Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2010年12月6日

john_gruber_original.jpg

[John Gruber]

iPhone や iPad のニュースを目にしない日はない。その一方で Mac のニュースがぐんと減ったのは寂しい限りだ。

そのうち Mac は消え去るのだろうか? そんな疑問に対して John Gruber がノーといっている。

Macworld.com: “What’s with the Mac doomsayers?” by John Gruber: 03 December 2010

     *     *     *

Mac 終焉説

「Mac はもう終わりだ」という説がある。iOS こそ未来だ、Mac OS X は過去のものだ、未来のためならアップルはよろこんで過去を捨てるだろうというものだ。

Here’s the short version of the “Mac is doomed” scenario: iOS is the future, Mac OS X is the past, and Apple is strongly inclined to abandon the past in the name of the future.

     *     *     *

恐れ

レガシー技術を嫌うアップルの文化は、真剣さが欠如しているためでもなければ、全社にわたる注意力が欠如しているために生じるのでもない。新しい、ピカピカのものに惹かれるためでもない。それは、恐れ — 過去のお荷物に押しつぶされるかもしれないという恐れなのだ。新しい、まっさらなものを造ろうとする試みが古いものによって足を引っ張られるという恐れだ。

Apple’s cultural aversion to legacy technology isn’t about a lack of seriousness, or a short companywide attention span. It’s not about being attracted only to the new and shiny. It’s about fear—the fear of being weighed down by excess baggage. Fear that old stuff will slow them down in their pursuit of creating brand-new stuff.

     *     *     *

古いもののサポート

これまでそうだった。Mac OS X に移行するため Classic は急速に見捨てられた。PowerPC に対するサポートは最後の PowerPC Mac が製造中止になった3年後に Mac OS X 10.6 から除かれた。64-bit Carbon アプリケーションのプログラミングインターフェイスもなくなった。これらの技術が役に立たなくなったせいではない。そうではなく、サポートを続けることが会社の発展を遅らせるだろうという理由からなのだ。古いもののサポートに時間を使えば、新しいものを作るための時間はなくなるのだ。

So it goes: Classic was abandoned as quickly as possible in the transition to Mac OS X. PowerPC support was dropped in Mac OS X 10.6 three years after the last PowerPC Macs were discontinued. The 64-bit Carbon application programming interface died. It’s not that these technologies were no longer useful. It’s that continuing to support them would have slowed the company down. Time spent supporting the old is time not spent building the new.

     *     *     *

レガシーとは

普通の会社にとって「レガシー」技術とはなんとかして維持したいと考えるものだ。アップルでは、レガシー技術とはなんとかしてやめたいと思うものだ。Mac より iOS の方に明るい未来があるかどうかということが問題なのではない。それは明らかだ。問題は、Mac が「レガシー」になったかどうかということなのだ。Mac は iOS の歩みを遅らせようとしているのか、iOS を押し止めようとしているのだろうか?

At typical companies, “legacy” technology is something you figure out how to carry forward. At Apple, legacy technology is something you figure out how to get rid of. The question isn’t whether iOS has a brighter future than the Mac. There is no doubt: it does. The question is whether the Mac has become “legacy.” Is the Mac slowing iOS down or in any way holding it back?

     *     *     *

足を引っ張ってはいない

そうではないと思う。実際はその反対だ。その一例として、アップルが iOS に移行したとき、Mac OS X 開発に当たる人材を iOS の方に充当して Mac OS X の開発が遅れたことが挙げられる。その逆ではなかった。2007 年にアップルは Mac OS X 10.5 の遅れをはっきりと認めた。オリジナル iPhone の出荷に間に合わせるため、主要なエンジニアリングリソースを投入しなければならなかったというのがアップルの理由だった。

I say no. In fact, quite the opposite. For one thing, Mac OS X development has been slowed by the engineering resources Apple has shifted to iOS, not the other way around. Apple came right out and admitted as much, when Mac OS X 10.5 was delayed back in 2007. The company’s explanation: It had to shift key engineering resources to help the original iPhone ship on time.

     *     *     *

ヘビー対軽快

しかしもっと大きな理由がある。それは Mac の存在そのもの、Mac の引き続く成長こそが、より少ない機能に iOS が特化することを許すということだ。iPad が誇れる最大の点は、より少ない機能に特化したポータブルコンピュータだということだ。より少ないことに特化するが故に、何をやるにしても、よりベターに、よりシンプルに、よりエレガントに出来なければならない。Mac が出来ることすべてを iOS が出来るようになって初めて Mac は舞台から姿を消すことになる。Mac にヘビーな部分(heaviness)があるからこそ、iOS は軽快である(light)ことが出来るのだ。

The bigger reason, though, is that the existence and continuing growth of the Mac allows iOS to get away with doing less. The central conceit of the iPad is that it’s a portable computer that does less—and because it does less, what it does do, it does better, more simply, and more elegantly. Apple can only begin phasing out the Mac if and when iOS expands to allow us to do everything we can do on the Mac. It’s the heaviness of the Mac that allows iOS to remain light.

     *     *     *

Mac OS X が果たすべき役割

iOS にはお荷物がないというのは、まったくお荷物がないのではなく、それを Mac が負担しているということなのだ。長期的に見て、たとえば10年ぐらいで考えると、良いものはすべて最後を迎えることになる。しかし、短期的にみれば、Mac OS X にとっては iOS の世界で果たすべき役割があるのだ。複雑で、リソースを食う仕事を支えるプラットフォームとしての役割だ。

When I say that iOS has no baggage, that’s not because there is no baggage. It’s because the Mac is there to carry it. Long term—say, ten years out—well, all good things must come to an end. But in the short term, Mac OS X has an essential role in an iOS world: serving as the platform for complex, resource-intensive tasks.

     *     *     *

The computer for the rest of us

おかしなことだが、25年前にマックの役割を形容するのに用いられたスローガンが今でも通用する。「その他の我々のためのコンピュータ」(The computer for the rest of us)だ。

The funny thing is, the best slogan to describe the Mac’s role is the same one it started with 25 years ago:

The computer for the rest of us.

     *     *     *

25年前のスローガンが新しい意味で蘇る・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »