Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘WebOS’

Update:こうなることは前から分かっていた》


[webOS はどうなる:image

世界ナンバーワンのコンピュータメーカー HP が PC 事業のスピンオフを発表した。[HP プレスリリースBloombergBloomberg 日本版

iPad の本格的ライバルと目されていた TouchPad を発表してたったの2か月。webOS デバイスを打ち切るという発表はショッキングだ。

いったい webOS に何があったのか?

発表当日行なわれたという webOS チームとの会議の模様を Joshua Topolsky が伝えている。

This is my next…: “HP: ‘We are not walking away from webOS;’ exclusive details from inside” by Joshua Topolsky: 18 August 2011

     *     *     *

逃げ出すつもりはない

HP webOS ビジネスユニット[webOS Global Business Unit:webOS GBU]の全員が参加する会議の模様をインサイダーが伝えてくれた。HP は webOS デバイスの製造から撤退するという今日の発表を受けて行なわれたものだ。その会議の席上で webOS ビジネスユニットの担当副社長 Stephen DeWitt は、HP としては webOS の開発を継続するつもりであり、webOS をライセンスする可能性もあることを明らかにした。DeWitt は断固として「webOS から逃げ出すつもりはない」と何度も繰り返した。また「今日の時点ですべての回答を持っているわけではない」が、webOS プラットフォームの将来をどうするか2週間以内に結論を出すつもりだとも述べた。

An insider has given us details from an all-hands meeting HP just held with employees in the webOS Global Business Unit in light of today’s announcement that HP will no longer make webOS devices. In the meeting, webOS GBU VP Stephen DeWitt made it clear that HP intends to continue to work on webOS and likely intends to license it. DeWitt was adamant, saying several times “We are not walking away from webOS.” He detailed a plan to try to determine what the platform’s future will look like within the next two weeks, although he admitted that “Clearly, we don’t have all the answers today.”

     *     *     *

他社にライセンスするか

HTC ないしはサムスンにライセンスするのかという直接的質問に答えて、HP 副社長 Todd Bradley は、これまでのところ webOS は唯一 Qualcomm のチップセットで動くように設計されており、ライセンス希望者は webOS が他のチップセットもサポートするかどうかに関心を持つだろうと述べた。誰がパートナーになるかについては明言しなかった。

In response to a direct question about licensing to HTC or Samsung, HP VP Todd Bradley pointed out that, to date, webOS is designed to work on a single set of silicon — Qualcomm — and that many potential licensees would likely want to see webOS support other chipsets. He did not elaborate further on potential partners.

     *     *     *

パッとしないハードウェア

DeWitt はスタッフの人員削減にも言及したが、「勝利をもたらすことに真剣な」ひとを会社は求めているとも語り、改めて webOS プラットフォームの開発に対する HP のコミットメントを強調した。DeWitt も Bradley も、現在の webOS ビジネスモデルがうまく稼働しないのは主にパッとしないハードウェアのせいであることを明らかにした。「競争力のない製品を市場に出すことは」HP としてやめるべきだとも述べた。

DeWitt said that there would be staff reductions, but told the team that the company needs people “that are serious about winning” and again reiterated HP’s commitment to developing webOS as a platform. Both DeWitt and Bradley were clear that the current business model of webOS wasn’t working primarily due to lackluster hardware, arguing that HP needed to stop “trying to force non-competitive products into the market.”

     *     *     *

スピンオフとの関係は不明

要するに HP は、webOS をライセンスする(ひとつないし複数の)パートナーを探しているようだ。現在 webOS ユニットは Personal Systems Group に属しているが、コンピュータ部門を分社化した場合どうなるのかについては明言しなかった。

In short, it looks like HP is committed to finding a partner or partners to license webOS. It’s not clear how the company will shuffle the division around given that it currently sits within the Personal Systems Group, which is slated to be spun off.

     *     *     *

webOS をやめる気はないといっても、TouchPad の何が悪かったのかよく分からない。

たった2か月で TouchPad を引っ込めた理由を窺わせる興味深い記事を Matt Brian[TNW]が書いている。

webOS は iPad の方が倍のスピードで動いたというのだ。

TNW: “HP tested webOS on an iPad. It ran over twice as fast as the TouchPad.” by Matt Brian: 19 August 2011

     *     *     *

iPad の方が高速

スピードが遅く、様々な制約があるハードウェア[TouchPad]のせいで webOS チームはある点までしか技術革新を行なうことが出来なかったという。それは webOS を iPad で走らせてみたら、本来 TouchPad のために開発された場合より大幅に高速で動いたということにことに明確に表れている。

The hardware reportedly stopped the team from innovating beyond certain points because it was slow and imposed constraints, which was highlighted when webOS was loaded on to Apple’s iPad device and found to run the platform significantly faster than the device for which it was originally developed.

     *     *     *

Mobile Safari でも

webOS はウェブ技術を前提にしているので、iPad の Mobile Safari ブラウザ上のウェブアプリとして展開することも可能だった。この点でも同様な結果が出た。TouchPad よりもブラウザ上の方が何倍も高速だったのだ。

With a focus on web technologies, webOS could be deployed in the iPad’s Mobile Safari browser as a web-app; this produced similar results, with it running many times faster in the browser than it did on the TouchPad.

     *     *     *

2年前の古いモデル

HP が Palm 買収を発表した時点で、現在市販されている形での TouchPad はすでに完成していた。つまり TouchPad は2年を経過した古いデバイスだった。webOS チームはそれにタブレットフレンドリーなプラットフォームを載せたわけだ。

When HP announced its acquisition of Palm, the computing giant had already built the TouchPad hardware that sits on the shelves today. Basically, the TouchPad was a two-year old piece of hardware that the webOS team equipped with their tablet-friendly platform.

     *     *     *

7インチ版 TouchPad Go

我々のソースによれば、HP には TouchPad の7インチ版「TouchPad Go」を発表する予定もあったという。すでに製造中で、(昨日以前の時点では)来月の発売の予定だった。これが日の目を見るかどうかは分からない。TouchPad Go はなかなかいい感じのデバイスで、売れる可能性もあった。大きな分身[TouchPad]より前に発売されたら TouchPad より売れた可能性がある。

Our source also indicated that HP also had plans to release a 7-inch version of the TouchPad, the TouchPad Go. This was already in production and before yesterday was expected to launch in the coming months. It is unknown whether it will ever see a public launch now. The TouchPad Go was seen as a better looking and nicer feeling device that had the potential to sell, with it believed that sales of the device would outpace the TouchPad’s if it had been released before its larger cousin.

     *     *     *

次世代 TouchPad

HP は次世代 TouchPad も準備中だったらしい。詳細は不明だが、より軽量で、より高解像度の retina ディスプレイと金属の筐体を備えたものだ。次世代モデルでアッといわせるのは簡単なことだった。

We’ve also heard that HP in fact already had the next generation of TouchPad in the works. The details are very fuzzy here but we believe that it would be a lighter model with a higher-resolution ‘retina’ display and a metal body. Nothing out of the ordinary if HP truly wanted to make a splash with its next potential offering.

     *     *     *

webOS の移植作業も

webOS は Qualcomm チップセットでしか動かない。ライセンスを希望するハードウェアメーカーは自らのハードに最適化した特別の webOS バージョンが必要だ。だから将来のライセンシーを決めるのはなかなかむずかしい。しかし HP が webOS をアップルの A5 SoC を含む他のアーキテクチャに移植する作業を行っていたことを我々は知っている。

Because webOS is limited to working on the Qualcomm chipset, potential hardware partners would need to have a special version of webOS written for their hardware. This makes it hard to determine a likely licensee, but we know that HP has already been working on porting webOS to other architectures, including Apple’s A5 SoC.

     *     *     *

TouchPad にはスピードが遅いという決定的な欠陥があったようだ。ライバルの iPad の方が速いというのでは話にならない。

でもそんな簡単な話なのだろうか?

John Gruber が首をかしげている。

Daring Fireball: “HP Had WebOS Running on iPad Hardware?” by John Gruber: 19 August 2011

     *     *     *

証拠を見せろ

HP の WebOS ソフトウェアチームがスピードの遅いハードウェアのせいで窮地に立たされたと Matt Brian[The Next Web]が書いている。

Matt Brian, The Next Web, reporting that HP’s WebOS software team was stymied by slow hardware:

この目で実際に動くところを見なければとても信じられない。iPad が優れたハードウェアであることは疑いない。しかし WebOS を iPad ハードウェアで走らせるのがそんなに簡単なことなら、なぜジェイルブレークを好んでやるインディーハッカーたちが、たとえば iPad で Android を走らせようとはしないのか? それに WebOS であれ、そのサブセットであれ、TouchPad 上でネイティブに動くのより MobileSafari 上の方が速いなんてとても信じられない。全然信じられないよ。証拠を見せろ。

I’m deeply skeptical of this without seeing it in action. I don’t doubt that the iPad is better hardware, but if it’s that easy to get WebOS bootstrapped on iPad hardware, why haven’t indie hacker jailbreak types gotten, say, Android running on an iPad, too? And I simply can’t believe that WebOS or any subset thereof running within MobileSafari would be faster than running natively on the TouchPad. I don’t believe it. Show me.

     *     *     *

webOS をめぐる状況は徐々に明らかにされるだろう。

おりしもコンピュータメーカートップの座を HP が譲り渡して2位になった日本語]というニュースも聞こえる。

モバイルマーケットの世界は波高しだ・・・

★ →[原文を見る:Joshua Topolsky
★ →[原文を見る:Matt Brian
★ →[原文を見る:John Gruber

     *     *     *

《Update》こうなることは前から分かっていた(8月23日)


[HP CEO Léo Apotheker:photo

テクニカルな話は出てこないが、説得力があると思ったので・・・

Daring Fireball: “A Simple Explanation for Why HP Abandoned Palm and Is Getting Out of the PC Business” by John Gruber: 21 August 2011

     *     *     *

Palm を買収したのは Apotheker ではない

HP が Palm を 12 億ドルで買収したのは 2010 年4月、当時の CEO は Mark Hurd だった。

HP acquired Palm at the end of April 2010, for $1.2 billion. HP’s CEO was Mark Hurd.

3か月後の8月、Mark Hurd は辞職を余儀なくされた。経費の不正請求とガールフレンドについてウソをついたためだ。

Three months later, in early August, Mark Hurd was forced to resign over that scandal with forged expenses and lies about his lady friend.

9月30日に HP は Léo Apotheker を会長兼 CEO に指名した。

HP then named Léo Apotheker president and CEO on 30 September 2010.

     *     *     *

こうなることは分かっていた

Apotheker が持っていた経験とは SAP の CEO をしたことだけだ。SAP ってどんな会社か? SAP はビジネスソフトとコンサルティングの会社だ。正直言って、こうなることは分かっていたハズだった。PC メーカーやデバイスメーカーを立ち直らせるのに企業コンサルティングに長けたヤツを連れてきたりはしない。企業コンサルティングに長けたヤツを連れてくるのは、PC/デバイスメーカーを企業向けコンサルティング会社に変えるためだ。

The thing is, Apotheker’s relevant experience was serving as CEO of SAP. What’s SAP? SAP is an enterprise software and consulting company. Honestly, we all should have seen this coming. You don’t bring in an enterprise consulting guy to turn around a PC and device maker. You bring in an enterprise consulting guy to turn a PC and device maker into an enterprise consulting company.

     *     *     *

Autonomy が Apotheker の買収

Palm は Apotheker が買収したものではない。Hurd が買収した。Apotheker が職に就いたのは PC ビジネスのためではない。Apotheker のやった買収は今週発表された。たまたま HP が PC/デバイスビジネスをやめるというニュースの時期と重なった。Autonomy の買収だ。これまで私が耳にしたことがない会社だが、SAP のライバルといった感じらしい。

Palm wasn’t Apotheker’s acquisition. It was Hurd’s. And the PC business wasn’t why Apotheker took the job. Apotheker’s acquisition was announced this week, coincident with the news that HP wants out of the PC and device business: Autonomy — a company I’d never heard of before but which more or less sounds like a rival to SAP.

     *     *     *

一回限りのチャンス

Apotheker は Palm/WebOS の連中に一度だけチャンスを与えたのだと思う。そこで TouchPad が市場に出た。与えられたチャンスは、直ちに市場で牽引力を発揮できるかどうかという二度目のないワンストライクアウトだった。しかし TouchPad は市場で牽引力を示せなかった。ブーン、それでオシマイだ。Apotheker にとってはオシマイだった。そもそも Apotheker がコンシューマー製品/マーケットの開発に興味を持ったことは一度もなかった。たぶん彼は HP をハードウェアビジネスから手を引かせようとしたのだと思う。後知恵だが Palm も道連れにして・・・。もし彼が半年早く HP の CEO になっていたら、そもそも Palm を買収することもなかっただろう。

I suppose Apotheker gave the Palm/WebOS guys a chance, and let them get the TouchPad on the market. But apparently their chance was a one-strike-and-you’re-out opportunity to gain traction in the market immediately. But the TouchPad didn’t get any traction immediately, so, boom, that’s it, Apotheker is done with them. Apotheker simply never had any interest in the consumer market or product development. My guess is that he planned on getting HP out of the hardware business all along, and Palm, at best, was an afterthought. If he’d been named HP’s CEO six months earlier, they never would have acquired Palm in the first place.

     *     *     *

いろんな見方ができるものだ。

メディアからテクノギークまで、腕の見せ所となった感がある。

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[Larry Page:photo

グーグルが Motorola Mobility の買収に大枚をはたいた。そのニュースでネットは持ち切りだ

これは Android をスーパーチャージするためであり、ライバルに対する競争力を高めるためだと Larry Page 自ら大見得を切った。

Official Google Blog: “Supercharging Android: Google to Acquire Motorola Mobility” by Larry Page: 15 August 2011

     *     *     *

Android はオープンのまま

モトローラを買収しても Android をオープンプラットフォームにするという我々の決意は変わらない。モトローラは Android のライセンシーであり、Android はオープンのままだ。モトローラは別会社として運営される。Android の成功には多くのハードウェアパートナー(メーカー)が貢献した。これらメーカーと一緒にすばらしいユーザー体験を提供するため邁進するつもりだ。

This acquisition will not change our commitment to run Android as an open platform. Motorola will remain a licensee of Android and Android will remain open. We will run Motorola as a separate business. Many hardware partners have contributed to Android’s success and we look forward to continuing to work with all of them to deliver outstanding user experiences.

     *     *     *

パテントポートフォリオの強化

モトローラの買収によってグーグルのパテントポートフォリオが強化され、競争力が増す。これによりマイクロソフトやアップル、その他の企業からの反競争的脅威に対抗することが可能になる。

[...] Our acquisition of Motorola will increase competition by strengthening Google’s patent portfolio, which will enable us to better protect Android from anti-competitive threats from Microsoft, Apple and other companies.

     *     *     *

Android をスーパーチャージする

グーグルとモトローラが組むことにより、Android をスーパーチャージできるだけでなく、競争力を高め、消費者に対しイノベーションと、大きな選択肢、すばらしいユーザー体験を提供することが可能になる。

The combination of Google and Motorola will not only supercharge Android, but will also enhance competition and offer consumers accelerating innovation, greater choice, and wonderful user experiences. I am confident that these great experiences will create huge value for shareholders.

投稿者:Larry Page[グーグル CEO]

Posted by Larry Page, CEO

     *     *     *

マイクロソフトやアップルの「反競争的脅威」を繰り返しているところをみると、どうやら先日の David Drummond の投稿は Larry Page の考えでもあったようだ。

ここで「反競争的脅威」とは「競争的脅威」と読むべきではないかと John Gruber はいう。

マイクロソフトとはトップ同士の話し合いも行なわれたが、最後はグーグルが振り切ったようだ。

この Larry Page の投稿に対しては賛否こもごも多くの意見が噴出している。

マイクロソフトとアップルを邪魔する消耗戦だという極端な意見から、アップルが特許ポートフォリオを強化したと評価するものまで多岐にわたっている。

しかし激しい競争にしのぎを削る端末機ビジネスにグーグルが踏み込むことに疑問をもつものも多いようだ。なかでも Henry Blodget の意見がおもしろい。

Silicon Alley Insider: “THE TRUTH ABOUT THE GOOGLE-MOTOROLA DEAL: It Could End Up Being A Disaster” by Henry Blodget: 15 August 2011

まず Blodget は5つの観点から検討を加える。[全訳はこちらを参照]

1)サムスンや HTC のような端末機メーカーはグーグルをライバルと看做すのではないか
2)ハードやソフトを一体化するアップル方式の方が PC 方式より優れていることを認めたことにならないか
3)マイクロソフトはしてやられたと思うのではないか
4)単なる防御的意味だけなのか、それ以上の意味があるのか
5)激しい競争にしのぎを削る端末機ビジネスに参入することを投資家はどう考えるか

     *     *     *

1万 9000 人の新社員

さらにはグーグルに新しく1万 9000 人の社員が加わることになる。1万 9000 人もだ! グーグルの社員総数は現在2万 9000 人にすぎない。60% も社員数が増加することになる。カルチャーの違いはもっと重大だ。グーグルはそんなマネジメントが出来るのだろうか?

Additionally, Google just added 19,000 new employees. 19,000! Google itself only has 29,000. Google just increased the size of itself by 60%–in a company in which culture is crucial. Does Google really have the management in place to manage that?

     *     *     *

奇跡の可能性

確かにグーグルが Motorola Mobility をアップルに対抗できるライバルに育て上げる奇跡の可能性もないわけではない。Android の販売人にとどまらず、iPhone みたいに利潤たっぷりのマージンを上げるという奇跡の・・・

Yes, there’s a chance that Google could pull off a miracle here and transform the Motorola Mobility business into a direct competitor of Apple’s–in which Google gets not only Android distribution, but super-fat iPhone-like profit margins to boot.

     *     *     *

大失敗の可能性も

しかし、ありそうな筋書きは、モトローラがこれまでのような二流の落伍者にとどまり、検索ビジネスでの輝かしい独占的地位に粗末な消耗品ハードを加えただけという結末になることだ。これじゃ投資家の気には入るまい。

Far more likely, Google will just continue Motorola’s mediocre also-ran status in the handset business, thus adding a big, crappy commodity hardware business to its glorious monopoly software business in search. And that won’t make investors happy.

結論。グーグルとしては大胆な動きだ。しかし解答より疑問の方が大きい動きだ。最終的には大失敗に終わる可能性すらある。

Bottom line, a bold move by Google. But one that raises a lot more questions and challenges than answers. And one that could end up being a major disaster.

     *     *     *

そんな中で Jim Dalrymple が HP の立場から光を当てているのがひと味違っておもしろい。

The Loop: “Google, Motorola deal opens the door for HP to license webOS” by Jim Dalrymple: 15 August 2011

     *     *     *

新しいモバイル OS を選ばなくてもいいか

グーグルのパートナーたちがバカでない限り、つぎに選ぶべきモバイル OS を何にするか終日頭をひねったに違いない。

Unless Google’s partners are completely stupid, they spent most of the day figuring out which mobile operating system they will use next.

     *     *     *

HP の webOS はどうか

サムスン、LG、HTC にとっては然るべき選択肢がないということが問題だ。しかしひとつあるかもしれない・・・それは HP の webOS だ。

The problem that Samsung, LG and HTC have is that there isn’t a good option available. But maybe there is — HP’s webOS.

HP は Palm を買収した際に webOS を獲得した。誰に聞いてもそれは優れた OS だ。事実 HP はコンピュータや、プリンター、ハンドヘルドで webOS を使うつもりであることを隠さない。

HP acquired webOS when it bought Palm, and by all accounts, it’s a very good operating system. In fact, HP has made no secret that it plans to use webOS in computers, printers and handheld devices.

     *     *     *

HP にとってチャンスではないか

HP の TouchPad が飛ぶように売れているわけではなさそうだ。ということはライセンスに興味を持つメーカーに HP がそのモバイル OS の売り込みをしないわけでもなさそうだ。

It doesn’t appear that HP’s TouchPad is flying off the shelves, so there seems to be no reason the company wouldn’t shop its mobile OS around to interested manufacturers for a licensing deal.

事実 HP がこの OS をライセンスできれば、マーケットでの地位を強化するのに役立つ。それだけではない。グーグルの地位を弱めるのにも役立つ。そんな動きをリードするのはアップルかもしれないが、HP としては初めてマーケットシェアを増やすチャンスが巡ってきたのかもしれない。

The fact is, if HP were to license the OS, it would strengthen its position in the market, but it would also weaken Google’s position. Apple would probably come out of such a scenario on top, but this could be the first step for HP to build a significant amount of market share.

     *     *     *

どうやら新生グーグルでは Larry Page の意向が大きく働き始めたようだ。

125 億ドル(1兆円弱)という大金をはたき、カルチャーの違う人間をたくさん抱え込んでまで行なう今回の賭けはうまくいくかのか・・・

★ →[原文を見る:Larry Page
★ →[原文を見る:Henry Blodget
★ →[原文を見る:Jim Dalrymple

Read Full Post »


図形をモノにする

優れた洞察力をうかがわせる文章と出会った。

Interuserface: “Own a shape” by Clayton Miller: 01 July 2011

     *     *     *

図形が力を持つとき

目で見て分かるというケースはいろいろある。トレードマークが最も皮相的な場合であり、デザイン全体の特徴をなすデザイン・シグニチャー(design signatures)の場合は最も深く関わってくる。図形(shapes)そのものは言語の一部だ。最も基本的な図形はどこにでもあって、いかなる名前や製品、ブランドとも結びつかない。しかし図形の集合である図式(forms)という文脈、図式と交わり、統合すると、図形は強力な力を持ってくる。

Visual identity takes many forms, from the most superficial of trademarks to the most integrated of design signatures. Shapes are part of its language. At their most basic, shapes are universal, untetherable to any name, product, or brand. But in context, in their intersections and in the synthesis of forms, they are powerful.

     *     *     *

4つの基本図形

冒頭に示したのは4つの図形だ。四角形RoundRect[角が丸い四角]、Squircle[<square + circle:四角形と円の両方の特長を備えたもの]、の4つだ。[注:いずれもスーパー楕円 Superellipse に属する。]4つの図形は左右同形で、幾何学的にもシンプルだ。それぞれの図形と関係あるものを探そうとすると無数にある。しかし特定のスペース、特定のマーケットで考えると、事情は逆転する。モバイルソフトウェアの世界では、これらの図形は特定のものと関係が深く、ときには非常に強い関連性を示すのだ。

Illustrated above are four shapes: a square, a roundrect, a squircle, and a circle. Bilaterally symmetrical and geometrically simple, each shape’s popular associations are innumerable. Yet in a particular space, the context of a particular market, this is inverted: In the world of mobile software, each of these shapes has a definite association, some quite strong.

     *     *     *

特定の結びつき

マイクロソフトの Metro UI は四角形を自分のモノにしている(owns)。RoundRect はアップル独占だ。Springboard ローンチャーから iPhone ハードウェアにいたるまで。ノキアの場合は MeeGo で Harmattan UI に参入したのは遅かったが、Squircle を使っているところがないのに気づき、とても上手に使っている。Palm は PalmOS の初期のころから WebOS まで円を使っており、HP もその伝統に注意深く従っている。(Palm も HP もロゴの文字を円に配していることに気づくひともいるかもしれない。)

Microsoft’s Metro UI owns the square. Apple has a corner on the roundrect, from the Springboard launcher to the iPhone hardware itself. Nokia, despite its late entry with MeeGo’s Harmattan UI, found the squircle unclaimed and ran with it beautifully. Palm has used the circle from the early days of PalmOS, and in WebOS, HP continues the tradition with care (one might even note that both Palm and HP structure their wordmarks around the circle).

     *     *     *

マネとホンモノ

とはいっても王者を真似ようとするものはどこにもいる。サムスンの Bada も四角形を使うかもしれないが、マイクロソフトのモンドリアン的傑作には及ばない。RIM も結構うまく RoundRect を使うかもしれないが、アップルほど徹底してはいない。唯一際立っているのが Android だろう。一貫した図形が見られないのだ。フラグメンテーション症候ということか?

And yet there are pretenders to every throne. Samsung’s Bada may use the square, but it can’t hold a candle to Microsoft’s Mondrian-esque masterwork. RIM may use roundrects pleasantly enough, but not with the subtle consistency Apple does. The lone standout is Android, which doesn’t really have a unifying shape – a symptom of fragmentation?

     *     *     *

図形を使いこなす

色彩も無限の結びつきが可能だが、歴史的には特定マーケットとの強い結びつきが見られる。同様に図形も強力で、かつ他との微妙な差別化をもたらす要因だ。図形を自分のモノにするのは容易なことではない。サムスンや RIM の例で見たように、図形そのものに影響力があるわけではない。特定の図形を見事に自分のモノにできるのは、単なる見せかけではなく、基本的な構成要素としてうまく使いこなしたときだ。首尾一貫した個性のある優れたデザインのために図形の力を使いなさい。そうすれば何時の日か図形はあなたのモノになる。

Like color, which also despite limitless associations has a history of strong associations within a market, shape is a powerful, yet subtle differentiator. Owning a shape isn’t easy – by itself, as demonstrated by Samsung and RIM, a shape is hardly potent. Those who have successfully laid claim to a shape have used it as a building block rather than as window dressing. Use the power of shape to reinforce good design with coherence and identity – and that shape may one day be yours.

     *     *     *

こういうことを考えるデザイナーがいるのだなあ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


HP TouchPad

Update:Jon Rubinstein から HP 開発チームへのメール》

iPad の真のライバルと目される HP TouchPad が登場した

ビッグネームがつぎつぎにレビューしている。(David PogueWalt MossbergJason Snell

早くから WebOS の可能性を指摘していた John Gruber のコメントがおもしろい。

それぞれのレビューのポイントは何か、イチオシはどれか、要領よくまとめてくれるからだ。

     *     *     *

Walt Mossberg については次のようにいう。

Daring Fireball: “Some Guy With a Goatee on the TouchPad: ‘Simply No Match for the iPad’” by John Gruber: 30 June 2011

ヤギひげのおじさんが TouchPad について曰く、「iPad の敵じゃない。」

Some Guy With a Goatee on the TouchPad: ‘Simply No Match for the iPad’

「一週間ほど使ってみたが、TouchPad の最初のバージョンは、見かけは素敵だし、ユーザーインターフェイスも異なっているが、とても iPad の敵じゃないというのが私の感想だ。バッテリーは短く、アプリの数も少なく、ほかにも欠点いろいろだ。」

“I’ve been testing the TouchPad for about a week and, in my view, despite its attractive and different user interface, this first version is simply no match for the iPad. It suffers from poor battery life, a paucity of apps and other deficits.”

     *     *     *

David Pogue については、次のように要約する。

Daring Fireball: “Pogue on the TouchPad” by John Gruber: 30 June 2011

優れている点:

The good:

「まず、TouchPad は美しい。iPad のように美しい。ケースは黒いつやつやのプラスチックだ。指紋ベタベタが目立つのは残念だけれど。ともかく最初の5分間はメチャ気に入る。」

“First of all, the TouchPad is beautiful. It’s iPad beautiful. The case is glossy black plastic — a magnet for fingerprints, unfortunately, but it looks wicked great in the first five minutes.”

「WebOS も美しい。首尾一貫したグラフィックス、エレガントで、滑らかで、満足いくものだ。明らかにこれはハードウェアとソフトウェアのデザインを同一の企業がやっているせいだ。(これに比べ、Android デバイスは異なるバージョンと異なる見てくれのごちゃまぜだ。)」

“The WebOS is beautiful, too. It’s graphically coherent, elegant, fluid and satisfying. That, apparently, is the payoff when a single company designs both the hardware and the software. (Android gadgets, by contrast, are a mishmash of different versions and looks.)”

まずい点:

The bad:

「超高速チップを内蔵しているハズだが、それが感じられない。回転させると、スクリーンが落ち着くのに2秒かかる。タブレットの世界では無限大に相当する時間だ。アプリをオープンするのにもやたら時間がかかる。例えば内蔵チャットアプリの画面が出るのに7秒もかかる。アニメーションは一部ぎくしゃくして、スワイプしても次にどうなるのかハッキリしないこともある。」

“It supposedly has a blazing-fast chip inside, but you wouldn’t know it. When you rotate the screen, it takes the screen two seconds to match — an eternity in tablet time. Apps can take a long time to open; the built-in chat app, for example, takes seven seconds to appear. Animations are sometimes jerky, reactions to your finger swipes sometimes uncertain.”

私がチェックしたレビューでは、どれもこの点が共通している。

Very strong consensus among all the reviews I’ve read.

     *     *     *

では、Gruber の目から見てイチオシのレビューはどれか? それは Jason Snell のレビューだ。

Daring Fireball: “Jason Snell Reviews the HP TouchPad” by John Gruber: 30 June 2011

私がチェックしたレビューの中ではベスト。ひとつだけ読むなら Snell のものにするといい。すべてをカバーしている。すばらしい UI デザイン、カードをベースとする優れた WebOS のスイッチングインターフェイス、よく作り込まれたハードウェア、欠点、未完成の部分、WebOS 特有らしいラグっぽさ、Flash Player のひどいパフォーマンス、など。

Best review of it I’ve seen. If you’re only going to read one, make it Snell’s. He covers it all: the great UI design, WebOS’s excellent card-based switching interface, the solid hardware, the shortcomings, what seems unfinished, WebOS’s seemingly endemic lagginess, and the miserable performance of Flash Player.

     *     *     *

日頃気に入っているライターの目を通じて見ると全体像がよくつかめる・・・

★ →[原文を見る:on Walt Mossberg
★ →[原文を見る:on David Pogue
★ →[原文を見る:on Jason Snell

     *     *     *

《Update》Jon Rubinstein から HP 開発チームへのメール(7月3日)


[Jon Rubinstein:photo

TouchPad の開発を率いるのはかつて Steve Jobs の副官のひとりだった Jon Rubinstein だ。

Palm CEO を経て HP の傘下[上級副社長兼 Palm Global Business Unit 統括マネージャ]に入った。

Rubinstein から HP 開発チームに送られた内部メールが興味深い。

PreCentral.net: “Jon Rubinstein sends message to HP staff; Addresses TouchPad reviews” by Tim Stiffler-Dean: 01 July 2011

     *     *     *

チームの諸君:

Team,

HP は本日 TouchPad と webOS 3.0 を世界に向けて公開した。HP チームは偉業を達成したのだ。TouchPad を検討し始めてからたったの1年しか経っていないことを考えると実にすばらしいことだ。今日はまた HP にとってモバイル常時接続(connected mobility)のビジョンが具体化する新しい時代の始まりでもある。webOS によってサービスやアプリケーション、デバイスがシームレスに接続されるエコシステムだ。

Today we bring the HP TouchPad and webOS 3.0 to the world. The HP team has achieved something extraordinary – especially when you consider that it’s been just one year since our work on the TouchPad began in earnest. Today also marks the start of a new era for HP as our vision for connected mobility begins to take form – an ecosystem of services, applications and devices connected seamlessly by webOS.

最近の TouchPad レビューを見れば分かるように、コンピュータ業界は HP のビジョンを理解しており、我々と同じように webOS の可能性に期待していることが分かる。NY タイムズの David Pogue は「ここには偉大さの兆候がある」という。(リンクはこちら。)また各レビュー者が webOS 体験に改良すべき点があることを指摘しているのも正しい。しかしいいニュースは、指摘された問題点のほとんどは我々も分かっており、ワイヤレスで行なわれるソフトウェアアップデートやアプリカタログアップデートを通じてすぐにも修正されるだろうということだ。webOS を本来あるべきプラットフォームにまで持っていくためにはまだやるべきことがある。しかしこれは短距離競争ではなくマラソンなのだ。

If you’ve seen the recent TouchPad reviews you know that the industry understands HP’s vision and sees the same potential in webOS as we do. David Pogue from the New York Times says “there are signs of greatness here.” (I’ve included links to David’s review and others below.) You’ve also seen that reviewers rightly note things we need to improve about the webOS experience. The good news is that most of the issues they cite are already known to us and will be addressed in short order by over-the-air software and app catalog updates. We still have work to do to make webOS the platform we know it can be, but remember…..it’s a marathon, not a sprint.

そうした気持ちから Richard Kerris[世界 webOS デベロッパ担当]は、約10年前に発表されたある製品がつぎのような評価を受けたことを昨日教えてくれた。
「・・・ソフトウェアは全体としてノロノロしている」
「・・・良質で使えるアプリはない。だから長続きすまい」
「・・・とにかく理屈が通らない」

In that spirit, Richard Kerris, head of worldwide developer relations for webOS, reminded me yesterday of the first reviews for a product introduced a little over ten years ago:

“…overall the software is sluggish”
“…there are no quality apps to use, so it won’t last”
“…it’s just not making sense….”

かかる評価が MacOS X について書かれたのは信じられないことだ。MacOS X というプラットフォームはその後誰にも想像できないようにシリコンバレーの風景を一変させることになったのだから・・・

It’s hard to believe these statements described MacOS X – a platform that would go on to change the landscape of Silicon Valley in ways that no one could have imagined.

我々の状況がよく似ていることは明らかだ。しかしひとつ大きな違いがある。David Pogue のように webOS を見たものは、それが偉大な可能性を秘めていることを理解していることだ。彼らは私同様、チームの熱心な仕事ぶりと情熱を理解しているし、HP の webOS に対するコミットメントによってその可能性が現実のものとなることを理解しているのだ。

The similarities to our situation are obvious, but there’s also a big difference. Like David Pogue, our audiences get that webOS has the potential for greatness. And like me, they know that your hard work and passion, and the power of HP’s commitment to webOS, will turn that potential into the real thing.

     *     *     *

批判を受けた開発チームを鼓舞しようとする気持ちがよく表れている。

批判については OTA[Over The Air]アップデートで早急に改善されだろうという点が興味深い。

HP TouchPad は目の離せない存在になりそうだ。

Read Full Post »