Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘アップグレード’ Category

Update 2:お気に入りライターの変遷》
Update:ジャーナリストに一対一で説明するアップル》


[Mountain Lion:image

今回の「Mac OS X Mountain Lion」の発表はその時期が意表をついただけでなく、発表の仕方がこれまでとは異なっていた。

Daniel Eran Dilger が興味深い記事を書いている。マイクロソフトのやり方に近づいている、と・・・

AppleInsider: “Mac OS X Mountain Lion release signals shift in secrecy at Apple” by Daniel Eran Dilger: 16 February 2012

     *     *     *

1週間早くジャーナリストへ

Mac OS X の歴史上初めてのことだが、アップルは開発者に対するリリースより1週間早く、ジャーナリストに対して OS の製品ブリーフィングとプレリリースコピーの提供を行なった。これまでアップルは NDA[Non-Disclosure Agreement:守秘義務契約]に署名した開発者にのみプレリリースソフトウェアのアクセスを限定してきた。

For the first time in Mac OS X’s history, Apple has presented journalists with a product briefing and prerelease copy of the operating system one week before making it available to developers. The company has historically reserved access to its prerelease software exclusively for developers who have signed a Non Disclosure Agreement.

     *     *     *

アップルの秘密主義

長年 Windows に対してマイノリティだったアップルは、様々な秘密主義のベールの下に会社を運営することを強いられてきた。製品発表をドラマチックに盛り上げ、他社がすぐには追随できないようにするためだ。しかしモバイル機器については iOS のおかげで他社より5年先を行くことができるようになり、また PC 売り上げの成長も相まって、製品発表戦略においてもアップルは明らかにリーダーの地位を確保するに至っている。

For years, Apple remained a minority alternative to Windows, forcing the company to operate under shrouds of secrecy in order to pull off dramatic product unveilings that its competitors couldn’t immediately copy. However, with the five year head start in mobile devices afforded by iOS, as well as its commanding lead in PC sales growth, Apple is now in a clear leadership position for unveiling product strategies.

     *     *     *

Lion でも

昨年の Mac OS X Lion は Steve Jobs が 2010 年10月に行なったプレビューで公開されたが、新しい OS にメディアが事前にアクセスすることは出来なかった。

Last year’s release of Mac OS X Lion was first publicly unveiled in a preview delivered by Steve Jobs in October 2010, but the media wasn’t given an advanced look at the new software.

新 OS リリースは NDA(守秘義務契約)の下におかれたが、開発者の多くがビルドのリークを行い、それがファイルシェアリングネットワークを通じて広がるのでほとんど実効性がなかった。その結果、Lion についての広報をコントロールできず、新機能の多くがリークされ、Lion リリース時点ではもはやサプライズではなくなったことにアップルは気づかされた。

Instead, Apple kept the release under NDA, a strategy that was largely ineffectual as many developers continued to leak builds that were widely disseminated through file sharing networks. As a result, rather than being able to manage the messaging of Lion, Apple found that many of its new features were leaked out to the point where they weren’t surprises anymore when Lion was actually released.

     *     *     *

NDA(守秘義務契約)の欠陥

Mac OS X Lion の NDA(守秘義務契約)は、ジャーナリストがコメントすることを妨げただけでなく、一般大衆(多くの場合アップル批判者に率いられる)が変更の意味を十分に理解しないまま批判的に検討する結果となった。アップルの NDA は開発者がリリース前にコメントすることも妨げた。

Apple’s NDA policies for Mac OS X Lion were largely just preventing journalists from commenting on the product while allowing the public (often led by Apple’s detractors) to critically examine it, without a full understanding of what the changes meant. Apple’s NDA also prevented developers from commenting on the new software until it was released.

     *     *     *

今回は異なる

Mountain Lion についてアップルはこれまでの伝説的な秘密主義を少し改め、プロモーションの方法を変えて、iPhone 以降のハードウェアと同じやり方のプロモーション — すなわち事前にジャーナリストに見せて、その機能のいくつかを事前に説明するという方法をとった。

For Mountain Lion, Apple has turned down its legendary secrecy and has instead started promoting its software the same way it has promoted hardware since the iPhone, offering journalists an early and curated demonstration of its features.

     *     *     *

これまでも前例はある

未発表のアップル新製品のプレビューが行なわれたのは Apple TV が最初で、その数か月後の 2007 年初めに iPhone でも同じことが行なわれた。どちらの製品も発売の数か月前に Jobs 自身が詳細な説明を行なった。アップルとしては珍しいことだった。

Apple’s first major preview of an unannounced product in recent years was Apple TV, followed by the iPhone a few months later at the beginning of 2007. Both products were detailed by Jobs several months before they were available for sale, an uncommon event for Apple.

他のアップル製品については、新型マックも、iPhone の後継機も、iPad や iPad 2 についても、これまでと同じく発売直前に発表するという典型的なやり方がとられた。

Other products, including most new Macs, successive iPhones, the iPad and its iPad 2 successor, have all typically been unveiled to the public just before they were available for purchase.

     *     *     *

iOS デバイスではすでに

最近の iOS デバイスやマックについては Jobs は新しい試みをしている。いろいろなジャーナリストにプレリリース機を渡して、事前のレビューをさせたのだ。今やアップルは Mountain Lion のソフトウェアについても同じ戦術を試みている。すべてを秘密主義のベールで包む代わりに、間もなく公開される機能についてはちゃんとしたチャンネルで期待を高めようと希望しているのだ。

With the release of recent iOS devices and Macs, Jobs tried something new: he issued prerelease units to a variety of journalists to review in advance. Apple is now trying the same tactic in software with Mountain Lion, hoping to build anticipation for upcoming features through legitimate channels rather than trying to keep everything a secret.

     *     *     *

マイクロソフトと同じやり方

マイクロソフトはその歴史を通じて終始このやり方をとってきた。しかし発表時期がどんどん遡り、2年以上も前にソフトのプロモーションを行なうようになったので、この戦略は「ベイパーウェア」と貶されるようになった。Mountain Lion はこれに対して4か月後にはリリースされるものと期待されている。

Microsoft has done this throughout its history, although it has typically worked to unveil its plans far further out, often starting to promote its software plans two years in advance, a strategy denigrated with the term “vaporware.” In contrast, Mountain Lion is expected to ship less than four months from now.

     *     *     *

このあと Dilger は、20年目に入った Mac OS X プラットフォームが18か月サイクルの開発目標をとるようになったことについても詳しく述べている。

アップルの成功と成熟、トップの交代は秘密主義の壁にも穴をあけそうだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》ジャーナリストに一対一で説明するアップル

技術各紙やブログが、アップルの解禁を受けて一斉に Mountain Lion について報じる様は壮観だ。

Daring Fireball [John Gruber]
The Loop [Jim Dalrymple]
Macworld [Jason Snell]
The Verge [Nilay Patel]
Engadget [Brian Heater]
AllThingsD [Arik Hesseldahl]
TechCrunch [MG Siegler]
CNET [Josh Lowensohn]
The Wall Street Journal [Jessica E. Vascellaro]

アップルの作戦が図に当たったということだろう。

どの技術メディアの誰をアップルが念頭においているのかも垣間見えてはなはだ興味深い。

なかでもバツグンにオモシロいのが John Gruber だ。

アップルの説明会の雰囲気がどうだったのか、まるで映画の一場面を見るように描写している。

Daring Fireball: “Mountain Lion” by John Gruber: 16 February 2012

     *     *     *

John Gruber の体験

「これまでとはちょっと違ったやり方をしています」と Phil Schiller は私にいった。

“We’re starting to do some things differently,” Phil Schiller said to me.

一週間ほど前、快適なマンハッタンのホテルのスイートに座っていた。数日前にアップル広報から私的な「製品ブリーフィング」を行なうからといって呼び出されたのだ。何の会合なのか、何についてなのか見当もつかなかった。どんな流れになるかさえさっぱり分からなかった。自分にとってまったく初めてのことだったが、アップルにとってもそうだと思う。

We were sitting in a comfortable hotel suite in Manhattan just over a week ago. I’d been summoned a few days earlier by Apple PR with the offer of a private “product briefing”. I had no idea heading into the meeting what it was about. I had no idea how it would be conducted. This was new territory for me, and I think, for Apple.

iPad 3 がらみの話でないことは分かっていた。それならカリフォルニアでの全力投球のイベントになるはずだ。もしかして MacBook の Retina ディスプレイかとも考えたが、まったく当てずっぽうだったし、間違っていた。それは Mac OS X — いまやアップルが OS X と呼んでいるものだった。その会合自体はアップルの製品発表イベントと同じように進められた。ただし劇場スタイルの講堂とステージの代わりに、ソファと、イスと、iMac と、それにソニーの HDTV に繋がれた Apple TV だけだった。部屋を埋めるライターやジャーナリスト、アナリストの代わりに、私と Schiller とあとアップルから2人だけ(製品マーケティングの Brian Croll と広報の Bill Evans)。(少なくとも私の経験では、よく連携をとった製品マーケティングと広報の連中の区別は外見からは分からない。)

I knew it wasn’t about the iPad 3 — that would get a full-force press event in California. Perhaps new retina display MacBooks, I thought. But that was just a wild guess, and it was wrong. It was about Mac OS X — or, as Apple now calls it almost everywhere, OS X. The meeting was structured and conducted very much like an Apple product announcement event. But instead of an auditorium with a stage and theater seating, it was simply with a couch, a chair, an iMac, and an Apple TV hooked up to a Sony HDTV. And instead of a room full of writers, journalists, and analysts, it was just me, Schiller, and two others from Apple — Brian Croll from product marketing and Bill Evans from PR. (From the outside, at least in my own experience, Apple’s product marketing and PR people are so well-coordinated that it’s hard to discern the difference between the two.)

握手と社交辞令、おいしいコーヒー・・・そしてたったひとりのためのアップルイベントが始まった。Moscone West や Yerba Buena Center のステージで映してもおかしくないキーノートスライドが私たちの前におかれた大きな iMac に映し出される。本日のテーマ(「今日は OS X についてお見せしたいのです」)のプレゼンテーションが始まった。過去数年にわたる Mac の成功(直近の四半期で 520 万台売れた)、PC 産業全体を凌駕する過去 23 四半期の売上高、Mac ユーザーと Mac App Store のすばらしい伸び、Lion への急速な移行など。

Handshakes, a few pleasantries, good hot coffee, and then, well, then I got an Apple press event for one. Keynote slides that would have looked perfect had they been projected on stage at Moscone West or the Yerba Buena Center, but instead were shown on a big iMac on a coffee table in front of us. A presentation that started with the day’s focus (“We wanted you here today to talk about OS X”) and a review of the Mac’s success over the past few years (5.2 million Macs sold last quarter; 23 (soon to be 24) consecutive quarters of sales growth exceeding the overall PC industry; tremendous uptake among Mac users of the Mac App Store and the rapid adoption of Lion).

そして本番の Mac OS X — じゃなかった、OS X だった — が 年に一度のメジャーアップデートで iOS 風になる。今年の夏アップデートの予定で、いよいよ開発者向けプレビューのリリースがの準備が整ったというわけ。名前は「Mountain Lion」だ。 

And then the reveal: Mac OS X — sorry, OS X — is going on an iOS-esque one-major-update-per-year development schedule. This year’s update is scheduled for release in the summer, and is ready now for a developer preview release. Its name is Mountain Lion.1

たくさんの新機能のうち、今日は10だけを紹介するといわれた。これってまるで本物のアップルイベントのようじゃないかと心中考えていた。Lion のときと同じように Mountain Lion も iPad の方向へ進化している。しかし昨年の Lion がそうだったように、iOS とアイデアやコンセプトを共有することがポイントで、具体的プロセスのデザインやコードそのものを共有するのではないのだ。「Windows」や「マイクロソフト」ということばは一度も出なかったが状況は明らかだ。アップルはキーボード/マウス/ポインターのための Mac ソフトと、タッチスクリーンのための iPad ソフトをハッキリ区別している。Mountain Lion は Mac と iPad を統合する OS に向けたステップではない。むしろ、根本的にはっきりと区別される2つの OS の間で、コンセプトやスタイル、原則を共有しようとする方向に向けた別のステップなのだ。

There are many new features, I’m told, but today they’re going to focus on telling me about ten of them. This is just like an Apple event, I keep thinking. Just like with Lion, Mountain Lion is evolving in the direction of the iPad. But, just as with Lion last year, it’s about sharing ideas and concepts with iOS, not sharing the exact same interaction design or code. The words “Windows” and “Microsoft” are never mentioned, but the insinuation is clear: Apple sees a fundamental difference between software for the keyboard-and-mouse-pointer Mac and that for the touchscreen iPad. Mountain Lion is not a step towards a single OS that powers both the Mac and iPad, but rather another in a series of steps toward defining a set of shared concepts, styles, and principles between two fundamentally distinct OSes.

     *     *     *

こんな感じで記事は続くのだが、アップルギークの Gruber にとってもこれが異例のことだという興奮が伝わってくる。

こんなプレゼンテーションをやってもらえたラッキーなギークが Gruber の他にどれほどいたのか興味のあるところだ。

少なくともアップルのやり方が変わってきていることは間違いなさそうだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text]

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update 2》お気に入りライターの変遷(2月18日)


David Pogue のツィート

Mountain Lion が一斉に報じられる中で NY タイムズの遅れが今回は突出していた。

Foxconn 叩きの記事のせいでアップルと NY タイムズとの間に溝が生じたからだとワシントン・ポストは指摘している。

しかし David Pogue は自分のツィートで1週間前から使っていると書いており、Mountain Lion の詳細なフォローもしている。

NYTimes.com: “Apple’s Mountain Lion Makes the Mac More Like the iPad” by David Pogue: 16 February 2012

     *     *     *

David Pogue のイントロ

アップルはマックのことを後回しにしているというのがもっぱらのウワサだったが、木曜日の発表を見る限りそんなことはなさそうだ。今後アップルは毎年1回 Mac OS X のアップデートを行なうのだそうだ。

There had been rumors swirling that Apple was back-burnering the Mac, but that’s hard to believe after Thursday’s announcement: from now on, Apple will update Mac OS X once a year.

今年の夏に「Mountain Lion」というコード名の Mac OS X 10.8 を出すのが始まりだ。ほんの1年前に Lion バージョンを出したばかりなのに。

It will start this summer with Mac OS X 10.8, code-named Mountain Lion, only a year after the Lion version was released.

これから消費者は毎年1回キビシい決断を迫られることになる。最新状態を維持するという特典のために毎年 30 ドル(あるいはアップルが課する料金を)支払うかどうかという決断だ。

Now you’ll have to decide once a year whether or not to succumb to paying annually the $30 (or whatever Apple winds up charging) for the privilege of remaining current.

しかし一番のショックは、Mountain Lion の初期の初期のバージョンを、アップルとしては初めて技術ライターに提供することしたことだ。それも一般公開の数か月前というだけでない。開発コミュニティ(プログラマ)にリリースされるのよりさらに早くなのだ。

The real shocker, though, is that for the first time, Apple decided to give tech reviewers an early, early version of Mountain Lion — not just months before its release to the public, but even before its release to its developer (programmer) community.

     *     *     *

後書きでもうひとこと

混乱をもたらすことなしに毎年夏に一度というペースで、どうやってアップルが Mac OS X に変更を加えることができるのか疑問だ。

You have to wonder how Apple intends to keep up this pace of change to Mac OS X every summer without gunking it up.

また Mac OS X のバージョン番号どうなるのだろうか。すでにバージョン 10.8 になっている。(実際のところアップルの連中はこういっている。Mac OS X 10.10、Mac OS X 10.11、Mac OS X 10.12 と少数点以下2桁になってもなんら問題ないと。)

You also have to wonder how Apple will keep numbering Mac OS X, since it’s already at version 10.8. (Actually, Apple’s people told me: They have no problem with double-digit decimal points, like Mac OS X 10.10, Mac OS X 10.11, and Mac OS X 10.12.)

もっと大きい疑問は、ネコ科の名前をずっと見つけられるかどうかだ。Mac OS X Bobcat や Mac OS X Cougar、Mac OS X Really Fat Tabby なんてことになるのだろうか?

The bigger question is how long it can keep coming up with big cat names. Mac OS X Bobcat? Mac OS X Cougar? Mac OS X Really Fat Tabby?

【編集後記】David Pogue は技術関係の書籍を執筆している。Mac OS のハウツーガイドもそれに含まれる。これらのプロジェクトは当該製品メーカーからの協力を得て書かれたものではない。そのためのコミッションももらってはいない。

Editors’ Note: David Pogue writes books about technology, including how-to guides, among them titles covering the Mac operating system. These projects are neither commissioned by nor written in cooperation with the product manufacturers.

     *     *     *

一読して David Pogue の穏やかならぬ心中がにじみ出ているようだ。

本文の Mountain Lion の紹介の部分はいつもの Pogue らしくとても分かりやすくていい説明になっているだけに対照的だ。

編集後記に至っては、Pogue はアップルとは関係ありませんと NY タイムズがケンカを売っているような感じ。

「一番のショック」云々が、これまで与えられていた(みんなもそう信じていた)アップルの特別待遇から自分が外され、他の技術ライターにその特典が与えられたことに対するホンネが出たわけでもあるまいが・・・

     *     *     *

Steve Jobs の草創期の頃からアップルに関するニュースの御三家といえば NY タイムズ(John Markoff)、WSJ(Walt Mossberg)、ニューズウィーク(Steven Levy)と決まっていた。

Jobs のアップル復帰後も、多少の変動はあってもそれは続いていた。(John Markoff が David Pogue に変わり、Ed Baig が加わったが。)

そんなひとりの Pogue が外されたことをどう捉えていいのか。[注:そうではなかった? こちら参照

Foxconn 報道の影響だけでなく、トップの交代とともにアップルお気に入りのライターにも変化の波が押し寄せたのかもしれない・・・

★ →[原文を見る:Original Text

広告

Read Full Post »

Update 2:アップルが直ちに対応》
Update:ダブルクリックで開く》


[Rosetta tombstone | image

Office 2004、Photoshop CS2、Acrobat 7、Eudora 6、AppleWorks 6 など古いソフトに頼っているひとは要注意・・・

MacNN: “Snow Leopard Security Update breaks Rosetta support“: 03 February 2012

     *     *     *

Snow Leopard のセキュリティアップデート

Snow Leopard のための個別のセキュリティアップデート「Security Update 2012-001」をダウンロードすると、Rosetta に依存している PowerPC ベースのソフトが壊れる現象が出ているという複数の苦情がある。Eudora 6、Acrobat Pro 7、Quicken 2007、Office 2004 などのソフトがクラッシュ、フリーズ、ないしは印刷不能などの予期せぬ振る舞いを示すという。

The separate Security Update 2012-001 download for Snow Leopard users is breaking apps that depend on Rosetta, according to complaints. Rosetta allows PowerPC-based apps to operate within Snow Leopard. Programs such as Eudora 6, Acrobat Pro 7, Quicken 2007, and Office 2004 will reportedly crash, freeze, or exhibit other unexpected behavior, such as failing to print documents.

     *     *     *

当面の対策

アップルはこの問題について認識しているといわれるが、パッチを当てるのがいつになるかは不明。それまでの間ソフトを使う必要がある場合は2つのオプションしかない。最も極端なオプションは Snow Leopard を再インストールして v10.6.8 にアップデートするが Security Update 2012-001 は行なわないというもの。もうひとつは非公式ソフト「RosettaFix」を使ってアップデートした 2012-001 ファイルを元のバージョンに戻すもの。しかしこれでも Eudora 6、Acrobat 7、Photoshop CS2、AppleWorks 6 のようなソフトには依然として不具合が残るという。

Apple is said to be aware of the issue, but there is no timeline on a patch. People who need apps working earlier have two options, the most extreme of these being reinstalling Snow Leopard and updating to v10.6.8 while rejecting Security Update 2012-001. An unofficial app called RosettaFix may solve some problems by replacing files updated by 2012-001 with previous versions, but glitches persist in apps like Eudora 6, Acrobat 7, Photoshop CS2, and AppleWorks 6.

     *     *     *

古きものは去れ

アップルは PowerPC のサポートから少しずつ手を引いている。PowerPC チップ搭載 Mac の最後の OS X バージョンが Leopard だった。Snow Leopard では Rosetta がデフォルトのインストールから外された。Lion では PowerPC ソフトのサポートが完全に終わっている。

Apple has gradually drifted away from PowerPC support. Leopard was the last version of OS X to run on Macs with PowerPC chips, and in Snow Leopard, Rosetta was left out of default installations. Lion has no support for PowerPC apps whatsoever.

     *     *     *

いつもは OS X のアップデートには慎重で、周回遅れで様子を見ながら行なっているのだが、今回は誘惑に負けてしまった。

iBooks Author」がなんとも輝いて見えたのだ。

矢も楯もたまらず急遽 Lion へアップデート、iBooks Author をダウンロードしたのだが・・・

結果は、シロウトには思うようには使いこなせず、やっぱり出版業のプロが使うソフトは違うと変に納得するハメになっている。

問題はその後・・・

Snow Leopard 時代にはなかったいくつもの不具合に遭遇することとなった。

その最たるものは Excel が使えなくなったことだ。筆者の Excel、Word とも「Office 2004」時代のものだ。

とりあえず iWork の Numbers を使わざるを得なくなったが、古い書類がダブルクリックで開けず、その都度アイコンを Numbers にドラッグ&ドロップしなければならないので煩わしいことおびただしい。

おまけに書類を開いた感じがどうもいまひとつで、これまでのサクサク感がなくなったように思えてこれまたつらい。

もう一度 Snow Leopard へ戻すことを検討しようかと考えていた矢先に MacNN のこの記事に出会った。

進むに進めず戻るに戻れない、なんとも情けない状態になっている・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》ダブルクリックで開く(2月5日)

読者の Yoshimoto 氏、paprica 氏からのご教示。

こうすれば Excel の古い書類がダブルクリックで自動的に開ける。

・古い書類をクリックして[ファイル]→[情報を見る]

・[このアプリケーションで開く:]項目で Numbers をデフォルトにして[すべてを変更…]を押す

たしかにこれで Excel の古い書類がすべてダブルクリックで Numbers で自動的に開けるようになりました。

     *     *     *

実は Numbers を使うのは今回が初めてだったのですが、こんなに簡単だったのですね。

これって Lion 以前の話で、いかにカジュアルユーザーとはいえこんなことも知らずにきたのですから、いやあお恥ずかしい・・・

Yoshimoto さん、paprica さん、ありがとうございました。

AppleWorks の古い書類も Pages で自動的に開けることを「発見」しました。

この機会に、もっとよく Lion のことを勉強しろということだと理解しましたです、ハイ・・・

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update 2》アップルが直ちに対応(2月5日)

さっそくアップルが問題に対処した。

Macworld.com: “Apple revises Snow Leopard security update” by Dan Moren: 04 February 2012

     *     *     *

セキュリティアップデート version 1.1

Snow Leopard の最新のセキュリティアップデートがもたらしたヒドい失敗を受けて、さっそくアップルは事態をコントロールした。昨金曜日、アップルは Snow Leopard Mac のために「Security Update 2012-001, version 1.1」をリリースした。

Suffering from bizarre errors related to the latest Snow Leopard security update? Apple’s already on top of things. On Friday, the company released Security Update 2012-001, version 1.1, for Snow Leopard Macs.

アップルはいつものように「Mac OS X のセキュリティを高めるために全てのユーザーがアップデートすることを推奨する」としかいっていないが、ラスベガスの賭け流にいえば、このアップデートはとんでもない副作用をもたらした水曜日の Security Updated 2012-001 のバージョン 1.0 と差し替えるためのものだ。

In its usual fashion, Apple only says that the update is “recommended for all users and improves the security of Mac OS X.” But if we had to place a wager, Vegas-style, we’d guess that the update in question has been issued to replace version 1.0 of Security Updated 2012-001, released on Wednesday, which had some nasty side effects.

先に Snow Leopard のセキュリティアップデートを行なった多くのユーザーが、PowerPC Mac 用のソフトが使えなくなったことに気づいた。アップデートによって Rosetta 技術に致命的障害が引き起こされたためだ。

Many users who applied the security update on their Snow Leopard found they could no longer use applications designed for PowerPC-based Macs, thanks to the fact that the update wreaked havoc on files crucial to Apple’s Rosetta technology.

今回のバグフィックスによって問題は解決されたかに見える。しかし我々自身はまだ確認していない。読者の問題が解決したようならその旨教えて欲しい。

It seems likely that the update fixes that problem, although we haven’t yet confirmed it for ourselves. If the update fixes issues for you, let us know in the comments below.

しかしながら、Lion への最新のアップデートMac OS X 10.7.3 の問題、すなわち一部ユーザーが起動時や妙な CUI エラーに遭遇する問題が解決したかどうかは未だ不明だ。

There’s no sign, however, of an update to fix the issues with the latest Lion update, Mac OS X 10.7.3, which saw some users having problems launching applications or experiencing weird textures.

「Security Update 2012-001 version 1.1」は Software Update で行なえるが、アップルのダウンロードサイトにはこの原稿の時点ではまだ掲載されていない。

Security Update 2012-001 version 1.1 is available via Software Update, but as of this writing was not on Apple’s support downloads site.

     *     *     *

バグフィックスの対応が早かったことは評価できるが、何が問題で何が解決されたのかよく分からないところに不安が残る。

これまでアップルのアップデートといえば、ほとんど盲目的に即実行してきたが、これからはひと呼吸おいて様子を見た方がいいのかもしれない・・・

Read Full Post »

Update:Safari のノロノロ回避策》


[WebProcess?:image

Mac OS X 10.6.8 追加アップデートをして以来、いろいろと不具合が生じているが、どうやら原因の一部は Safari にもあるらしい。

Tim Bray が Safari をやめるといっている。

ongoing: “Browser Breakup” by Tim Bray: 18 September 2011

     *     *     *

「WebProcess」による Safari の不具合

Sa­fari はもう何年も私のデフォルトブラウザだった。他と比べてそのフレーミングやエルゴノミクス、ショートカットなどが気に入っていたからだ。しかし使うのを辞めざるを得なくなった。

For some years, Safari has been my default browser. I generally prefer its choices in framing and ergonomics and shortcuts over all others. But I’ve had to stop using it.

Safari の最近のバージョンは作り直されて、いくつかの作業を「WebProcess」と呼ばれるものに下請けさせている。これがうまくいっていないようなのだ。気付いた問題点は次のようなものだ。

In recent releases, Safari has been re-architected, with some of the work farmed out to a thing called “WebProcess”. This doesn’t seem to be working out that well. Specif­i­cally, I note that:

・タブからタブへの移動がのろく、システムの負担が増すといたずらに描き換えが起きる。

・Switch­ing from tab to tab is slug­gish, and when the sys­tem gets over­loaded, you get a lot of gra­tu­itous re­paints.

・システム CPU やメモリーを食っているものを読み出そうとすると WebProcess と Sa­fari の著しいプロセス処理[?]が起きる。

・The WebProcess and Sa­fari processes fea­ture promi­nently in read­outs of what’s con­sum­ing the sys­tem’s CPU and mem­ory.

・タブを数ダース開いたままに(あるものは数日の間、あるものは動的コードでいっぱいに)しておくと、システム全体がどんどん遅くなり、不安定になる。

・When you have a few dozen tabs open, some of them for days, and some of them being full of dy­namic code, the whole sys­tem gets in­creas­ingly slow and un­sta­ble.

     *     *     *

John Gruber も同じような問題があることを認めている。

Daring Firebal: “Safari Regressions” by John Gruber: 19 September 2011

     *     *     *

たくさんのウインドウやタブを開いているとき

私も Safari for Mac について Bray と同じことを経験している。特にたくさんのウインドウやタブを開いているときのパフォーマンスが問題だ。まだ Safari から乗り換えるには至っていないが、あちこち代わりを探している。どちらかといえば Safari 5.1 は、Snow Leopard より Lion の方が悪くなるようだ。

I’m seeing the same things Bray is with Safari for Mac, particularly the performance problems when you have a lot of windows and tabs open. I’m not ready to switch yet, but I’m starting to shop around. And if anything, Safari 5.1 seems worse on Lion than it does on Snow Leopard.

     *     *     *

Safari 5.1 のウインドウやタブを複数開いて、ブログを投稿している最中にビーチボールが回り始めると泣きたくなる。

これまではなかったのに、Mac OS X 10.6.8 追加アップデートをして以来の現象だ。

確かにググってみると、10.6.8 追加アップデートには WebProcess だけでなく(こちらこちら)、いろいろと問題があるようだ(こちらこちら)。

そもそも WebProcess って何なんだ?

WebProcess が原因だといわれてもどうしていいのか分からない。従前の Safari 5.0 に戻したものかどうか。

折角 Lion へアップグレードしようとしているのに悩ましい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

《Update》Safari のノロノロ回避策(9月21日)


[Safari の Debug メニューを表示する]

Safari 5.1 のノロノロについて Jason Sims が迂回策を示している。

Stormcloud: “How to stop Safari 5 from unexpectedly reloading pages” by Jason Sims: 20 September 2011

     *     *     *

ノロノロの回避策はある

頼みもしないのに Safari 5 が勝手にページを再読み込みしてしまうことにイライラしていないだろうか? それを回避する方法はあるのだ。それはそれでいくつか問題が生じるけれども。Safari のエクステンションがいくつか効かなくなるほか、新しいジェスチャーもいくつか機能しなくなる点だ。

Annoyed by Safari 5’s tendency to spontaneously reload pages when you didn’t ask it to? There’s a workaround for it, but it introduces a few problems of its own. Some Safari extensions will not work, and some of the new gestures won’t work either.

     *     *     *

Jason Sims の方法を試してみた John Gruber の感想・・・

Daring Fireball: “How to Revert Safari 5.1 to Its Old Single-Process Mode” by John Gruber: 20 September 2011

     *     *     *

ノロノロは改善するがエクステンションが使えなくなるのが難

Safari 5.1 を古いシングル・プロセス・モードに戻す方法

How to Revert Safari 5.1 to Its Old Single-Process Mode

Safari の隠された「Debug」メニューを有効にして、デフォルトの「Use Multi-process Windows」オプションをオフにするだけでいい。こうして昨日 Safari を数時間使ってみた。Safari 5.1 の一般的なノロノロ状況(たくさんのウインドウやタブを開いているときの)は改善するようだ。 しかしこのモードでは、Safari エクステンションの大部分(少なくとも私が愛用しているもの)が使えなくなるので、私にとっては難がある。

What you do is enable Safari’s hidden Debug menu, and turn off the on-by-default “Use Multi-process Windows” option. I ran Safari like this for a few hours yesterday, and it seems to help with Safari 5.1’s general sluggishness (when you have a lot of windows and tabs open) too. But that fact that most Safari extensions (or at least the ones I care about) no longer work in this mode is a deal-breaker for me.

今日は「WebKit nightly builds」[日本語]へスイッチして試してみようと思っている。

What I’m trying today is switching to the WebKit nightly builds.

     *     *     *

そもそも「Multi-process Windows」とは何なのか。Sims の説明によれば・・・

「multi-process window」とは

ところで、「multi-process window」とはいったい何なのか?

So what is a “multi-process window” anyway?

Safari 5.1 の新しい機能のひとつは、基礎となっているエンジン「WebKit2」が新しいバージョンになったことだ。WebKit2 の新しいプロセスアーキテクチャでは、Safari はそれぞれ別の2つのプロセスから構成される。「UI process」(アプリケーションとしての Safari そのもので、アドレスバー、ツールバー、ブックマークバー、メニューなどを含む)と「web process」(実際のウェブページを読み込み、表示する独立のプロセス)の2つだ。

One of the new features in Safari 5.1 is a major new version of the underlying engine — WebKit2. Under WebKit2’s new process architecture, Safari consists of two separate processes — the “UI process” (the Safari application itself, including the address bar, toolbar, bookmarks bar, menus, etc.), and the “web process” (an independent process that loads and displays actual web pages).

     *     *     *

multi-process window はアプリケーションのクラッシュ防止という観点から新たに採用されたらしいが、それがページの再読み込みに関係しているようだ。

それはさておき、早速 Sims の回避策にしたがってSafari の「Debug」メニューを表示させ[冒頭 Update 画像]、「Use Multi-process Windows」のオプションをオフにしてみた。

まだ数時間しか使っていないが、ページやタブを都合100ほど開いてタブからタブへ移動してみても、再読み込みなしに移動できるようだ。

いつも使っていたエクステンションは使えなくなったが、ストレスが少なくなった分メリットが大きい。

★ →[原文を見る:Jason Sims
★ →[原文を見る:John Gruber

Read Full Post »

ios41_updates.jpg

予想どおり iOS 4.1 へのアップグレードがダウンロードできるようになった。

Macworld 誌がその第一印象をまとめている。

iPhone 3G に関連する部分だけを引用すると次のとおりだ。

Macworld: “First Look: iOS 4.1” by Dan Moren: 09 September 2010

     *     *     *

一家の厄介者

前回の iOS 4 のときと同様、iOS 4.1 は iPhone 3GS や iPhone 4 だけでなく iPod touch の第2、第3、第4世代にも対応している。残念ながら iPhone 3G は一家の厄介者で、新機能の一部しか享受できない。iPad も同じく例外で、11月にタブレット用の iOS 4.2 が出るまではこれらのメリットを享受できない。

Like iOS 4 before it, 4.1 is compatible with the iPhone 3GS and iPhone 4, as well as the second-, third-, and fourth- generation iPod touch models. Unfortunately, the iPhone 3G is the black sheep of the family here, as it only gets some of the features of the new software. And the iPad remains out in the cold until iOS 4.2 finally brings these features, along with the rest of iOS 4’s capabilities, to Apple’s tablet in November.

     *     *     *

ヘビースモーカーが階段を上下したとき

ほかにも iOS 4.1 は、論議を呼んだ iPhone 3G のパフォーマンスの低下問題も解決している。2年経ったこの機種は iOS 4 が出たことによって iPhone ファミリーの厄介者になった。マルチタスキングのような持てはやされる機能の恩恵を蒙ることができないからだ。しかもパフォーマンスの低下でスピードが遅くなり、信頼もおけなくなったことから、ユーザーに大きな苦痛を強いている。Philip Michaels[Macworld.com]は iOS 4 をインストールした iPhone 3G のことを「1日2箱を吸うヘビースモーカーが階段を上り下りしたとき」に例えている。

Apple also says that iOS 4.1 will fix another contentious problem: poor performance on the iPhone 3G. The two-year-old model of the iPhone has already gotten the short end of the stick with iOS 4, not receiving some of its much touted advancements such as multitasking. But slow and unreliable performance have only made the experience all the more painful. Macworld.com executive editor Philip Michaels described iOS 4 on the iPhone 3G as running “like a two-pack-a-day smoker after climbing a few flights of stairs.”

iOS 4.1 はそれなりに大部分の問題を解決したように思える。もっともハードウェア的にはアップルの他のデバイスより劣るため、その差を補うほどの改善ではないけれども・・・

iOS 4.1, for what it’s worth, seems to improve the problem in most respects, but it still can’t compensate for running on hardware that is a lot less powerful than what the current crop of Apple’s devices offers.

     *     *     *

アップグレードしない理由はない

全体的に見て iOS 4.1 は十分アップグレードする価値がある。新しい機能についても、これまでの機能改善についてもそうだ。しかも無料なのだ。パフォーマンスが改善したことから、iPhone 3G ユーザーですら 4.1 の機能のいくつかが好きになるだろう。これまでの iOS アップグレード同様、最新バージョンにアップグレードしない理由はない。愛用機種が iPhone 4 ないし 3GS ならなおさらだ。

Overall, iOS 4.1 is a worthy update that packs both new capabilities as well as improvements to existing features—and all for free, too. With the performance improvements, even iPhone 3G users will find something to like in 4.1. As with most of Apple’s iOS updates, there’s pretty much no reason not to upgrade to the latest version, especially if your device of choice is an iPhone 4 or 3GS.

     *     *     *

今回の iPod がらみの発表で一番待ちかねたのが iOS 4.1 へのアップグレードだった。

筆者の iPhone 3G を iOS 4 にしたことを何度も悔やんだが、元に戻す方法がないのだからひたすら次を待つより仕方ない。

今回もすぐ飛びついた。

筆者の場合は 99% がインターネットサーフィンなので、広告やサイドバーですぐハングアップする苦手のサイトをいくつかチェックしてみた。とりあえずは iOS 4 にする前のスピードが戻ってきた感じがする。

これでやっとネットサーフィンが快適になった・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »