Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘アンドロイド’ Category

P1050345-940x678

Withdrawal from Japan?: Samsung Considers Withdrawing Smartphone Business from Japan | BusinessKorea

According to industry sources on Feb. 9, Samsung is in a quandary over its struggling smartphone business in Japan. Some in the company are reportedly saying that continuing the business only causes losses rather than profits.

The Korean tech giant accounted for 4 percent of the Japanese smartphone market as of December of last year, which put the firm in 6th place. Samsung was kept out of the top 5 for two years, and its share decreased from 17 percent to 4 percent.

Read Full Post »

out-of-inventory

[在庫切れの Nexus 5 | Google Play

グーグルの純正 Android フォン(”clean Android” phones)が姿を消してしまった

Smartphones: Apple Knows What It’s Doing, Google Doesn’t | Seeking Alpha

The decline in Google’s stock price in 2014 has been sad to watch. Google started out the year at the pinnacle of the smartphone world, with Apple badly behind on multiple fronts.

Then, for reasons unknown, Google lost its way. I can’t see a single smart product management decision Google has made in 2014, as it relates to selling phones directly to the consumer. It’s in the process of killing every single product Android enthusiasts and developers love, replacing them all with one single product that almost nobody likes.

Read Full Post »

nexus2cee_giftguide-668x324

[Android Police 年末ギフトガイド:Android Police

Android Police といえば Android ユーザーにとって欠かせない情報サイトだ。

恒例の年末ギフトガイドで推奨しているタブレットがとても興味深い。

Android Police Holiday Gift Guide 2014: The Stuff You Want, Only Newer | Android Police

     *     *     *

シニアエディターの David が推奨するタブレットは:

iPad Air 2(ただし 499 ドルと高価だけれど)

iPad Air 2 ($499-expensive).

確かにこれを推奨するのはギフトガイドの伝統に反する。では何故推奨したのか? 何故なら、我々の誰も Nexus 9 をいいものではないという理由で推奨していない(Cameron は推奨しているが、彼の言うことなど聞かなくていい)ことにお気づきだろう。事実どの Android タブレットも推奨できるほどいいものはないといいたい。Shield Tablet は値段の割にはお買い得だが、スクリーンはひどいし、バッテリーも大したことない(とくにスタンバイがひどい)。それに重くて、分厚くて、見苦しい。

Yes, I am breaking the gift guide by putting this here. Why? Because as you’ll notice, none of us recommended the Nexus 9 (edit: Cameron recommended it, but don’t listen to him), because it’s not exactly great. In fact, I’d argue no Android tablet is. The Shield Tablet is a lot of bang for your buck, but the screen kind of sucks and the battery life isn’t spectacular (standby is bad in particular) and it’s heavy, thick, and kinda ugly.

iPad Air 2 では Android が動かないが自分としてはどうでもいい。自分にとって市販されているプレミアムタブレットといえばこれと Galaxy Tab S だけだが、Exynos プロセッサ、16GB ストレージ、Tab S 8.4 でのサムスンのアップデート実績など、大して魅力的には思えない。また 10.5 インチではいささか大きすぎ、8.4 インチもほんのちょっとだが小さすぎだ。Nexus 9 がちょうどい大きさだが、それ以外はいいところがない。

The iPad Air 2 doesn’t run Android and I don’t really care that it doesn’t run Android, because as far as I’m concerned, it’s either this or a Galaxy Tab S if you’re in the market for a premium tablet at this point, and I’m not too hot on the Exynos processor / 16GB of storage / Samsung’s update track record that you get with the Tab S 8.4. The 10.5 is also just too big, and I’m not sure I want an 8.4″ tablet, either, it’s a hair too small. The Nexus 9 is the right size, but pretty much the wrong everything else.

Air 2 は信頼性が高く、目新しさはないが、非常に高速だ。iOS では今なお Android には欠けているタブレットアプリがいくつかある。もちろん Android タブレットにもいくつか長所(たとえば Gmail アプリははるかにいい)もあるが、それでも iPad がいいことは考えるまでもない。自前でタブレットを買うなら、十分な品質レベルに達していると確信できるものを買うだろう。発表以来 iPad は最高レベルにあり、変わっていない。すぐすぐ変わるとも思えない。

The Air 2 is reliable, predictable, and very fast. iOS still has some tablet experience apps lacking Android equivalents, too, and while Android tablets do have some advantages (like a better Gmail app BY FAR), the iPad remains a no-brainer for me. If it’s my money being spent on a tablet, I’m going to buy the one I know is going to live up to a standard of quality – the iPad has been the gold standard in tablets since it was unveiled, and that hasn’t changed. I don’t see it changing any time soon, either.

     *     *     *

あまりに率直な・・・

Read Full Post »

Android-Microsoft-Ballmer

サムスンとマイクロソフトの特許訴訟で表に出た興味深い事実・・・

Microsoft Says Samsung Owes It $6.9M in Contract Dispute | Re/code

     *     *     *

アンドロイドの特許権使用料がなんと10億ドル!

サムスンは Android フォンやタブレット毎に特許権使用料をマイクロソフトに支払うという契約を結んでいる。

That contract calls for the Korean electronics giant to pay Redmond a royalty for each Android phone and tablet it makes.

昨年サムスンがマイクロソフトに支払った金額がなんと10億ドルだと!

A lot is at stake in the case, as is made clear by the details unsealed Friday. Microsoft notes in the suit that Samsung paid it $1 billion last year under the patent agreement.

     *     *     *

いくつかの反応・・・

Benedict Evans @BenedictEvans

ということは理論上は、裁判所がアップルに対して命じた支払額より大きい額を毎年マイクロソフトに対して支払うということだ。

So Samsung had theoretically agreed to pay Microsoft more every single year than the court ordered it to pay Apple in fines.

     *     *     *

John Gruber:

Samsung Paid Microsoft $1 Billion Last Year | Daring Fireball

信じられない。ほんとにマイクロソフトはグーグルより Android から多くの利益を得ているということなのか?

That’s incredible. In all seriousness, could Microsoft be profiting from Android more than Google is?

     *     *     *

他人様の特許から毎年 1000 億円を超える特許権使用料がポケットに転がり込むというのはスゴいことだ!

クロスライセンスにしろパテントトロールにしろ、特許制度とはなんとも不思議な存在だ。

サムスンもアップルなんか相手に訴訟を起こしているヒマはないんじゃないか・・・

Read Full Post »

Eline-Muijres

[Android のコンパスはてんでバラバラ:photo

デベロッパの立場から Android のフラグメンテーションについて興味深い投稿がある。

Benedict Evans がそれにことよせて、非常に興味深い議論を展開している。

Benedict Evans: “Android fragmentation and the cloud” by Benedict Evans: 20 May 2014

     *     *     *

フラグメンテーションの持つ二面性

Android ジャイロスコープに関する Game Oven の投稿が問題の持つ意味をよく表わしている。(もう一例はこちら。)Android のフラグメンテーションの問題は、何をしたいかによってあるいは過大評価され、あるいは過小評価されるということだ。

Game Oven’s post on Android gyroscope support is a nice illustration of a general issue (another good illustration here): Android fragmentation is both massively overstated and massively understated, depending on what you want to do.

     *     *     *

クラウドへ移行した API

まずひとつには、Android バージョン間のフラグメンテーションを減らすことにグーグルはかなり成功している。Google Play を利用する Android デバイスの約4分の3はバージョン 4.X で動いているが、しかしもっと重要なことはグーグルが自らの(地図、支払、通知などの)主要サービスを OS そのものから外して Google Play というソフトウェアのレイヤーに移行させたことだ。キーとなる API プラットフォームを、バックグラウンドでワイヤレスでアップデートできるソフトウェアレイヤーに取り込むことによって、OEM にファームウェアアップデートを依存するのをグーグルは減らしているのだ。グーグルは非常に幅広い電話で使われているツールをいつでも望むときにアップデートできる。グーグルが今年の IO で新しい地図や通知のための API を発表すれば、1年前あるいは2年前の Android バージョンで動くデバイスでも使えるようになる。グーグルのクラウドを利用している限りもはやフラグメンテーションはないのだ。

On one hand, Google has been quite successful in reducing the impact of Android version fragmentation. Around three quarters of the Android devices that hit Google Play are running 4.X, but more importantly, Google has moved its own key services (maps, payment, notifications etc) out of the OS itself and into a software layer, ‘Google Play Services’. By putting key platform APIs into a software layer that can be updated in that background over the air, Google has reduced its dependance on OEMs to produce firmware updates – it can update its own tools any time it wants, across the great majority of phones. When Google announces new APIs for Maps or notifications at this year’s IO, they’ll be available on devices running year-old and two-year-old versions of Android. There is no more fragmentation if you’re using Google’s cloud.

     *     *     *

android_fragmentation

[フラグメンテーションの進む Android ハードウェア:chart

加速するハードウェアのフラグメンテーション

一方、ハードウェアのフラグメンテーションはますます加速している。昨年夏 OpenSignal が載せた上のチャートがそのダイナミックな市場をうまく可視化している。

On the other hand, hardware fragmentation is if anything accelerating. This chart from OpenSignal, from last summer, is a nice visualization of the market dynamic.

     *     *     *

必然としてのフラグメンテーション

Android のフラグメンテーション自体が悪いワケではない。それはグーグルの選択に起因しているのだ。「オープン」とか「選択」がどういうものであるかという意味でもある。600 ドルのデバイスと 50 ドルのデバイスが「分化していない」(un-fragmented)デバイスの世界など想像もできない。能力に差ができるのは当然なのだ。文字通り数千の OEM[Original Equipment Manufacturer: 相手先ブランド製造メーカー]や大きな選択肢・価格差を望むなら、異なる能力を持った異なるデバイスということになる。

Android fragmentation isn’t of itself a bad thing – it’s inherent in the choices that Google made. This is what ‘open’ and ‘choice’ look like. And I doubt if it’s possible to have an ‘un-fragmented’ device landscape that includes both $600 devices and $50 devices: some scattering in capability is part of the deal. If you want to have thousands (literally) of OEMs, and a huge range of choice and price points, well, you’re going to have different devices with different capabilities.

     *     *     *

アップル流と Android 流

これは大きく結果が異なってくるという意味においてのみ興味深いのだ。アップル流アプローチを取る結果は、どれもが同じように振る舞うことが期待される。しかし非常に狭い価格帯(スクリーンサイズも)の非常に限定されたデバイスにならざるを得ず、しかも対応可能なマーケットは厳しく制限される。50 ドルの電話を買えるひとの方が 600 ドルの電話を買えるひとより遥かに多いのだ。一方 Android 流のアプローチを取る結果は、より広範な種類のデバイスや価格帯であり、より大きなマーケットになる。しかし最先端のものがまったく期待どおりに動かないこともあり得る。これはジャイロスコープだけの話ではない。ハードウェアで気の利いたことをしようとすれば程度の差こそあれ起きることなのだ。これはまた API が謳い文句どおり動いたとしても当てはまることだ。どれほどのユーザーが NFC[Near Field Communication:近距離通信]機能を備えた Android を持っているか分からないときに(ユーザー自身だって知らないのに)、NFC を大衆市場で展開しようとしてもあまり意味はない。
 

This is only interesting, then, to the degree that it has broader consequences. The consequence of Apple’s approach is that pretty much everything behaves in predictable ways, but you have a very narrow range of devices at a narrow range of prices (and screen sizes), and that severely restricts the addressable market. More people can afford $50 phones than can afford $600 phones. The consequence of the Android approach is that you have a much wide range of devices and prices, and a much larger market, but anything on the bleeding edge doesn’t work predictably at all. This doesn’t just apply to the gyroscope – it also applies to varying degrees to almost anything trying to do clever things with the hardware. This is also true even if the API does actually work as advertised – there’s not much point trying to do a mass-market Android NFC deployment when you have no idea how many of your users even have NFC Androids (and the users themselves don’t know).

     *     *     *

アップルの強み・グーグルの強み

これから導かれるひとつの結論は、以前にも述べたように、アップルとグーグルはそれぞれ異なる分野のイノベーションに注力しているということだ。アップルはハードウェアとソフトウェアの統合体験(iBeacon, 指紋, M7 など)を下流へ向けて動いている。これに対抗するのは Android には難しい。一方グーグルは Google Play Services を利用して Android をクラウドと機械学習の方向へ、上流へと動かそうとしている。これはアップルにとって対抗し難しい。

One result of this, as I’ve said before, is that Apple and Google are focusing their innovation in different areas. Apple is moving down the stack with integrated hardware/software experiences (iBeacon, fingerprints, M7 etc) that are hard for Android to match, and Google is moving Android up the stack with Google Play Services, the cloud and machine learning, which is hard for Apple to match.

     *     *     *

デベロッパにとっての問題

一方デベロッパにとってのパラドックスは、よりオープンで拡張可能なプラットフォームは実際上は開発が困難だということだ。サムスンの同じブランドの同じモデルの電話を2つの異なる国で購入したとき、カメラのドライバーが違っていて作成したアプリがどちらかで(あるいは双方で)クラッシュするとしたら、最初に投資すべき資金はどちらに注力すべきだろうか? リソースも時間も限られており、次のラウンドに進むには成果を示さなければならないのだ。それに、アナタが作るクールなアプリをインストールしたいと望むユーザーは iPhone の方に集中している。これまたパラドックスだ。Android はアーリーアダプター(初期採用者)にとってベストなプラットフォームであり、iOS はちゃんと動くことを望むレイトアダプター(後期追随者)にとってベストだ。しかし市場で採択される順番は逆になる。それがこのチャートが正当ではないが意味がある理由のひとつだ。

The paradox for developers, meanwhile is that the more open and extensible platform can actually be harder to hack on. When you buy two Samsung phones of the same model and brand in two different countries and find they have different camera drivers and your app will crash on one or the other (or both), where do you focus your seed funding? You have limited resources and limited time and you need to hit milestones to get your next round, after all. Plus, the users who want to install your cool new apps are still concentrated on the iPhone. Again, this is a paradox: Android is the platform best for early adopters and iOS the one best for late adopters who just want something that works, but the market adoption is the other way around. That’s one of the reasons this chart is both unfair but relevant.

     *     *     *

どちらが優れているか

プラットフォームにとって決定的なイノベーションはどちらの方だろうか? 現在の力学では、Game Oven のようなひとたちは(もしやるとすれば)まず第1に iOS をそして Android を第2にするだろう。それによって優れたユーザーの大宗は iOS とアップルマシンのアップデートに引き寄せられるだろう — 典型的なエコシステムの善循環だ。しかしもし多くの人(とくに最近では Fred Wilson)が指摘するように、最も重要で最も興味深いイノベーションがクラウドで起きるとすれば、グーグルのトレードオフがアップルのトレードオフに勝るかもしれない。グーグルにとって居心地のいい場所がアップルに打ち勝つのだ。

Which type of innovation is crucial to a platform? With the current dynamics, people like Game Oven are going to keep doing iOS first and Android second (if at all), and that keeps the majority of the best users on iOS and Apple’s machine turning over – the classic ecosystem virtuous cycle. But if, as many people suggest (Fred Wilson most recently) the most interesting and important innovation will happen in the cloud, then Google’s tradeoff might win over Apple’s trade-off – Google’s comfort zone beats Apple’s.

     *     *     *

クラウドはアップルを救うか

しかしながら別のパラドックスもある。すべての素晴らしいことがクラウドで起きているとすれば、アプリやデベロッパのサポートではなく、デザイン・品質・フィット感・仕上げなどアップルが常にリードしてきたものすべてに基づいてデバイスを購入することになる。ウェブは20年前にアップルを救った。なぜならウェブではエコシステムに関係なく最高のハードウェアとユーザー体験を選択できるからだ。iMac を買えばソフトウェアの心配をする必要はなかった。だからすべてが再びクラウド化するのであれば、それが真にアップルが存在する意味になる[?]のだろうか?

There’s another paradox here, though: if all the best stuff is happening in the cloud, then you’ll buy the device based not on apps and developer support but on design, quality, fit and finish… that is, all the things Apple always leads on. The web saved Apple 20 years ago, because with the web you could choose the best hardware and UX regardless of the ecosystem – you could buy an iMac and not worry about the software. So if everything goes to the cloud again, is that really an existential problem for Apple?

     *     *     *

なかなか興味深い・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Update 2:バツグンのマーケティングセンス》
Update:Beats 買収への様々な反応》

[「ヒップホップビリオネア」:YouTube

アップルの Beats 買収をフィナンシャル・ タイムズが報じたとき、みんながいっせいに首をひねった。ヘッドホンと音楽サービスの会社になぜ 30 億ドルも、と。

一瞬 Facebook に登場してすぐ消えたビデオ[冒頭]で Dr. Dre がこのウワサがホンモノであることをにおわせている。「The first billionaire in hip-hop, right here from the motherf**king West Coast.」(スゲエ、ウェストコーストから初めてのヒップホップビリオネアだ)と。

John Gruber の視点がオモシロい・・・

Daring Fireball: “Apple, Beats, and Black America” by John Gruber: 09 May 2014

     *     *     *

Beats でブラックアメリカを制するアップル

Apple, Beats, and Black America

John Herrman[The Awl]の記事から:

John Herrman, writing for The Awl:

ともかく、アップルが数十億ドルかけて Beats を買収することへのにぎやかで理屈抜きの反応を見ただろうか。ヘッドホンと音楽サービスの会社への反応はある種の人種差別か?

Anyway, has anyone noticed that the loud and visceral reaction to Apple’s multi-billion dollar acquisition of Beats, the headphone and music service company, is kind of racist?

     *     *     *

人種差別的?

明らかにいくつかの反応には人種差別的色合いがあるかもしれないが、Herrman のいうことは疑わしいと思う。困惑して首をひねったひとの多くは — 自分も含めてだが、たとえば 30 億ドルかけて Bose や Harman Kardon を買収するのと異ならないというものだった。

Clearly, some of the reactions may be racially-tinged, but the ones cited by Herrman seem dubious to me. Most of the head-scratching I’ve seen — including my own — is no different than if Apple were purportedly buying, say, Bose or Harman Kardon, for $3 billion.

     *     *     *

新しい領域

過去最大のアップルの買収は4億ドルの NeXT 買収で、1996 年まで遡る。(32 億ドルという金額がアップルが保有するキャッシュのたった 2% に過ぎないとしても、1996 年当時のアップルにとって4億ドルは大変な金額だった点は注目に値する。)アップルは必ずしも巨大買収に反対ではないと Tim Cook は言い続けてきたが、そんな買収は実際にはひとつもなかった。それにアップルにはサブブランド[sub-brand:下位ブランド、拡張ブランド]はない。アップルは巨大複合企業とは反対だ。人種的構成に関わらず、アップルにとって新しい領域なのだ。

Apple’s previous biggest acquisition was NeXT, all the way back in 1996, for $400 million. (It’s worth noting that $400 million was an enormous sum of money to Apple in 1996, and $3.2 billion represents just 2 percent of the company’s cash today, but still.) Tim Cook has long said Apple isn’t opposed to large acquisitions, but they’ve never made one. And Apple doesn’t have sub-brands. Apple is the opposite of a conglomerate. It’s new territory for Apple, regardless of any racial component.

     *     *     *

アフリカ系アメリカ人

Micah Singleton[The Daily Dot]のいうように、このアップルの買収を説明できる何かがあるとすれば、それはアフリカ系アメリカ人の中での Beats の持つブランド性かもしれない。アフリカ系アメリカ人が保有するスマートフォンの 73% は Android だ。Beats にはアップルにないブランドアピールがあるのだ。

If anything, as Micah Singleton argues at The Daily Dot, Beats’s brand stature among black Americans might help explain why this deal makes sense for Apple: 73 percent of black smartphone owners in the U.S. are on Android. Beats has brand appeal that Apple does not.

     *     *     *

芸能界との関係

もうひとつアップルが欲しいもので Beats が持っているもの、それは芸能界との関係だ。それが 32 億ドルに値するかどうか? 自分には分からない。しかしアップルが何を望んでいるのかという点に関してはハッキリしているように思える。

The other thing Beats has that Apple wants: its relationships in the entertainment industry. $3.2 billion? I still don’t know about that. But I’m no longer confused about what Beats has that Apple would want.

     *     *     *

飽和状態に近づきつつある米国のスマートフォン市場で、次に狙うのはアフリカ系アメリカ人市場?

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》Beats 買収への様々な反応(5月11日)

BN-CS439_0508be_G_20140508195504

[Jimmy Iovine(左)と Dr. Dre:photo

意外性をもって受け取られたこのニュースについてはその後もつぎつぎと続報が出ている。

・JonMaples.com: “The Magic Numbers: How Apple Beats The Demise of Music Downloads” by Jon Maples: 08 May 2014
・WSJ.com: “Apple in Talks to Buy Beats Electronics for $3.2 Billion” by Ethan Smith, Daisuke Wakabayashi and Hannah Karp: 08 May 2014
・WSJ.com: “Dr. Dre, Jimmy Iovine Would Both Join Apple in Beats Deal” by Hannah Karp and Daisuke Wakabayashi: 09 May 2014
・Re/code: “What Is Tim Cook Thinking? Let’s Read His Mind!” by Peter Kafka: 09 May 2014
・The Next Web: “Dr. Dre Appears to Confirm Apple-Beats Deal in Facebook Video” by Nick Summers: 09 May 2014

     *     *     *

買収話を受けたシリコンバレーの反応も様々でオモシロい。

順不同で、内容別に・・・

ウワサの信憑性:

Peter Kafka @pkafka

「先月 Dr. Dre がアップルキャンパスを歩いていたそうだ。」
“Dr. Dre was spotted walking around Apple’s Cupertino, Calif., campus last month.”

A Edgecliffe-Johnson @Edgecliffe

Dr Dre の「初めてのヒップホップビリオネア」を見て、「フォーブズがタイトルを変えた。」
“The Forbes list just changed.” Dr Dre seems to confirm he’s “the first billionaire in hip-hop”

Martin Bryant @MartinSFP

おんや、買収話を確認したビデオを Tyrese Gibson が引っ込めたようだぞ。
Heh, Tyrese Gibson appears to have pulled his video that seemingly confirms the Apple/Beats deal.

     *     *     *

買収話の本質

Aaron Levie @levie

この買収話に対するシリコンバレーの扱いは間違っている
We’ve really been doing acquisition announcements the wrong way in the valley.

Steve Kovach @stevekovach

昨年の Iovine インタビューを見て、今回の買収は高すぎるヘッドホンやストリーミングではなく彼だと確信した。
Watched Iovine’s AllThingsD interview from last year. Now convinced it’s more about him than overpriced headphones and streaming music.

     *     *     *

巨額すぎる買収費

Marc Andreessen @pmarca

アップルが毎期生み出すキャッシュは 135 億ドル、週当たり 10.4 億ドルだ。3週間で Beats の買収費がでる。
Apple generates ~$13.5B cash per quarter; = ~$1.04B cash per week. Can pay for Beats with 3 weeks of generated cash.

jon maples @jmaples

この話を理解するには 32 億ドルという金額以上のことを考える必要がある
To understand the @Apple @beatsmusic deal, you need to go deeper than the $3.2 billion purchase number.

     *     *     *

アップルの上級幹部になる

Jay Yarow @jyarow

Dr. Dre がアップルの上級副社長だって。
Dr. Dre, senior Apple executive.

Brian Solis @briansolis

もはやアップルは新しいマーケットに対応できないってこと? Dr. Dre や Jimmy Iovine がアップルの上級幹部になるって?
A sign of Apple’s inability to create new markets? Dr. Dre, Jimmy Iovine to take senior positions at Apple?

Tim Bradshaw @tim

もしフィナンシャル・タイムズがいうように Dre や Iovine がアップルに加わって音楽業界との手助けをするというのなら、Eddy Cue はどうなるんだよ?
If Dre & Iovine are joining Apple to help with music-industry relations, as FT and others have reported, where does that leave Eddy Cue?

     *     *     *

Beats のヘッドホン

David Sacks @DavidSacks

Beats はとても好きだが、いまやヘッドホンは急速に日用品化していて戦略的価値はない。
I really like my Beats, but headphones are rapidly getting commoditized. No strategic value here.

Jason Del Rey @DelRey

アップルはカネを出してもいい! 新しいマーケットに参入してもいい! しかし人気ブランドのヘッドホンにだけは手を出すな!
Spend your money, Apple! Get into new markets, Apple! But whatever you do, don’t buy the most popular headphone brand, Apple!

Om Malik @om

アップルは Beats Audio からデザインの手助けを得られると書いたヤツがいる。お笑いだ。Beats のデザインは外部委託、しかも元アップルの連中だ。
Someone wrote that Apple will get design help from Beats Audio. LOL. Beats design is done by an outside agency, started by ex-Apple peeps.

Stephan Ango @kepano

興味深い事実:Beats のインダストリアルデザインを率いるのは Robert Brunner。Jony Ive の前任者だ。
Fun fact: Beats’ industrial design lead is Robert Brunner, Jony Ive’s predecessor as Director of Industrial Design at Apple.

     *     *     *

アップルの間違い

Marc Andreessen@pmarca

「アップルの間違いは、チーズやクラッカーで満足している連中にキャビアを出すことが成長の手段だと今でも考えていることだ。」
“Apple’s problem is it still believes the way to grow is serving caviar in a world that seems pretty content with cheese and crackers.”

     *     *     *

業界の反応

Marc Andreessen @pmarca

CompUSA CEO「自分のためのリテール業を競争相手にしたら、居心地の悪いことになる。」CompUSA は 2007 年にヤメた。
CompUSA CEO: “When you choose to compete with your retailers, clearly that’s not a comfortable situation.” CompUSA shut down in 2007.

Martin Bryant @MartinSFP

フェイスブックが非常に関心を持っていて、買収話の確認が取れれば Tyrese Gibson のビデオを自分たちのプラットフォームの力を示す例として使おうと虎視眈々としている。
Facebook will be keen for the Apple/Beats deal to be confirmed so they can use the Tyrese Gibson vid as an example of their platform’s power

Ben Bajarin @BenBajarin

自分が話をしたかぎり、アップルが買収しても Beats が業界を変えられると考えるインサイダーは誰もいない。
None of the music industry insiders I talked to believe the favor Beats has with the industry changes if Apple owns it.

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update 2》バツグンのマーケティングセンス(5月11日)

[Beats By Dr. Dre Studio Color Campaign | YouTube

アップルの狙いが那辺にあるにせよ、Beats のマーケティングセンスはバツグンのようだ。

The Verge: “The epic visual history of Beats by Dre” by Vlad Savov: 09 May 2014

こちらも・・・

Read Full Post »

Update:続報 — Android は安全だ》

android-malware-pcm

[Android とマルウェア:image

Sundar Pichai の非常に率直な発言が話題になっている。

スペインのバルセロナで開催されている Mobile World Congress で、グーグルの Android チームを率いる Sundar Pichai が Android の安全性について答えたものだ。(Pichai は Andy Rubin の後を継いで Android の責任者となった。)

Pichai の発言の内容はつぎのとおり。

9to5Mac: “Google’s Sundar Pichai: Android not designed to be safe, would target Android too if he were making malware” by Ben Lovejoy: 27 February 2014
FrAndroid: “Pour Sundar Pichai, ‘le Galaxy S6 sera sous Android’” by Ulrich Rozier: 27 February 2014

     *     *     *

Android の安全性は保証できない

Android の安全性が確実であるように設計されているとは保証できない。むしろ Android は自由度を与えるべく設計されているからだ。Android を対象とするマルウェアの9割を話題にするとき、これは世界で最もポピュラーな OS への攻撃であることに思いをいたすべきだ。もし自分がマルウェア製作に専念する会社を持っているとしたら、当然自分は Android を攻撃目標にするだろう[と彼は笑いながら答えた。]

[9to5Mac の英訳]
We cannot guarantee that Android is designed to be safe, the format was designed to give more freedom. When people talk about 90% of malware for Android, they must of course take into account the fact that it is the most popular operating system in the world. If I had a company dedicated to malware, I would also be addressing my attacks on Android.

[FrAndroid の原文]
« Nous ne pouvons garantir que Android est conçu pour être sûr, son format a été conçu pour donner plus de liberté. Quand ils parlent de 90 % des logiciels malveillants destinés à Android, ils doivent bien entendu tenir compte du fait que c’est le système d’exploitation le plus utilisé dans le monde. Si j’avais une entreprise dédiée aux logiciels malveillants, j’adresserais également mes attaques à Android« , a t-il déclaré avec un grand sourire.

     *     *     *

どういう文脈で語られたものかいまひとつよく分からない。

また、FrAndroid のフランス語を 9to5Mac が(グーグル翻訳で)直訳しているように見えることから、発言の際のニュアンスも不明だ。

しかし OS の安全性が問題になっている折から、あからさまともいえるその「率直さ」が注目を引いた。

当然アップルギークからの反撃が出る。

     *     *     *

マルウェアこそが自由だって:John Gruber

Daring Fireball: “Malware Is Freedom” by John Gruber: 27 February 2014

古い Windows 時代の言い草だ。Android がポピュラーだから当然マルウェアもたくさんあるのだと。しかしある意味サードパーティの開発者のサポートという点で、唯一 Android が iOS に差をつけている点だ。

The old Windows line of defense: Android is so popular of course it has all the malware. For some reason, though, that’s the only sort of software where Android leads iOS in third-party developer support.

     *     *     *

グーグルの本音だ:Jim Dalrymple

The Loop: “Google: We can’t guarantee Android is designed to be safe” by Jim Dalrymple: 27 February 2014

久しぶりにグーグルが本音を口にした。

Those are the first true words to come out of Google in a long time.

     *     *     *

ちょうどアップルが「iOS 安全性白書」(iOS Security White Paper)を出したばかり。

iOS Security White Paper | Apple

アップルの「iOS 安全性白書」

その最初の第一行が:

「アップルは安全性を中核にして iOS プラットフォームを設計している。」

Apple designed the iOS platform with security at its core.

     *     *     *

モバイル世界を率いる2大プラットフォームの対応はなんとも対照的だ・・・

★ →[原文を見る:9to5Mac
★ →[原文を見る:FrAndroid

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》続報 — Android は安全だ(3月1日)

sundar_pichai_google_svp

[Sundar Pichai:photo

FrAndroid の記事で第一報を伝えた Mashable が、グーグルの提供したトランスクリプトを基に、Sundar Pichai の発言内容を訂正している。

Android は安全ではないとはひとこともいっていない、と・・・

Mashable: “Google’s Sundar Pichai: Android Built to Be Secure [UPDATED]” by Karissa Bell: 27 February 2014

     *     *     *

とても安全だ

Android は非常に、大変安全に作られている。あなたがそう見るのは、Android がオープンなプラットフォームなので、多くの人が異なったやり方で Android を出荷でき、したがって一部のパートナーがデバイスを出荷するとき Android の古いバージョンを搭載するからだ。その場合は確かに安全上の脆弱性が生じる。だからといって Android が安全でないことを意味するものではない。

Android was built to be very, very secure. The thing that you’re seeing is because Android is an open platform, many people can ship Android in many different ways and so there are some partners when they ship devices, they have an older version of Android. And sure you can have a security vulnerability there, but that doesn’t mean Android isn’t secure.

     *     *     *

安全でないからではなく、多く使われているから

マルウェアの 90% が Android を攻撃目標としているなどという数字を挙げられると、残念ながらかかるマルウェア会社を経営している頭のいい企業人ならそうすべきかもといわざるを得ない。しかしこういう見方は間違っている。多くのマルウェアが Android を攻撃するのはそれが他のいかなるスマートフォンプラットフォームより多く使われているからという考え方があることは明らかだ。

When you say numbers like 90% of malware is targeting Android, you know, I hate to point out that if you’re a smart business person running this malware company, that’s what you should do. It’s the wrong way to look at the lens. Obviously, you will always see more malware targeting Android because Android is used more than any smartphone platform by a pretty substantial difference.

     *     *     *

Sundar Pichai の発言内容がなかなか微妙な言い回しであることが分かる。グーグルがトランスクリプトを提供したのもそのためだろう。

現地の、別の言語のローカル記者を経由したことで、さらに本人の発言の趣旨からかけ離れたものになってしまったのかもしれない。

「Lost in Translation」の典型のようにも思える。

あまりに刺激的内容だったので、つい筆者も第一報で取り上げた。

第一報、とくにウラ取りのできていない第一報を取り上げる危うさを改めて痛感した。

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Update:5つのアプリ開発元が占める》

Japan-Inflection-Report-Blog-Post-Banner

[いまや消費大国:image

日本はいまや世界に冠たるモバイルアプリ消費国になった・・・

Quartz: “Japan now spends more on mobile apps than any other country” by Leo Mirani: 11 December 2013

     *     *     *

ios_app_store_&_google_play

[アメリカを超えた日本のアプリ購入:chart

アメリカを超えた日本のアプリ購入

昨年アメリカ人が Google Play やアップルの App Store から購入したアプリは日本人の3割強だった。ところが今年の10月になると、人口1億2千7百万の日本人は人口3億1千万のアメリカ人より約1割も多くのアプリを消費したと、App Annie の調査は述べている。1人当たりでは、日本人はアメリカ人の 2.5 倍も多くアプリを購入している。

Last year, Americans spent about a third more on apps from Google Play and Apple’s App Store than the Japanese. By October this year, Japan’s 127 million people were outspending America’s population of 310 million by about 10%, according to a new report from App Annie, a research firm. Per capita, the Japanese were spending 2.5 times as much on apps as Americans.

     *     *     *

テレビコマーシャルで急増したゲーム

なぜそれほど伸びたのか? 1にゲーム、2にゲーム、3にゲームだ。日本人の昨年購入したゲームは 400% も増えた。30% しか伸びなかったその他アプリの 15 倍も増えた。日本以外の国では、ゲームの購入量はその他のアプリのせいぜい2倍だ。この大きな伸びの大部分は旧来ながらのテレビ広告によるものだ。今年大きくヒットしたゲームはいずれもテレビコマーシャルの放映直後に急増した。

What’s driving this growth? Games, games, and more games. In the past year, Japanese spending on games apps jumped 400% and outpaced spending on all other apps (which grew by 30%) by a factor of 15. By contrast, the rest of the world spends only twice as much on games as other apps. A lot of this growth is driven by good old-fashioned television advertising. The biggest hits of the year all saw spikes in downloads after television commercials began to air.

     *     *     *

mobile_digital_kontent_japan

[日本のデジタルコンテンツ市場:chart

スマートフォンへの移行

この他にも増加した背景には2つの要因が考えられる。ひとつは日本が遅まきながらスマートフォンへの移行を果たしたことだ。日本のキャリアは、簡単なフィーチャーフォンのデータサービス市場(1999 年に開始された iモードなどのような)を世界に先駆けて開発した。しかしスマートフォンを推進したのは遅かった。それもここ数年で大きく変化した。日本の消費者は長年フィーチャーフォンのダウンロードに対しカネを払ってきたが、スマートフォンに移行するにしたがってその消費慣行も持ち込んだ。

Apart from that, two core factors are behind the growth: the first is Japan’s belated shift to smartphones. Japanese carriers built a world-leading market for data services on simpler feature phones (such as i-mode, launched in 1999), but were slow to start pushing smartphones. That has changed over the past couple of years. Japanese customers have long paid for downloads on their feature phones, and as consumers have shifted over to the new devices, their consumption habits have carried over.

     *     *     *

ios_app_store_vs_google_play

[iOS App Store に追い付いた Google Play:chart

キャリア課金モデル

もうひとつの要因は、Android デバイスの Google Play オンラインストアでは大手キャリアがキャリア課金モデルを導入していることだ。消費者は Google Play に対してではなく、毎月支払う電話料金の一部としてアプリ料金の支払いができる。グーグルによれば、アプリ開発者の収入はキャリア課金が日本で導入されたあと 14 倍も増えたという。日本の Android ユーザーは、昨年までは他の国と同じく iPhone ユーザーの半分未満しか購入していなかった。今年10月には両者の比は同じになり、日本は Android ユーザーが iPhone ユーザーと同じだけ購入する世界でも唯一の国となった。

The other reason is that the Google Play app store for Android devices operates a carrier-billing model with the biggest operators. This means that consumers can pay for their app downloads as part of their monthly phone bill rather than in the app store itself. According to Google, revenue to app developers jumped almost 14-fold after carrier billing was introduced in Japan. Until last year, Android users in Japan, like their counterparts in the rest of the world, spent less than half as much as iPhone users. By October this year, the two groups were equal, making Japan the only country in the world where Android users spend as much as their iPhone-using brethren.

     *     *     *

課金モデルがアプリの命運を握る・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》5つのアプリ開発元が占める(12月13日)

アメリカを抜いてトップに躍り出た日本は成長の可能性が大きいのかと思いきやそう簡単ではなさそうだ。

AppBank: “アプリの売上高で日本がアメリカを抜く。要因はパズドラとLINEの課金か。” by asyunin: 12 December 2013

     *     *     *

5つのアプリ開発元が占める

App Annie はゲーム分野での売り上げが日本市場の売上増に繋がったと分析。中でも5つのアプリ開発元が占める割合が高いとしています。

その中で一例として挙げられているのが「パズドラ」で有名なガンホー・オンラインと無料通話アプリで有名な LINE です。

いずれもアプリは無料で入手できるため、売上のほとんどはアプリ内課金で購入できる「ゲームのアイテム」「コイン」「スタンプ」などによるものと見られます。

     *     *     *

海外のアプリ開発者が殺到する?

ただ、日本の App Store・Google Play で公開されているゲームアプリは星の数ほどありますが、レポートにもある通り、売上の大半は5つの開発元が占めています。

気になるのは App Annie が発表したレポートの影響力。機械翻訳で日本語表記に対応するアプリが増えるかもしれないことが気掛かりです。

     *     *     *

この夏、幼稚園の孫娘に iPad ゲームをダウンロードしてやったぐらいで、ゲームのことはサッパリ分からない。

高学年の孫娘たちは LINE に夢中で、他のものなど見向きもしない。低学年の孫はこれまた Minecraft のマルチプレイに夢中で、顔も知らない仲間とスカイプで実況中継しながら遊んでいる。

日本市場の躍進に寄与した上位5社のゲームがどんなものか、ゲームアイテムやスタンプへの課金だけなのか — その躍進の理由について日本の事情に詳しい専門家にぜひとも解説してもらいたいものだ。

たしかにトップ5が占拠しているところへさらに海外から参入されるのではたまったものじゃない・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

watermelon_truck

[トラックいっぱいのスイカ:image

マーケットシェア神話に関する John Kirk の投稿が刺激的でオモシロい。「アンドロイドのマーケットシェアなんてジョークだろ」と。

Tech.pinions: “Android’s Market Share Is Literally A Joke” by John Kirk: 23 May 2013

     *     *     *

「もっとでっけぇトラック」

2人の農夫がスイカを1個5ドルでトラック一台分買った。そしてマーケットへ出掛け、1個4ドルでそのスイカを全部売った。結局のところ、売ったカネを数えてみたら、最初持ってた分より少ないことに気がついた。

Two farmers bought a truckload of watermelons, paying five dollars apiece for them. Then they drove to the market and sold all their watermelons for four dollars each. After counting their money at the end of the day, they realized that they’d ended up with less money than they’d started with.

「だからいったベ!」とひとりの農夫がもうひとりへいった。「もっとでっけぇトラックでなきゃなんねと。」

“See!” said the one farmer to the other. “I told you we shoulda got a bigger truck.”

     *     *     *

John Kirk の議論はこのジョークに象徴される。

マーケットシェアさえ大きければという議論は、でかいトラックの方がいいという考えと変わらないというワケだ。

でかければいいというマーケットシェア神話は、TechCrunch のこの記事に集約されているという。

TechCrunch: “Android Is Winning” by Matt Burns: 14 August 2012
TechCrunch Japan: “Android、世界のスマートフォン市場のシェア64%―トップの座をゆるぎないものに(Gartner調査)“: 15 August 2012[滑川海彦 訳]

「Android が勝利している」

スマートフォン市場の最新の情報が入ってきた。トップはAndroid、iOSは大きく引き離された2位だった。

世界市場でのAndroidの優位は否定できないものとなった。もっとも熱狂的なAppleファンといえどもiOSが2番手でありAndroidがトップであることを認めざるをえないだろう。

“The latest numbers are in: Android is on top, followed by iOS in a distant second. There is no denying Android’s dominance anymore. There is no way even the most rabid Apple fanboy can deny that iOS is in second place now. Android is winning.”

     *     *     *

マーケットシェア神話を打破するため John Kirk は精緻な議論を展開するのだが、随所で使われる譬えがバツグンにオモシロい。

利益を考えずにマーケットシェアだけを云々するのは「でかいトラック」論と変わらないとして、次のような譬えをする。

野球(フットボール、ホッケー)でいえば

利益を無視してマーケットシェアだけを語るのは、野球でいえば、打数の多いチームの方が得点の多いチームより勝つというのと同じだ。利益を無視してマーケットシェアだけを語るのは、フットボールでいえば、ヤードを稼ぐチームの方が得点を稼ぐチームより勝つというのと同じだ。利益を無視してマーケットシェアだけを語るのは、ホッケーでいえば、シュート数の多いチームの方がシュートを決めるチームより勝つというのと同じだ。

Scoring by market share alone and ignoring profit is like saying that a baseball team won because it had more hits when the other team scored more runs. Scoring by market share alone and ignoring profit is like saying that a football team won because it gained more yards when the other team scored more points. Scoring by market share alone and ignoring profit is like saying that a hockey team won because it had more shots on goal when the other team had more goals.

全体の文脈を考えずにマーケットシェアだけを語るのは、無意味であるだけでなく、誤解を招きやすいという意味でもっと悪い。

Market share without context is not only useless, it is worse than useless because it is likely to be misinterpreted.

     *     *     *

また、利益をぬきにしてマーケットシェアだけを考えるのは無意味だとして、次のような譬えをあげる。

ハンバーガーチェーンだとすると

たとえば、アップルがハンバーガーチェーンだと想像してみよう。マクドナルドやバーガーキング、ウェンディーズを合わせたのよりもっと儲けているが、売れたハンバーガーの数では全体の 5% に過ぎないとする。このアップルがハンバーガー戦争で「負けた」と考えるひとが果たしているだろうか?

Imagine, for example, that Apple were a hamburger chain who made more money than McDonalds, Burger King, and Wendys combined, but only sold 5% of the total hamburgers. Would anyone seriously contend that Apple was “losing” the hamburger wars?

     *     *     *

1% の利益を増やすには

世界的にみると Android の出荷台数は約 70% を占め、利益では 29% を占める。ということは Android メーカーはマーケットシェアを 1% 増やしてもたった 0.41%[0.29/0.70 = 0.414]しか利益を増やせないことを意味する。いいかえれば、平均的 Android メーカーが利益を 1% 増やすには、マーケットシェアを 2.4% は増やさなければならないことになる。

Android accounts for approximately 70% of global smartphone shipments and 29% of global profits. This means that the average Android manufacturer creates just .41% of profit for each point of market share (0.29/0.70 = .414). In other words, the average Android manufacturer needs to capture 2.4 points of market share just to increase their market profit by 1%.

かくも利益率が低いため、Android メーカーは:

・製品の差別化が非常に困難
・マーケットシェアを増やすため利益を犠牲にする(坂道を転げおちるだけ)
・製造過程でスケールメリットを達成できない

Such a low fair share profit index may indicate that Android manufacturers are:
– Having difficulty differentiating their product;
– Sacrificing profits in order to buy market share (the “race to the bottom”);
– Unable to reach economies of scale in the manufacturing process.

     *     *     *

モバイル世界を支配するアップルとサムスン

Ben_Evans_Mobile_Dominance

[Mobile is eating the world:Ben Evans

このチャートをよく見て欲しい。それから私が引用した様々な記事のタイトルをもう一度見直して欲しい。どの記事も Android が勝利し、アップルが敗北しているのは、アップルが上のチャートの緑色の部分(アップルとサムスン以外の部分)を支配していないからと主張する。

Take a good hard look at the chart, above, then go back and re-read the headlines I listed at the start of this article. What each and every one of those headlines is contending is that Android is winning and Apple is losing because Apple doesn’t control the green portion of the chart, above.

緑色の部分から得られる利益なんて取るに足らなぬことを考えれば、そんなマーケットシェアが欲しいなんてまともな人間なら考えるだろうか?

I mean, honest to goodness, take a look at the total units sold compared to the paltry profits obtained from those green sales. Who in their right mind would even WANT that market share?

     *     *     *

成功の方程式

マーケットシェア神話の守護神たちは間違っているだけでなく、真逆のことをいっている。マーケットシェアを低く、利益を高く保つことが武器になるのだ。目指すべきはマーケットシェア当たりの利益率を減少させることなく増加させることだ。利益を犠牲にしてまでマーケットシェアを増やすことは、成功ではなく失敗の方程式なのだ。

Not only do the high priests of market share have it wrong, they have it exactly backwards. The company with the lower market share and the higher profits has all of the leverage. The goal is to INCREASE, not decrease, the ratio of profits to market share. Increasing market share at the cost of profits is a recipe for disaster, not a formula for success.

将来についてはいざ知らず現時点では、一般に流布されているのとは違って、スマートフォン戦争においてアップルはいとも簡単に勝利を収めている。

Apple may or may not do well in the future but right now, and contrary to popular belief, they are winning the smartphone wars and winning them handily.

マーケットシェア当たりの利益率:
 3.12% — アップル
 1.30% — サムスン
 0.41% — その他の Android 全社

RATIO OF PROFITS TO MARKET SHARE
3.12% Apple
1.30% Samsung
0.41% All Android

     *     *     *

ジョークだ

マーケットシェアがライバルと比較する際の最善の方法だと考えるのは、全体の文脈を考えていないので最悪の方法だ。マーケットシェアが必ず成功をもたらすと考えるのは、大きなトラックにすれば必ず大きな利益が得られると考えるようなもので、これって間違いなくジョークだ。

Not only is market share not the best way to evaluate the relative positions of competitors but, without context, it is one of the worst. Assuming that market share will always bring you success is like assuming that a bigger truck will always bring you bigger profits. It’s literally a joke.

     *     *     *

数字の議論となるといまひとつピンとこないのが普通だ。マーケットシェアの議論もそうだ。

そんな中で John Kirk の譬えはバツグンによく分かる。

彼の刺激的発言をキッカケに、興味深いマーケットシェア論が展開されているのがオモシロい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

apple-eats-android

[キャリアにとっては・・・:image

少し前になるが、iPhone をブロードバンドのセールスマンに例えた Horace Dediu の記事がオモシロかった。

asymco: “The job the iPhone is hired to do” by Horace Dediu: 24 January 2013

     *     *     *

iPad の場合

[iPhone]に比べ iPad の場合は価格の浸食(erosion)がはるかに進んでいる。それは、フルサイズの iPad でやれることがほぼこなせる iPad mini を導入したせいだ。小型の mini でも、フルサイズの iPad が対象としているマーケットの仕事を十分こなせる(good enough)といっていいだろう。

Contrast that with the iPad where there is a far more marked erosion. That’s due to the introduction of the mini which is good enough to substitute for the larger version for many of the jobs it’s hired to do. We can safely argue that the iPad is good enough in smaller form factors and addressing larger markets.

     *     *     *

iPhone ではなぜ?

それでは同じ現象が iPhone では起きないのはなぜか? iPhone Nマイナスワン(iPhone n-1:ひとつ前の世代の iPhone)ではなぜ「十分でない」のか? たしかに iPhone 4S では iPhone 5 できることのほぼすべてが出来る。それでもなお消費者が新しい iPhone を買うのはなぜなのか?

But why isn’t this happening to the iPhone? Why isn’t the “good enough”? Surely consumers can do almost the same tasks with an iPhone 4S as they can with the 5. Why are they still buying the new phone?

     *     *     *

キャリアの存在

そのナゾを解くカギは iPhone を買うのが消費者だけではないという事実にある。キャリアもまた iPhone を購入し、値段を付け直して(re-price)販売する。キャリアは iPhone を「雇って」ブロードバンドを売らせるのだ。そしてその仕事を最もよくこなすのが最新の機種だ。iPhone 成長のダイナミズム — そしてアップルそのもの — を理解するためにはこの点が決定的に重要だ。

The clue comes from the fact that the consumer is not the only buyer. It’s operators who buy and re-price the product. They are hiring the product to sell broadband and the newest variant is still the best hire to do that job. This observation is crucial to understanding the growth dynamics of the iPhone and consequently, of Apple itself.

     *     *     *

ブロードバンドのセールスマン

以前述べたことをここでまた繰り返したい。iPhone が「雇われる」最大の目的は、プレミアムネットワークサービスのセールスマンという役割なのだ。料金の高いプレミアムサービスを売るので「コミッション」を稼ぐ。非常にうまく仕事をこなすので、割増料金はとても高い。非常にうまくこなすので、iPhone は大量に購入され、それがまたスケジュールにのっとった効率的な生産を可能にする。

I repeat what I’ve mentioned before: The iPhone is primarily hired as a premium network service salesman. It receives a “commission” for selling a premium service in the form of a premium price. Because it’s so good at it, the premium is quite high. Also because it’s so good, it gets bought in large batches which allow Apple to schedule production efficiently.

     *     *     *

iPhone 成長の大前提

このことを理解することによって初めて iPhone 成長の可能性を評価できるのだ。

This understanding gives us a solid basis from which to evaluate its growth potential.

     *     *     *

ブロードバンド売り込みの優秀なセールスマンが iPhone というワケだ。

優秀なセールスマンには高いコミッションを払う。それが高い iPhone 販売奨励金(iPhone subsidy)になる。

この Horace Dediu の持論は別稿でも繰り返されている。

asymco: “The job the iPhone is hired to do, part II” by Horace Dediu: 23 April 2013

     *     *     *

iPhone 奨励金を負担するワケ

スマートフォン利用についての基本的な考え方とは、スマートフォンの方がより多くのネットワークブラウジングにつながり、それがより多くのネットワーク利用へ、そしてより多くのネットワーク収入へとつながる。そして最終的にはネットワーク投資へつながるというものだ。ネットワークブラウジングが増加しないのなら、キャリアにとってインフラ投資をしようとする意欲は遥かに少なくなる。ネットワーク利用が収益をもたらすからこそ、キャリアは iPhone を品揃えに加え、販売奨励金を負担し(subsidize)、そして宣伝するというのが私の仮説だ。このつながりの強さ(resilience)は今でも変わらない。

The presumption behind smartphone usage is that it leads to more browsing which leads to more network usage which in turn, leads to more network revenues and, finally, more network investment. If there is no additional browsing then there is a far smaller economic incentive to network operators to invest in infrastructure. It is this link between usage and revenues which I hypothesize drives operators to carry, subsidize and promote the iPhone. And the resilience of this link indicates that it still works.

     *     *     *

iOS と Android の質的な違い

Android ユーザーの消費するデータ量が少ないというつもりなない。シェアの数字なんて結局は相対的なものだから。そうではなく Android のネットワーク使用はサービスへより多く(あるいは少なく)支払うこととは結びついていないということがいいたいのだ。

I’m not suggesting that Android users use less bandwidth—the share data is after all relative—but rather that Android use itself does not seem coupled to paying more (or less) for service.

もしなんらかの結論を出せるとするなら、ネットワークの使い方はみな平等に造られているワケではないということだ。アプリや広告がどう消費されているかというデータも iOS と Android における質的な違いと一貫している。このデータもだいたいのところ[Share vs. ARPU のデータ — 本稿では省略]と同じようなものだ。

If there is something to be concluded it’s that not all usage is created equal. The data regarding how apps and ads are consumed is consistent with a qualitative difference between iOS and Android. This data is more of the same.

     *     *     *

キャリアもアップルも

利用者の質は様々だといってしまえば陳腐に聞こえるかもしれないが、しかしだからといってその真実味が失われるワケではない。キャリアはそれが真実であることを前提としており、アップルもまたそうなのだ。

It’s something of a cliché to say that audiences vary in terms of quality, but that does not make it less true. Indeed, network operators depend on it being true. And so does Apple.

     *     *     *

アンドロイドはザザ漏れのバケツ」が消費者の顧客ロイヤルティの視点からだとすると、Dediu の「iPhone が為すべき仕事」(The job the iPhone is hired to do)はキャリア側の視点に立ったものだ。

販売ノルマを扱った「NTT ドコモの MOQ(最低発注数量)」もキャリア側の視点から捉えたものだった。

アップルの「低価格」iPhone や新興マーケットを考えるうえで欠かせない視点ではないかと思う・・・

★ →[原文を見る:The job the iPhone is hired to do
★ →[原文を見る:The job the iPhone is hired to do, part II

Read Full Post »

Older Posts »