Feeds:
投稿
コメント

「製造業」カテゴリーのアーカイブ


[中国のレアメタル鉱山で働く労働者:photo

中国との関係は複雑だ。

それはアップルにとってもそうだ。

Elizabeth Chamberlain がもうひとつの興味深い事情を指摘している。

Motherboard: “Why the iPad Has to be Made in China” by Elizabeth Chamberlain: 19 April 2012

     *     *     *

なぜ iPad は中国で製造されなければならないのか

Why the iPad Has to be Made in China

一見軽くて薄くてシンプルに見える iPad の本体には、複雑極まりない原材料が使われている。iPad の材料は多岐にわたっているのだ。アルミやガラスは当然のことながら、その他にも重金属や有毒化学物質が含まれる。たった 1.44 ポンドの iPad を作るために、その重量の 285 倍にも相当する温室効果ガスが排出される。iPad の製造工程およびそこに使われている原材料の2つが、なぜ iPad がみんなが期待を裏切って中国で製造されなければならないかという理由なのだ。

The iPad’s light, sleek, simple construction belies its complex origins. There’s a lot of stuff in the iPad: aluminum and glass, of course, but also other heavy metals and toxic chemicals. And manufacturing each 1.44-pound iPad results in over 285 times its own weight in greenhouse gas emissions. The manufacturing of and material used in the iPad are two reasons why the iPad must be made in China — and not just in the ways you’d expect.

     *     *     *

安い労賃

ひとつの理由は中国のとても安価な労賃だ。鴻凱電子(Hongkai Electronics)の 2010 年10月の月額最低賃金は 138 ドルだが、米国国内なら月額 1160ドルになる。(1時間当たり 7.25 ドルの連邦最低賃金の週 40 時間分として計算。)

Yes, labor is dirt cheap in China. Minimum wage was just $138/month at Hongkai Electronics in October 2010, compared to $1160/month in the US (based on a $7.25/hour federal minimum wage and a 40-hour work week).

     *     *     *

最小限の環境規制

もうひとつは中国の環境規制が(改善されつつあるとはいえ)ほんの最小限のものであることだ。エール大学の国別環境パフォーマンス指数では 132 国中 116 位。不法運営されているコルタン鉱山を有するコンゴ民主共和国ですら中国よりずっと上の指数だ。

And yes, environmental regulations in China are pretty minimal (though improving). China ranks 116th out of 132 countries on Yale’s 2012 Environmental Performance Index rankings. Even with all their illegally run coltan mines, the Democratic Republic of Congo is ranked many points higher than China.

     *     *     *

レアアース

しかしながらアップルはじめ他のメーカーが中国にどっぷり漬かって動けない理由が他にもある。他の電子製品と同じように iPad も、相当量のレアアース[rare earth element:希土類元素]を必要とする。すべてのグリーンテクノロジー(green technology)で使用される 17 種類の採鉱困難な元素群だ。アップルは製造原材料については固く口を閉ざしているので、iPad で使われているレアアースが何か正確にいうのは困難だ。耐衝撃ガラスのメーカーが誰かをいわせることすら難しい。自分としては旭硝子ではないかと疑っているが・・・

But there’s another important reason why Apple and other manufacturers have their heels stuck in Chinese mud. iPad manufacturing, like the manufacturing of other electronics, requires a significant amount of rare earth elements, the 17 difficult-to-mine elements used in all kinds of green technology. It’s hard to say exactly what rare earths are in an iPad, since Apple is really tight-lipped about their materials — no one can even get them to confirm what manufacturer makes their impact-resistant glass, though I suspect Asahi.

     *     *     *

iPad で使われているレアアース


[iPad カバー:photo

ケンブリッジの工学教授 Tim Coombs 博士は、iPad のリチウムポリマー電池にはランタン(lanthanum)が含まれていると考える。またディスプレイには「異なる色を発色させるため広範囲のレアアース」も含まれているとも。iPad 側面の磁石およびカバーには、ネオジム合金が含まれる可能性がある。電子ガラスは酸化セリウムで磨かれることが多い。米国議会調査部の報告によれば、2010 年のレアアースの世界需要は 13 万 6100 トンだが、その 45% は磁石、ガラス、研磨用だ。

Cambridge engineering professor Dr. Tim Coombs guesses that there may be lanthanum in the iPad’s lithium-ion polymer battery, as well as “a range of rare earths to produce the different colours” in the display. The magnets along the side of the iPad and in its cover (pictured above) are possibly a neodymium alloy. Electronics glass is often polished with cerium oxide. According to a Congressional Research Service report, worldwide demand for rare earths was 136,100 tons in 2010, 45-percent of which was for magnets, glass, and polishing.

     *     *     *

中国がほぼ独占

なぜレアアースの消費が問題なのか? 中国は世界のレアアース供給の 95% 〜 97% をコントロールしており、しばしば輸出割当てをカットする。そのためすでに高い価格がさらに急上昇する。レアアースの中国依存を怖れて、カリフォルニアの Molycorp およびオーストラリアの Lynas Corp の2社は今年からレアアースの採鉱を開始する計画だ。しかしグリーン産業の成長につれて、増大する需要に現在の採鉱量で対応できるか不明だ。

Why is all this rare earth consumption a problem? China currently controls 95- to 97-percent of the world’s supply of rare earths and has repeatedly cut export quotas, sending already-high prices skyrocketing. Fearing dependence on China for rare earths, two companies — Molycorp in California and Lynas Corp in Australia — plan to begin mining rare earths this year. As green industry continues to grow, however, it’s unclear if current mining operations will be able to keep up with increasing demand.

     *     *     *

進む中国移転

レアアースが不足に直面して、オバマ大統領は中国のレアアース政策について WTO に提訴した。しかし専門家の見るところ、この苦情申し立ては「少なすぎるし遅すぎる」 という。中国が政策を変えても、その頃にはもっと多くの製造業が工場を中国に移転しているだろうという。

Facing growing concern about the possibility of a rare earth shortage, President Obama recently lodged a complaint with the World Trade Organization against China about their rare earth policy. Some specialists think the complaint may be “too little, too late”—by the time China changes its policy, more manufacturers will have moved plants to China.

     *     *     *

リサイクルではレアアースの問題は解決しない

Recycling is Not a Rare Earth Solution

家電ゴミの山はレアアースの資源に見えるかもしれない。しかしリサイクルは(少なくとも現時点では)レアアース不足の解決策にはならない。日本ではいくつかのリサイクル業者がコンピュータからレアアースを回収することに成功している。しかし米国最大手の2つのリサイクル業者 — SIMS Recycling Solutions および Electronics Recyclers International(ERI)— のどちらも、これまでのところレアアースの回収は行なっていないと SIMS 社長 Steve Skurnac と ERI CEO John Shegerian はいう。

It might seem that the mountains of electronic waste would be a perfect source of rare earths. But recycling isn’t the answer to the rare earth shortage — at least not yet. Some Japanese recyclers are successfully recovering rare earths from compressors. But neither SIMS Recycling Solutions nor Electronics Recyclers International (ERI), the two biggest electronics recyclers in the US, are currently recovering any rare earths in their recycling process, according to SIMS president Steve Skurnac and ERI CEO John Shegerian.

     *     *     *

原段階では非経済的

目下のところ「家電ゴミにはレアアースがほんの少ししか含まれていない」と Skurnac はいう。レアアースの回収には膨大なゴミが必要であり、また超効率的な回収技術が必要という意味だ。リサイクルの技術はまだ経済的に見合うほど発達していないのだ。

For now, Skurnac says, “Rare earths come in very minute concentrations in electronic scrap,” which means that recyclers need high volume and super efficient processes to recover any reasonable amount of rare earths from electronics. The technology just isn’t there to make it economically feasible for most recyclers.

     *     *     *

輸出割当ての免除

今日現在、アメリカの家電業者は中国国内で製造を行なうことによって初めて輸出割当てが免除される。だからアップル初め多くの企業がそうするのだ。それ以外の唯一の選択肢はレアアースの大量消費を止めることだが、それは魅力的なオプションとはいえないようだ。少なくとも Retina ディスプレイほど魅力的ではないようだ・・・

Today, an American electronics company can only be exempt from China’s rare earth export quotas by manufacturing within China. So that’s what most companies, including Apple, are doing. The only other solution is for us to stop consuming so much — an option that people rarely find appealing. Not as appealing as a retina display, at least.

     *     *     *

製造拠点がこぞって中国に移転している背景には語られない事実もあるようだ。

Mike Daisey 騒ぎは欺瞞に過ぎなかったということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »