやり方でのマーケットセグメンテーションも不適切だ。なぜなら市場細分化は現在の仕事をベースにしているからだ。iPhone を 2007 年当時のセグメントで分類するのが不適切なのと同じだ。

Segmenting the market by whatever means are convenient today is irrelevant because the segments are currently positioned on the current jobs to be done. It’s no more relevant than classifying the iPhone along the segments defined for phones in 2007.[1]

     *     *     *

フィットネス

Apple Watch をむりやり「フィットネス」のマーケットに押し込もうとするひともいる。フィットネスは Apple Watch にとって時間計測程度にしか説得力はないのだ。

Some have tried to wedge the Apple Watch among the “fitness tracker” market. This is no more plausible given that fitness tracking is no more interesting than timekeeping is to Watch.

     *     *     *

「手首 — スペース — 時間」

Apple Watch のチャンスを推し量る最善の方法は、「手首 — スペース — 時間」という連続体の上で定量化し、何が可能で何が可能でないかを決めることだ。手首はコンピュータを付けるにはとても興味深い場所だ。そしてアップルはコンピュータを作っている。・・・このあとは読者の検討に委ねたい。

The best way to measure the opportunity is to quantify the “wrist-space-time” continuum and deciding what is and what isn’t addressable. The wrist is an interesting place to put a computer and Apple makes computers. The rest is left as an exercise to the reader.

     *     *     *

2007 年に登場した時点ではなく、今現在から iPhone を振り返ればもっとよく見えるという視点とも通じる。

既存の技術の延長上で考えるだけでは真の姿は見えてこないということだろう。

さて、読者は Horace Dediu の挑戦にどう応えるか・・・

Read Full Post »

Screen-Shot-2011-11-03-at-11-3-10.45.20-AM

[入力方式が変わる:asymco

投資家向けのサイト TheStreet の記事。「Apple Watch は iPhone なき世界に向けての大きな一歩だ」と。

Why Apple Watch Is Apple’s Big Step Toward a Post-iPhone World | TheStreet

アップル売上高の 56% を占める iPhone が今後どうなるかは投資家にとって大きな関心事だ。

コンピュータの技術サイクルは 15 年だという。2001 年に生まれた iPod も 13 年たって今や舞台から消えたに等しい。iPhone もその寿命の後半に差し掛かっているとすれば、iPhone が消えたあとはどうなるか。

それに対するアップルの答えが Apple Watch だというワケだ。

     *     *     *

第1世代製品

アップルの新製品が登場すると、誰もがその第1世代製品がいかに意に満たない不十分なものであるかと論じたがる。・・・

Everyone likes to focus on the first iteration of any new Apple product and discuss how far short it comes. […]

     *     *     *

指紋スキャナー

アップルが指紋スキャナーを導入したとき、確かにいいものではあるが4桁コードを入力してロック解除するのに比べてたいしたことないと文句をいったひとがたくさんいた。Apple Pay が導入された今になって初めてスキャナーを導入した理由が分かるのだ。

When Apple introduced the fingerprint scanner, many complained that it was nice but it isn’t that much better than entering a 4 digit code to unlock your phone. Now, after Apple Pay launched, we can see that’s the real reason for including the scanner.

     *     *     *

初期バージョンの役割

アップルは常に未来を考えて計画する。初期のバージョンは学習して進化するためのものだ。Apple Watch がやっているのはまさにそういうことだ。

Apple thinks ahead. It plans. It uses early versions to learn and get a lot better. That’s what it’s doing now with Apple Watch.

     *     *     *

前広に発表したワケ

なぜアップルは販売に先立つ5か月も前に Apple Watch を発表したのか。開発者たちに習熟し、アプリを開発する時間を与えるためだ。発売時点でユニークで、他のスマートウォッチメーカーには見られない、そんなアプリを開発するため・・・

Why did Apple announce it five months before it’s for sale? To give application developers time to know about it and start creating unique apps to exist at launch — which no other smartwatch maker will have.

     *     *     *

最適のフォームファクタ

それだけではない。Apple Watch はいずれ将来のある日 iPhone に取って代わるフォームファクタは何かという問いに対するアップルの答えなのだ。現在の電話の使い方とは異なる新しい接し方が必要になる。ちょうど第1世代の iPhone でアプリについて学び、ガラス面にタイプすることを学んだように・・・

But more than that, Apple Watch is Apple’s best guess at what form factor might one day replace the iPhone. It will require a new way of interacting than we have with today’s phones, just like interacting with the first iPhone required learning about apps and typing on glass.

     *     *     *

新しい入力方式

どういうことか? 好むと好まざるとにかかわらず、データ入力に Siri を使わざるを得なくなるということだ。物理的キーボードがなくなったときと同じ苦情をまた耳にすることになる。

Guess what? Like it or not, we’re going to have to get used to using Siri for data input. We’ll have the same complaints we heard about the loss of the physical keyboard.

     *     *     *

ルビコン川

時計固有のアプリが進化するだろう。バッテリーの寿命も延びるだろう。新しいハードウェアも開発されるだろう。そして今から何年かたったある日、私たちはルビコン川を渡ることになる。外出するときに電話を持ち運ばなくなるそんな日が来るのだ。会議や出張の際にラップトップを持ち運ぶのをやめた時のように・・・
 

Specific watch apps will evolve. Battery life will improve. New hardware will be developed. One day a few years from now, we’ll cross the rubicon where we don’t need to grab our phone to go with us when we go out. It’s like the moment when we stopped taking a laptop with us to meetings or on business trips.

     *     *     *

アップルの未来

Apple Watch はアップルの未来なのだ。

The Apple Watch is Apple’s future.

     *     *     *

たしかに第一世代からだけではアップルの真の意図は見えてこない。

入力方式の変化に着目した議論がもっとあって欲しい・・・

Read Full Post »

Microsoft_Band_Exploder-2040.0

Microsoft’s health revolution is here, starting with a $199 fitness tracker | The Verge

Read Full Post »

Apple-Watch-21

時計の世界に精通した Ariel Adams が Apple Watch は「21世紀の腕時計」という興味深い考察をしている。

Apple Watch Hands-On: The Wristwatch Just Caught Up To The 21st Century | aBlogtoWatch

     *     *     *

初めてのクロスオーバーウォッチ

Apple Watch はアップルにとって新しいカテゴリーの製品であるだけでなく、真の意味でテクノロジーと時計の世界[horology:時計学]の双方にまたがる初めての「クロスオーバーウォッチ」(cross-over watch)であることを理解すべきだ。不満や批判はさておいて、なぜこれが必然的未来であると自分が考えるのかしばし考えて欲しい。普通のひとの生活必需品としてスマートウォッチが支配する必然的未来のことを・・・

[…] I feel that people need to understand that the Apple Watch is not only a new type of product for Apple, but the first real “cross-over watch” that wades in both the waters of technology and horology. For a moment, I’d like people to put aside their criticisms and complaints, and consider what I believe to be a future inevitability: the dominance of the smartwatch as a necessary tool in the everyday lives of everyday people.

     *     *     *

なによりもまず「時計」

アップルは「スマートウォッチ」ということばが嫌いだから、Apple Watch をそうは呼ばない。iPhone のこともスマートフォンとは呼ばなかった。アップルにとって Apple Watch はアップルが作った「時計」だ。だからそういう名前にしたのだ。

Apple as a company doesn’t like the term “smartwatch” and will not refer to the Apple Watch as such. They didn’t call the iPhone a smartphone, and as far as they are concerned, it is a “watch” produced by Apple – hence the name. […]

     *     *     *

伝統的時計の世界から無数のものを借用

高級時計の世界をよく知るものにとって、アップルが伝統的な機械式時計の世界から無数の「時計と関係のある」デザインのヒント、音、材質、仕上げ、機能などを採用しているのに気づくに違いない。

Those familiar with the world of high-end timepieces will notice an endless series of “watch-related” design cues, noises, materials, finishes, and features that Apple adopted from the traditional world of watches.

     *     *     *

何よりもまずアップルは Apple Watch を「時計」と位置づけているということだ。

アップルの Apple Watch ビデオを伝統的時計ウォッチャーの立場から編集し直したこのビデオを見ると、何を伝統的時計の世界から借用したと考えているのかが分かって興味深い。

Ariel Adams は 7000 語をこえる長い考察の中で、伝統的な時計の世界がどういうものか、なぜ Apple Watch がその方向に沿っていると考えるのかを詳説している。

それを読むと、Jony Ive 以下アップルのデザインチームが総出でパリに出掛けて、高級時計としてのイメージ定着を図ったのも理解できるような気がする。

ギークを中心とする Apple Watch 評を補完する意味でたいへん興味深い。

この考察を踏まえた Ariel Adams へのインタビューも聞き逃せない。

Apple Watch: The 21st Century Wristwatch | resolve

考察の内容がより鮮明に浮かび上がるという意味で、むしろこちらの方がおススメかもしれない。

     *     *     *

追記:時計専門家の Apple Watch 評の方が示唆に富んでいる

ファッション系や技術系の記事より Ariel Adams のような時計専門家による考察の方が示唆に富んでいると Quartz が指摘している。

The most thoughtful critics of the Apple Watch are watch bloggers | Quartz

Compare the lucidity of these observations with what’s been coming out of the fashion press…

The tech press has often done worse. Most of the “reviews” are more press releases, regurgitating everything that Apple said its keynote and adding little else. Both worlds could learn something from the considered views of these two watch bloggers.

Read Full Post »

Older Posts »