Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2011年7月25日


Steve Jobs

ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が取り上げた Steve Jobs の後継者問題について John Gruber が興味深いコメントをしている。

Daring Fireball: “On Succeeding Steve Jobs” by John Gruber: 22 July 2011

     *     *     *

WSJ 紙の記事

アップルが記録破りの決算報告をするたったの30分前に、アップル CEO の後継者問題に関する記事が WSJ 紙に載った。Yukari Iwatani Kane、Joann S. Lublin、Nick Wingfield などの共同執筆になるものだ。(講読者限定の記事だがこちらのリンクから読める。誰でもググれば読めるのだ。日本語では全文が読める。)

On Wednesday, less than 30 minutes before Apple announced another record-breaking quarter of financial results, the Wall Street Journal published a story by Yukari Iwatani Kane, Joann S. Lublin, and Nick Wingfield regarding the issue of Apple CEO succession. (You can circumvent the WSJ paywall using this link, which allows access to anyone coming to the story from Google.)

     *     *     *

ヘッドハンターに打診

WSJ 紙記事の要点はつぎのとおり。

Here’s the nut of it:

関係筋が明らかにしたところによると、米アップルのスティーブ・ジョブズ最高経営責任者(CEO)(56)が昨冬に病気療養で休職入りして以降、同社の 一部の取締役らがCEO後継問題について、企業幹部専門の人材紹介会社と協議した。また、少なくとも1人の大手IT企業の幹部とも話し合ったという。[WSJ 日本版訳]

Since Steve Jobs went on medical leave this winter, some members of Apple Inc.’s board have discussed CEO succession with executive recruiters and at least one head of a high-profile technology company, according to people familiar with the matter.

同筋によると、話し合いは新CEO探しを明確な目的にしたものではなく、選択肢を非公式に検討する意味合いの方が強かったという。関係筋の一部は、これら取締役がアップル取締役会全体を代表して話し合っているようではなかったとしている。アップルにはジョブズ氏を含め、7人の取締役がいる。[WSJ 日本版訳]

The conversations weren’t explicitly aimed at recruiting a new chief executive and were more of an informal exploration of the company’s options, said these people. The directors don’t appear to have been acting on behalf of the full board, some of these people said. Apple has seven directors, including Mr. Jobs.

ジョブズ氏がこのことに気づいていたかどうかも不明だ。ウォール・ストリート・ジャーナルはこの話し合いについてジョブズ氏に質問したが、ジョッブズ氏は18日の電子メールで、「それはでたらめだと思う」と回答してきた。[WSJ 日本版訳]

It is unclear whether Mr. Jobs was aware. In response to questions from The Wall Street Journal about the discussions, Mr. Jobs said Monday in an email, “I think it’s hogwash.”

     *     *     *

タメにする記事

WSJ 紙記事を見て、記事のタイミングが不自然だと書いたが、それは控え目な言い方に過ぎたかもしれない。Jobs の後継者問題がダイナマイトにつながっていることは誰でも知っている。Jobs は余人をもって代え難い。しかしいずれ代わる日はやってくる。未来のいずれかの時点で Jobs が CEO を退くことになれば、アップルの株価が打撃を受けることになるのは必定だ。こんな憶測報道、しかも出所のはっきりしない記事が、圧倒的にポジティブな決算発表をアップルが行なう30分前に記事にされた・・・そのことが、アップルの株価にそれなりのマイナス効果を与えようとしたものではなかったとはとても信じられない。

As I wrote when the story broke, to say that the timing of the publication was suspicious is an understatement. Everyone knows the question of succeeding Jobs is attached to dynamite. He cannot be replaced, but, inevitably, someday will be. If Jobs steps down as CEO at any point in the foreseeable future, the company’s stock price is almost certain to take some sort of hit. I can’t see how a speculative and sketchily-sourced story such as this, published 30 minutes before Apple announced overwhelmingly positive financial results, was not intended to dampen, to some degree, the positive effect of those results on Apple’s stock.

     *     *     *

出所不明

この記事は「出所がはっきりしない」と述べた理由。「事情に詳しいひとによれば」(according to people familiar with the matter)というのがこの記事の唯一のソースだ。それなら誰でもいいことになる。ちゃんとした信頼できるソースは、取締役会の異端的といわれる一人ないし複数のメンバーの場合だろう。信用できないソースは、取締役会のメンバーに接触されたと称するヘッドハンター役員とか、あるいは「有名テクノロジー企業のトップ」、すなわちアップルのライバル企業の場合だろう。アップル取締役会のメンバーが誰であれそんなことを新聞記者に語ったとは信じ難いことだ。記事には固有名詞がまったく出てこない。取締役会の誰かという名前も、ヘッドハンターの名前も、外部の後継者と目される候補者の名前も、まったく何も触れられていない。

Regarding my description of the story as “sketchily-sourced”: the only attribution in the story is “according to people familiar with the matter”. That could be anyone. A good source would be one or more of the purportedly rogue board members. A dubious source would be, say, simply an executive headhunter who claims to have been approached by members of the Apple board, or the “head of a high-profile technology company” — i.e. perhaps an Apple competitor. I find it hard to believe any member of Apple’s board would speak about such an effort to reporters. There are no names in the story whatsoever. No board member, no headhunter, no supposedly-considered outside candidates for the job. None.

     *     *     *

ナンセンス(hogwash)

この記事は読めば読むほど、ひどい話に思えてくる。だから Jobs が「ナンセンスだ」と一蹴したのが真実味を帯びてくるのだ。外部のものをアップルに連れてきても、Jobs の代わりの CEO として信頼を得られる人間なぞ誰もいない。近い将来 Jobs が引退するとしたら、彼に代わるのはアップル社内の人間だろう。

The more I think about this story, the worse it looks. Here’s what gives credence to Jobs’s dismissal of it as “hogwash”: there is no one from outside Apple who could credibly replace Jobs as CEO of Apple. If Jobs steps down in the foreseeable future, his replacement will come from within the company.

     *     *     *

2つのグループ

新しい CEO は直ちに2つのまったく異なるグループの信頼を勝ち取らなければならない。ひとつはアップルの一般社員であり、もうひとつはウォール街だ。この双方を(どの程度であれ)満足させられる候補者は、すでにアップルで働いているものしかいない。外部からきた人間でアップル社内とウォール街双方に受け入れられるものなぞ考えもつかない。たったの一人も・・・

A new Apple CEO would need credibility and the ability to instantly instill confidence with two highly disparate groups: Apple’s rank-and-file employees, and Wall Street. The only candidates who could satisfy both factions, to any degree, already work at Apple. Name one outsider who’d be accepted both inside the company and on Wall Street. I can’t. Not one.

     *     *     *

アップルの気風

アップル社員は何よりも偉大なデザインを尊敬し、育(はぐく)む。かかる気風は他のどのテクノロジー企業にもない。アップルのような企業はどこにもないのだ。アップルから人材が流出することはアップルにとって壊滅的ダメージを意味する。アップルの取締役会メンバーはこのことを十分心すべきだ。これは誰でも分かる自明のことだ。

Apple employees respect and cultivate great design above all else. No other company in technology reflects this ethos. There is no other company like Apple. An exodus of talent from the company would be utterly devastating. Everyone on Apple’s board of directors must know this. It’s completely obvious.

     *     *     *

外部からの人物で後継者候補と目される者への辛口批評がこの後続く。なかなかオモシロいが、名前を挙げるだけでここでは割愛する。

– Eric Schmidt
– グーグル出身者
Jon Rubinstein
Tony Fadell
– Jeff Bezos
– Larry Ellison
– マイクロソフト出身者
– Woz
– Jean-Louis Gassée
Guy Kawasaki
– Jack Dorsey

     *     *     *

Tim Cook

後継者問題は誰もが興味を持つ話と思われ勝ちだ。でもそんなことはない。なにも陰謀なぞないのだ。もし Jobs が近い将来引退するとなれば、後継者は間違いなく Tim Cook だ。ウォール街から全幅の信頼を得、アップル内部でも多くから信頼されている。Jobs の休暇中はすでに彼がアップルを指揮していた。彼のあらを探すとすれば、業務畑で財務畑、プロダクトデザイン向きではないという点だろう。理想は Steve Jobs のような人間をアップルが見つけることだ。しかしそんな人間は存在しない。Steve Jobs に代わる人間なんていないのだ。見つかるのはアップルの次期 CEO だけだ。

Everyone wants this to be an interesting story, but it’s not. There is no intrigue. If Jobs steps down in the foreseeable future his replacement will almost certainly be Tim Cook. Utter credibility on Wall Street, and much respect within Apple. He’s already run the company while Jobs has been on leave. The knock against him is that he’s an operations and finance guy, not a product design guy. Ideally Apple would find someone just like Steve Jobs, but there exists no such person. There will not be a next Steve Jobs. There will be a next CEO.

     *     *     *

三頭体制

Tim Cook がこれまでアップルについて語ったことを読んでみよう。彼はまさに典型的業務畑で財務畑だ。彼は業務畑で育ち、アップルがどう動いているか、なぜ成功したのか、成長を続けるにはどうしたらいいかということを理解している。Cook に Jobs の仕事はこなせない。ほかの誰だって出来やしない。Cook はそのことを知っており、それに満足していると私は考える。Jobs が去った後のアップルの自明な体制とは、Cook がこれまで COO としてやってきたことを CEO として続け、デザインに関する決定権は複数の上級副社長に任せるというものだ。iOS については Scott Forstall に、ハードウェアデザインについては Jonathan Ive に、そしてマーケティングは(場合によっては Mac についても)Phil Schiller に任せるのだ。

Read what Tim Cook has said about Apple over the past few years. He is anything but a typical operations and finance guy. He’s an operations guy who understands how Apple works and why it has succeeded, and what it needs to keep doing to continue growing. Cook cannot do what Jobs does, but no one else can either. And Cook, I think, is not only aware of that, but he’s comfortable with it. The obvious structure for a post-Jobs Apple has Cook as CEO, doing mostly what he’s already been doing as COO. What he already does at Apple is what most CEOs do at other companies. Final word on product design goes to the senior vice presidents: Scott Forstall (iOS), Jonathan Ive (hardware design), and Phil Schiller (marketing and, perhaps, Mac).

Cook 以外に信頼を得られる候補者はこの3人だけだ。Ive について誰もがはっきり持つ印象は、ポストに付きもののスポットライトに彼が興味を示さないだろうということだ。それに Cook が満足して COO として留まっている限り、Forstall や Schiller がポストをオファーされるとは考えられない。もし Cook が昇進を見送り、その結果アップルを去ることにでもなれば、ウォール街では株価暴落の始まりとなるだろう。

Those three men are the only other credible candidates for the job than Cook — and one gets the distinct impression that Ive has no interest in the limelight that would accompany the post. And I don’t see how Forstall or Schiller could be offered the gig unless Cook was on board, satisfied remaining as COO. Because if Cook were passed over and in response left Apple, that’s the sort of thing that could trigger a stock collapse on Wall Street.

     *     *     *

アップルの価値観

アップルがどのライバルより大きく、かつ急成長しているのでなければ話は違うかもしれない。しかしアップルはどこよりも大きく、どこよりも早く成長している。アップルにはライバルとは異なった価値観がある。それにも関わらず — ではなく、だからこそアップルが今日の成功を勝ち得たのだとすべてのアップル社員が信じている。アップルがやってはならぬのは、組織をいじったり、ライバル他社がやっていることを真似することだ。

Things would be different if Apple weren’t both larger and growing faster than all of its competitors. But they are. Apple has different values than its competitors, and everyone in the company believes that it is because of these differences, not despite them, that Apple has achieved its current success. The last thing Apple needs is a shake-up or a dose of what any of their competitors are drinking.

     *     *     *

いいかえれば・・・

いいかえれば、Jobs がアップルを去った後の自明の体制とは、誰もが現在目にしている Jobs 不在のアップルと同じなのだ。

Put another way, the obvious structure for a post-Jobs Apple is simply Apple as we know it, without Steve Jobs.

     *     *     *

なかなか説得力があるように思えるがいかが?

それにしても WSJ の記事のタイミングは変だな・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »