Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘インターフェイス’ Category

iOS_7_icons

[iOS 7 のアイコン:image

Marco Arment はストレートで、核心を衝いて好きだ。

書いたものもそうだが、耳で聞くと一層それが際立つ。だから彼の出るポッドキャストはどれも楽しみだ。

なかでも「Accidental Tech Podcast (ATP)」は楽しい。

自称ナード連中が歯に衣着せず語るところも、登場する面々の組み合わせもなかなかオモシロい。

思ったことをズバリいう Marco Arment と、一家言あって何かにつけて必ず反論せずにはおれない John Siracusa、2人の間でバランスをとる Casey Liss がなんとも絶妙だ。

WWDC について触れた最近の ATP から、とくに印象に残ったことをひとつだけ・・・

18: Aluminum-Colored Aluminum | Accidental Tech Podcast

     *     *     *

WWDC から帰った Marco Arment が、iOS 7 ベータを iPhone 4S で奥さんに見せた。

すると奥さんが[51 分ごろ]、

「なにこれ、とても安っぽいわね!」

“Eew, this looks really cheap!”

ホームスクリーンのアイコンがひどいので反発したせいだという。

「こんなの欲しくない。こんなの使いたくない。なんかヤダ。どうなっちゃうのかコワイ。」

“I don’t really wanna keep using this. I don’t really wanna playing with this. This is kind a gross, and I’m a little scared of where the going here.”

ところが、夕方になって自分の iPhone 4S と比べて、

「ねえ、これって古い感じがする。」

“You know what, this looks old.”

「新しいのが欲しくなってきたわ。白い iPhone が・・・」

“Actually I want the new one, and I want a white iPhone now.”

     *     *     *

奥さんを一般ユーザーの代表にしたワケだが、一般ユーザーの目から見ても iOS 7 は判然と異なって見えるということだろう。

それも iOS 7 がモダーンに、これまでのものが古くさく見えてしまう、と・・・

     *     *     *

そういえば John Gruber も iPad mini の第一印象を奥さんに語らせたことがあった。

ちなみに Gruber の奥さんが初めて WWDC に登場しているが、ダンナに劣らず彼女もなかなかの女傑だ・・・

★ →[ポッドキャストを聞く:ATP

広告

Read Full Post »

multiplane_camera

[ディズニーのマルチプレーン・カメラ:photo

iOS 7 の奥行き感をマルチプレーン・カメラから解説した Manton Reece の記事がオモシロい・・・

Manton Reece: “Multiplane” by Manton Reece: 17 June 2013

     *     *     *

Ub Iwerks の貢献

ウォルト・ディズニーの最初の短編『ミッキーマウス』を描いたアニメーター Ub Iwerks[アブ・アイワークス]は、10年留守したディズニースタジオに 1940 年に戻ってきた。彼がミッキーマウスのために毎日何百枚もの絵を描いたことは有名だ。しかしディズニースタジオへ Ub が復帰したことは、カメラと特殊効果を技術的に高めた映画製作への大きな貢献としても記憶されている。アニメの世界では仕事が極端に専門化し、背景かアニメーションかセル画描きのいずれかの仕事をすることになるが、Ub の才能は芸術的世界と技術的世界の橋渡しをしたのだ。

In 1940, Ub Iwerks, the animator behind Walt Disney’s first Mickey Mouse shorts, came back to the Disney studios after a 10-year absence. Ub had famously produced hundreds of drawings alone each day for one of those first Mickey Mouse shorts, but Ub’s return to Disney would also be remembered for his contribution to the technical side of film production, with advances in cameras and special effects. In an industry with extreme specialization — you either did backgrounds, or animation, or ink-and-paint — Ub’s talents bridged both the artistic and technical.

     *     *     *

マルチプレーン・カメラ

ディズニーを去っていた間に Ub が発明したもののひとつがマルチプレーン・カメラ(multiplane camera)だ。後に『白雪姫』で使われた10フィートを超えるスタンドに据えられた巨大なカメラ[冒頭画像]として完成した。マルチプレーン・カメラの発明によって、背景を複数の層に分けることが可能になった。前景の木々はいちばん手前のガラス面に、登場人物はその下の面に、遠景のレイヤーには建物が、さらに遠くには山や空がくるというように。

One of Ub’s inventions while away from Disney was called the multiplane camera. Perfected by others leading up to Snow White, in a massive camera stand over 10 feet tall, the multiplane’s innovation was to allow a background to be split into levels. Foreground trees might be painted on the glass of the first level, then the characters sat underneath that, and then farther back layers for a building, with others behind that for hills and sky.

     *     *     *

奥行きの感じ

奥行きの感じ(sense of depth)を出すため、カメラオペレーターはそれぞれの面の間の距離を調節することができた。またそれぞれの面の動きを異なったスピードにシンクロさせることによって、すばらしいパララックス効果[parallax effect:視差効果]を出すことができた。遠景はゆっくり動き、自然のままにぼんやりとボケて見えるのだ。

To provide a sense of depth, camera operators could vary the distance between each plane. And movement for each level could be synchronized at different speeds, giving it a beautiful parallax effect. Distant background levels moved more slowly and were naturally blurred and out of focus.

     *     *     *

iOS 7 で蘇ったマルチプレーン

Ub の発明から80年経って、マルチプレーンが iOS 7 で蘇った。これまでの iOS は単一の平面に構築されていた。その表面上にまるで地形図のように盛り上がってテクスチャーを持った部分として — ただし山ではなくボタンである点が異なるが。ところが iOS 7 では複数のフラットなレイヤーで構築される。それぞれの層は際立ってフラットだが、2つないし3つのレイヤーを離して重ねることで、アップルは全体的な奥行きの感じを出すことができたのだ。

80 years after Ub’s invention, the multiplane is alive in iOS 7. Previous versions of iOS were built on a single plane with raised and textured areas on that surface, like a topographical map except with buttons instead of mountains. iOS 7 is instead designed with multiple flat layers. Each level is strikingly flat, but by layering two or three, spaced apart, Apple has achieved an overall sense of depth.

     *     *     *

基本への復帰

基本への復帰だ。シンプルなものはシンプルで、読みやすいものに。明瞭さが必要ななら、すべてはフラットになる。しかし微妙な動きと奥行きがあっても、コンテンツ第一の新しいフラットなデザインで動作するものは何も変わらない、そんなフレームワークなのだ。iOS 7 のコントロールセンターは下部のレイヤーをぼやけさせる。ホームスクリーンの背景画面は更に奥にあり、アプリのアイコンだけがスクリーンに触れているかのようだ。写真はナビゲーションバーの背後をスクロールしていく。

It’s a return to basics. Simple things can remain simple, readable. When clarity is needed, everything goes flat. But it’s a framework that allows for subtle motion and depth without changing what works about the new, content-first flat design. iOS 7’s control center blurs the layer below. The home screen background sits deeper too, as if only the app icons are touching the screen. Photos scroll under the navigation bar.

     *     *     *

ドロップシャドーもテクスチャーもない

それぞれの面はあたかもガラス面に描かれたごとくフラットに描かれる。効果を損なうテキストのドロップシャドーも、テクスチャーもない。このメタファーを厳格に守った結果は同じように価値があるのだ。アプリの真のコンテンツを覆い隠し、注意を他に向けてしまうドロップシャドーはないのだ。

Each plane is painted flat as if on glass. There can be no text drop shadows, no textures, without ruining the effect. And the result of this strict metaphor is equally valuable: there are no drop shadows to distract or obscure an app’s real content.

     *     *     *

核となるコンセプト

ディズニーのマルチプレーン・カメラはまず最初は専用装置として作られ、後にはソフトウェアとして再度作成され、3D コンピュータアニメーションの時代になるまで何十年も存続した。iOS 7 のニュールックがそれほど続くかどうかは分からない。しかし核となるコンセプトはこれから何年もアップルを支えるはずだ。彼らの目指している方向が私はとても好きだ。

Disney’s multiplane camera, first in a dedicated rig and then recreated in software, lasted for decades, until the era of 3D computer animation. iOS 7’s new look won’t last that long, but the core concepts should carry Apple for years. I really like where they’re headed.

     *     *     *

それぞれのひとがそれぞれの視点から iOS 7 にアプローチする。

確かにマルチプレーン・カメラで iOS 7 の奥行き感を説明されると分かりやすい。

WWDC のキーノートに Jony Ive が登壇していたらどんな説明をしただろうか・・・

なお、ディズニー自身によるマルチプレーン・カメラの解説はこちら

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

[Philip Joyce の iOS 7 コンセプトビデオ:YouTube

Jony Ive が仕切る「フラットな iOS 7 デザイン」については、様々なコンセプトデザインで花盛りだ

とくにその皮切りとなった Philip Joyce の冒頭のビデオはなかなかオモシロい。

しかし John Gruber の目からすると、どうもこれは的外れということのようだ。

Daring Fireball: “Not Sure Why Anyone Would Spend So Much Time and Effort on an iOS 7 ‘Concept’ Redesign, But Here You Go” by John Gruber: 10 May 2013

     *     *     *

iOS 7 のコンセプトデザインは花盛りだが・・・

どうしてみんながせっせと iOS 7 のデザイン変更「コンセプト」について一生懸命なのかよく分からないが、それはそれとして・・・

Not Sure Why Anyone Would Spend So Much Time and Effort on an iOS 7 ‘Concept’ Redesign, But Here You Go

     *     *     *

たしかに気が利いて素晴しいけれど

デザインファーム Simply Zesty の Philip Joyce が作成した iOS 7「コンセプト」は、たしかに素晴しくて気の利いたデザインでいっぱいだ。しかし気が利いて素晴しいのはあくまでタッチスクリーン電話のインターフェイスの可能性としてという理論上の話だ。確かに素晴しく気が利いてはいるが、実際の iPhone の新しいデザインとなるとこれは失敗作だろう。たしかに新しい装い — 間違いなく新しくはなるだろう — ということはあるが、しかし iOS のように定着して幅広いユーザーがいる場合は、親しみ易さ(familiarity)を維持することが必要だ。「これは何? 自分は何処にいるの? いつも使っていたモノはみんな何処へいってしまったの?」などとユーザーから聞かれるようでは、これは大変なことだ。(かつて Mac OS X 10.0 ではそんな徹底的な模様替えが行なわれ、長期的には成功を収めた。しかし最初の数年間はそれまでの Mac ユーザーにとって長く苦痛に満ちた移行過程だった。iOS ユーザーにとってそんなショックは必要ないのだ。)

There are a lot of clever ideas and nice designs in this iOS 7 “concept” by Philip Joyce of design firm Simply Zesty. But they’re only clever and nice in the abstract, as possible designs for a touchscreen phone interface. Nice and clever though they are, this would be a disaster as a new design for the actual iPhone. A new look is one thing (and we’re going to get it), but when you’re well established and have a large user base, as iOS does, you need to maintain familiarity. If users are asking “What is this? Where am I? Where’s all the stuff I’m used to?” it’s going to be a disaster. (Mac OS X 10.0 was just such a radical do-over, and it was successful in the long term. But the first few years were a slow and painful transition for existing Mac users. iOS doesn’t need that sort of jolt.)

     *     *     *

アプリのアイコンの形

Joyce のデザインの細部には、ブランド戦略としてみると奇妙なほど調子ハズレのものがいくつかある。アプリのアイコンの形(shape)は — その意味では他のどの形も同じだが — 角の丸まった四角形から角の尖った四角形へは変化しないだろう。この形はアップルのもの(Apple owns)なのだ。この形を見れば誰でも「iOS アプリ」だと分かる。すべての iOS デバイスのハードウェアホームボタンにはそれが印刷されている。事実それがすべての iOS デバイスの表面で印刷されている唯一のものなのだ。2013 年の WWDC のロゴを見るがいい。(いずれ今よりいいリモートのついた Apple TV が出るまでは、Apple TV App Store もアプリも出ることはないだろうと自分は長い間考えてきた。今ではこう考えている。そんなリモートのホームボタンには今や iOS デバイスならどれでも見られるカラッポアプリのアイコンが付くに違いないと。)それに Joyce が使っているフォントだが・・・こいつは何とも。彼が使っているのはフルティガーないしはそれによく似たフォントだが、iOS のコンセプトというより Windows Phone 9 のそれのように見えてしまう。それってまるで iOS の嫌いなひとが iOS をデザインし直したように見える。こんなものが褒めそやされるのは自分にはどうもよく分からない。

And certain of Joyce’s details are oddly tone-deaf branding-wise. The shape of app icons is not going to change from round-cornered squares to sharp-cornered ones (or any other shape for that matter). Apple owns this shape; this shape says “iOS app” in everyone’s mind. It’s even printed right on the hardware home button of every iOS device. In fact it’s the only thing printed on the front face of every iOS device. And just look at the WWDC 2013 logo. (I’ve long thought we won’t see apps and an App Store for Apple TV until some future hardware revision of the product with a much-better remote control; it occurs to me now that that remote will surely have a home button with the universal empty app icon on it.) And his font choices — yikes. Frutiger (or whatever Frutiger-like typeface he’s using) makes the whole thing look more like a Windows Phone 9 concept than an iOS one. It’s like iOS re-imagined by someone who doesn’t like iOS. Hard for me to see how this is getting praised like this.

     *     *     *

遊び心は感じるけれど

もっとも、Joyce のアニメーションや場面転換から、「フラットになる」ことが必ずしも遊び心をなくすることにはならないという点は分かるけれども・・・

His animations and transitions do show how going “flatter” doesn’t necessarily mean eliminating playfulness, though.

     *     *     *

RoundRect かどうかがアップルとマイクロソフトの Metro UI を分かつ根本的な違いだ(design signatures)という視点は前にもあった

どうやら Gruber は本質を踏まえない単なるデザインのためのデザインには辛口のようだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Update:フラット化はデザインの潮流》

jony-ive-tim-cook

[iPhone 5 イベントでの Jony Ive と Tim Cook :photo

Mark Gurman が iOS 7 のフラットデザインについて久しぶりに力の入った記事を書いている。

9to5Mac: “Jony Ive paints a fresh, yet familiar, look for iOS 7” by Mark Gurman: 29 April 2013

     *     *     *

iOS 7 の新しいデザイン

近々発表される iOS 7 を実際に見たひとやその説明を受けた複数の人々によると、この OS の新しいユーザーインターフェイスデザインは、新規 iOS ユーザーにとっては魅力的だが、古くからのユーザーにとってはいささか違和感がある可能性もあるという・・・

According to multiple people who have either seen or have been briefed on the upcoming iOS 7, the operating system sports a redesigned user-interface that will be attractive to new iOS users, but potentially unsettling for those who are long-accustomed to the platform…

     *     *     *

「非常にフラットだ」(very, very flat)

w8_metro

[Windows Phone の UI:image

ソースのひとりによれば、新しいインターフェイスは「非常にフラットだ」(very, very flat)という。これまでの iOS のバージョンの全てにわたって見られた光沢(gloss)、輝き(shine)、skeuomorphism が新しいインターフェイスではすべてなくなっていると別なひとはいう。さらに別なソースによれば、新しい OS の「フラットさ」(flatness)はマイクロソフトの最近の Windows Phone「Metro」のユーザーインターフェイスのレベルに達しているという。

The new interface is said to be “very, very flat,” according to one source. Another person said that the interface loses all signs of gloss, shine, and skeuomorphism seen across current and past versions of iOS. Another source framed the new OS as having a level of “flatness” approaching recent releases of Microsoft’s Windows Phone “Metro” UI.

     *     *     *

特段難しくなるワケではない

一部のひとにとっては新しくアップデートされた見かけが変わって驚くかもしれないが、iOS 7 のこれまでのバージョンと比べて特段難しくなってはいないといわれる。iPod がカラー化したときと同じで、慣れるのが難しいワケでない。iOS 7 の見かけは異なっても、コアとなるアプリやロックやホームスクリーンといったシステムの基本のほとんどについては今と同じように操作できる。

While the look of the updated system may be surprising to some, iOS 7 is reportedly not more difficult to use than earlier versions of software platform. There is apparently no new learning curve in the same way there was no learning curve when the iPods went color. While iOS 7 does look different, its core apps and system fundamentals (like the Lock and Home screens) mostly operate in a similar fashion to how they do today.

     *     *     *

コード名「インスブルック」

podcast_old_new

[Podcasts アプリの新旧:image

iOS 7 のコード名は「インスブルック」(Innsbruck)だとこの OS に詳しい3人はいう。インターフェイスの変更は、新しくなったツールバー、タブバー、その他システム全体にわたる基本的インターフェイスに加えられただけでなく、アップルのネイティブアプリのアイコンがすべて新しくなっているという。この次世代 OS で動く iOS デバイスでは、視角や周りの人からは見にくいように偏光フィルター (polarizing filters)を備えているともいわれている。

is codenamed “Innsbruck,” according to three people familiar with the OS. The interface changes include an all-new icon set for Apple’s native apps in addition to newly designed tool bars, tab bars, and other fundamental interface features across the system. iOS devices running the next-generation software reportedly have polarizing filters to decrease viewing angles of on-lookers.

     *     *     *

「全部が一覧できる」(glance-able)

notificationcenter

[OS X の Notifications パネル:image

これまでの iOS バージョンで見られた複雑なインターフェイスデザインという特徴はなくなっているが、それに加えてアップルはソフトウェアの Notification Center のような「全部が一覧できる」(glance-able)情報やオプションパネルを加える方法や、将来的に新機能を実装する際のやり方についても検討中だといわれる。最終的にそのような新しい機能が iOS 7 に追加されるかどうか、また新しい機能を将来実装する際のやり方をどうするのかについえは未だ決まっていない。しかし初期のアイデアのひとつとしては iOS デバイスのディスプレイ上を左から右へスワイプすることで実装することが考えられていた。これは Mountain Lion の Notification Center が Mac トラックパッドを使う際のジェスチャーによく似ているが、iOS でどんなジェスチャーになるのかは未定だ。

In addition to losing the complex interface design characteristics from earlier versions of iOS, Apple has been discussing and testing ways to add more ‘glance-able’ information and system options panels, like Notification Center, to the software. While it is still uncertain if Apple will end up including such new functionality in iOS 7, or how the Company will implement the potential addition, one of the early ideas was to implement the new panels via swipes from the left and right side of an iOS device’s display. This would be similar to the gesture on Apple’s Mac trackpads for accessing Notification Center in Mountain Lion, but what, specifically, the iOS gesture could access is uncertain.

     *     *     *

フラットデザイン」といわれてもなかなかピントこなかったが、Mark Gurman の記事はいろいろヒントを与えてくれる。案外これまであちこちで散見していたものがシステム全体に集大成されるということかもしれない。

改めて WWDC のデザインを見直すと、フラットデザインの新アイコンを積み重ねたようにも見えてくる。

長文の元記事はなかなか読み応えがあるが、Ive と Cook が一緒の写真[冒頭写真]の他にジョブズ と Scott Forstall が一緒の写真も添えられていて、skeuomorphism からフラットデザインへの変化がジョブズなきあとの新しい第一歩を象徴しているかのようでこれまた興味深い・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》フラット化はデザインの潮流

フラットデザインは Jony Ive のお家芸かと思ったら、実は時代の潮流なのだと Nick Bilton[NY タイムズ]が書いている。

NYTimes.com: “The Flattening of Design” by Nick Bilton: 23 April 2013

     *     *     *

先頭を切るマイクロソフト

大胆な意見に聞こえるかもしれないが、数年前ならデザインの最先端ではクールでないものの代表格だったマイクロソフトが、今やそうではないのだ。

It might sound audacious to think that Microsoft, the arbiter of uncool, was at the forefront of design a few years ago. But it was.

マイクロソフトは数年前に「フラットデザイン」に注力することに決めた。すべてがスムーズで真っ平らに見える視角効果の一種で、他のどのテクノロジー企業にもユーザーインターフェイス業界にも先駆けるものだった。

It turns out the company’s decision to focus on “flat design,” a type of visual scheme where everything has a smooth and even look, was a few years ahead of the rest of the technology and user interface industry.

子供が粘土のかたまりを押しつぶすようにマイクロソフトがインターフェイスのフラット化を図っていたとき、アップルやフェイスブックなどのライバルたちは skeuomorphism に傾注していた。skeuomorphism とは例えばノートを取ることを現実世界のノートのようなスパイラルリングで綴じたノートに見えるような形でウェブサイトやアプリをデザインすることだ。
 

While Microsoft was flattening its interfaces as if it were a child pushing down on a bulge of putty, its competitors – including Apple and Facebook — were focused on skeuomorphism, a type of look in which, say, a note-taking feature on a Web site or in an app would look like a spiral-bound notebook, a reference to the real world look of a notebook.

そして今や誰もがフラットデザインの方向へ進み始めた。

Now everyone seems to be following in those flat footsteps.

     *     *     *

bits-flatdesign

[フラットデザインの例:image

Nick Bilton が掲げているフラットデザインの例はなんともショッキングだ。

     *     *     *

スマートフォンの制約

デザイナーがデザインスタイルの変更を余儀なくされた最大の原因はスマートフォンという制約だった。

One of the biggest drivers for this stylistic change is being forced upon designers by the constraints of smartphones.

きょうびの画像はグラデーションのレイヤーや洗練されたタイポグラフィなど煩雑すぎる。ユーザーは非常に限られたスペースにぎっしりと詰まった情報の中をナビゲートすることを余儀なくされる。スマートフォンのスクリーンでは、キラキラ輝く精緻な CD 画像より音符だけのフラットなアイコンの方が遥かに早く内容を伝達できるのだ。

When today’s graphics are too busy — layered with gradients and elaborate typography — people are forced to try to navigate a clutter of information in a very small space. On a smartphone screen, for example, a flat icon of a musical note can tell a story much quicker than an intricate picture of a shiny sparkling CD.

     *     *     *

スマートフォンの持つ小さなスクリーンの制約は分かるが、独自のデザイン哲学を持つと思っていた Jony Ive がマイクロソフトが先導するフラットデザインの後を追うと聞くと複雑な気持ちになる。

Susan Kare の詩情豊かなビットマップアイコンで育った世代としては、skeuomorphism も決して悪くないと思っていた。Retina ディスプレイでスクリーンが精緻化すればなおさらだ。

旧 OS の System 7 から Mac OS X へ移行したときに感じた違和感 — とくにメタリックなデザイン — に馴染むまでの何ともいえない違和感を思い出す。それがまた繰り返されるのだろうか?

変化に馴染むのに時間がかかるのは構わない。しかし — 実物を見るまで即断はできないけれども — Ive のヒューマン・インターフェイス(Human Interface)がマイクロソフトの Metro UI と同じ方向を辿るというのは、これはもう何といえばいいか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[Jan-Michael Cart:photo

どうやらアップルは Siri のデザイナーに目をつけたようだ。

MacRumors: “Apple Hires UI Designer Who Helped Mock Up Leaked Siri Design” by Eric Slivka: 13 December 2011

     *     *     *

インターフェイスのコンセプトデザイナー

ユーザーインターフェイスのコンセプトデザイナー Jan-Michael Cart はジョージア大学の学生だ。自分のブログで、クパティーノに行ってアップルの研修生になる(7か月)ことを発表した。iOS や Lion の機能を高める可能性のあるアイデアとコンセプトモックアップを出したことで、Cart はアップルコミュニティで評判になった。

University of Georgia student and user interface concept designer Jan-Michael Cart has officially announced on his new blog that he is headed to Cupertino to take a seven-month internship with Apple. Cart has gained some fame in the Apple rumor community for his ideas and concept mockups for potential iOS and Lion feature additions and enhancements.

     *     *     *

アップルに採用された

「というわけで、いよいよ出番がきた・・・アップルコミュニティのメンバーになったのだ。これからもときどき自分のサイトに作品を追加していくつもりだ。またクパティーノでの出来事を毎日記録するブログも新しく始めるつもりだ。乞うご期待!」

And like that, my time has come — I am now a member of the Apple community. I will still update my website with random small portfolio additions. I will also open up the blog portion of my website to document my day-to-day happenings in Cupertino. Stay tuned!

     *     *     *

Siri のデザインをリーク

Cart と MacRumors は今年始め、後に iPhone 4S で Siri として登場することになる iOS の「アシスタント」機能に関するビデオモックアップを製作した。Siri に直接関係するソースから得た情報をもとに、Cart は Siri の機能を正確に描写したモックアップを製作したのだ。


iOS 5 Assistant | YouTube]

Notably, MacRumors and Cart worked together earlier this year to create a video mockup of the “Assistant” feature for iOS that appeared a week later in the iPhone 4S as Siri. Working from our information received from a source with direct knowledge of Siri, Cart created a remarkably accurate depiction of how Siri would function.

     *     *     *

アップルの人材登用

Cart が事前に Siri のデザインをリークしたことを考えると、アップルが彼を採用したことに驚くひともいる。しかし、iOS コミュニティの周辺部からアップルが人材を採用するのはこれが初めてではない。ジェイルブレークツール MobileNotifier を開発した Peter Hajas や、Comex の名で知られるジェイルブレーク専門家 Nicholas Allegra にアップルが研修生の職を与えたのは有名だ。

While Cart’s hiring by Apple may be a surprise to some given his role in leaking the design of Siri ahead of its public revelation, this is not the first time that Apple has drawn from what might be considered the fringes of the iOS community from Apple’s point-of-view. Notably, Apple previously offered internships to Peter Hajas, developer of the jailbreak tool MobileNotifier, and Nicholas Allegra, better known as jailbreak expert Comex.

     *     *     *

コンセプトデザインのいろいろ

Cart が製作したユーザーインターフェイスのコンセプトデザインは、YouTube の彼のアカウントで見ることができる。

Other examples of Cart’s user interface design concepts and work can be seen on his YouTube account.

     *     *     *

アップルが Siri のインターフェイスに本気で取り組んでいることが感じられる。

それにしても、未来の可能性にちゃんと目をつけている若者がいるんだなあ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


TellMe vs Siri | YouTube]

みんなを夢中にさせた Siri だが、マイクロソフトは一笑に付した。

Daring Fireball: “TellMe vs. Siri” by John Gruber: 25 November 2011

     *     *     *

マイクロソフトの Craig Mundie[リサーチ&戦略担当役員]は Forbes に対して Siri についてこう語った

Here’s what Microsoft executive Craig Mundie told Forbes about Siri:

「みんなアップルの発表に夢中だ。マーケティングギミックとしてはいいテだ。しかし技術的にいえば、マイクロソフトは同様の技術を1年以上前に、Windows Phone 7 を導入した時点ですでに持っていた。」

“People are infatuated with Apple announcing it. It’s good marketing, but at least as the technological capability you could argue that Microsoft has had a similar capability in Windows Phones for more than a year, since Windows Phone 7 was introduced.”

     *     *     *

そこで、オーストラリアのユーザーが TellMe と Siri 2つを並べて、一対一の対決をさせた。

TellMe 惨敗の模様を記録したのが冒頭のビデオ。

この対決を取り上げた Gruber は「見るも無惨」(Brutal)とひとこと・・・

★ →[ビデオを見る:YouTube Video

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

追記:何が比較されているのか(11月28日)

TellMe がオーストラリア英語の聞き取りに四苦八苦している様子は気の毒でもある。

・明日10時に会議をセットして

Create a meeting tomorrow at 10:00 AM

[TellMe] create a meeting tomorrow at teen anal
(ティーンのお尻に会議を作る?)

・シモーヌにテキストを送って

Send a text to Simone

[TellMe] stain detector simo
(シミ検出器 simo)

・パースはいま何時?

What time is it in Perth

[TellMe] what time is it impo
(いま何時だ、インポ)

・Skriflex の曲を再生して

Play artist Skriflex

[TellMe] play artist screamworks
(screamworks の曲)

     *     *     *

TellMe でも米語ならちゃんと聞き取れている例もある。

こうしてみると Siri が米国、英国、オーストラリアそれぞれの英語に対応したということは大変なことだったのだ。

オーストラリアのユーザーがやったのと同じことを英国のユーザーがやってもおかしくはない。

単純に物理的音声を処理できるシステムかあるというだけでなく、実際に話されていることばに対応できるかどうかという点が問題なのだろう。

どちらが早くその技術を発明(開発)したかではなく、実用になるレベルまで昇華できたかどうかという問題だ。

すぐれたユーザー体験とは何かということを改めて考えさせられた。

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

追記2:インド英語ならどうか(11月28日)


iPhone 4S’s -Siri- Working with an Indian Accent .mp4 | YouTube]

インド英語でもかなりうまくいってるみたい・・・

それじゃあ、シンガポールや香港の英語はどうなるって話になりそうだなあ。

まだある!

ジャパニーズ・イングリッシュだっていいんじゃない?

[via Long Tail World

Read Full Post »