Feeds:
投稿
コメント

「iMovie」タグのついた投稿


[ひじ掛け椅子からデモ]

John Gruber を取り上げるブログが増えたことはうれしい。

誰もが見て、知っているものから新たな、もっと大きい視野を開いてくれるのが、アップルギーク John Gruber の持ち味だ。

その彼が3月2日の iPad 2 キーノートについてとてもいい文章を書いている。

初代 iPad と今回の iPad 2 のキーノートを比較したものだが、次のような書き出しで始まる。

Daring Fireball: “The Chair” by John Gruber: 03 March 2011

     *     *     *

椅子まで同じ

ステージ上のひじ掛け椅子まで前と同じだった。

Even the chair on the stage was the same.

     *     *     *

プレゼンテーションの進め方も、OS や製品の紹介も、アプリのデモも、すべて前回と同じやり方だ。うれしいことにプレゼンテーションのホストまで前回と同じだ。

では、前回と違うのは・・・

     *     *     *

予期せぬ Jobs の登場

Jobs が登場するとは誰も予期していなかった点が前回との違いのひとつだ。大きなスタンディングオベーションは騒々しいほどだった。彼の姿をみて、ただただうれしかった。

One difference between this year and last is that Jobs’s presence was not expected. The ovation that greeted him yesterday was loud, almost raucous. We were, simply, happy to see him.

     *     *     *

iPad の何たるか

最大の相違点はこういうことだ。去年アップルは iPad の何たるかを理解していなかった。優れたものでり、可能性を秘めていることは知っていた。しかしそれが何であるかはまだ理解していなかった。iPhone と MacBook の間に未知で豊穣な領域が広がっていることは観念上分かってはいた。そこでアップルは賢い考え方をした。Mac が出来ることをそれ以上ちゃんと出来れば iPad は成功するに違いない、いくつかの重要なタスクをちゃんとこなせなければ成功しないだろう、と。

The biggest difference, though, was this: last year Apple didn’t yet understand the iPad. They knew it was good. They knew it had potential. But they didn’t know what it was. They had a sense that in the conceptual space between an iPhone and a MacBook there was uncharted, fertile territory. And they set for themselves a wise metric: the iPad would only succeed if it could do some of the same things a Mac can do, but do them better. If it wasn’t better in several important ways for several common tasks, it would not succeed.

昨年よく分からなかったのは、現実の場面で iPad がどう使われるかという点だった。今ではよく理解している。

What they didn’t know last year was how people would use it, for real. They know now.

     *     *     *

デモに使われたアプリ

昨年デモで使われた主力アプリは Pages や Numbers、Keynote などの iWork 製品だった。iPad はいささか異なってはいても PC なのだというのがメッセージだった。「なぜこのコンピュータを買うのか?」という問いに対する答えはお決まりのワープロや表計算ソフトであり、それは 80 年代の Visicalc にまで遡るものだった。

Last year’s flagship app demos were the iWork suite: Pages, Numbers, and Keynote. The message was: the iPad is like a PC, just different — word processors and spreadsheets have been the standard answer to “Why would you buy this computer?” going all the way back to Visicalc in the early ’80s.

     *     *     *

ポスト PC デバイス

今年 Jobs は iPad は PC ではないと何度もはっきりと繰り返した。iPad は「ポスト PC デバイス」(post-PC device)というカテゴリーに属するものだと述べたのだ。しかも今年のデモは少し様子が異なっていた。iWork はもちろん動くし、仕事のためのものだ。映画や音楽ならどうか? それこそ楽しむためのソフトだ。

This year, Jobs stated explicitly and repeatedly that the iPad is not a PC. Jobs’s repeated categorization for the iPad: post-PC device. And the demos this year were of a slightly different tone. iWork is, well, work. Making movies and music, though? That’s play.

     *     *     *

iPad バージョンの iMovie や GarageBand が iPad に最適化されたすばらしいソフトであることを Gruber は熱を込めて語る。

とくに GarageBand については次のように述べる。

     *     *     *

iPad を楽器そのものに変える

GarageBand for iPad は iPad 上で動く音楽アプリではない。それは iPad を楽器そのものに変えてしまう。GarageBand の楽器のインターフェイスはこの上なく見事にそれぞれの楽器を模倣している。どのコントロールも、ボタンやスイッチ、スライダーまでも、iPad のために特別にデザインされている。キーボードに加速度計を採用したことによって、感圧ディスプレイでないにもかかわらず、キーを押さえる強さを驚くほど正確に感知する。・・・これは Mac ではなし得ないことだ。iPad が何か新しいことをやっているということなのだ。

[...] GarageBand isn’t a musical app running on an iPad. It turns an iPad into a musical instrument. The  interfaces for each GarageBand instrument are exquisitely skeuomorphic. Every control — every button, every switch, every slider — is custom designed. The keyboard’s use of the accelerometer to detect how hard you hit the keys seems impossibly accurate for a device that doesn’t have a pressure-sensitive display. [...] This is the iPad doing something new, things that couldn’t be done on the Mac.

     *     *     *

「The Year of the iPad 2」

昨年のアップルは、iPad が何かすばらしいもの(something good)であることを確信したように思えた。しかし今年はそれが途方もないもの(something enormous)であることを理解したようだ。6月には多分 A5 ベースのデュアルコア iPhone 5 や iPod Touch が出るだろう。9月に何が登場するか誰にも分からない。それなのにアップルはたった2か月過ぎただけで 2011 年が「The Year of the iPad 2」になるといっているのだ。アップルは新製品の売り込みに総力を挙げるが、しかし誇大広告をする会社ではない。

Last year, Apple’s take on the iPad seemed to be that they believed they had something good. This year, they seem to know they have something enormous. Presumably, there’s an A5-based dual core iPhone 5 coming in June and a corresponding new iPod Touch and who knows what else coming in September, but Apple is already, a mere two months into it, calling 2011 “The Year of the iPad 2”. Apple sells every new product hard, but they’re not prone to that sort of hyperbole.

     *     *     *

技術だけでは十分でないというアップルの DNA に関連して、Gruber は競争相手がマネできない点について触れる。

     *     *     *

競争相手がマネできないこと

競争相手が簡単にマネできるにも関わらず、なぜそうすべきなのか分からないことが他にもある。それが技術的なものではないからだ。例えばあのひじ掛け椅子だ。iPad のデモにテーブルや演壇は使われなかった。ひじ掛け椅子に座って行なわれたのだ。iPad の電源を入れる前から、iPad の持つある感触が伝わってくる。くつろいだ感じ、情緒的、シンプル、エレガント・・・これこそ iPad の持つ魅力の総体だ。

But there are other things any competitor could copy, easily, but seemingly don’t even understand that they should, because such things aren’t technical. Take that chair. The on-stage demos of the iPad aren’t conducted at a table or a lectern. They’re conducted sitting in an armchair. That conveys something about the feel of the iPad before its screen is even turned on. Comfortable, emotional, simple, elegant. How it feels is the entirety of the iPad’s appeal.

     *     *     *

恥ずべきだ

30年前「パーソナル・コンピュータ」ということばを本来の意味に使わなかったことを我々は恥ずべきなのだ。

It’s a shame, almost, that we squandered the term “personal computer” 30 years ago.

     *     *     *

キーノートの終わりの方のビデオで Jonathan Ive はつぎのように語る。

「iPad 2 の最大の特長はディスプレイです。じゃまなものが一切ありません。」[1:05 頃]

ハード的に見れば、前面はすべてスクリーンで、まるで何もデザインされていないかのようだ。

iPad の真価を決めるのは iPad アプリなのだ。アプリがスタートすると iPad は姿を消して、アプリそのものに変化(へんげ)する。

今回のキーノートで紹介されたアプリは、これまでとはレベルの異なるものだった。その分 iPad 2 が格段の進化を遂げたといえる。

ハードだけ見て漸進的改良(incremental improvement)と捉えるのは大切なポイントを見逃したことになる。

筆者の第一印象も、ハードウェアに偏り、大切な意義を見逃したことを恥じる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »