Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2011年8月6日


[アップルは今・・・:image

RBC Capital のアナリスト Mike Abramsky が、アップルの Tim Cook[COO]や Peter Oppenheimer[CFO]と今週交わしたという会話が興味深い。

発言そのものの直接的引用はないが、Abramsky がまとめたものを Barrons.com が載せている。

Barrons.com: “Apple: RBC Cheered By Visit With Cook, Oppenheimer” by Tiernan Ray: 04 August 2011

     *     *     *

手つかずの中国市場

それら[Abramsky がまとめたもの]には、アップルが中国で「巨大なチャンス」を持っているという事実も含まれる。アップルは中国で 90 億ドルの収入を得ているが、それでも中国市場は「ほとんど手つかずの状態」だという。グーグルの Android OS を採用したデバイスは「爆発的に増加」しているが、それにも関わらずアップルは、ハードとソフトの融合、「アプリケーションエコシステム」の「集積」によって競争上の優位を保つことができるという。 

They include the fact that Apple has a “massive opportunity” in China, with the market there “significantly untapped” despite Apple revenue of $9 billion in the country. Despite an “explosion” of devices based on Google’s (GOOG) “Android” operating system, Apple can maintain a competitive advantage through its integration of hardware and software, and its “curation” of the “application ecosystem.”

     *     *     *

革新的か、カテゴリーキラーか

廉価版 iPhone については、「ローエンド iPhone を発表するかどうかの第一義的評価基準は、革新的で、カテゴリーキラー的体験(category-killer experience)になるかどうかということだ」と Abramsky は書いている。

Regarding a low-cost iPhone, Abramsky writes that “Apple’s primary criterion for launching a lower-end iPhone is an innovative, category-killer experience.”

     *     *     *

パーツは買い手市場

いまや部品市場は「買い手市場」で、アップルがマージンで他を圧するのに貢献している、と彼は書いている。

The component marketplace is a “buyer’s market,” now, which could help Apple outperform on margins, he notes.

     *     *     *

特許紛争では和解するかも

特許紛争については、アップルは Android フォンメーカーを妨害せずに和解するかもしれない。知的財産のルールにあまり厳格でない中国のような国においても好意的協定を結べる立場に自らをおくために・・・

In its patent battles, Apple may settle with makers of Android-phones rather than seek to bar them, in order to set itself up with favorable agreements in countries such as China that have less rigorous intellectual property rules.

     *     *     *

アップルが何を考えているか、Abramsky のことばから少しばかり垣間見えてくるようだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »