Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2010年5月3日

Baddream

恐怖の記憶 | Lawrence Yang

Flash をめぐる確執を理解するためのもうひとつのカギ・・・

Mark Bernstein: “Platform Control” by Mark Bernstein: 01 May 2010

     *     *     *

騒ぎのたびに傷つく

私にとってアップル対 Flash 騒動を見るのは愉快なことではない。Flash の専門知識を活かして仕事をしているたくさんの優れたひとたちがいる。Flash が批判されたびに、彼らの食い扶持がそれだけ減るのだ。それは彼らを怒らせ、憤慨させる。アップルが Flash にケチを付けるたびに、彼らの生計を損ない、キャリアを傷つける。インターネットコミュニティを表現するのによく使われるメタファー・・・「オープンで」、「フリーで」、「悪を為さない」といった特殊用語で表わされ、技術用語となってもなお昔の響きを残しているメタファー・・・さえほとんど何の役に立たない。

I find the whole Apple-Flash brouhaha to be unpleasant to watch. Lots of good people happen to make a living from their Flash expertise. When people criticize Flash, that takes groceries off their table. It makes them angry and resentful. When Apple pokes holes in Flash, it hurts their livelihood and damages their careers. The popular metaphors of the internet community – rich in jargon terms like “open”, “free”, “evil” that have acquired very technical meanings but retain their primal resonances – have been profoundly unhelpful.

     *     *     *

苦い記憶

John Gruber のアップルのポリシーに関する最新の分析はほぼその通りだと思う。アップルの不安の根底にあるのが PowerPlant/Metrowerks だと具体的に指摘したことも正しい。(Tinderbox は今なお苦闘している。)アップルにとってもうひとつの苦い記憶は Java だ。さらに思い出したくないのが OpenDoc だろう。アップルは全社を挙げてこれに賭け、そして負けたのだ。

John Gruber’s recent analysis of Apple’s policy is, I think, almost exactly correct. He is right to pinpoint PowerPlant/Metrowerks as a source of Appleユs anxiety. (Tinderbox is still struggling with that one.) Java was another bad memory for Apple. An even worse memory, I think, is OpenDoc – the platform on which Apple bet the company, and lost.

     *     *     *

忘れられないもの

しかし Gruber も、すべての背後にある感情的な記憶については触れていないと思う。

But Gruber forgets the emotional memory behind all of this.

     *     *     *

最後の頼みの綱

1997 年当時、アップルの経営は絶体絶命のピンチだった。どの新聞も、アップルはもうすぐ破産すると書き立てた。アップルコンピュータなんてオモチャで、不運で、ホープレスだと。残された唯一の希望は、独禁法問題を抱えたマイクロソフトが、もがき苦しむアップルの寿命を1、2年延ばしてくれるかもしれない、そうすれば何かが起きるかもしれないということだけだった。

In 1997, Apple was on the ropes. Every trade press story speculated that Apple would soon go out of business. Apple’s computers were toys, hapless, hopeless. The only hope seemed to be that Microsoftユs antitrust problems would extend the struggling company’s life a year or two and something might turn up.

しかし最後の頼みの綱も、あまりに小さすぎるマーケットシェアから、自らの手を煩わすに値せず、Office for Mac も中止するとマイクロソフトが言い出す恐れがあり、どうみてもそうなりそうだった。その日、みんなは予期したのだ。間違いなくアップルは事業はダメになるだろうと・・・。

The last straw — what everyone feared and anticipated — was the seemingly-inevitable Microsoft announcement that Apple’s market share was too small to be worth Microsoft’s trouble, and that Office for Mac would be cancelled. On that day — and we all expected it — Apple would for all practical purposes cease to have a business.

しかしそうはならなかった。マイクロソフトは独禁法問題に巻き込まれることを望まなかった。Office をさらに数年延ばすことと、アップルに1億 5000 万ドルを用立てることを約束したのだ。かくて Jobs はカムバックした。

It didnユt happen. Microsoft didnユt want to face the anti-trust consequences. They promised to extend Office a few years, and lent Apple $150M, and Jobs came back.

     *     *     *

二度と決して・・・

アップルが回復していく過程で、きっとこんな瞬間があったに違いない。丘の上に立ち、沈みゆく大陽を眺めながら、こぶしを握りしめ、天に向かって誓う。二度と決して飢え死にし、無力になることはないと。Macintosh の生死を、他者の手に委ねることは二度と決してないと・・・。かくてアップルは Metrowerks の代わりに自らの IDE[integrated development environment:統合開発環境]を書いたのだ。Keynote を書いて、たといマイクロソフトが Office for Mac を中止しても直ちに代わりのものを出す準備があることをマイクロソフトおよび世界に知らしめた。さらには、Safari を書いて、何が起きようとアップルには Web ブラウザの代わりがあることも示したのだ。

And somewhere in the recovery was a moment when Apple stood on a hill, before the setting sun, and shook its fist at the heavens and vowed that it would never be hungry (and powerless) again Never again would another company decide whether the Macintosh lived or died. So, Apple supplanted Metrowerks and wrote its own IDE. It wrote Keynote to inform Microsoft and the world that, should Microsoft discontinue Office for Mac, Apple would be prepared to replace it without delay. It wrote Safari to ensure that it would have a Web browser option, come what may.

     *     *     *

暗い恐怖の記憶

これこそ新しいアップルを理解するカギなのだ。大きな会社となり、あまねく成功を収めている。どんなニッチなソフトであれ、成功を収めるものが書けると信じている。才能に富み、自信も持っている。しかしその背後には、いつも「恐怖」が潜んでいるのだ。他人の好意と力にすがったばかりに、暗い小部屋に立ちすくんで、みんなが笑い嘲る中で、不意の打撃が降り掛かってくるのをひたすら待っていた恐ろしい記憶が蘇る・・・

This is the key to modern Apple. It’s a big company, and it’s now wildly successful. It assumes that it can write a successful software product in any niche. It’s very talented and very confident. But always, at the back of its collective mind, is fear — the fear of depending on the kindness and competence of others, and the fearful memory of the days when it was cowering in a dark closet, waiting for the blow to fall, while the trade press laughed and jeered.

     *     *     *

苦しかったときの記憶は心に刻まれる。

輪廻はめぐる・・・

原文を見る:Original Text

Technorati Tags: , , , ,

広告

Read Full Post »