Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2012年10月19日

Update:エントリー価格は 329 ドル?》

[iPad mini by Martin Hajek:image

バツグンの的中率を誇る John Gruber が小型 iPad の直前予想をしている。

ディスプレイ、価格、名称の3点に絞ったもので、いつもながらその考え方は説得力があるように思える。

Daring Fireball: “Thoughts on the Display, Price, and Name of the Impending Smaller iPad” by John Gruber: 18 October 2012

     *     *     *

Retina ディスプレイでない新 iPad なんて考えられるだろうか?

How Can the New iPad Not Have a Retina Display?

この疑問の背後にある考え方はこういうことだ — iPad (3) は Retina だし、iPhone や iPod Touch も2年近くそうだ。だとしたらアップルが Retina でない新製品を出すなんて考えられるだろうか。たしかに筋は通っている。しかし次の点も考慮すべきだ。どの iOS デバイスも最初に登場したときは Retina ディスプレイではなかった。Retina 化には2年から3年を要したという点を・・・

The thinking behind this question usually goes like this: the iPad (3) has a retina display and the iPhone and iPod Touch have had them for two years, so how can Apple introduce a new device without one? That’s perfectly logical. But consider this: each new iOS mobile device has debuted with a non-retina display, and then went retina two or three years later.

     *     *     *

トレードオフ

別の視点から見れば、アップルはトレードオフを考慮して決定しなければならないのだ。最新の iPad (3) の最大のウリはディスプレイだ。大きくて非常に明るいディスプレイはそれだけパワーを食うので、iPad 2 より厚く、重たく、それがトレードオフになっている。何かをデザインするときは、ひとつないしは2つのメインになる属性(primary attributes)を選び、それ以外については妥協するのだ。

Another way to look at it is that Apple has to choose its trade-offs. The flagship feature of the iPad (3) is its display. The cost, in terms of trade-offs, is that it is thicker and heavier than the iPad 2 because that big gorgeous bright display requires so much more power. When designing anything, you pick one or two primary attributes and you compromise on everything else.

     *     *     *

マジック

小型 iPad のメインになる属性は、薄さ・軽さ・安さだと私は考える。Retina ディスプレイにすれば厚く、重く、高くなるだろう。私の考えが間違いで、アップルのエンジニアがこの小型 iPad に 7.85 インチ 2048 × 1536 ディスプレイを搭載し、かつ格段に薄く(例えば 7.2 ミリ)、軽く、300 ドル以下に価格を抑えるというマジックをやってくれればうれしい限りだが、それこそ「マジック」だろう。

I expect the primary attributes of the smaller iPad to be thinness, weight, and price. A retina display would make it thicker, heavier, and more expensive. I would love to be proven wrong, for Apple engineering magic to put a 7.85-inch 2048 × 1536 display into this smaller iPad and yet keep it remarkably thin (say, 7.2 mm or so) and light and hit price points under (and perhaps well under) $300. But I think “magic” is the key word there.

     *     *     *

差別化

最後に、小型 iPad を Retina 化しないことで、より高価なレギュラー iPad (3) と差別化することができる。Retina ディスプレイはプレミアム機能なのだ。新しい小型 iPad は iPad ラインアップのプレミアムモデルではない。Retina ディスプレイでないから買いたくないのなら、レギュラー iPad (3) を買えばいいのだ。

Lastly, debuting with a non-retina display would help differentiate the new smaller iPad from the regular (and more expensive) iPad (3). Retina displays are premium features; the new smaller iPad is not the premium model in the lineup. You don’t want to buy one because it doesn’t have a retina display? OK, buy the regular iPad (3) that does.

     *     *     *

新 iPod Touch のエントリー価格が 299 ドルなら、小型 iPad の価格はそれ以上になるのではないか?

If the New iPod Touch Starts at $299, Doesn’t That Mean the Smaller iPad Will Cost More Than That?

この背後にある考え方は、大きいことはいいことで、小さいことは安いことだというもの。だから新しい iPod Touch が 299 ドルするのなら、小型 iPad は 349 ドルないしはそれ以上するハズだと。もし小型 iPad が新 iPod Touch より安ければ、iPod Touch を買おうとするひとはみな大きなディスプレイで値段が安い iPad を選ぶのではないだろうか。

The thinking behind this question seems to be something like this: bigger is better, smaller is cheaper, so if the new iPod Touch costs $299 then the smaller iPad has to cost $349 or more because otherwise, if this new smaller iPad cost less than the new Touches, everyone who’s thinking about buying an iPod Touch is going to buy one of theses iPads instead because it’s got a bigger display and costs less.

     *     *     *

細密ミニチュア

この考え方はいくつかの点で間違っていると思う。小さくなれば一般的には安くなるという点は正しいが、細密ミニチュア(miniature)になるとプレミアム価格になるのだ。13インチ MacBook Pro は15インチより小さいから安い。11インチ MacBook Airは13インチより小さいから安い。しかし iPod Touch は iPad より小さいだけではない — 細密ミニチュアモデルなのだ。ガジェットの価格は通常U字形になる。大きいものは高く、小さいものは安い。そして細密ミニチュアは高くなるのだ。iPad (3) と iPhone・iPod Touch はU字形曲線の両端で、小型 iPad はその真ん中に当たる。

I see several things wrong with that line of thinking. It’s true that smaller generally implies cheaper, but miniature carries a premium. The 13-inch MacBook Pro is smaller than the 15, and thus cheaper. The 11-inch MacBook Air is smaller than the 13, and thus cheaper. But the iPod Touch isn’t just smaller than the iPad — it’s miniature. Gadget prices tend to follow a U-shaped curve: big is expensive, small is cheap, miniature is expensive. The iPad (3) is near the beginning of the curve. The iPhone and iPod Touch are at the end. This new smaller iPad will be in the middle.

     *     *     *

カニバリゼーション

二つ目に考慮すべき点として、iPod の売れ行き(Touch を含めて)は他の iOS デバイスによって食われても(cannibalized:共食い)なんら問題ないということだ。アップルストアを訪れた顧客がたとえば 249 ドルの小型 iPad を見つけて、299 ドルの iPod Touch より安くて大きいからといって買う決心をしても、アップルにとって勝ちであることに変わりはない。顧客は iPad をひとつ買うわけだから・・・

Second is that Apple has no problem if iPod sales, including the Touch, continue to be cannibalized by other iOS devices. If a customer walks into the store and sees a (say) $249 smaller iPad and decides to buy that instead of a $299 iPod Touch simply because it’s cheaper and bigger at the same time, that’s still a win for Apple. The customer just bought an iPad.

もしアップルストアを訪れた顧客がズボンのポケットに入るもの、あるいはエクササイズのときに腕に付けられるものが欲しいとしたら、それは iPad にはならないだろう。代りに iPod Touch か iPhone を買うだろう。アップルのどの製品を買うかというだけの話だ。

On the other hand, if a customer walks into the Apple Store and wants to buy something that will fit in their pants pocket or strap onto their arm while exercising, the iPad isn’t even in the picture. They’re going to buy an iPod Touch or an iPhone; it’s simply a question of which one.

     *     *     *

比べるべきは

新しい小型 iPad の価格が iPod Touch と競合しても一向に構わない。そもそも異なるカテゴリーの製品なのだから。比べるべきはレギュラー iPad やライバルのタブレットの価格に対してであり、それこそが問題なのだ。

Don’t worry about comparing the price of the new smaller iPad to the iPod Touch. It’s a different category. Compare it to the price of competing tablets and to the regular iPad. That’s all that matters.

     *     *     *

名前はどうなる?

What Are They Going to Name It?

薄さ、軽さ、安さがメインとなる属性(primary attributes)の他のアップル製品をご存知だろうか。MacBook Air がそうだ。WWDC で発表された一連の Air ラインアップが Retina ディスプレイでないのは偶然ではない。アップルのすべてのラインアップが Retina 化するにはまだ数年はかかる。だから新製品の名前は次の順序でいずれかになると思う。

You know what other Apple product’s primary attributes are thinness, weight, and price? The MacBook Air. And, no coincidence, the latest revisions to the Air lineup debuted on stage at WWDC without retina displays. We’re a couple of years away from Apple going retina across the board. That’s why my guesses as to what the thing is going to be called go in this order:

     *     *     *

可能性として

1. iPad Air
2. iPad
3. iPad Mini

     *     *     *

断言はできないが・・・

とても薄くて軽いけれど、レギュラー iPad に比べればそれほど小さくないものを “Mini” と呼ぶのは相応しくないような気がする。しかしこの3つの名前のどれかだとまでは断言できない。

“Mini” just doesn’t feel like the right way to describe something that’s remarkably thinner and lighter but not that much smaller than the regular iPad. But I wouldn’t bet against any of those three names.

     *     *     *

U字形価格モデルの考え方がおもしろい。

従前の 199 ドルが 249 ドルに後退したのは少し残念・・・

あと残された疑問は Wi-Fi モデルだけかどうかという点だろう。

最近のウワサでは LTE モデルも十分にありそうな気がするが、この点については Gruber もまだ確たる情報を掴んでいないとみえる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》エントリー価格は 329 ドル?(10月21日)

[9to5Mac の予想価格表:chart

数々のスクープをものにした Mark Gurman が、改良版で価格据え置きのフルサイズ iPad の同時発表を予想するとともに、小型 iPad についても Gruber とは異なるエントリー価格を予想している。

9to5Mac: “Apple’s smaller iPad to likely start at a minimum of $329 in the U.S.” by Mark Gurman: 20 October 2012

     *     *     *

エントリー価格は 329 ドル

間もなく登場する小型 iPad のエントリー価格は、第5世代 iPod touch(299 ドル)と WiFi オンリーの 16GB iPad 2(399 ドル)の中間の価格になる。我々のソース(複数)によれば、小型 iPad の米国価格設定は最低でも 329 ドルになりそうだ。

Apple’s entry price for its upcoming smaller iPad is between the base model of the new, fifth-generation iPod touch ($299) and the currently shipping WiFi-only 16GB iPad 2 ($399). According to our sources, the base model of the smaller iPad will likely be priced at a minimum of $329 in the United States.

     *     *     *

WiFi オンリーモデル

より容量の大きい2つの小型 iPad は WiFi オンリーの構成になる。価格は最低でもそれぞれエントリー価格より 100 ドル高い 429 ドルおよび 529 ドルになりそうだ。

Two higher capacities of the smaller iPad will be available in the WiFi-only configuration. These will likely be priced at $100 premiums over each other at a minimum of $429 and $529.

小型 iPad のエントリー価格はもっと高いかもしれないが、我々の予想は 329 ドルだ。

It is possible that this base price for the smaller iPad could be higher, but our best guess is $329.

     *     *     *

携帯ネットワーク対応版

小型 iPad には携帯ネットワーク対応版も出る。第3世代 iPad と同様に、 WiFi + 携帯ネットワーク対応版は WiFi オンリーモデルに 130 ドルを加えた 459 ドル、559 ドル、659 ドルがそれぞれ最低価格になりそうだ。

Apple’s smaller iPad will also come in a version that connects to cellular networks. Like the third-generation iPad, these models will come at a $130 premium over their corresponding storage capacity in the WiFi-only line. This comes out to likely minimum price points of $459, $559, and $659 for the WiFi + Cellular line…

小型 iPad の予想価格表を上に掲げておいた。

We created the likely pricing matrix for the smaller iPad shown above.

     *     *     *

これに対する Gruber の感想は次のとおり。

Daring Fireball: “9to5Mac: Smaller iPad to Start at $329” by John Gruber: 20 October 2012

奇妙な数字だ

これは自分の予想より少し高い。自分としては Wi-Fi モデルは最低 299 ドルになると考えた。「しかも」Wi-Fi モデルも携帯ネットワーク対応モデルも、いずれも「X99」・「X49」といった数字でないことも奇妙だ。30 ドル少ない価格ならスッキリするのに・・・

That’s a little more expensive than I expected — I thought they’d at least hit the $299 mark with the entry-level Wi-Fi model. Curious too that none of the prices, for Wi-Fi-only or cellular models, land on “even” $X99 or $X49 numbers — these prices would look a lot nicer if they were each $30 less.

     *     *     *

Gurman の予想は先きに入手した価格リストに基づいて「算定された」もののように思われる。

先きの価格リストはオーストラリアのものだったが、新しい算定表ではアメリカのものになっていて、P101 および P103 が欠けていることも気にかかる。[P101 および P103 はフルサイズの iPad だった。]

まあ、販売価格はアップルの専権事項で、発表するまでは分からないのが常だから、あと数日のお楽しみというところか・・・

なお、名称が「小型 iPad」であること、LTE モデルについては触れていないことも興味深い。

それにしても Gruber の予想は、「199 ドル → 249 ドル → 299 ドル」と書くたびに揺れている・・・

Read Full Post »