Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘インターネット’ Category

4FUTURETENSE-articleLarge

The Unending Anxiety of an ICYMI World | NYTimes.com

Pre-Internet, we accepted that media had a mayfly’s life span: Yesterday’s news was yesterday’s news, and that was it. If you were the creator of it, you made peace with the notion that people either saw it or didn’t when it appeared, and you moved on; there was no alternative.

If it lingered in the public consciousness, it was because of its durability, not repeated reminders. Content had finite endings and deaths, not asymptotic approaches and long-term vegetative states from which resuscitation is always an option.

Read Full Post »

1*Ck3cQIL3-nAmpPpCdGIuBg

なんかスゴいことが起こりそう。(Something big might be happening.)・・・オモシロいっ!

How Bitcoin’s Blockchain Could Power an Alternate Internet | Medium

There is a contingent on today’s Internet—a minority, perhaps, but influential—who believe that the industry took a wrong turn over the past decade. That an Internet dominated by a few big companies is an unhealthy one. That the centralized-computing paradigm—of privately owned data silos housed in giant server farms that harvest our personal data in order to sell ads—is one that needs to change.

The entrepreneurs, coders and crypto experts leading the blockchain charge — I shall call them blockchainiacs, because they need a name — see this new technology as an antidote, and they are hopped up on dizzying visions of a disrupted future. (One sure sign that this technology has achieved geek-cred critical mass: The tech publisher O’Reilly just announced a new conference on the topic.)

1. Disrupt the banks! — distributed finance
2. Redeem the Net! — distributed data and identity
3. Crypto-utopia, yo! — distributed everything

Read Full Post »

tumblr_nhbi83t1Or1qz4gevo1_1280

[Pocket に入れて後で読む:Medium

毎日欠かさずフォローするギークのひとりが MG Siegler だ。

彼の多読多筆はよく知られている。

いつもどうやって面白い記事を見つけてくるのかかねてから興味があった。

そんな Siegler がインターネットサーフィン術の一端を明らかにしている。

How I Find Things To Read | Medium

     *     *     *

朝イチで Techmeme をチェック

朝イチでチェックするのが Techmeme だ。テクノロジーニュースのアグリゲータとしてベストというだけではない。インターネットから離れていた後は特に有用だ。(例えば寝たあとは米西海岸と8時間の時差がある。) 一日に読むべきテクノロジー関係記事のほとんどはこれで十分だ。タイトルを Pocket に保存しておいて後で読む。

One of the first things I check in the morning is Techmeme. Not only is it by far the best technology news aggregator, it’s particularly useful if and when you’ve been away from the internet for a bit (as I am when I’m asleep, 8 hours ahead of the west coast of the United States) and want to catch up. This usually fills my quota of important tech stories I need to follow on any given day. I save most major headlines from here to my Pocket to read later.

     *     *     *

・インターネットサーフィンは Techmeme から

・それから Flipboard へ

・加えて Twitter も何回か

・メルマガの MediaREDEF も Twitter から

・Daring Fireball は直接サイトを訪れるが、他は Twitter から

・見落としがないかチェックするのは Nuzzel

・RSS リーダーは使わない

・Facebook も使わない

     *     *     *

シンプルに本文だけを読みたい

RSS が恋しく思うのは広告などを剥ぎ取ってコンテンツだけが読める機能だ。特に Forbes のようなサイトを見るとそう思う。たとえ石からでも最後の一滴まで搾り取ろうとするマネタイゼーションの権化で、読者に対して最も敵対的なサイトではないかと思う。幸い今では Pocket が広告のないシンプルな本文を読むという必要性を満たしてくれる。

One element of RSS I do miss is the stripped-down presentation of content. This is especially true as sites like Forbes try to squeeze the last drops of monetization from the stone by harassing us with what I can only describe as the most anti-reader website I’ve ever seen. Luckily, Pocket fills that need for simple, stripped-down reading now.

     *     *     *

私の秘密兵器

もちろん自分だけの秘密兵器もある。Megan Quinn がそうだ。上に述べた作業はほとんど彼女がやってくれる。結果を Pocket で共有する。インターネットは広大な宇宙だ。ペアを組んで作業できるのは有難い・・・

Of course, I also have a secret weapon: Megan, who does most of the above and shares what she finds most interesting with me on Pocket. The internet is a big place, it’s good to work in pairs.

     *     *     *

興味を共有できるガールフレンドが秘密兵器というところがいちばん羨ましい・・・

Read Full Post »

icsmap

Industrial Control Systems on the Internet | presented at 4SICS.se

What is an Industrial Control System?

In a nutshell, Industrial control systems (ICS) are computers that control the world around you. They’re responsible for managing the air conditioning in your office, the turbines at a power plant, the lighting at the theatre or the robots at a factory.

各社の持つデータだけでなく電力など産業インフラの制御システム(ICS)もインターネットからのアクセスに晒されている。Firewall はどこまで有効か・・・

[via ‏@mikko

Read Full Post »

internet_users

Number of Internet Users (2014) | Internet Live Stats

世界の人口は70億だっけ

トップ10の内容が興味深い・・・

Read Full Post »

Kids-in-class

[インターネット新人類:photo

タブレットが伸び悩んでいることに対する大変興味深い見方・・・

Marco.org: “Replacing the PC” by Marco Arment: 05 May 2014

     *     *     *

若者のメインコンピュータは携帯電話

Replacing the PC

Dustin Curtis いわく:

Dustin Curtis:

若者たちは携帯電話をメインコンピュータとして育った世代だ。それがインターネットに対する考え方や使い方を根本的に変えてしまった。大人の場合と違って携帯電話でもインターネット体験が劣るワケではないので、彼らにとってタブレットは不必要なのだ。携帯電話での体験がインターネットそのものというワケ。

Young people are growing up on the mobile phone as their primary computing device, which has fundamentally changed the way they use and think about the internet. Tablets are simply unnecessary for them, because the mobile phone doesn’t offer a degraded internet experience, like it does for adults: it is the internet experience.

     *     *     *

両側から押されるタブレット

そのとおりだ。

Bingo.

タブレットが姿を消すとは思わないが、大衆マーケットとしてみたときタブレットは両側から押されることになる。大型スクリーンの電話と小型で軽いラップトップの2つに挟まれて、ますます窮屈になるだろう。タブレットがメインコンピュータである比率はもう峠を越えたのかもしれない。

I don’t think tablets will ever disappear, but for mass-market use, they’re going to keep getting squeezed from both sides: larger-screened phones and smaller, lighter laptops. The percentage of people whose primary computing device is a tablet may have already peaked.

     *     *     *

買い替えも減る?

今後数年間、ますます多くのひとが古いタブレットの買い替えをしなくなるのではないかと思う。むしろ電話を(そして必要ならコンピュータを — もし持っていればの話だが)すべての用途に使うようになるのではないか。皮肉なことに、まさにそれが PC とタブレットの関係で起きたことなのだ。

Over the next few years, I suspect an increasing number of people will choose not to replace old tablets, instead just choosing to use their phones for everything (and computers, if they have and need them). Ironically, this is exactly what tablets did to PCs.

     *     *     *

孫たちを見ていてもそうだなあと思う。

iPhone の小さな画面を苦にせず、インターネットにアクセスしまくっている。まさにインターネット新人類だ。

iOS 7.1 のアップグレードで太い字体やシェードボタンが見やすくなったと老齢の筆者はよろこんだものだが、孫たちにしてみれば好きだった細身字体のデザインや美的感覚が損なわれたと不評だった。

これからはデザインの嗜好も若い(ごく若い)人たちに合わせることになるのかもしれない。

とまれ携帯電話が未来世代のメインコンピュータだとすると、iPad の伸び悩みもムリないということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

[Significant Digits #1 The Future of the Internet and Everything Part 1 | YouTube

データにモノを語らせることにおいては右に出る者がいない Horace Dediu の新しい番組。

アメリカ市場における iPhone の成長が減速していることから、ウォール街ではアップルの命運が尽きた(doomed)という見方が蔓延している。

遅ればせながらサムスンにも減速の兆候が見えてきた。

個別のメーカーのデバイスの売上げではなく、インターネットそのものの成長に翳りが見えてきているのではないかと Dediu は考える。

asymco: “Significant Digits Episode 1 Part 1” by Horace Dediu: 15 April 2014

     *     *     *

インターネットは死んだ、インターネット万歳

Part 1: The Internet is dead, long live the Internet

データから見るとインターネットの成長は折り返し点に近づいているようだ。パニックを起こすべきか、それとも祝うべきか?

The data shows the Internet growth will go through an inflection point. Should we panic or celebrate?

この意味するところは大きい。泡沫のような評価額や楽観主義は霧散する。ベンチャーキャピタルにとって出口は少なく、「第2のインターネットバブル」ははじけるかもしれない。一方、データからみればまだまだチャンスがあるようにも見える。ユーザーの数という量的側面はひとつの見方に過ぎない。成長やビジネスモデルのイノベーションは続くのだろうか?

The implications could be profound. Frothy valuations and optimism could evaporate. Venture Capital could find few exits and the “second Internet Bubble” could burst. On the other hand, maybe the data shows that opportunity is largely unmet. Quantity of users is but one proxy. How can growth and business model innovation continue?

     *     *     *

個別のメーカーをこえて、それ包含するインターネットというトータルな存在に着目したところが新しい視点。

議論の相方はかつてのノキア時代の同僚でもある Marko Anderson だ。

この5回シリーズの展開に期待・・・

★ →[パート1を見る:YouTube

Read Full Post »

parislemon_mg_siegler

[MG Siegler:photo

朝起きていちばんに見るアプリって何だろうか?

アップルギークの MG Siegler が自分の場合を語っているのがオモシロい。

ParisLemon: “The First App You Open In The Morning” by MG Siegler: 05 January 2014

     *     *     *

朝いちアプリは Twitter

自分の場合、朝いちばんに開くアプリは Twitter だ。でもずっとそうだったワケではない。1年前は Path だった。さらにその1年前は Instagram、もっと前はたぶん Twitter だったと思う。それとも Foursquare だったか、あるいは Techmeme(技術的にはウェブブラウザ)だったか。過去のある時点では Facebook だった。そしてずっと昔は(ゾッとするが)Eメールだった。

Personally, right now, the first app I open in the morning is Twitter. But it hasn’t always been. A year ago, that app was Path. A year before that, that app was Instagram. Before that, it was probably Twitter again. Or Foursquare. Or Techmeme (technically, the web browser). At some point it was Facebook. And way back when it was probably — shudder — email.

     *     *     *

時とともに変化

朝いちに自分が開こうとするアプリは時とともに変わってきたが、なぜそうなのかは自分でもハッキリしない。せいぜい、友人たちがいちばん使っているとか、あるいはもっと重要な意味で、より興味深いやり方で使っているからだとしか考えつかない。より高度の意味では、自分がいちばん依存しているサービスでなければならないと思う。

I’m not really sure why my instincts about which app to open first change over time. The best I can come up with is that it’s based on what my friends are using most frequently — or probably more importantly, in an interesting way. At a high level, I suppose it has to be the service I’m most addicted to.

     *     *     *

ブラウザのホームページ

ある意味昔のウェブブラウザのホームページに似ているともいえる。たしかにブラウザには今でもホームページがあり、何にするかは自分で設定できる。しかしそんなことを気にするひとなんてまだいるだろうか。誰でもみんな自動的にグーグル検索のページが開くようにしているのではないだろうか。とくに Chrome ではまずグーグル検索バーが出てくるからそうだろう。あるいはもっとありそうなのは、もはや誰もブラウザを閉じなくなったのかもしれないし、それともコンピュータの再起動すらしないのかもしれない。だからホームページなんてどうでいいのだ。

In a way, it seems analogous to the web browser homepage of yesteryear. Yes, web browsers still have homepages which you can set, but does anyone really care about that anymore? I feel like everyone I know now just automatically opens Google when they open their web browser — especially if they use Chrome which loads the Google Search bar for you. Or, perhaps more telling, no one seems to close their web browsers anymore, or restart their computers. So homepages matter less and less.

     *     *     *

直ぐさま読みたいサービス

ともかく、朝いちで見るアプリは新しいホームページみたいなものだと思う。ホームスクリーンそのものが全面アプリだという議論もあるかもしれないが、自分はそうは考えない。理由はどうあれ、それがアナタのいちばん好きなサービスなのだ。ウェブにアクセスするとき直ぐさま読み込んで欲しいサービスだ。配信するデバイスは変わったけれど、コンセプト自体は変わらないのだ。

Anyway, I see the first app you turn to in the morning as the new homepage. Some might argue it’s your entire homescreen of apps, but I don’t think that’s right. It’s the one service you care most about, no matter the reason, and want to load immediately upon hitting the web. The delivery device has changed, but the concept has not.

     *     *     *

プッシュ通知過多の時代

ときにはプッシュ通知を見てどのアプリを最初に開くかを決めることもある。しかし今どきの通知過多の時代にあっては、通常自分はまっすぐ Twitter に向かう。目が覚めたばかりのときイライラするのはいやだから・・・

Some days I rely on push notifications to tell me what app I should open first. But in an age of too many notifications, I usually just go right to Twitter, lest I be stressed out right when I awaken.

     *     *     *

瞬時だけでも奇跡を起こす

朝いちばんで自分の注意を引く次のアプリは何だろうかと考える。それはそのアプリが自分にとっていちばん興味深いだけでなく、不可欠であるという強いシグナルでもある。もちろんそれらのアプリがいつもうまくいくワケではない。しかしほんの瞬時だけでも奇跡を起こせるのはこれまで多くのアプリが成し遂げた以上のことだ。

I wonder what the next app will be which draws my immediate attention in the morning. Personally, that’s one of the strongest signals that an app is not only interesting, but vital. Those apps don’t always pan out, of course. But even catching that lightning in a bottle for a brief period of time is something more than most apps ever achieve.

     *     *     *

アプリを見る新しい視点

そんな使われ方を目標としたアプリがこれまであっただろうか。朝いちばんで、それも毎朝使われることを目標としたアプリが・・・

I wonder if there’s an app that can target just this use case? An app that aims to be your first stop in the morning, every morning.

     *     *     *

「朝いちばんで」という視点はなかなか斬新だ。

読者の限られた時間やエネルギー(=「アテンション」)をいちばん充たしてくれるアプリは何かという視点でもある・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

[21世紀初頭のスローガン:image

I MISS MY PRE-INTERNET BRAIN:
  Slogans for the Early 21st Century
  Douglas Coupland 2012

     *     *     *

外つ国(とつくに)のことばで書かれたものを読むのが嫌いではなかった・・・

知らないことばに出会う。

辞書で調べてもしっくりこない。

文章全体を反芻(はんすう)して、いろいろ想像してみる。

それらしき母国語が思い浮かんだときのうれしさはひとしおだった。

     *     *     *

複数の辞書を愛用した。

用例の豊富なもの、語源に詳しいもの。

それでも片付かないことばに出会う。

そんなときはそのことばの部分を空白にして、頭をリセットしてゼロから考えてみる。

対応する日本語が思い浮かべばしめたものだが、なかなかそうはいかず、時間だけが過ぎる。

そんなことが許される無限の時間があった。

     *     *     *

いつの間にか翻訳の真似事みたいなことこちらも)を始めた。

知らないことばや用例が頻出する。

短い記事でも日本語にするには四苦八苦する。

技術ジャーゴン、俗語卑語の類い、書き手の心に浮かんだ様々な思い・・・とてもド素人の手には負えない。

これまで最大の誤訳例は「bullshit」だろう。今でもそのまま(追記2「bullshit」)晒してある。

     *     *     *

対処方法は二つ。

間違いを承知でムリヤリ日本語にする。

眼光鋭い読者から直ちにチェックが入る。そして読者の指摘はほとんどの場合正しい。

もうひとつは分からないことばを[?]をつけてそのまま残しておく。

     *     *     *

そうはいっても[?]だらけでは仕方ないので、必死に調べる。

オンライン辞書もいろいろ試したが、結局紙の辞書と同じで限界があった。

いつしかインターネットそのものが辞書になった。

インターネットでググる。

辞書が弱い技術ジャーゴンや俗語卑語の類いも、いくらでも用例付きで見つかる。

正解とまではいかなくても、ヒントになりそうなものもいろいろ見つかる。

外国のものを読むのにインターネットが欠かせなくなった。

     *     *     *

インターネットは辞書というより、大きな思考マシンのイメージだろうか・・・

人間の書いた物すべてを読み取り蓄積した大きな頭脳マシン。人類の叡智が蓄積された世界だ。

そんな思考マシンに無数に生えた触手のひとつを自分の脳につなぐ。

頭脳マシンに蓄積された世界の中にことばや用例を探す。

そんな世界にひたすら浸るようになった。

     *     *     *

いろいろ想像せずとも、すべてが具体的用例として検索できる。

いつしか翻訳作業も、どれが一番ピッタリする用例かという選択の作業に変わっていった。

便利になった分、自分の頭で考える機会は減った。

未知のことばを自分の中で反芻して、あれやこれやと読み解くことはほとんどなくなった。

ひとつのことばに触発されて頭の中に広がる未知の世界。

自ら消化し得ないものを読み解くよろこび。

頭脳の奥襞にかすかな揺らめきが走る瞬間・・・

無限の時間の中で感じた揺らめきへの憧憬。

自分だけに許されていた、そんなよろこびとは無縁になっていた。

これが進歩というものだろうか。

インターネットを知らなかったころの自分が懐かしい・・・

“I MISS MY PRE-INTERNET BRAIN”

[via parislemon

★ →[オリジナルアートを見る:Original Art

Read Full Post »


[The Facebook You:image]

Rian van der Merwe がインターネットの落とし穴について書いている。

現実にはカウチポテトに過ぎない自分がインターネットの世界(Facebook に登場する自分)ではひとかどの人間のように感じてしまうという話。

Elezea: “Who will hold a brief for the real?” by Rian van der Merwe: 20 December 2011

     *     *     *

インターネットの自分と本当の自分

Comical Concept のこの絵[冒頭画像]を最初見たときこれはオモシロいと思った。しかしまさにこれは現実そのものではないか思うに至った。Sherry Turkle の本「Alone Together」の文章を思い起こした。

When I saw this image on Comical Concept I first found it funny. And then I realized how scarily true it is. It reminded me of a couple of paragraphs from Sherry Turkle’s book Alone Together:

     *     *     *

スゴい存在になれる仮想世界

オンラインの世界では、アナタはスリムで、リッチで、鍛えた身体をしている。現実世界よりはるかにチャンスに恵まれている感じがする。ここでも、ないよりはマシ程度の存在の自分が、なにかすごい、いや誰よりも素晴しい存在に変わってしまう。だから仮想世界から現実世界に戻るとガッカリするひとが多いのも頷ける。多くのひとがスマートフォンにかじりついて、仮想世界の中に現実以上に自分が大きく感じられる場所を求めようとするのは珍しいことではない。

But online, you’re slim, rich, and buffed up, and you feel you have more opportunities than in the real world. So, here, too, better than nothing can become better than something – or better than anything. Not surprisingly, people report feeling let down when they move from the virtual to the real world. It is not uncommon to see people fidget with their smartphones, looking for virtual places where they might once again be more.

現実世界より仮想世界の方が落ち着くと感じるのは決して異常ではない。なぜならシミュレーションされた仮想世界の方がよりよい自分 — 本来あるべき姿の自分を表現できると感じるからだ。そういうわけで、現実の世界を擁護するのはなかなかむずかしい・・・

It is not unusual for people to feel more comfortable in an unreal place than a real one because they feel that in simulation they show their better and perhaps truer self. With all of this going on, who will hold a brief for the real?

     *     *     *

抜け出せなくなったら・・・

ソーシャルメディアをしょっちゅう利用している自分がその批判をするのは偽善的かもしれない。しかしこの話の結末がどうなるのか気に懸かるところだ。オンライン世界の方が居心地よく「自分が大物に感じられ」、現実世界のひとと接するのが疎(うと)ましく感じられるようになったら、いったいどうなってしまうのか・・・

As a constant user myself, it would be hypocritical of me to go on a rant against social media. But I do worry about how this story plays out. What happens when we get so attached to the online places where we “might once again be more” that we get tired of being with the people around us?

     *     *     *

「インターネットじゃ犬だってことは誰にも分らない」(On the Internet, nobody knows you’re a dog.)ということばは、インターネットの仮想世界の特徴をよく表すことばとして有名だ。

それにしても身につまされる話・・・

行動が不自由で、目もよく見えない老人が、インターネットという仮想世界では何の痛痒も感じないのだから、これはコワイ!

自戒、自戒・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Older Posts »