Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Marketing Gimmick’

steve-jobs.jpg

Pascal-Emmanuel Gobry がアップルのマーケティング手法についてオモシロいことをいっている。

Silicon Alley Insider: “Apple’s Cleverest — And Most Annoying — Marketing Gimmick” by Pascal-Emmanuel Gobry: 18 December 2010

     *     *     *

卓越したマーケティング手法

ことマーケティングに関する限り、アップルが史上最も優れた企業のひとつであること、Steve Jobs が非常に細部にまでこだわることについては誰しも認めるところだろう。この二つの点は些細なことかもしれないが、アップルが用いる卓越したマーケティング手法(marketing gimmick)なのだ。毎日のようにアップルが用いていても、それが非常に賢いやり方であると同時に(少なくとも自分とっては)非常に気に障るものであることに気づくひとは少ない。

It’s universally acknowledged that Apple is one of the best companies in history when it comes to marketing, and that Steve Jobs is a very detail-oriented man. An example of these two things is a tiny, but great marketing gimmick that Apple uses. Even though they use it nearly every day, we bet you haven’t noticed It’s both extremely smart and extremely annoying (at least to us).

     *     *     *

製品をヒト扱いする

それはこういうことだ。アップルは自社製品を指すのにモノではなくヒトを指すみたいに文法上扱うのだ。

Here it is: Apple refers to its products grammatically as persons and not as objects.

Steve Jobs が iPod や iPhone、iPad について語るとする。彼は「the iPhone does this」とか「the iPhone does that」という代わりに「iPhone does this」とか「iPad does that」というのだ。前者はモノを指す言い方であり、後者はヒトを指すとき使う言い方だ。[注:モノには冠詞がつくが、ヒトは固有名詞なので冠詞がつかない。]

If Steve Jobs is talking about an iPod, an iPhone or an iPad, he will say “iPhone does this” or “iPad does that”, instead of “the iPhone does this” and “the iPhone does that.” You would use the former version to refer to a person, and the latter to an object.

     *     *     *

意識下のメッセージ

これは非常に賢いやり方だ。あまりに微妙で気づかないからだ。ほとんどのひとは気づいていないと思う。うまくいくのはまさにこういうやり方なのだ。そうすることでアップルについて強力な意識下のメッセージ(subliminal messages)を送り出すのだ。われわれの製品はユニークでとても貴重だ、と。同じく重要なことだが、われわれは自社の製品を語るのに競合他社と同じやり方はしない、とも。

It’s extremely smart because it’s so subtle. We’ll bet most people haven’t noticed it. And yet it’s exactly the kind of thing that works. It sends a bunch of powerful subliminal messages about Apple. Our products are unique and very valuable. Perhaps as importantly: We don’t speak about our products in the same way as our competitors.

     *     *     *

意図的に

一旦気がつくと、そこら中その例で溢れている。Steve Jobs はキーノートでそういう言い方をする。アップルは広告でそうする。実際に Mac vs PC のコマーシャルではそれぞれの製品を代表していたのはヒトだった。アップルが意図的にそうしているのは間違いないし、それが効果的であることも間違いない。

Once you pay attention to it, you see it everywhere. Steve Jobs does it in his keynote speeches, Apple does it in its ads. And of course in the Mac vs PC ads the products are represented by actual people. There’s no way they’re not doing it on purpose — and there’s no way it doesn’t have an effect.

     *     *     *

なぜ気に障るのか

しかしそれが気に障るのはなぜだろうか? こう考えるのは自分だけかもしれないが、巨大企業が自社製品を買ってもらうのにそれをヒト扱いするなんで、なんとなく気味が悪いという点がひとつ。もっと重要なことは、自分が文法にうるさいことだ。こと文法に関してはアップルが実にひどい会社であることは「Think Different」を見ても明らかだ。

But why is it so annoying? Well first of all, maybe we’re alone, but there’s something just faintly creepy about a giant corporation who wants you to buy their products talking about them as if they were persons. But more importantly, it’s annoying because we tend to be sticklers for grammar, and Apple is one of the most egregious companies on this front (“Think Different”?!).

     *     *     *

細部にまで注意を払う

それにしても、アップルがかかる細部にまで注意を払い、マーケティングに通暁していることには感心せざるを得ない。

And yet, we can’t stop admiring Apple’s attention to detail and marketing savvy.

     *     *     *

潜在意識に働きかける意識下のやり方こそ最高のマーケティングというわけだ。

ところでこの文章は、ほんとうにアップルを褒めているのだろうか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »