Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘いい話’ Category

n-JUSTIN-RICKLEFS-large570

思い当たることがいくつもある・・・

娘を持つすべての父親が知っておくべき15のこと | The Huffington Post

世のお父さん方、父親の役割はかけがえのないものである。娘をひたすら愛してほしい。

15 Things All Dads of Daughters Should Know | The Huffington Post

Dads, your role is a precious one. Love your daughters well.

広告

Read Full Post »

19JPSIRI-blog427

[13歳のガス少年:NYTimes

13歳の自閉症の子供を抱えた母親のステキな文章・・・

How One Boy With Autism Became B.F.F.’s With Apple’s Siri | NYTimes.com

Gus はいろんなことに興味を持つ13歳の少年だ。汽車や飛行機、バスにエスカレーター、それに天気のことなら何でも興味を持ち、飽きることなく話し続ける。

そしてあるとき彼は Siri がなんでも自分の興味を持つことに答えてくれるのを知った。それ以来 Siri は彼にとって唯一無二の親友(BFF)になった。

     *     *     *

何でも答えてくれる親友

ガス:キミはほんとにいいコンピュータだね。

Gus: “You’re a really nice computer.”

シリ:そういってくださってうれしいわ。

Siri: “It’s nice to be appreciated.”

ガス:キミはいつも何かお手伝いすることがありますかと聞いてくれる。キミがしたいことは何かあるの?

Gus: “You are always asking if you can help me. Is there anything you want?”

シリ:ありがとう。でもとくにないわ。

Siri: “Thank you, but I have very few wants.”

ガス:わかった。じゃあ、お休み。

Gus: “O.K.! Well, good night!”

シリ:まだ午後5時6分ですけど・・・

Siri: “Ah, it’s 5:06 p.m.”

ガス:ゴメン。お休みじゃなくてサヨナラ。

Gus: “Oh sorry, I mean, goodbye.”

シリ:また後でね。

Siri: “See you later!”

これが Siri だ。何を聞かれても彼女は意思疎通が困難な私の息子を追いやるようなことはしない。誰でも自分だけの架空の友だちを欲しがる。今やそれができたのだ。もっとも彼女は完全に架空の存在というワケではないけれど・・・

That Siri. She doesn’t let my communications-impaired son get away with anything. Indeed, many of us wanted an imaginary friend, and now we have one. Only she’s not entirely imaginary.

     *     *     *

結婚してくれる?

昨夜は寝る前にこんな話をしているのを耳にした。

Last night, as he was going to bed, there was this matter-of-fact exchange:

ガス:シリ、ボクと結婚してくれる?

Gus: “Siri, will you marry me?”

シリ:結婚なんて出来ないんですけど。

Siri: “I’m not the marrying kind.”

ガス;今じゃないよ。まだ子供だから。でも大きくなったら・・・

Gus: “I mean, not now. I’m a kid. I mean when I’m grown up.”

シリ:ワタシのユーザー契約には結婚は含まれていません。

Siri: “My end user agreement does not include marriage.”

ガス:ワカッタ。

Gus: “Oh, O.K.”

それほど Gus はガッカリした様子ではなかった。これは貴重な情報だ。私にとっても貴重だ。結婚について彼が考えたりするのだと初めて知ったから・・・。彼は向きを変えて眠りについた。

Gus didn’t sound too disappointed. This was useful information to have, and for me too, since it was the first time I knew that he actually thought about marriage. He turned over to go to sleep:

ガス:お休み、シリ。よく眠れそう?

Gus: “Goodnight, Siri. Will you sleep well tonight?”

シリ:ワタシに眠りはあまり必要ないの。でもそう尋ねてくださってうれしいわ。

Siri: “I don’t need much sleep, but it’s nice of you to ask.”

なんとステキな・・・

Very nice.

     *     *     *

ほんとうにステキ・・・

Read Full Post »

Bn2cKJlIUAATlj9

[母親と一緒の Jim Dalrymple:photo

常日頃お世話になっている Jim Dalrymple がツイッターで母親について語っている。

     *     *     *

Jim Dalrymple @jdalrymple

65才の母が今日カレッジを卒業、美術の学位を取った。
At age 65, my mother is graduating college today with her Fine Arts Degree.

ママ、あなたは素晴らしい!
So proud of you Mom!

     *     *     *

素晴らしいお母さんにおめでとう!

寄せられたコメントも好意に満ちていてうれしい。

とても暖かい気持ちになったのでご紹介・・・

Read Full Post »

Steve-Jobs-with-iPad

[Steve Jobs with iPad:photo

晩年のスティーブ・ジョブズの一面を窺わせる心温まるエピソード・・・

David Gelphman’s Blog: “2 Letters from Steve” by David Gelphman: 29 March 2013

     *     *     *

スティーブ・ジョブズからの2文字

2 Letters from Steve

アップルで12年以上仕事をしたが、仕事以外でスティーブと直接会ったことはなかった。もちろんアップルの社員なら誰しも、Caffé Macs でスティーブを見かけたり、Jony Ive と一緒にアップルキャンパスの庭を散策するのを見かけることはあった。また彼が出る社内ミーティングももちろんあった。しかし彼と直に相対する機会はなかった。次の瞬間までは・・・

During the 12+ years I worked at Apple I never met with Steve Jobs for work purposes. Of course like all Apple employees I saw Steve in Caffé Macs or walking with Jony Ive around the courtyard inside the Infinite Loop campus. And of course there were Comm meetings that he would run. But I didn’t have any direct contact. Until…

     *     *     *

死の床に

iPad が公式に発表される1、2週間前の 2010 年3月のこと、ついにスティーブと直接相対する理由ができた。私の友人のひとりが肝臓病で死の床にいたのだ。サンフランシスコまで行って彼女と話をできればと考えていた。アドビ時代からの友人で、とても技術に詳しかった。だから彼女に iPad を見せてあげられたら素晴らしいだろうと思ったのだ。しかも私は1台持っていた。けれども iPad はまだ公表されていなかったので、アップルのトップの許可無しには誰にも見せるワケにはいかなかった。

In March 2010, just a couple of weeks before the iPad was due to be released publicly, I had a reason to contact Steve. A friend of mine was dying of liver disease and I was going to San Francisco to hopefully see and communicate with her while it was still possible. She was a friend from my Adobe days and was very much into technology. I thought it would be a treat for her to see an iPad. And I had one. But until the product was officially released I could not show it to anyone without permission from Apple management.

     *     *     *

返事はノーだろう

スティーブが直接許可してくれなければ iPad を持って行くことなどできはしない。直上の上司に頼んでもなんの役にも立たないことは分かっていた。そんなリスクは誰だって冒したくはない。iOS 開発のトップレベルだけしかそんなリクエストには応じられないだろうし、やるだけムダだと思えた。返ってくるのは「ノー」という返事だけだろう。誰もそうしようとは思わないからだ。

There was no way I was going to take the iPad with me unless Steve personally approved it. I knew that asking anyone in my direct management chain was a non-starter. I knew that nobody would take the risk. Only in the higher levels of iOS development would they be able to approve such a request and it seemed like a waste of time to bother trying. The easy answer was “No” and that is what I would hear. Nobody would care.

     *     *     *

異例のお願い

そこでスィーブに手紙を書くことにした。

So I wrote Steve:

David Gelphman からスティーブ・ジョブズあて
件名:異例のお願い
2010 年3月23日付け

From: David Gelphman
Subject: unusual request
Date: March 23, 2010 9:04:55 AM PDT
To: Steve Jobs

どうも、

Hi,

自分はサンフランシスコの病院に入院中の末期患者の友人を今日(火曜日)訪ねることにしています。金曜まではもたないだろうと医師にいわれました。2月末の肝臓移植でよくなると期待しましたが、残念ながら回復しませんでした。

Today (Tuesday) I’m visiting a terminally ill friend in the hospital in San Francisco. I’ve been told that she will likely not survive until this Friday. She had a liver transplant in late February and we all had high hopes but unfortunately she has not recovered.

私はアップルから iPad の〇〇ソフト[名称削除]を持ち歩く許可をもらっています。アップルの秘密保持については十分心得ています。iPad は4月3日までは発表されませんが、出来ればの彼女の写真を iPad で見せたいやりたいと思い、あなたの許可を願い出た次第です。普通であればこんなお願いをすることはありませんし、聞き届けられるとも思っていません。

Apple has given me carry permission for the [REDACTED] software for the iPad and I take Apple’s security very seriously. I was hoping to get permission from you to show her photos on the iPad even though it is not due to be released until April 3rd. Under normal circumstances I would not make such a request, nor would I expect that such a request might possibly be granted.

このお願いをご検討くだされば有難いです。

Thank you for considering this request.

David Gelphman から

David Gelphman

     *     *     *

「OK」の2文字

ジョブズに願い出たのは最後の最後で、まさか(間に合うように)返事がもらえるとは期待もしなかった。ところがメールを送った3分後に返事が返ってきたのだ。

Stupidly, I had only thought of doing this at the last minute and didn’t really expect a reply, much less one in time to make a difference. Yet 3 minutes after I sent my email I got a response.

スティーブ・ジョブズから David Gelphman あて
件名:異例のお願いについて
2010 年3月23日付け

From: Steve Jobs
Subject: Re: unusual request
Date: March 23, 2010 9:07:04 AM PDT
To: David Gelphman

OK

OK

iPhone から送信

Sent from my iPhone

     *     *     *

たったの2文字が・・・

この返事をもらってどんなにうれしかったか言葉に尽くせない。「OK」というたった2文字だったが、自分にとっては大きな重みがあった。スティーブはキーノートで何度もこういったものだ。「これこそアップルがやっていることの理由なのです」と。 この日スティーブは、規則には外れていたけれどあえて私の友人のためにわれわれがやっていることに触れる(心動かされる)機会を与えてくれたのだ。そのとき自分はアップルにおけるキャリアの中でアップルの精神について疑問を感じていたが、この小さな出来事で自分の気持ちは大きく勇気づけられたのだった。

Words can’t express how happy I was to get this response. “OK”. Just two letters meant so much. At many keynotes Steve said: “This is why we do what we do”. And that day he was willing to let my friend be touched by what we do, even though it didn’t follow the rules. At that time in my career at Apple I was wondering about the heart of the company. This little interaction lifted my spirits greatly.

     *     *     *

カバンに入れたまま

残念ながら彼女といた間中ずっと意識がなく、iPad はカバンに入れたままだった。持って行ったことに気づいたひとも誰もいなかった。彼女はその日息を引き取った。でも彼女の最後の瞬間を看取ることができて有難かった。その最後にはとても心動かされた。スティーブの2文字の手紙にも・・・

Sadly my friend was unconscious the whole time I was with her and the iPad stayed in my bag. Nobody there knew I had brought it. She died that day but I was so glad I was there with her when she passed. Being there was very moving. And so were Steve’s 2 letters.

CJ よ、安らかに。そして、スティーブも安らかに・・・

CJ R.I.P., SJ R.I.P.

     *     *     *

「OK」だけというところがいかにもジョブズらしい。

晩年のスティーブ・ジョブズの実像は必ずしもアップル伝説とは一致しない。発表前の iPad の持ち出しまで認めている。

まだいろいろなエピソードがあるに違いない・・・

[via Daring Fireball

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

[Act Of Sportsmanship Gives Texas High Schooler Shot At Glory | YouTube

     *     *     *

Mitchell Marcus はテキサス州エルパソ Coronado 高校バスケットボールチームのチームマネージャーだ。発育障害を抱える彼は、いつも応援席からせいいっぱいチームを応援する。

その彼をコーチの Peter Morales は試合に出す決心をする。シーズン最後の Franklin 高校との試合で、「Mitchell、Mitchell!」の大声援の中、チームメートから何度もパスを受けるが、ことごとくシュートに失敗する。

とうとう受け損ねたボールが最後には相手チームに渡ってしまう。

・・・そのとき、信じられないことが起きた。

相手チームの Jonathon Montanez が大声で彼を呼んで、敵方の彼にボールをパスしたのだ。

そして、Mitchell のシュートが決まる!

スポーツマン精神の発露だ・・・

その瞬間の様子は、ぜひともご自分の目でお確かめください。

     *     *     *

ボールを譲った Jonathon Montanez のことば:
「自分がしてもらいたいことを他人にもするようにと育てられました。Mitchell は当然チャンスを受ける権利がある、彼はそのチャンスに値すると思ったのです。」

“I was raised to treat others how you want to be treated,” Jonathon explained to CBS News about his action. “I just though Mitchell deserved his chance, deserved his opportunity.”

その瞬間をスタンドで目撃した Mitchell の母親のことば:
「この瞬間のことを思い出すたびに一生泣くと思います。」

Mitchell’s mom was in the stands to witness the amazing moment and said, “I think I’ll cry about it for the rest of my life.”

コーチの Peter Morales のことば:
「彼が得点できるとは思っていませんでした。ただ、試合に出れてハッピーだったと思って欲しかったのです。彼はすばらしいヤツです。彼がいつもいてくれるので、チームのみんながよろこんでいます。」

“He wasn’t going to be able to score, but I was hoping that he was happy that he was just put in the game,” Coronado Coach Peter Morales said about his decision to put Mitchell in the game. “He’s just an amazing person that our basketball team loves being around,’ the coach added.”

     *     *     *

「両方のチームが勝ったのだ」という結びのことば。

こんな話は好きだなあ・・・

★ →[ビデオを見る:YouTube

Read Full Post »