Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Dell’

scaling_resolutions

[スケーリングモード:image

明日にも MacBook Air がマイナーアップデートされるらしい。[注]

[注]翌日アップルは Haswell Reflesh を搭載し値下げした MacBook Air を発表した

しかしウワサの12インチ Retina MacBook Air はまだ姿を現さない。

この関連でデスクトップの 4K ディスプレイについて書かれた先月の記事が思い出される。

AnandTech: “Improving the State of 4K Display Support Under OS X” by Anand Lal Shimpi: 07 March 2014

     *     *     *

改善された OS X の 4K ディスプレイサポート

Improving the State of 4K Display Support Under OS X

AnandTech の Anand Lal Shimpi いわく:

Anand Lal Shimpi, writing for AnandTech:

Mac Pro をレビューした際 OS X 10.9.0 の 4K ディスプレイサポートの現状について嘆いた。次のような結論だった。「OS X の 4K ディスプレイは現時点ではまだ開拓時代同然だ。」 30Hz 以上のリフレッシュ速度を望むなら互換性があるのは ASUS と Sharp の 4K ディスプレイだけだ。ちゃんとしたモニターにしても使える解像度は 3840 × 2160 だけだ。それだと一部のユーザーにとってテキストや UI 要素が少し小さすぎるけれど。Retina MacBook Pro のディスプレイで導入されたあの素晴らしいスケーリングモード(補間モード)は欠如している。もっともそれもさほど長くはないだろう。昨夜複数の報告(thanks Mike!)を受けた。OS X 10.9.3 の最新のデベロッパビルドには 4K ディスプレイの拡張サポートが含まれ、Retina MacBook Pro は 4K/60Hz サポート、4K 以下ではスケーリングモード解像度がサポートされているという。

In my Mac Pro review I lamented the state of 4K display support under OS X 10.9.0. In my conclusion I wrote: “4K display compatibility under OS X is still a bit like the wild west at this point”. Compatibility was pretty much only guaranteed with the ASUS/Sharp 4K displays if you cared about having a refresh rate higher than 30Hz. Even if you had the right monitor, the only really usable resolution was 3840 × 2160 – which ends up making text and UI elements a bit too small for some users. Absent were the wonderful scaling resolutions that Apple introduced with its MacBook Pro with Retina Display. Well it looks like that won’t be the case for long, last night I got reports (thanks Mike!) that the latest developer build of OS X 10.9.3 includes expanded support for 4K displays, 4K/60Hz support for rMBPs and scaled resolutions below 4K.

     *     *     *

この点に関して Marco Arment のコメント・・・

Marco.org: “Improving the State of 4K Display Support Under OS X” by Marco Arment: 12 March 2014

     *     *     *

Anand Lal Shimpi の分析

詳しくは Anand Lal Shimpi が 10.9.3 ベータでの 4K Retina サポートについて触れている[上記参照]。

More detail on the 10.9.3 beta’s 4K Retina support by Anand Lal Shimpi.

     *     *     *

デスクトップ Retina

これぞホンモノだ。これはデスクトップ Retina が手ごろな価格の実機上で公式にサポートされたということだ。もしベータ版 OS を動かしたければ、Mac Pro の「Late 2013」モデルないしは Late 2013 の Retina MacBook Pro があれば、あとはサポートが公表されている 4K モニターを買えば、それで今日にもデスクトップ Retina が可能になる。

This is the real deal: this is desktop Retina, officially supported, on practical, affordable hardware. If you’re willing to run a beta OS, have a “Late 2013” Mac Pro or Late 2013 Retina MacBook Pro, and buy one of the supported 4K monitors, you can have desktop Retina today.

     *     *     *

理想的なスクリーンサイズは24インチ

ただし、理想的なスクリーンサイズとなるとちょっとややこしい。いちばん見栄えがよく GPU への負担も最も少ない Retina iOS デバイスのように完璧な2倍スケーリングを使えば、4K パネルに「ピッタリの」サイズは(デルの UP2414Q のように)24 インチだ。なぜならそれが論理サイズ 1920×1080 をシミュレートしたものだからだ。もし使用モニターが 24 インチないしはそれ以下なら、それでいいことになる。

The ideal screen size is tricky, though. Using perfect 2X scaling like Retina iOS devices, which looks best and has the least GPU overhead, the “right” size for a 4K panel is 24 inches (like Dell’s UP2414Q), since it’s simulating a logical size of 1920×1080. If you currently use 24-inch or smaller monitors, that’s the way to go.

     *     *     *

27インチまでがせいぜい

しかし使っているのが 27 から 30 インチのモニターなら、普通は 2560×1440 ないしは 2560×1600 の解像度を使っているハズだ。4K 上ではそれがスケーリングモードによりシミュレーションされる。ちょうど Retina MacBook Pro がシミュレーションで高解像度生成されるように。しかし 24 インチ以上の大きさになればなるほど画像が劣化する。2560×1440 にシミュレーションしてもまあまあといえるのはたぶん 27 インチが最大のサイズだろう。それ以上大きい Retina 4K モニターには自分なら決して手をださない。

If you use a 27- or 30-inch monitor, though, you’re accustomed to a resolution of 2560×1440 or 2560×1600. These scaling modes will simulate that on 4K, just like Retina MacBook Pros simulate higher resolutions, but the larger you go above 24 inches in size, the worse it’ll look. The biggest size at which a simulated 2560×1440 could look reasonable is probably 27 inches — I certainly wouldn’t buy a 4K monitor for Retina use larger than that.

     *     *     *

自分なら・・・

新しいディスプレイは数か月のうちに出るだろうから、自分としては買う決心をする前にアップルの 27 インチの理論的 4K Thunderbolt 2 Display がどうなるか様子を見るつもりだ。もしそれが最近の iMac のようにグレアを抑えた仕様になっていたら抗し難いだろう。(もし現行の Thunderbolt Display のように反射率の大きいガラスなら、絶対そんなことはないが。)

Personally, since it’s probably coming within a few months, I’ll wait to see how Apple’s theoretical 4K 27-inch Thunderbolt 2 Display turns out before buying anything. If it has the reduced-glare construction of modern iMacs, it’ll be tempting. (If it has the same ultra-reflective-glass construction as the current Thunderbolt Display, it definitely won’t be.)

     *     *     *

OS X の準備はすでに整っていて、テクニカルには今でも Retina Thunderbolt Display は可能ということになる。

12インチ MacBook Air の Retina 化だって、これまたテクニカルには可能ということだろう。

あとは何時の時点でアップルが発表するかということだけか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Dell-P2815Q-Ultra-HD-Monitor

[699 ドルの Dell 4K Monitor:image

デスクトップの Retina 化に関する Marco Arment の考察が興味深い。

Marco.org: “How and when the iMac and Mac Pro can go Retina” by Marco Arment: 08 January 2014

     *     *     *

Retina 化が難しいワケ

現在の 27 インチ iMac や Thunderbolt Display の縦横各2倍の解像度を持つ Retina バージョン(5120×2880 ピクセルの解像度が必要)を出すためには、おそらく3つの大きな問題があると思われる。

Three major factors have probably prevented a proper 2×-in-each-dimension “Retina” version of today’s 27” iMac and standalone Thunderbolt Display, which would need to be 5120×2880 pixels:

     *     *     *

1)現在のところ、このような解像度の一般用 LCD パネルを製造するメーカーがない。

「4K」パネルの解像度は 3840×2160 だが、5120×2880[Retina バージョン]は約 1.8 倍のピクセル数になり、大幅に増やす必要がある。これは初期のころの 24 インチパネル(1920×1200)と 30 インチパネル(2560×1600)の違いの比率と同じだ。4K パネルの大量生産は始まったばかりで、やっとハイエンドユーザーにも手の届く価格にこなれてきたので、手ごろな価格の 5120×2880 ディスプレイもいよいよ間近になってきたのではないかと思われる。

- Nobody makes general-purpose LCD panels with that resolution today. “4K” panels are 3840×2160, but 5120×2880 is about 1.8 times the pixel count — a substantial increase. It’s the (exact) same ratio as the difference between the first 24” (1920×1200) and 30” (2560×1600) panels. Since 4K panels are just starting to become mass-produced and affordable to high-end computer buyers, available and affordable 5120×2880 displays are probably not imminent.

     *     *     *

2)ピクセル数が倍になればケーブルの処理能力もほぼ倍にする必要がある。

4K は 10 Gbit/s の Thunderbolt では不十分で、16 Gbit/s が必要だ。20 Gbit/s の Thunderbolt 2 なら 4K 出力ができるが、28 Gbit/s が必要な 5120×2880[Retina バージョン]はムリだ。近く登場しそうなものとしては 32 Gbit/s の DisplayPort 1.3 があるが、そのスペックは 2014 年後半まで決まらない。ということは 5120×2880 がサポートできるのはまだ数年先ということになる。

- Almost twice as many pixels require almost twice the bandwidth to drive over a cable. Thunderbolt at 10 Gbit/s wasn’t fast enough to drive 4K, which needs about 16 Gbit/s. Thunderbolt 2 at 20 Gbit/s can drive 4K, but not 5120×2880, which needs 28 Gbit/s. The only promising standard on the horizon is DisplayPort 1.3 at 32 Gbit/s, but that spec is being finalized later in 2014, which means we’re probably still years away from anything supporting it.

     *     *     *

3)GPU の多くは、せいぜい頑張ってもまだ 4K 解像度の出力ができるほど強力ではない。

したがって 5120×2880 は問題外だ。

- Many GPUs haven’t been powerful enough to drive much at 4K resolution even if they could output it somehow, so 5120×2880 would be out of the question.

     *     *     *

Retina バージョンはまだ2〜3年先

幸いなことにハイエンドでは、3つ目の点は問題ではなくなった。残る問題は2つだけだが、すぐに変化するとは期待できそうにない。

Fortunately, that last one is no longer true at the high end. It’s just the first two holding us back now, but they’re also the slowest to change.

だからデスクトップが 5120×2880[Retina バージョン]の解像度になるのはまだ2〜3年先だと思われる。

I suspect that 5120×2880 on the desktop is still 2–3 years away.

     *     *     *

見落としていたヒント

しかしアップルは 27 インチ Retina 化の方法をすでに明らかにしていた。アップルは十分注意して見れば決して予測の難しい会社ではない。しかし自分は Mac Pro 向けの 5120×2880[Retina バージョン]ディスプレイを期待するあまり、近々起きるであろうことの明らかなヒントを見落としていた。

But I think Apple has already shown us how they’re going to do 27” Retina. Apple’s not a difficult company to predict if you pay attention. My hopes for a 5120×2880 display for the new Mac Pro were blinding me to the obvious clues to what will very likely happen instead.

     *     *     *

スケーリングモード

初めての Retina Mac である15インチ Retina MacBook Pro が登場する前は、15インチを買うパワーユーザーはデフォルトの低解像度 1440×900 ではなく「高解像度」の 1680×1050 のオプションを選択した。しかし実際に15インチ Retina MacBook Pro が発売されてみると、そのパネルは 1440×900 の倍バージョンで、パワーユーザーが望む理論的解像度より一段下のものだった。その差を埋めるためアップルが導入したのがソフトウェアのスケーリングモード(補間モード)だった。すなわち、倍サイズにレンダリングしたイメージを物理的な 2880×1800 ピクセルに縮小することによって 1680×1050 および 1920×1200 の解像度を生成する方法だ。GPU のパフォーマンスが少し減ったことを除けば、この高解像度スケーリングモードは事実上「タダ」だ。ダウンサンプリングによる縮小イメージの画質の変化は、ピクセルが非常に小さいためほとんど見分けがつかない。

Before the 15” Retina MacBook Pro (the first Retina Mac), power users buying the 15” usually opted for the “high-resolution” option at 1680×1050 instead of the lower default of 1440×900. But when the 15” Retina MacBook Pro was released, its panel was a “2×” version of 1440×900 — a step down in logical resolution for power users. To make up for the loss, Apple introduced software scaling modes that simulated 1680×1050 and 1920×1200 by rendering them at double-size and then scaling the image down to the physical 2880×1800 pixels. GPU performance is reduced slightly, but otherwise, these higher-resolution scaling modes are effectively “free” — the pixels are so small that the reduced image quality from downsampling is barely noticeable.
だ。

数か月後に13インチの Retina MacBook Pro が出たときも同じトリックを使った。比較的低解像度のピクセル数(理論的ピクセル数1280×800、物理的ピクセル数 2560×1600)を、シミュレーションにより高解像度に生成したのだ。

A few months later, the 13” Retina MacBook Pro was released with the same trick: a relatively low native resolution of 1280×800 logical pixels (2560×1600 physical pixels), but with simulated higher resolutions.

     *     *     *

27インチの Retina 化はいつでも可能

27インチの iMac や27インチの Thunderbolt Display を Retina 化するのに、アップルは 5120×2880[Retina バージョン]パネルが入手可能になるまで待つ必要はない。一段低い解像度のパネルで、ソフトウェアスケーリングモードを使えば、アップルはいつでも発売できる。ユーザーにシミュレートさせるか、あるいは完璧にネイティブな解像度で少し大きく表示しさえすればいいのだ。

To bring Retina to the 27” iMac and 27” Thunderbolt Display, Apple doesn’t need to wait until 5120×2880 panels are available. They can launch them at the next-lowest common resolution and use software scaling to let people simulate it if they want, or display things slightly larger at perfect native resolution.

     *     *     *

4K をサポートできる Mac

ここでいう一段低い解像度とは、もちろん 4K のことだ。

That next resolution down, of course, is 4K.

4K をサポートするハードウェアもソフトウェアもすでに入手可能になっている。Thunderbolt 2 で十分だ。ごく最近の GPU だけが可能だが、ごく最近の Mac は Thunderbolt 2 をサポートするのに十分な GPU を搭載している。

The hardware and software to support 4K is already available. Thunderbolt 2 drives it well. Only very recent GPUs can drive it, but only very recent Macs with decent-to-powerful GPUs have Thunderbolt 2.

     *     *     *

27インチ 4K Thunderbolt 2 モニター

デスクトップを Retina 化するためにアップルに必要なことは、27インチ 4K Thunderbolt 2 モニターを出荷して、OS X のアップデートでソフトウェアスケーリングモードを可能にするだけでいいのだ。

All Apple needs to do to deliver desktop Retina is ship a 27” 4K Thunderbolt 2 monitor and enable the software scaling modes for it in an OS X update.

     *     *     *

アップルなら・・・

半分程度の28インチの 4K ディスプレイならたった 700 ドルで、あるいは24インチ 4K ディスプレイなら 1300 ドルで販売可能なことが分かったばかりだ。アップルのサプライチェーンをもってすれば、今でも 27インチ 4K Thunderbolt 2 ディスプレイを 999 ドル 〜 1299 ドル程度で販売できることはまず間違いないし、27インチ Retina iMac なら今年後半には現在の27インチ iMac とほぼ同じ価格で出せるだろう。

We just learned that it’s possible to sell a 28” 4K display that’s at least halfway decent for only $700 and a 24” for $1300. With Apple’s supply chain, they could almost certainly sell a 27” 4K Thunderbolt 2 display for $999–$1299 now and a 27” Retina iMac later this year at pricing similar to today’s 27” iMac.

     *     *     *

今年中には

何度も試行錯誤を重ねたが、Retina iMac も Retina Thunderbolt 2 Display も今年中には発売されると思う。

I’ve gone back and forth on this, but I think both a Retina iMac and a Retina Thunderbolt 2 Display will be released in 2014.

     *     *     *

Retina とか 4K と聞いてもシロウトには判然としないが、こうして説明されるとそうかと思う。

Retina 化への手段である「スケーリングモード」はすでにアップルの手中にあるというワケだ。

John GruberMG Siegler も Marco Arment と同意見のようだ。

iOS デバイスから始まった Retina 化の波がいよいよデスクトップにも及ぶか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

samsung-vs-apple

[真の脅威とは:image

アップル対サムスンの特許訴訟こちらも]は今年の大きな話題のひとつだった。

アウトソーシングという視点からこの問題を分析した James Allworth の議論が大変興味深い。

asymco: “The real threat that Samsung poses to Apple” by James Allworth: December 2012

     *     *     *

アップルが造り出したもの

アップルとサムスンの最近の激しい特許訴訟についてはたくさんの記事が書かれており、収まる兆しも見せていない。サムスンの電話ビジネスはあっという間に成功の階段を駆け上がった。アップルが心配するのも無理はない。しかしアップルにとってサムスンの真の脅威は、アップルのデザインを真似したかどうかとは関係ない。特許訴訟はアップル自らの手で造り出した脅威を鎮めるための(高価で危険だとしても)便宜的な手段に過ぎないのだ。グーグルが自らの OS を構築したいものへは誰でもタダでモバイル OS を配ったことがサムスンの成功に大きな役割を果たしたことは否めないが、サムスンの今日の成功に寄与した企業があるとすれば、アップルをおいて他にはない。

A lot of ink has been spilled in the wake of the recent Apple Samsung patent disputes, and the legal wars see no sign of abating any time soon. The rise of Samsung’s phone business has been meteoric, and Apple is right to be concerned. But the real threat that Samsung poses to Apple has very little to do with the copying (or not) of Apple’s designs. The lawsuits have simply been a convenient (if expensive and risky) way to attempt to quash a threat that is of Apple’s own making. While there’s no doubt that Google has played a key role in Samsung’s success by handing out a free mobile operating system to pretty much anyone who wants to build one — it is actually Apple, more than any other company, that is responsible for Samsung’s present success.

     *     *     *

アウトソーシング

いったいどうやって? — それは多くの仕事をサムスンにアウトソーシングすることによってだ。Tim Cook が昨日アップルの製造業を米国に取り戻すと発表したことは、この問題を是正する試みの始まりなのだ。

How? By outsourcing as much work to Samsung as they have. And it’s impossible not to wonder whether Tim Cook’s announcement yesterday on bringing back Apple’s manufacturing to the USA is the beginnings of an attempt to rectify the problem.

     *     *     *

Asus とデルのケース

アウトソーシングの持つ危険性について最初に取り上げたのは Clayton Christensen の「The Innovator’s Solution」だった。サードパーティのメーカーに「付加価値の低い」仕事をさせて効率の最大化を図ることがいかに危険な行為であるか説明している。Christensen と Michael Raynor は同書で「コンポーネント会社」と「テキサスコンピュータ会社」という架空の会社を例にして説明している。幸い私も Christensen の最新著作「How Will You Measure Your Life?」を共同執筆する機会があった。そこでもこれに似たケースを取り上げたが、架空の名前を使うことはしなかった。Asus とデルのケースがそれだ。デルが簡単な回路基板を手始めに、その仕事を Asus にアウトソーシングしたことによって、自らのライパルを育て上げたのだ。

Christensen first wrote about the dangers of outsourcing in The Innovator’s Solution, explaining how seeking to maximize efficiency by employing third party vendors to do the “low value-add” work for you can be a lethal strategy. In the Solution, Christensen and Michael Raynor gave the example of two fictional corporations—”Component Corporation” and “Texas Computer Corporation”. I had the good fortune to work with Clay on his most recent book, How Will You Measure Your Life?, and we recount a similar story; only without any of the players being disguised. The story is that of Asus and Dell, and how by outsourcing its work—starting with just basic circuit boards—Dell equipped a competitor:

     *     *     *

引用された Clayton Christensen の分析は次のようなものだ。

Asus の提案

Asus はデルにこういった。「私たちはデルのマザーボード製造をうまくやりました。コンピュータの組み立てそのものも私たちにやらせてくれませんか。製品の組み立てそのものは御社の成功の原因ではないでしょう。すべての製造設備を御社のバランスシートからお引き受けします。そうすれば2割は安くできます。」

Asus came to Dell and said, “We’ve done a good job fabricating these motherboards for you. Why don’t you let us assemble the whole computer for you, too? Assembling those products is not what’s made you successful. We can take all the remaining manufacturing assets off your balance sheet, and we can do it all for 20 percent less.”

この提案はどちらにとってもプラスになることをデルのアナリストは理解した。

The Dell analysts realized that this, too, was a win- win…

     *     *     *

サプライチェーンからデザインまで

かくてデルはサプライチェーンの管理からコンピュータそのもののデザインに至るまでアウトソーシングした。いってみればデルはパーソナルコンピュータビジネスのすべてを — デルのブランド名を除くすべてを — Asus にアウトソーシングしたのだ。デルの純資産利益率(Return on Net Assets)は非常に高いものとなったが、それはコンシューマー部門にはほとんど資産が残っていなかったからだ。

That process continued as Dell outsourced the management of its supply chain, and then the design of its computers themselves. Dell essentially outsourced everything inside its personal-computer business—everything except its brand— to Asus. Dell’s Return on Net Assets became very high, as it had very few assets left in the consumer part of its business.

     *     *     *

付加価値の高い事業部門へ

そして 2005 年になって、Asus は自社ブランドのコンピュータを出すことを発表した。このギリシャ悲劇的な物語で、Asus はデルからすべてを学び、自らのものとしたのだ。最初はバリューチェーンの単純な一部に過ぎなかったが、デルが残った事業のアウトソーシングを決定するたびに次に付加価値の低い部門へと及んでいった。かくて Asus には付加価値の高い事業部門が次々と加わっていった。

Then, in 2005, Asus announced the creation of its own brand of computers. In this Greek-tragedy tale, Asus had taken everything it had learned from Dell and applied it for itself. It started at the simplest of activities in the value chain, then, decision by decision, every time that Dell outsourced the next lowest-value-adding of the remaining activities in its business, Asus added a higher value-adding activity to its business.

     *     *     *

バリューチェーンのはるか上流まで

この物語はデルと Asus というそれぞれ2つの側面から見ることができる。デルにとっては金融効率の最大化を図るべく、部品製造や組立をはるかにこえる部分にまでアウトソーシングを行なった。バリューチェーンのはるか上流までアウトソーシングしたのだ。一方 Asus の立場から見れば、小さな部品メーカーに過ぎなかったものが、成功するまで事実上デルによって育て上げられた。デルの Asus に対する教育は、バリューチェーンのはるか上流まで及んだことを考えると非常に大なものであったことが分かる。

There are two sides to this story: the part that relates to Dell, and the part that relates to Asus. Dell, in its quest to maximize its financial efficiency, continued to outsource way beyond manufacturing components and assembly. They outsourced a long way up the value chain. But there’s also the side of the story that relates to Asus — a small components manufacturer that was, in effect, nursed to success by Dell. The extent of the schooling delivered by Dell to Asus was pretty profound, given how far up the value chain Dell outsourced its operations.

     *     *     *

Asus からサムスンへ

そこで問題は、デルが自らの命運を決めるに至る決定を行なったのはどの時点だったかという点だ。アウトソーシングの限度をこえたのが、単純に付加価値の低い仕事を手放そうと考えたときだったのか、それがデルの行なったアウトソーシング全部に及んだのだろうか。個人的には部品開発と組立だけで十分だったのではないかと考えている。サムスンについていえば、アップルが放っておいたも同然の生まれたばかりのマーケットに参入したことで、学ぶべきことすべてを学んだように思える。

But here’s a question: at what point did Dell seal its fate? When was it that Dell had outsourced enough that Asus, with a desire to simply get out of the low-value work, could have made it all the way to the point that it did? I’m beginning to wonder whether just component development and assembly was enough. In the case of Samsung, it seems that everything else they needed to learn, they did by entering the emerging market, which Apple has largely left alone.

     *     *     *

付加価値の低い、非効率的仕事を切り捨てて行くことこそグローバリゼーションの本質だった。鬼っ子はそこから生まれた。

マックを含めて製造業を米国に取り戻すという動きは、その延長上で捉えるべきだという視点はとても興味深い。

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

《参考》以下の投稿も James Allworth のサムスン脅威論のに関係したものです。

1)アップルにとってサムスンの真の脅威とは何か[本稿]
  Asus とデルの寓話
2)アップルの真の強みとは?
  アップルの持つ2つの側面
3)コモディティ化したデザイン
  デザインはコモディティ化してしまった
4)アップルに残された道は何か
  アップルのとるべき方策

Read Full Post »

dell_streak.jpg

Dell Streak

アップル内部に独自情報ソース(little birdie)を持つ John Gruber は非常に正確な予想をする。

ただ、ほのめかすだけのことも多いので、気をつけていないと見逃してしまう。新しい iPod touch の予想もそのひとつだ。

8月13日に発売されるデルの Streak の価格が 550 ドル[2年契約付きなら 300 ドル]というニュースに、John Gruber が次のようにコメントしている。

Daring Fireball: “Dell Streak Pricing: $300 With Two-Year AT&T Contract, $550 Without” by John Gruber: 10 August 2010

*     *     *

Streak は iPod touch より高い

これっていい方の[32GB]iPod touch のほぼ倍だ。あと数週間待てば、Retina ディスプレイとカメラ2台を搭載した新しい iPod touch が買える。デルでさえ iPod touch に対抗する製品を作り得ないとすれば、いったい誰が出来るだろうか?

That’s almost twice as much as a good iPod Touch, and if you wait a few weeks to buy the Touch, you’ll get one with a Retina Display and dual cameras. If Dell can’t make an iPod Touch competitor, who can?

*     *     *

iPad よりも高い

ディスプレイを対角線で測ると5インチあることから、Streak はタブレットだといいたいのなら、9.7 インチディスプレイの iPad より 50 ドル高いことになる。しかも搭載している Android OS は1年お古だ。よくやった、デルよ!

And if you want to argue that at 5 inches diagonally, the Streak is a tablet, that means it costs $50 more than an iPad with a 9.7-inch display. And apparently it’s going to ship with a year-old version of the Android OS. Great work, Dell.

*     *     *

数週間後には新しい iPod touch が登場すると・・・

アップル製品の価格競争力はいつの間にか高まっている。

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »